ファランポーン駅周辺を訪れるなら知っておくべき基礎知識を紹介する

Hua Lamphong Station
タイ国鉄フアランポーン駅

 

フアランポーン駅は鉄道及び地下鉄の終着駅である。

鉄道は地元の人が利用するローカルな乗り物だが、ドンムアン空港やバンコク近郊の都市だけでなく、少し時間はかかるがチェンマイ等離れた場所にある都市へも比較的安い値段で行く事が出来る。「バンコク駅」や「バンコク中央駅」とも呼ばれ、日本で言えば東京駅と同じような地方へのアクセスを繋ぐバブの役割を果たしている。

フアランポーン駅から出る地下鉄はバンコク市内の移動に便利で、繁華街であるシーロムやスクンビットにも近い。

 

こうした移動の拠点となっている他、フアランポーン駅周辺は夜になるとゴザが敷かれ地元の人だけでなく、外国人観光客もやお酒を飲んで盛り上がっている。バンコクにおけるチャイナタウン「ヤワラート」へも徒歩で向かう事が出来るし、拠点として利用するだけでなく、このエリア内でも楽しめるので滞在場所としてもおすすめだ。

下記ではこうしたフアランポーン駅を中心としたアクセス方法や駅周辺の観光スポットまでファランポーンについて詳しく説明していきたいと思う。

 

フアランポーン駅

Hua-Lamphong-Station bangkok thai

 

タイ国鉄駅の正式名称はクルンテープ駅とされるが、単に「バンコク駅」や「バンコク中央駅」という名称が用いられる場合もある。

タイ国鉄ファランポーン駅は日本で言えば東京駅のような存在で、地方からバンコクへ出稼ぎに来る若者が到着する駅である。日本では鉄道が最も効率が良く速い移動手段であるが、タイの電車はバスやロットゥー(ミニバス、バン)よりも時間がかかるため、旅行者の移動方法としては一般的ではない。

タイ旅行者には、タイ国内の移動方法として、飛行機が最も良いだろう。近年はLCCの路線が増えた事により、ほとんどの都市へと就航している。陸路での移動と違い数時間で移動が出来る上、往復1万円もしない安さである。

 

それでもお金の無い出稼ぎ労働者は、時間よりも安さを重視しタイの国鉄を利用している。バンコクでも見ることが少なくなった中流以下の一般タイ人が利用する移動手段なのだ。

Hua Lamphong Station Station yard
フアランポーン駅構内

 

Hua-Lamphong-Station yard bangkok
バンコクから田舎へ戻るために電車の出発時間まで床に座る人々。

 

国鉄利用者のほとんどが出稼ぎに来た貧困層のため、フアランポーン駅には期待と不安が混じったような顔をした若者が多い。夜になれば、寝床を確保できずに駅構内で野宿している人もいる。

富裕層が増加するタイにおいても、他の発展途上国と同様に、海外資本が多く入ったグローバルな大都市バンコクと地方では大きな格差が生まれている事が目に見えてわかる。

Hua-Lamphong-Station bangkok night
タイ国鉄フアランポーン駅は夜になると綺麗にライトアップされる

 

フアランポーン駅はタイ国鉄の駅の他に地下鉄駅もある。

Hua Lamphong Station MRT
地下鉄フアランポーン駅

 

アユタヤへの観光などアクセス拠点としてのフアランポーン駅

地下鉄ファランポーン駅からはパッポン、タニヤのある繁華街シーロム駅まで2駅、ソイカウボーイのあるスクンビット駅まで6駅、乗り換え無しで行く事が出来る。

こうした繁華街へのアクセスの良さも、バンコクを楽しみたい人達には嬉しいだろう。

 

国鉄はチェンマイなど長距離の移動でも使うことが出来るが、時間は急行でも11時間以上かかる。値段は日本円で2000円以下であるため、節約旅行者には人気の移動手段であるが、最近はLCCでも十分安いので時間に余裕のある人でない限りはおすすめ出来ない。

また、ドンムアン空港へも電車が出ており、国鉄を使えばドンムアン空港からバンコク市内フアランポーン駅までバーツで行くことが出来る。ただ、時間もかかり大きな荷物も運びにくいので、空港への移動で使う場合もとことん節約したい人に限られるだろう。

bangkok railway inside train full
鉄道車内は狭く、地元の人で一杯。

ドンムアン空港へのアクセスについては詳しくは下記記事を参考に。

バンコク市内からドンムアン空港への行き方を詳しく紹介する
タクシーは当然手段としては主要な方法である。地下鉄ファランポーン駅近くの鉄道バンコク駅から出ているローカル鉄道でもドンムアン空港へ行くことが出来る。バスはバンコク市内からだと、モーチット駅から出ているエクスプレスバス、スワンナプーム国際空港から無料で出ているドンムアン空港行きのシャトルバスがおすすめである。

