ブラックハットSEOは終焉を迎える!?最近のブラックハットの手法とこれからの検索エンジン最適化。

ブラックハット Black Hawk DownBlack Hawk Down

 

ブラックハットとホワイトハット

Googleのアップデートで一番困るのは、今までの検索上位表示基準とズレが生じてしまい順位が下がってしまう人達だろう。特に、ブラックハットと呼ばれる手法を用いて極端な評価の偽装を行い検索上位表示を実現してきた人達は、Googleのアルゴリズムが変わる度にズレが生じる可能性が高くなる。

今ではコンテンツSEOとも呼ばれる内部対策重視のSEO対策だけでも十分上位表示が可能になっており、ユーザー目線のサイト作りで上位表示が実現するというGoogleの発言もあながち嘘ではなくなってきている。完全にブラックハットで稼げなくなったわけではないが、ブラックハットを行っていた人達も、今後の作業の比重はホワイトハット側へ徐々に移している。

 

アフィリエイト業界全体を見ても、以前は収益の点でも圧倒的にブラックハットの方が有利だった。しかし、Googleのアルゴリズム変更によるリスクが少ない点だけでなく、作業量を含めたコストの点でも、ホワイトハットの方が上回っているように思える。

昔はツールなど技術的な知識を用いている人が圧倒的に強かったが、今ではこうした技術に多くを頼っている人ほど稼げなくなって来ているのだ。

 

 

ブラックハットSEO

ブラックハットが費用や作業量を含めたコストを必要とするのは、大量にサイトを作ったり評価の高いドメインを購入する必要性から生まれる。ブラックハットSEOとは、主に大量の自己リンク(自分で張るリンク)や元々評価の高いドメインを使ってサイトのGoogleによる評価を偽装し、検索上位表示を実現させる技術である。

大量のサイトを作成し、そこから評価を高めたいサイトへリンクを張っていく事も多いため、検索エンジンスパム、SEOスパムとも呼ばれている。

 

ブラックハットSEOの方法

ブラックハットSEOのやり方は大まかな部分ではほぼ共通しているが、細かい部分では非常に多岐に渡っている。

検索結果で上位表示させたいサイトに対してリンクを張るサイトをサテライトサイトと呼ぶ。メジャーなブラックハットSEOでは、サテライトサイトを多数作成して、サテライトサイトからメインサイトへリンクを張ることで上位表示を実現させている。

以前はツールでこうしたリンクを張り合うサイトを集めたり、有料リンクといって比較的評価の高いサイトからリンクを得るためにそれを購入したりしていた。アフィリエイト塾等では複数人で評価の高いサイトを所有し、そこからリンクを張って評価を高めるといった手法もある。

 

しかし、最近ではそういったツールや有料リンク、共有サイトからのリンクによる手法はあまり見られなくなっている。理由としては受ける被リンクよりもリンクを張ること、要は、発リンクが多くなり、リンクの効果が大して得られ無い事が増えたり、Googleのペナルティリスクが高まった事が大きいだろう。

 

最近のブラックハットの具体的な方法

検索結果で上位表示させたいサイトをメインサイトとすると、このメインサイトへリンクを張るサイトはサテライトサイトと呼ばれる。そして、このサテライトサイトへリンクを張るサイトもあり、親であるメインサイトから見ると、サテライトのサテライト、つまり、孫にあたるサイトである。

 

ある塾で教えられているブラックハットではGoogleからメインサイトがペナルティを受ける事を避けるために、子サイトであるサテライトサイトへ大量の記事を入れるという手法を取らず、孫であるサテライトサイトに大量の記事を入れコンテンツを充実させる手法が流行っている。

子であるサテライトサイトの評価を上げて、子に入れるコンテンツ(記事)は手間を掛けず少量で親サイトであるメインサイトに合わせた内容で記事を書いてリンクを張る。孫がほとんど評価のない(被リンクのない)サイトだと、子がペナルティなどを受けてサイトの順位が下がってしまう可能性が高いが、子に関しては労力をかけずにサイトを作る。

そのため、子サイトがいくらペナルティを受けても、容易に代わりを作ることが出来、その意味でリスクが少ないのも利点である。

 

また、孫サイトに全くリンクの付いていないと、子サイトがペナルティを受ける可能性が高まるため、関連性の高い子サイト(サテライトサイト)から別の子サイト(別のサテライトサイト)へリンクを張る事もある。孫サイトに関しては自分でリンクを張る自己リンクを付けないので過大評価されることも無く、それゆえに急にリンクの評価を下げられるといったリスクも少ない。

そのため記事を入れコンテンツを充実させるなど、孫サイトは手間をかけて育てていくのだ。子よりも孫を大切にするおじいちゃんと同じ感覚である。

 

