タイ

タイ旅行

タイ旅行の費用を抑えるために知っておくべき知識を目安の予算とともに紹介する

タイ旅行における費用は旅行目的だけでなく、時期によって大きく異る。年末やお盆、ゴールデンウィークなどは航空券とホテル代だけで10万円を超えてしまう場合もあるだろう。1週間15万円程度用意すればストレス無く1週間のタイ観光を楽しめるだろう。もちろん、一概には言えない中で具体的な数字を出しているので、あくまでも参考程度に。
ウドンタニ

ウドンタニで泊まるべきおすすめのホテルを観光情報とともに紹介する

ウドンタニにあるホテルの値段からもわかるように滞在費はタイの他の観光地に比べても安く抑える事ができる。加えて、小さなエリアになんでも揃っているため、中心地に滞在すれば移動費もそこまでかからない。郊外へ出れば、世界遺産に登録されているバーンチェンをはじめ、多くの遺跡やイサーン独特で壮大な仏教建築様式も数多く残されている。
バーツ 両替

タイバーツの両替で損したくない人が知っておくべきお得な方法

タイバーツへ両替する場合、もっとも手数料が安く両替出来るのはタイ国内の「優良」両替所で両替する手段である。優良両替所なら為替の取引される市場レートと比較して0.5%程度の事が多い。場合によっては市場レートよりも良いレートで両替出来る事も珍しくはない。これはタイにおいて日本円現物の需要が高いからだと考えられる。
航空券

タイ旅行でLCCを使う人に向け、最安値で行く方法を紹介する

タイの国際線、国内線ではいくつかのLCCが運行している。その中でも日本からタイへ移動、タイ国内の都市間移動で使えるLCCをこの記事では詳しく紹介していきたいと思う。タイにおいて最も有名で利用者の多いLCCはエアアジアとスクートである。国際線としてはタイ・エアアジアX、国内線はタイ・エアアジアが主に運行している。
スクンビット

スクンビットで本当におすすめのホテルをすべて紹介していく

スクンビットにも様々なエリアがある。この記事ではアソーク、ナナといったスクンビットの中心とも言えるエリアにプロンポン、トンローを含めた3つのエリアを中心に、ホテルの特徴とおすすめの理由を含めた上で、本当に評判が良いホテルのみを紹介して行きたいと思う。紹介するホテルは全て1人分の料金で2人まで泊まる事が出来る。
バーツ 両替

バンコクでバーツへの両替をする人が損しないために知っておきたいこと

日本円からタイバーツへ両替をする場合、1.タイの両替所、銀行での両替、2.タイにあるATMでカードによる引き出し、3.日本の銀行、空港、ブランド品を扱う店での両替といった方法がある。もっとも手数料が安くタイバーツへの両替出来るのは優良両替所での両替である。市場レートと比較しても、0.5%以下の手数料で両替が出来る。
ナナプラザ

バンコク・ナナでおすすめのホテルをわかりやすく紹介する

バンコクにおける「ナナ」と言えば、ナナプラザのあるソイ・ナナ(スクンビット・ソイ4)やBTSナナ駅周辺を指す場合が多い。中級から高級ホテルの多いナナプラザ周辺に対し、BTSナナ駅周辺でスクンビット通り北側エリアには格安ホテルを中心に数多くのホテルが営業している。BTSの駅に近いため、昼間の観光拠点としても便利である。
バーツ 両替

プラトゥーナムのスーパーリッチでバーツ両替をする前に知っておきたいこと

今回紹介するのはプラトゥーナム市場に近い両替所だ。名前はスーパーリッチ(SUPER RICH THAILAND)。この両替所もワスやタニヤスピリット、サイアムエクスチェンジと毎回バンコクの高レート両替所ランキング上位を争っている。手数料も0.5%以下と上記の優良両替所と同様に非常にお得な両替所だ。