 

従って、移動で鉄道を使うなら短距離で比較的車内にも余裕のある地域への移動で使うのが無難であると言える。その1つがアユタヤである。

 

バンコク鉄道駅からの電車

Ayutthaya railway station
アユタヤ鉄道駅。現地の人だけでなく、バックパッカーも多く見かける。

 

アユタヤへはバンコク鉄道駅(別名:クルンテープ駅)から鉄道で行くという方法もあり、ロットゥー(バン)よりも風情を感じながらの旅を楽しみたい人にはおすすめである。

アユタヤ鉄道駅はアユタヤの中心とも言える場所にあり、様々な所へアクセスし易い。

Ayutthaya map
アユタヤの地図

 

バンコク鉄道駅からアユタヤ行き鉄道の時刻はタイ国鉄のサイトからチェック出来る。

>>> http://www.railway.co.th/WebDestination/#/SearchDestination/EN

ドロップダウンで「Origin(出発駅)」には「Bangkok」、「Destination(行き先)」には「Ayutthaya(アユタヤ)」を選択、もしくは入力する。この「Bangkok」がフアランポーン駅を指している。

2017年11月現在、4時20分から22時45分までアユタヤを通る電車が出ている。

タイ鉄道のアユタヤ行きタイムテーブル

Typeのところにあるように、急行(Express)や特別急行(Special Express)など様々なタイプの電車があり値段もそれぞれ異なる。

 

Railway car in Thailand

Railway car in Thailand express
急行(Express)の車内。アユタヤまでは1時間20分。165バーツ(約490円)だった。

 

タイの鉄道も時間通りに運行しないこともあるので、時間には余裕を持った方が良いだろう。

鉄道以外でのアユタヤへの行き方については下記記事を参考に。

バンコクからアユタヤへの安い行き方、アユタヤからバンコクへの帰り方を紹介していく
バンコクからアユタヤへの移動方法としては陸路しかなく、モーチット・バスターミナルからのロットゥー、バンコク鉄道駅からの電車、タクシーのどれかを使って行くことになる。バスはいわゆるエクスプレス(直通)バスが無くなったので、路線バスを乗り継いで行く方法もあるが、時間的にもコスト的にも割に合わないのでおすすめ出来ない。

 

地下鉄フアランポーン駅周辺のおすすめスポット


フアランポーン駅、ヤワラート周辺の地図。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、主要スポットやおすすめホテル一覧も表示されます。

 

ござ

地下鉄フアランポーン駅3番出口前では、夜になるとソムタムやお酒を提供する露店が現れる。

Hua-Lamphong-Station bangkok goza (3)

女性がござに座ってこうしたお店を開いている事から「ござ」とも呼ばれている。ござにはトゥクトゥクの運転手等の地元客の他、旅行者も混ざって会話を楽しんでいる。

 

最初は混ざりづらいと感じるかもしれないが、通りを見ながら歩いていると、ござに座っている客のおっちゃんも話かけてくれる。周りの客が通訳してくれるのでコミュニケーションにはそこまで困らないと思う。

お酒にソムタムを頼んでも数百バーツもかからない。地元タイ人女性との会話を楽しみに訪れている人も多い。一度訪れてみてはいかがだろうか?

Hua-Lamphong-Station bangkok goza (2)

 

ヤワラート

Yaowarat Road bangkok
ヤワラー通り

 

ヤワラートはタイ・バンコクにおける中華街、チャイナタウンである。中華街はファランポーン駅から西へ、ヤワラー通りを中心にチャオプラヤー川沿いに王宮周辺にまで広がっている。

ヤワラー通りには中華料理店が多く並び、高級食材でもあるフカヒレや燕が日本よりも安く食べる事が出来る。
Yaowarat Chinese restaurant
ヤワラートの中華料理店

 

Yaowarat Chinese restaurant shark fin Swallow's nest
魚翅は「フカヒレ」を意味する。燕窩は「燕の巣」。それぞれ300バーツ(約1000円)~、100バーツ(約340円)~食べる事が出来る。

 

Shark fin soup at Yaowarat
300バーツの一番安いフカヒレスープ。ヒレ丸ごとではなく、切れた小さなヒレが入ってるだけだが美味しかった。

 

Yaowarat Chinese restaurant Swallow's nest
500バーツの燕の巣。ゼラチン質が殆どで、濃厚なゼリーのような味。

ヤワラートは観光地として中国人や中国系の外国人も多く訪れる。漢字も多く、タイ・バンコクとは思えないような雰囲気もある。

金が大好きなタイ人、中国人向けに金製品(アクセサリー等)を扱う金行が多いのもこの街の特徴である。

Yaowarat Road chinatown-hotel KimuKo

 

