プロブロガーになるためにしなければならない必要な事3つ。ブログは普通に運営するだけでは稼げない!

プロブロガー Alpaca Nomad
Alpaca pair ノマドと暮らすアルパカ

 

プロブロガーとは?

ブロガーはブログをする人という意味だが、ブログの収益だけで生活している人はプロブロガーとも呼ばれている。

 

最近はブログで収益をあげている人も増えており、ネットに限らず大手メディア(テレビ、新聞、ラジオ)でも取り上げられる場合が多々ある。こういったメディアの露出量で言えば、イケダハヤト氏が有名だろう。

 

イケダハヤト

ikedahayato twitter
イケダハヤト

 

イケダハヤト氏はまだ東京で消耗してるの?というブログからの収入で生活しているプロブロガーで、最近では東京から高知県に移住した事で話題になった。

日本において、プロブロガーとして認知されている人の1人だ。

 

イケダハヤトのブログとは?

この高知にお住まいのイケダさん、彼の記事については賛否両論あるが、取り上げるトピックから見て、優れた視点を持っている人ではない。確かに情報として有益なものを発信する時もあったし、分かり易い文章ではあると思う。ただ、実力的には、ネットに溢れた他のそこそこ有名なブロガーに比べても優れている点は特に無いのである。

ここ最近は高知の良い所を紹介する記事が多く、自分のタイを紹介するブログと似たような性質ではあるが、個人が広告収入で稼ぐために知っておくべき時代の流れで述べたような高知に興味ない人が興味を持つような工夫も無い。

従って、グノシーやTwitterで話題になっている時ぐらいしか、自分も彼のブログは見なくなってしまっている。

 

では、いかにして彼はブログでお金稼ぎ(マネタイズ)していったか?下記でその説明をして行きたいと思う。

 

彼がプロブロガーとしてお金を稼ぐまでに成長出来たのは、

ある程度の集客はソーシャルにより達成出来た事

に加えて

知名度を生かしての収益化

に成功したからである。

 

彼のブログをsimilarwebで見てみる。

similar web ikedahayato

similarwebはトータルのボリュームでは誤差があるものの、トラフィックの流入元の割合は比較的正確で参考になる。上記でトラフィックソースを見る限り、集客の多くはソーシャル(TwitterやFacebook、はてなブックマーク)からの流入で、リピーターとフィードやグノシーからの流入と合わせれば半数程度となる。

 

また、記事5000本に対して検索からの流入は42万PVと彼はTwitterでも述べている。記事数の割に検索からの流入は少なく、グノシーやソーシャルからの流入の割合が多い。

ユーザー間で話題になりやすい内容を積極的に取り上げているのがわかる。

 

実際ブログを見てみると、話題は話題でも、ソーシャルで拡散しやすい炎上ネタを定期的にトピックとして取り上げ、集客を図っている事が多々ある。ソーシャル界隈にいる人が飛びつきそうな話題にあえて火を付けることで集客を達成しているのだ。

 

彼は上でも説明したようにブログで収益をあげており、集客は収益を増やすために非常に重要な要素になる。集客と同時に収益をあげる、要は、今にも爆発しそうな火が燻っている所に油を注いで人を集め、「火事だー火事だー」と大騒ぎになって集まってくる人達から見物料と題してお金を取っている。

彼のブログを使った稼ぐ仕組みを簡単に説明するとそういう事だ。

 

最近の高知に関する記事は近所のおじいちゃんでも書けるレベルの代物だ。あの記事ではとてもじゃないけど満足のいく集客は出来ない。リピーターやフィードの購読者もあんな記事ばかりでは、購読は不要と考える人も増えるだろう。

 

本を出版したは知名度を上げる大きな一因となったのは確かだ。

当時の彼レベルブログならば他にも無数にあった。それでも出版社が彼の本を出したのは、ブロガーとしての実力というよりも、営業や以前からの人脈が大きかったと推測出来る。

 

通常の記事では集客できないイケダハヤト氏は、このように炎上を利用した集客を行い、本の出版や講演、セミナー等のリアルな活動に結び付けてお金を稼いでいる。自身をブランド化し、イケダハヤト自身にも集客力を身に付けて行く。

今では、プロブロガーといえばイケダハヤトと呼ばれるぐらいの知名度まで上り詰める事に成功していると思う。

 

知名度が高ければ収益をあげる機会が多くなる。例えば、テレビでブロガーを取り上げようという企画が持ち上がった時、ブロガーとして誰を呼ぼう?という企画会議がなされるだろう。

