タイ旅行

タイ旅行

タイ旅行の費用を抑えるために知っておくべき知識を目安の予算とともに紹介する

タイ旅行における費用は旅行目的だけでなく、時期によって大きく異る。年末やお盆、ゴールデンウィークなどは航空券とホテル代だけで10万円を超えてしまう場合もあるだろう。1週間15万円程度用意すればストレス無く1週間のタイ観光を楽しめるだろう。もちろん、一概には言えない中で具体的な数字を出しているので、あくまでも参考程度に。
タイ旅行

タイ旅行で必要になる持ち物、必需品を全て述べる

タイ旅行における持ち物や必需品を用意しておくべき理由とともに紹介していく。必需品と呼べるレベルの持ち物はほとんどの人が知っているかと思う。全体を通してこれからタイ旅行を考えている人の参考になればと思う。タイ旅行における必需品はパスポート、現金(日本円でもOK)、旅行用カバン(リュックもしくはスーツケース)である。
タイ旅行

【2018年】タイの禁酒日と祝日をわかりやすくまとめて紹介していく

タイの禁酒日とはアルコールの販売やカラオケ、バーの営業を禁止している日の事である。飲食店も禁酒日は店を閉める所は多いが、バーやナイトスポット以外のレストランでは、お酒のオーダーだけ出来ないようにして、通常営業する所もある。2月11日、5月10日、7月8日、7月11日、10月5日が2017年における禁酒日となる。
タイ旅行

タイ旅行における服装はどうすべきか詳しく述べていきたいと思う

タイは北部を除き、年の平均気温が30℃を越える常夏の国である。タイでは建物内や移動に使うバス等が外に比べて極端に寒くなっている事が多い。タイへと向かう中華系航空機だったり、LCCでも冷房が強めのところがある。タイへ行くまで、行ってからも場所によっては羽織るものを1枚用意しておくと便利だ。
パスポートの紛失

海外旅行でパスポートやお金を紛失した際の対処法を詳しく述べていく

パスポートの窃盗被害や紛失の際は帰国だけでなくホテルの宿泊が困難になり、お金の場合は、食事や住む場所の確保をはじめ海外でライフラインが途切れる事になる。しかも、これらの紛失は病気や怪我に比べ多くの人が経験する事だ。対処法については一度全体像を把握しておいた方が良い。そうすれば実際に経験した際も焦らずに済むはずだ。
タイ旅行

タイ旅行の注意点をまとめて紹介していこうと思う。

タイ旅行における注意点は、タイに限らず、海外旅行での注意点と重なる部分が多い。例えば、治安も海外で日本以上に良い国は殆ど無い。タイも例外ではなく、日本よりも犯罪率は高い。殺人や強盗等の凶悪犯罪も日本より多く発生するが、日本人が旅行客として巻き込まれるのはほとんどがスリといった軽犯罪である。
タイ旅行

タイの魅力を表では語られない事も含めて5つをあげよう

タイは日本からの訪問者が多い海外の国・地域で第6位にランクインしている人気国であり(日本旅行業協会の海外旅行者の旅行先トップ50より)、実際に行ったことが無い人も気になっている人は多いかと思う。ただ、「料理が美味しい」「海が綺麗」など、一般に公開されているものは、表向きの回答しかないというのが率直な感想である。
タイ旅行

タイでは英語がどのぐらい通じるのか。日本語だけでも旅行は楽しめる?

タイの事をあまりよく知らない人のために言っておくと、タイの公用語はタイ語である。よって、タイの人が当たり前に英語をしゃべれるわけではない。これは同じ東南アジアでも第一言語が英語であるシンガポールはもちろん、英語が公用語となっているマレーシアやフィリピンのように、殆どの人が英語をしゃべる事が出来る国とは大きく異る。