パタヤ

パタヤ

パタヤからバンコクへのコストパフォーマンスが良い行き方を中心に紹介する

パタヤからバンコクへと帰る際には利用される手段としては▶バス ▶タクシー▶ロットゥー(ミニバス)の3つがある。特に、バスは利用者数の最も多い移動手段だろう。ただ、パタヤからのバスについては上手く利用出来ていない人も多い。パタヤからバンコク行きタクシーについては1100バーツという格安での提供をしているホテルもある。
パタヤ 観光

パタヤというタイのビーチリゾートの観光は、これだけ抑えておけば大丈夫!

パタヤは首都バンコクから南東へ約160キロメートルの位置にあるタイの特別市である。バンコクと組み合せて観光する人も多い。欧米ではプーケットと同様にビーチリゾートとして知られ、パタヤビーチというパタヤ中心地の海岸沿いの名前と結び付けられる事が多い。パタヤの観光は大きく分けると「夜の観光」と「昼の観光」に分ける事が出来る。
パタヤ 観光

パタヤにおけるソンテウの乗り方をビーチロード、セカンドロード周辺のルート地図とともに紹介する

パタヤはビーチロードとセカンドロードをを中心に発展したコンパクトな街である。そんな街を更に便利にしているのはソンテウの存在だ。ソンテウのおかげでパタヤは地下鉄やBTSのあるバンコク並に効率のよい街になっている。この記事ではパタヤを思いっきり楽しむために街の全体像の把握とソンテウの使い方を初心者向けに解説していく。
パタヤ

バンコクからパタヤへの行き方を初心者向けに紹介していく

バンコクからパタヤまでは車で約2時間である。移動方法として、おすすめは▶バス▶タクシー▶ロットゥーの順番である。タクシーでも1500バーツなので払えなくもないし、ホテルまで行ってくれるので楽である。バスは安さが決め手となる。ロットゥーはバスに比べて天井が低いため圧迫感もあり、席が狭いので少々疲れるが値段は安く早い。
パタヤ 観光

ラン島への行き方、パタヤへの帰り方を詳しく述べていく

パタヤの沖合に浮かぶ島・ラン島へ行くには船を使わなければならない。船の種類としては▶フェリー▶グラスボトムボート▶スピードボートの3種類があり、乗り方としてはバリハイ埠頭(パタヤ埠頭)にあるチケット売り場で買う方法、船乗り場で料金を支払う方法、ツアーや現地業者と直接交渉して手配してもらうといった方法がある。
パタヤ 観光

ラン島にあるビーチからホテル、移動まで、観光する前に知っておくべきこと

ラン島はパタヤの市街地から沖へ約10km程度の位置浮かぶ島である。パタヤ市街地近くにあるパタヤビーチはキレイとは言えないが、ラン島にあるビーチは透明感のある海水に白い砂浜が広がっており、泳ぐにも悪く無い。日光浴ならパタヤビーチでも十分だが、海水浴を思う存分楽しみたいならラン島まで足を伸ばす事をおすすめしたい。
パタヤ

ソイ・ブッカオというパタヤの人気エリアについて詳しく述べていく

ソイブッカオはタイ・パタヤにある通り(ソイ)の事を言う。全長約1.75kmで、端から端まで歩いて移動できない距離ではない。海沿いからビーチロード、セカンドロードと続き、内陸へ3本目の通りである。ビーチロードやセカンドロードが短期滞在者である観光客のためのお店が多いのに対して、ソイブッカオは外国人用でかつロングステイヤーのためのお店が多いのが特徴である。
バーツ 両替

パタヤでのお得なバーツ両替について述べて行く

パタヤでお得にタイバーツへ両替したい人は、現地銀行ではなく、クレジットカードのキャッシングでもなく、優良両替所を利用するのが良い。パタヤで現在優良両替所とされているのは「TT・カーレンシー・エクスチェンジ」「RTカーレンシー・エクスチェンジ」「スーパーT」「イェンジェット・エクスチェンジ」などがある。