この時、ブログの実力なんかよりも、「あのアルパカに似ている高知に移住した人誰だっけ?」と、そういった会議で名前が出た方が呼ばれるのだ。

ikedahayato alpaca
イケダ・A(アルパカ)・ハヤト

 

本の出版やセミナーでもそうだろう。有益な記事を提供できるかという点よりも、知名度が高い方がブログの外に出た場合は重要な要素になるのだ。

 

ブログ広告

イケダハヤト氏は運営報告と題してご自身の収益をブログで公開している。2014年9月の収益を見てみると

①バナー広告&記事広告:22万円
③有料メルマガ:2.5万円
④アフィリエイト:23万円
④寄稿、印税:55万円 合計:102.5万円

(2014/9)運営報告:94.4万PV、30.2万UU、売上102.5万円:印税効果で過去最高の売上でしたより

(原文そのまま。なぜか②が無く、④が2つ)

この内、彼のブログでの収入は「バナー広告&記事広告」と「アフィリエイト」にあたる。

「バナー広告&記事広告」はスポンサーによる収入でそれなりの人気ブロガーになればこのような話も出てくる。

 

「アフィリエイト収益」では、

A8アフィリエイトが相変わらず好調で、毎月5〜10万円程度の売上を嵩まししてくれています。

との事なので、それ以外の15万円程度がGoogle AdSenseからの収益という事になる。一般的に、ビジネスに結び付ける等、ブログの外で稼ごうと思わないならブログでの広告は「アフィリエイト」によるものが多くなる。

 

Google AdSense

ブログで収益を上げる場合、設置する事でもっとも容易に報酬を得られるのはGoogle AdSenseと呼ばれるクリックされる事で報酬が入る広告である。Google AdSenseが優れているのは

表示される広告の種類が豊富で、どんな文章にも合う広告がある
1クリック当たりの単価が他のクリック型広告に比べて高い

この2点が主にあげられる。

 

アフィリエイトサイトの場合、紹介する商品は予め決まっており、成約率を高めるためには文章も広告に合わせて考える必要がある。それに対して、ブログの場合、ほとんどのブロガーはその時思った事を好き勝手に書く事が多い。

こうした文章は多岐にわたるが、文章に合わせて表示される広告は種類が多い方が良いだろう。なぜなら、ブログに合った広告、訪問者の興味に合った広告が表示される可能性が高くなり、その結果、クリックされ易くなるからだ。

 

Google AdSenseは他のクリック型広告と比べても1クリック当たりの単価が高い。表示される広告にもよるが、平均1クリック50円ぐらいはある。これら理由から、訪問者数に対する収益率は高くなる。

目安としては1PV=0.3円と言われる事が多く、自分の経験上もそのぐらいである。

 

ただ、Google AdSenseを入れれば必ず1PV=0.3円が達成出来るわけではない。イケダハヤト氏の場合は、設置しているGoogleAdSenseの位置や数による影響も大きいと思うが、1PV=0.3円以下になる事は多々ある。

他の例として、有名なノマドブロガーの例を紹介する。

 

Google AdSenseの収益率が低くなるケース

nahoko's way
Nahoko’s Way

 

彼女はそれなりに有名なノマドブロガーで、人気サイトGIGAZINE(ギガジン)に記事の寄稿を行っている。彼女の所有するサイトNahoko’s Wayにはそれなりに広告は貼られており、収益化を図ろうとしているのはわかる。

 

このブログのアクセスをイケハヤ氏と同様にsimilarwebで解析すると、6月、7月はユーザー数で3~3.5万程度なので、月6~7万PV程度、アクセスのほとんどは寄稿先であるGIGAZINE(ギガジン)からの流入に頼っている状態のようだ。

similar web nahoko

 

このブログの収益については寄稿した記事内で公開しており

【収入】
寄稿記事(5媒体):数万円
→旅行記事やアジアIT事情、英語学習についての記事など、GIGAZINEを含め5媒体に寄稿しています。

ブログ広告収入:数千円
→個人ブログ・海外ノマド女子〜Nahoko’s Way〜(日本語+英語)でのアドセンスとAmazonアフィリエイトの広告収入。

YouTube広告収入:数千円
→ YouTubeチャンネルで日本語、英語、中国語の動画を配信しています。

メルマガ収入:数千円
→ 毎日のノマド生活の日記をメールマガジンとして発行しています。

日本人が住みたい国1位のマレーシアで海外ノマドしてみた

個人ブログ・海外ノマド女子〜Nahoko’s Way〜(日本語+英語)でのアドセンスとAmazonアフィリエイトの広告収入が月数千円との事だ。

この記事が公開されたのは2014年の8月なのでおそらく6、7月はこのぐらいの収益ということだろう。このように月6~7万PVで、Amazonと合わせても月数千円という事は、このサイトの場合Google AdSenseは1PVあたり0.05円以下という事になる。

 

ブロガーは稼げない?

