カオサン

カオサン

カオサン通りへと訪れる前に知っておくべき「楽しみ方」「過ごし方」

カオサン通りはバックパッカーの聖地として世界的に有名なエリアである。そう呼ばれる所以は旅行代理店が多く、東南アジア移動の拠点として使われる事が多かったからである。また、旅行者同士で情報交換をしたり、出会いの場としても機能していた。しかし、今はカオサンを観光スポットとして純粋に楽しむために訪れる人も多くなっている。
カオサン

スワンナプーム国際空港からカオサンへの行き方をわかりやすく説明していく

カオサン通りへはバスやタクシー、トゥクトゥクでの移動が主な方法である。スワンナプーム空港からカオサン通りへの移動方法として、コストパフォーマンスで見ればスワンナプーム国際空港発のS1バスがもっとも良い。空港到着が深夜だったり、グループ、家族での移動ならタクシーで向かうのが良いだろう。最寄り駅からはグラブがおすすめである
カオサン

バンコク市内からカオサン通りへの行き方をわかりやすく説明する

バンコク市内からカオサンへの行き方はとしてタクシーやトゥクトゥクの他にも、チャオプラヤーボート、バスといった方法がある。タクシーやトゥクトゥクは場所にもよるが200バーツ(約670円)程度。チャオプラヤーボートはサパーンタクシン駅近くのサトゥーンから15バーツ~、バスは10~20バーツ、共に日本円で50円程度である。
カオサン

カオサン通り周辺のおすすめゲストハウスを広く紹介していく

カオサンはバックパッカー向けの安宿が数多く営業している。こうした安宿はゲストハウスという形になっており、シャワールームや洗面所、トイレなどは共有である。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミドリーとなっている。ドミドリーとは1つの部屋にいくつかのベッドが置かれ、他の旅行者と同じ1つ部屋で寝泊まりするようなタイプ。
カオサン

ドンムアン空港からカオサンへのアクセスで主要な行き方を詳しく述べていく

ドンムアン空港からカオサンへなるべく安く向かいたい場合はエクスプレスバス、リモバスの2つがおすすめである。値段もタクシーに比べ安い。カオサンまでエクスプレスバスは50バーツ(約170円)、リモバスは150バーツ(約500円)である。節約を考えてなかったり、グループでの移動、大きな荷物を持っている人はタクシーが良い。
カオサン

カオサンロードで日本人におすすめ出来るホテルを紹介したいと思う

カオサンロードのゲストハウスは通常シャワールームや洗面所、トイレなどが共有となっている。部屋まで共有だと現金の管理が面倒になる。カオサンで騒いだ後は部屋でゆっくりと休みたいという人も多いはずだ。こうした人に向け、この記事ではカオサン通りにあるシングルルームを提供しているおすすめホテルを紹介していきたいと思う。