サテライトサイトをページランクの高い中古ドメインで作成するケースも多い。

まず海外サイトを含めたPR3以上の中古ドメインを購入する。

子サイトとなるサテライトサイトは、ドメインについていた被リンクを外し、孫サイトをGoogleが認識しないようにする事でペナルティを避ける方法もある。被リンクがついていないと、いずれ評価は下がってしまうが、Googleは中古ドメインのサテライトサイトを調べる事が出来ず、しばらくの間はこのサイトを評価の高い状態で判断し、メインサイトの上位表示を許すのである。

検索上位表示に影響する要因を分析している権威ある会社、MOZの2014年8月15日のレポートによればドメインについたリンクを剥がしてからも4ヶ月は評価が継続されるとのことである。

Why Rankings Remain Even After Links Disappearより

 

リンクが張られていないサイトは低品質のペナルティを受ける可能性はあっても、孫サイトが原因のペナルティを受ける可能性が高い被リンクを理由とした評価の低下が行われる心配は無くなる。もちろん、孫サイトからのリンクをそのまま付けた状態で親サイトへのリンクを張る人も多い。

 

ただ、最近はGoogleも積極的にブラックハットを目的としたサテライトサイトを強く取り締まっており、孫サイトがほとんどリンクを張られていない状態だとそれを理由に子サイトだけで無く、親となるメインサイトも順位を下げている。従って、現在ブラックハットで上位表示を実現している人はある程度自演ではないナチュラルリンクを備えた孫サイトを保有している人が多い。

 

無料ブログであれば、ブログサービス内で比較的リンクが構築され易いためページランクも上がり易くなっている。そのため、多くのブラックハットを用いてアフィリエイトを行っている人は、孫サイトに無料ブログやNAVERまとめ等を用いている。もちろん、これらサイトはコストがかからないという点でも検索エンジンスパム用として好まれて使われている。

 

SEO業者の手法

ツール使用者同士のサイトをツールで結ぶ方法(相互リンクを自動的に構築するもの)もあるが、基本は上で言う孫サイトを大量に所有している。孫サイトにはPRランクの高い中古ドメインを使ったサイトもあるが、ライブドア、FC2、アメーバブログ、はてなブログなどの無料ブログ、ネイバーまとめ等を使用しているケースも見られる。

孫サイトからリンクを張った顧客ごとにオリジナルのサテライトサイト(子サイト)を作り、顧客のサイト(親サイト)へリンクを張って親サイトの評価を高め検索上位表示を実現している。

 

ただ、最近はSEO業者がどんどん潰れている事からもわかるように検索上位表示は一筋縄ではいかない事が多くなった。数十位ぐらいまでは大量のリンクで上昇させる事は難しくはないのだが、10位以上は難しくなったりもする。文章で説明するとリンク複雑は複雑に見えても、Googleのアルゴニズムからすれば比較的容易に不正の判断出来るためだ。

 

また、ブラックハットを用いて上位表示されているサイトであれば、機械はごまかせても人間の目を誤魔化すことは難しい。内容の伴っていない明らかに不正な上位表示が行われたサイトは、手動ペナルティという形で評価を下げられてしまう。儲かるキーワードで不正に上位表示しているサイトほどこうした手動ペナルティを受けやすい。

業者を使った検索上位表示も結局順位を下げる可能性のある要素を含んだリンクに頼るしかなく、ブラックハットで長期に渡り上位表示させることはどんどん難しくなっているのが現状なのだ。

 

最近では内部対策を中心に指導してくれるSEO業者もあるが、成果毎に費用を支払うのではなく月額固定で費用負担を求める事が多くなっている。成果が出るのは時間もかかるため、顧客を満足させるのは昔よりも大変になっているだろう。

 

無料ブログによる検索エンジンスパム

最近ではブラックハット目的の無料ブログだとみなされると削除されるケースが増えてきた。アメブロを運営するサイバーエージェントのインターネット広告事業本部SEO局・主席研究員・木村賢氏もTwitterで以下のように発言している。

これはアメーバブログにはGoogle AdSenseが掲載されているので、広告主であるGoogleからの強い要望もあっただろう。ライブドアブログに関しては一時、ドメインのPRを全て0にされたが最近また復活している。

 

多くの検索エンジンスパムに使われていた無料ブログを次々に閉鎖させスパムを防止するだけでなく、こうした無料ブログに厳しい削除基準を設けたのも大きいだろう。もちろん、その他FC2やはてなブログでもブラックハットに使われているブログは削除される傾向にあるため、無料ブログを使ったブラックハットは一層難しくなっていると言える。

 

ブラックハットのリスク

今まで有効だったブラックハットの手法を上記まで簡単に説明したが、ブラックハットの手法は100人いれば100通りの方法があるとも言われ、細かい部分では経験によって独自の手法を身に着けている人がほとんどである。

あえて簡単に説明して来たが、孫サイト⇒子サイト⇒親サイトと単純なリンクを張っている人で長期間上位表示を実現している人はほぼいない。安定的に上位表示している人はコンテンツの追加だけでなく、実際のリンク構成もペナルティリスクが少ない方法を取っている人が多いはずだ。