自分のブログも含めてGoogle AdSenseが内容上設置出来ないブログも多い。その場合はクリック率、クリック単価はさらに下がる。結果として、クリック型広告で月10万円稼ぐためには最低でも月数百万PVが必要になる。

イケダハヤト氏のブログでさえ100万PV以下なのだから、数百万PVを獲得するには、アダルトのカテゴリーにでもしない限りは難しい。普通にブログを運営しているだけでは、アクセスが月100万PVはないとそれなりの稼ぎにはならないのだ。

 

Google AdSenseが設置出来ても、セミナーや講演会、本の出版などガツガツ金を稼いでやろうという気でいかないと満足のいく収入にはならないだろう。ブロガーの中ではトップクラスの知名度を誇る彼でさえ、スポンサーという営業活動も必要な収益を除いたブログの収入は23万円程度なのだ。

つまり、1PVあたり0.25円程度。純粋にブログだけで収益を上げる事がいかに難しいかがわかると思う。

 

ブログで稼ぐために必要な事3つ

ただ、これはあくまで「ブロガー」というスタイルで稼ごうと思うからである。例えば、自分のブログは月20万PV程度で30万円以上の収益をあげている。

つまり、1PVあたり1.5円以上の収益で、これはイケダハヤト氏のブログの6倍の収益率である。

 

ブログをアフィリエイトサイト化させる

この収益率の違いはブログにアフィリエイトサイト的な要素を持たせる事が出来るかどうかで決まる。イケダハヤト氏は最近になってこの事に気づいたようで、1つのASPに登録し案件の紹介を行うようになった。

 

アフィリエイトサイトは商品やサービスの紹介を主として作られたサイトで、PVあたりの収益も非常に高い。詳しくはアフィリエイトサイトで稼ぐ方法の記事を参考に。

1PVあたり1円以上というのも普通のレベルである。このままイケダハヤト氏がブログのアフィリエイトサイト化に舵を取れば収益率は大幅に上昇するだろう。

 

訪問者の質を上げる

また、訪問者当たりの収益率を上げるためには訪問者の質を上げる事も重要となる。訪問者の質は、成果報酬型アフィリエイト*で収益率に大きな影響を与えるが、Google AdSenseをはじめとしたクリック型広告でも無視する事は出来ない。

*成果報酬型アフィリエイト⇒クリックだけでは報酬が発生せず、クリック後に商品やサービスの購入、登録等が生じた場合のみ報酬が発生するアフィリエイト

 

上記で紹介した海外ノマド女子のブログの収益が、月6、7万PVに対して月数千円しかないのは、主なアクセスがリファーラル(参照)によるもので、かつ訪問者をターゲティング出来ていないからである。旅行など海外を扱った内容は、Google AdSenseでのクリック単価は比較的高い。

彼女のブログの場合、おそらく訪問者に合った広告が表示されない事によるクリック率の低さが原因なのだ。

主なアクセスがリファーラル(参照)ということは、GIGAZINE(ギガジン)の記事の最後に著者のブログと紹介されリンクが貼られているケースが多いだろう。ただ単にリンクが張られていてそこから訪問する場合、検索エンジンからの訪問者やリピーターに比べて記事をしっかりと読んでくれる可能性は低くなる。

もちろん、リファーラルにもリピーターはいるし、誰かが面白いと言って紹介してくれたものや、内容に興味を持って訪れて来てくれた人ならちゃんと読んでくれる。ちゃんと読んでくれれば記事内の広告を踏んでくれる可能性も高くなる。

 

たまたま訪れた人にも興味を持ってもらえるようなコンテンツにしておけば、それなりに引き留める事は出来る。ブログであれば最低限ちゃんとしたプロフィールページは用意しておいた方が良いだろう。

そのサイトを運営している人がどんな人かがわかるだけでも、同じ境遇の人だったり、タイミングが合えば親しみを覚えてくれる可能性は高くなるからだ。そこからリピーターになってくれるケースも多々ある。

 

検索エンジンからの流入を増やす

検索エンジンからの訪問者の割合が多いと、自然とそのサイトの訪問者の質は高まる。これは検索エンジンからの流入に関しては、どんな訪問者かある程度推測出来るからだ。訪問者がわかれば、その訪問者に合った広告を設置する事で収益率を高める事も可能になる。

 

