タイ

タイ WiFi

タイで使えるWiFiルーターをレンタルする際におすすめの方法を紹介しよう

タイでインターネットを使う場合、モバイルネットワークでなければWiFiを利用するのが普通だ。個人旅行者がWiFiを使いたい場合、ホテルや空港、ショッピングセンター、カフェなどの施設で飛んでいるものを利用するか、WiFiルーターをレンタルする方法がある。WiFiルーターは日本やタイの空港などで受け取りが可能となっている。
ドンムアン空港

バンコク市内からドンムアン空港への行き方を詳しく紹介する

タクシーは当然手段としては主要な方法である。地下鉄ファランポーン駅近くの鉄道バンコク駅から出ているローカル鉄道でもドンムアン空港へ行くことが出来る。バスはバンコク市内からだと、モーチット駅から出ているエクスプレスバス、スワンナプーム国際空港から無料で出ているドンムアン空港行きのシャトルバスがおすすめである。
パタヤ

パタヤからバンコクへのコストパフォーマンスが良い行き方を中心に紹介する

パタヤからバンコクへと帰る際には利用される手段としては▶バス ▶タクシー▶ロットゥー(ミニバス)の3つがある。特に、バスは利用者数の最も多い移動手段だろう。ただ、パタヤからのバスについては上手く利用出来ていない人も多い。パタヤからバンコク行きタクシーについては1100バーツという格安での提供をしているホテルもある。
タイ SIMカード

タイでwifiは「どんな利用方法」があり「何」がお得かをわかりやすく述べる

タイでWiFiを利用するには2つの方法がある。1つがWiFi環境を構築する方法で、もう1つがホテルやカフェ、空港など施設のWiFiを利用する方法である。WiFi環境を構築する方法としては▶ WiFiルーターをレンタルする▶ 現地のモバイルネットワーク(現地SIM)を利用し、携帯電話からテザリングによりWiFiを飛ばす
バンコク ホテル

シーロムで泊まるべきおすすめホテルをエリアの特徴とともに紹介する

シーロムとはバンコク・バーンラック区にある中心的な通り「シーロム通り」の周辺、特に、サラデーン駅、シーロム駅周辺エリアを指す事が多い。バーンラック区は「ラマ4世通り」「サトーン通り」、西側がチャオプラヤ川で囲まれた行政区になる。シーロム一帯はバーンラックというエリアになるが、シーロムという名称の方が良く使われている。
ナナプラザ

ナナプラザ・エリアのJF無料おすすめホテルを詳しく紹介していく

ナナプラザ周辺にも格安ホテルはある。ただ、キレイとは言えず、コストパフォーマンスで見れば中級ホテルから高級ホテルの方が良いだろう。また、BTSナナ駅周辺まで行けば、コスパの良い格安ホテルもいくつか営業している。ナナプラザでの夜遊びを楽しみたい人は周辺のホテルの方が良い。女の子はホテルへ連れ帰るにも、近場の方が喜ぶ。
カオサン

スワンナプーム国際空港からカオサンへの行き方をわかりやすく説明していく

カオサン通りへはバスやタクシー、トゥクトゥクでの移動が主な方法である。スワンナプーム空港からカオサン通りへの移動方法として、コストパフォーマンスで見ればスワンナプーム国際空港発のS1バスがもっとも良い。空港到着が深夜だったり、グループ、家族での移動ならタクシーで向かうのが良いだろう。最寄り駅からはグラブがおすすめである
カオサン

バンコク市内からカオサン通りへの行き方をわかりやすく説明する

バンコク市内からカオサンへの行き方はとしてタクシーやトゥクトゥクの他にも、チャオプラヤーボート、バスといった方法がある。タクシーやトゥクトゥクは場所にもよるが200バーツ(約670円)程度。チャオプラヤーボートはサパーンタクシン駅近くのサトゥーンから15バーツ~、バスは10~20バーツ、共に日本円で50円程度である。