ブラックハットで重要なポイントとしては、評価を下げる要素をなるべく薄めるようにしてサイト群を作る事に限る。サイトにペナルティを課したり順位を下げる場合、そのサイト自身というよりもそのサイトへリンクを張ったサイト、要は子サイトであるサテライトサイトがGoogleからマークされる事により起こっている。被リンクが少ないなど、サテライトサイトの評価が低い場合に、親サイトにその影響が出るのである。

ブラックハットには様々な手法はあり、簡単に評価を下げる要素を取り除く事は出来ない。

 

ソーシャルを用いた検索上位表示

ただ評価の偽装を疑われること無く行うことが出来る有効手段もまだある。それがTwitterやFacebook等ソーシャルによる方法である。

 

検索上位表示の判断材料としては、Facebookのいいね!やシェア、Twitterのツイートなどのソーシャルアクションも考慮されると考えられている。これは、上記で紹介したMOZもランキング・ファクターとしてあげている。ただし、Googleのウェブスパムチームを統括するマット・カッツ氏は、ソーシャルアクションが検索上位表示に影響する事は無いと述べている。

 

最近儲かるキーワードで上位表示を実現しているサイトを見ると、孫サイトに大量のコンテンツを入れる手法も子サイトに中古ドメインを使う手法の場合も、ソーシャルアクションを加える事で更に評価の偽装を行っているようである。特に、メインサイトやサテライトサイトには大量のTwitterやFacebookのアクションが加わっている。ソーシャルアクションは多ければ多いほど良いため、競争の激しいキーワードだと、数千レベルのツイートやFacebookのいいね、シェアが付いてるのである。

被リンクは数よりも質が大事で時に評価を下げる一因になるが、ソーシャルアクションは良し悪しの判断がつかず評価を下げるような事は出来ないだろう。つまり、多ければ多いほど良いのである。

ただ、このソーシャルアクションも自分の経験上、サイトの新規性を強調するだけで被リンク以上に短命で終わる。そのため、順位を維持するためには、数百レベルのソーシャルアクションを定期的に行う必要が出てくる。

となると、結局今のブラックハットの手法は順位が下げられる短期間の間に、いかにして作業やコスト分を回収できるかが鍵となるのであろう。

 

検索エンジン最適化とは?

MIYAKO85_uchiagerareta20140726500

 

昔はこうした複雑なリンク構造を取らなくても、孫サイトから子サイト、子サイトから親サイトへリンクを張るだけで簡単に上位表示できた。今でもブラックハットを使えば簡単に上位表示できるキーワードもまだまだある。

しかし、ブラックハットだけで上位表示することは稼げるビックワードであればあるほど不可能に近いし、長期間上位へ表示させることはかなりのコストを伴うと考えた方が良い。

 

自分はアフィリエイトというビジネスにおいて、ブラックハットを行っている人を否定はしない。ただ、ブラックハットはGoogleという巨人がその評価の偽装を暴くアルゴリズムを発達させる事でより効率化が求められ、達成されなければ今後はコストがより必要となってくるだろう。

この辺の作業に関してはアフィリエイトサイトで稼ぐ方法の記事も参考に。

 

Google以上に評価の偽装技術を発達させることはほぼ不可能であり、また手動によるペナルティでは評価をごまかせたと思われる部分が叩かれる。孫サイト、子サイト、親サイトにするにもナチュラルリンクを多数所有しているサイトを持っているかどうかが今後のブラックハットを行う人の生き残りを左右するのは間違いない。

検索エンジン最適化を考える上で、ブラックハットもホワイトハットなしには生きていけなくなっているのだ。完全なブラックハットで作成されたサイトというのはすでに存在していない。数年後には、ブラックハットは「黒い帽子」という意味でしか使われなくなっているだろう。

 

ホワイトハット

ブラックハットにおけるソーシャルアクションでサイトの評価を偽装する手法は、複数のサイト間で行う評価の偽装ではなく、サイト内のトップページ、各記事の単一ページの評価を上げる方法である。ホワイトハットについても各記事、ページレベルで上位表示を目指す方法と複数のサイト群を形成し評価を高める手法がある。

 

ページレベルのホワイトハットSEOについては

検索エンジンを攻略する

ホワイトハットSEOの本質

の各記事を参考に。

 

自分の用いているホワイトハットでは、複数のサイト群を形成し、ナチュラルリンクを集めた中心となるサイトからリンクを張って、周りのアフィリエイトサイト等の評価を高める手法がある。孫から子、子から親へピラミッドで頂上に来る親のメインサイトへリンクを張る手法、つまりブラックハットで一般的に行われる手法をピラミッド型とすれば、自分のこうした手法はギャラクシー(銀河系)型と言える。

ギャラクシー型であれば、リンクを発する中心の太陽の被リンクがナチュラルリンクで構成されているためペナルティを受けるの要素がない。

 

検索上位表示の評価方式は科学論文の評価方式を採用しているが、自分はこの科学の世界で普通に行われている事はホワイト、要はGoogleの規約に違反しないと考えている。ギャラクシー型の発リンクであれば十分ホワイトハットの範疇だろう。

コメント