考えて見てほしい。

腕時計を紹介するサイトが合ったとする。その場合、「時計 おすすめ」「時計 プレゼント」と検索してサイトに訪れた訪問者と、無動作に置かれたリンクをたまたま踏んでサイトに訪れた人では全く購入率が違うだろう。

記事と広告と訪問者を一致させ、訪問者にしっかりと記事を見てもらう事、要は訪問者の質を高める事が収益率も高める基礎要因になる。これはクリック型広告でも、成果報酬型広告でも一緒であり、ブログでもアフィリエイトサイトでも言える事なのだ。

 

多くのアフィリエイト広告を知る

このように広告の最適化はSEOの知識を増やす事、リピーターを増やして訪問者の質を上げる事が大事である。しかし、最適な広告を提供するためには、海外アフィリエイトも含めて、多くのアフィリエイト広告を知っている必要もある。

ブログに設置する広告を多数知っていれば、より訪問者に合わせた、かつ、報酬の高いアフィリエイトを紹介することが出来る可能性が高い。広告の報酬額や報酬率は収益に直結するため非常に重要である。

 

アフィリエイト広告に関する知識だけでなく、SEOに関しても日記系の多いブロガーは意識しない場合が多い。ただ、プロブロガーとして十分な収益をあげるにはアフィリエイターとしての経験はある程度は必要になる。

記事に合う広告を設置すると成約率が高まるため、ASP1ASP2ASP3などに登録し、記事にあった広告を投稿する度調べたり、経験豊富なアフィリエイターとの情報交換やライバルサイトの広告をしっかりと調査する作業も行った方が良いだろう。

初心者におすすめなのはASP1である。このASPの良い点は最低支払額が777円で振込手数料が0円というところだ。報酬が少ない場合ほど手数料も馬鹿にならないので、この点は嬉しいだろう。

最大手とも言われるASPで、案件数も多いのはASP2である。

金融系の案件が多く、クリックから60日間もの間Cookieが保存される(後日訪問し購入に至っても報酬が貰える仕組み)ASP3もおすすめである。他のASPからリンを張り替えた後すぐには効果は出ないが、60日間Cookieが保存されるので1ヶ月以上経った頃から徐々に報酬の発生数が張り替える前よりも増えていくだろう。

上記3つのASPはアフィリエイターであれば最初から登録必須だ。アフィリエイトサイトの運営も、経験しながら身に付けることが出来るだろう。

 

プロブロガーになるためのアクセスアップとブログにおける広告の最適化

ブログで稼いで生活する。

つまり、プロブロガーになりたいと考えた場合、まず必要になるのはアクセスを集めるという事である。ある程度のアクセスが集まれば、高知にお住まいのイケダさんのように面白い記事を書かなくとも、記事が炎上し話題になるようなトピックを取り上げるだけで自然と拡散されるようになる。

ネット以外の仕事が営業等によって増やす事も出来、そこから収益をあげる事も出来るようになるだろう。

 

アクセスを集めると同時に訪問者に合った広告を提供出来れば、イケダさんのようなリアルでの営業活動を行う方法でなくとも、十分な収益をあげることが出来る。これはSEOに関する知識を身に着け、検索エンジンから呼びたい訪問者を呼び込む方法と、リピーターを中心に構成される訪問者に合った広告を提供する事で可能となる。

SEOに関しては、検索エンジンを攻略する等の記事でも詳しく述べて来た。SEOは収益率を上げるための方法としては最も有益な方法だ。

 

訪問者に合った広告というのは、検索エンジンからどのようなキーワードで訪問者が来ているか調べる事でも可能だし、サイトに統一のテーマを設定すれば、何を求めてどんな訪問者が来ているか、ある程度わかるようになる。こうしたリピーターに新たな興味を与える事で、広告に合うような訪問者に育てる事も出来るだろう。

 

昨今ではブログからサイト運営という世界に入る人は多い。しかし、ブログの多くは著者の日記的な内容が中心であり、アフィリエイトサイト的な要素はほぼ無い。こうした風潮の中でアフィリエイトサイトに関する知識を深める事は、他のブログを抜きん出るチャンスになる。

プロブロガーとしてブログの収益で暮して行きたいと思っているなら、広告の最適化を実践的に学ぶ事が出来るアフィリエイトサイトの運営を並行してスタートさせる事も自分としてはオススメしたいと思う。

 

アフィリエイトサイトの運営に関してはアフィリエイトサイトで稼ぐ方法の記事。

ブログを始める前の準備段階にはプロ・ブロガーになりたい人が始めからやっておくべきこと3つの記事も参考に。



Alpaca Nomad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイや周辺国のお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。