ミャンマー

バガン

バガンで観光する前に知っておくべき、遺跡エリアから観光方法までを紹介する

バガン(Bagan)はマンダレー地方の仏教遺跡群エリアを指す名前である。この記事ではバガンを観光する前に知っておくべき▶バガンの観光、遺跡エリア▶バガン遺跡を回る移動方法▶日本やミャンマーの他の都市からバガンへの行き方▶バガンのおすすめホテルから▶ミャンマー・バガンにおける観光についてまで詳しく紹介していきたいと思う。
バガン

バガン気球ツアーの予約から注意点まで、事前に知っておくべきこと

バガンの気球ツアーでまず気を付けなければならないのは運航期間が限定されているという事である。1年のうち、10月から翌年の3月までしか運航していない。この記事では▶気球ツアーの予約方法▶予約してから気球ツアー前日まで▶気球ツアー当日の流れについて注意点をふまえて、わかりやすく紹介していきたいと思う。
バガン

バガンへの行き方をマンダレーからのバスを中心に、飛行機から船まで全て紹介する

バガンへ行く方法としては▶車(大型バス、バン)▶飛行機▶船(クルーズ)の方法がある。陸路では比較的近い地方都市であるマンダレーからも5~7時間程度の時間がかかる。バガンにはニャウンウー(ニャンウー)に空港もあり、ヤンゴンやマンダレーから飛行機で向かう事が出来る。船により、川を下ってバガンへと行く方法もある。
マンダレー

マンダレーへの行き方をヤンゴン発のバスによる方法を中心にわかりやすく紹介して行く

マンダレーへ行く方法は▶長距離バス▶飛行機の2つの方法がある。空路の場合、ヤンゴンだけでなく、バンコクなど周辺国からも片道1万円程度~航空券がある。ヤンゴンからの陸路では10時間ぐらいかかるが、空路では1時間半程度で着くので、スケジュールに余裕が無い人も航空機で向かうのがおすすめだ
ミャンマー

ミャンマー・ビザのオンライン申請とビザの取得方法をわかりやすく述べていく

日本国籍所有者もミャンマーへの入国の際にはパスポートの他にビザが必要である。このビザは2014年9月からオンラインで行えるようになった。以前まではかなり面倒だったこのビザの申請もオンラインだと必要な公的書類が無くなっている。現地空港での入国審査も、ビザ申請後に送られてくるレターをコピーし提出するだけなので非常に簡単だ。
ミャンマー 物価

ミャンマーの物価情報2016年

ミャンマー国内でも地域差はあるが、ヤンゴンにおける物価はバンコク並みに高いと言えるだろう。特にホテルの値段が全体を押し上げている。外国人旅行者が利用するサービスでも、現地の人も顧客に含んでいるものはまだまだ安い。特に通信料は安く、タクシーも日本はもちろんバンコクよりも安い。
ミャンマー 治安

ミャンマーの治安に関する統計的なデータと観光した際に肌で感じた事を述べていく

ミャンマーの犯罪は人口比で見ると殺人が日本の2.6倍となり、強姦はほぼ等倍となる。確かに統計上は増えているし、近年ヤンゴンへの人口流入で治安が悪化している側面はあるが、今まで認知されていなかった(警察が把握していなかった)事件が公になっている可能性もある。
ヤンゴン

ヤンゴンの空港から市内へと安く行く方法

ヤンゴン空港から南部のダウンタウンまでは車での移動手段を選択するのが普通で、現地ミャンマー人も迎えがなければタクシーを利用する。旅行者も複数人でバン等をチャーターするケースはあるが、タクシーを利用するのが一般的だ。