ラオス

バンビエン

バンビエンでゲストハウスを探している人に必要な情報をまとめて紹介していく

バンビエンでゲストハウスが多く営業しているのは中央通りである。中央通りはナムソン川東の川沿いの通りからもう1本東にある。バンビエンを観光するにも便利な立地にある。旅行代理店はもちろん、レストランやカフェ、マッサージ屋も多い。ゲストハウスを探しているバックパッカーに限らず、多くのバンビエン旅行者におすすめのエリアだ。
バンビエン

ラオスでバイクを借りる前に知っておくべきこと

ラオスのビエンチャン、ルアンパバーン、バンビエンはいずれも街としてはコンパクトである。街の中心部に店なども固まっているため移動はしやすい。ただ、徒歩で移動するにも限界がある。そこでおすすめなのはバイクのレンタルである。ラオスはもちろん、海外でバイクを借りるのが初めての人は様々な面で知っておくべき情報がいくつかある。
ビエンチャン 観光

ビエンチャン観光で訪れておきたいスポットを紹介する

ビエンチャンに限らずラオスは何もないのが魅力とされ、滞在している人の多くはのんびりとリラクゼーションを求めに訪れているかと思う。自分は事前にこういった情報を知っていたため、ラオスでは時計も見ずにのんびりと過ごしていた。今回はビエンチャン滞在中時間があるなら訪れておきたいスポットを紹介したいと思う。
ルアンパバーン 観光

ルアンパバーンでおすすめの観光スポットを紹介していきたいと思う

ルアンパバーンは大自然の中でゆっくりと過ごす環境が整っており、リラクゼーションを目的とした観光にはもってこいの都市である。市街地にあるシーサワンウォン通りにはカフェやレストラン、マッサージ屋までも揃っている。早朝お坊さんが生活に必要な最低限の食糧などを街を歩きながら乞う托鉢(たくはつ)と呼ばれる儀式も見ることが出来る。
ウドンタニ

ウドンタニからビエンチャンへの行き方、ビエンチャンからウドンタニへの行き方を詳しく述べていく

ウドンタニからビエンチャンに行く方法としては▶ウドンタニバスターミナルからの直通バス▶ウドンタニ空港からロットゥー(ミニバス)で国境まで行き、バスに乗り換える2通りが主要な方法となる。タラートサオ・バスターミナルはウドンタニからのバスが到着し、ウドンタニ行きのバスも出ている。
ルアンパバーン 観光

ルアンパバーンに観光へ行く前に知っておきたい過ごし方や注意点などを述べていく

ルアンパバーンは他の都市とは違い、観光スポットやプレイスポットが決して多いわけではない。ただ、大自然の中でゆっくりと過ごす環境は整っており、リラクゼーションを目的とした観光にはもってこいの都市である。ホテルはメインストリートであるシーサワンウォン通り付近が便利で、ゲストハウスやビラと呼ばれるホテルが並んでいる。
ビエンチャン

ルアンパバーンへの行き方をビエンチャン発のバスによる方法を中心に紹介して行く

ルアンパバーンへはビエンチャンからバスを使い陸路で向かうバックパッカーが多い。ただ、カップルや家族での旅行者は市街地の近くにルアンパバーン国際空港があるため、現地人でも無い限り、空路で向かうのが普通だ。空路の場合はビエンチャンの他、バンコクやハノイからもルアンパバーンへの直通便が出ている。
ビエンチャン 観光

ラオスの首都・ビエンチャンを観光する前に知っておきたいことを述べていく

ビエンチャンは東南アジアにあるラオス人民民主共和国の首都である。人口は約70万人。仏教寺院や遺跡、仏塔等数々の文化財がある他、ラオスにおける政治の中心地にもなっている。バスならウドンタニからわずか85バーツで行くことが出来、タイからのこの陸路で向かう人が多い。