フカヒレや燕の巣といった中華料理やこの街独特のタイ料理も多く、食べる旅行としても十分に楽しめる要素がある。また、各種製品の扱う市場もバンコクの他には無いような品揃えで、お土産や転売品を購入するエリアとしてもおすすめだ。

ヤワラートのエリアについて更に詳しくは下記記事を参考に。

ヤワラートというバンコク中華街における観光をまとめて紹介したいと思う
ヤワラートはタイ・バンコクにおける中華街、チャイナタウンである。このエリアはファランポーン駅から西へ、ヤワラー通りを中心にチャオプラヤー川沿いに王宮周辺にまで広がっている。施設も古くどこか怪しい雰囲気が漂っているが、雰囲気が気に入り一度訪れただけでリピーターとなる中年男性も多い。

 

フアランポーン駅周辺のおすすめホテル

バンコク・センター・ホテル(Bangkok Centre Hotel)

バンコク・センター・ホテルは地下鉄フアランポーン駅の4番出口(Exit 4)を出てすぐの場所にある人気ホテルである。

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong station
4の下にBangkok Centre Hotel(バンコク・センター・ホテル)の文字がある。

 

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong
バンコク・センター・ホテルの敷地。ホテルは奥の建物で右にある茶色の建物はレストラン。

 

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong Reception
受付

 

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong station room

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong station desk
スーペリアツインルーム。決して広くはないが、1人なら十分な大きさである。

 

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong station bed
ベッド

 

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong station washing room

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong station bathroom
洗面所はバスタブ付きである。

 

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong station view

Bangkok Centre Hotel bangkok Hua-Lamphong station night view
このホテルが人気である理由は部屋からの景色だろう。周りに高い建物が無いので、夜になるとシーロムエリアの高層ビル郡が綺麗に見える。

 

WiFiも無料でそれなりに速い。ホテルの受付スタッフの対応は決して良くはないが、地下鉄のすぐ前にあるし、この価格で綺麗な夜景を見られるなら多くの人が満足出来ると思う。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、他のホテルと値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> バンコク・センター・ホテル(格安ホテル予約サイト)

女性と一緒にチェックインしないとジョイナーフィーとして850バーツ(約2500円)が請求される。カップルや夫婦で泊まる分には良いが、それ以外でチェックアウト後に女性を連れ込む予定がある人にはあまりおすすめできない。

 

ザ・クルンカセム・スリクルン・ホテル(The Krungkasem Srikrung Hotel)

the-krungkasem-srikrung-hotel bangkok face

ザ・クルンカセム・スリクルン・ホテルは国鉄、地下鉄ファランポーン駅の近くにある格安ホテルである。

シングルルームだと、このエリアでは最安値になることもしばしばある。駅から近い場所にあり利便性も高い。

Hua-Lamphong-MRT-Station-to-exit2
地下鉄ファランポーン駅

the-krungkasem-srikrung-hotel bangkok hotel Hua-Lamphong-Station
地下鉄ファランポーン駅2番出口から見たザ・クルンカセム・スリクルン・ホテル。木の向う側にある茶色の建物にザ・クルンカセム・スリクルン・ホテルは入居している。国鉄ファランポーン駅からも近い。

 

ホテルは古く、決して綺麗ではないが価格は1泊2000円程度と格安である。

the-krungkasem-srikrung-hotel Hua Lamphong Elevator
ホテル受付

 

the-krungkasem-srikrung-hotel corridor
ホテルの廊下。シティビューとフアランポーン駅側の部屋が選べる。受付の人が言うにはフアランポーン駅側の方が良いとのことである。各階部屋の数はそれなりに多い。

 

the-krungkasem-srikrung-hotel hotel bangkok Hua Lamphong
部屋、作業スペースもある。

 

the-krungkasem-srikrung-hotel bangkok Hua Lamphong bed
シングルルームでもベッドは2つある。

 

the-krungkasem-srikrung-hotel bangkok Hua Lamphong washingroom
洗面所とシャワー。お湯はちゃんと出るが、シャワーヘッドがボロボロなので水は均等に出なかった。

 

the-krungkasem-srikrung-hotel bangkok room Balcony

the view from the-krungkasem-srikrung-hotel bangkok room Balcony
バルコニーからの景色。クルンカセム運河と前の建物は国鉄ファランポーン駅。国鉄ファランポーン駅はドーム型でロールケーキのような形をしている。

 

Hua Lamphong Station from the-krungkasem-srikrung-hotelhotelbangkok bed room
シーロム方面の景色。高層ビル郡が並び、夜景も綺麗である。

 

部屋に作業スペースはあるが、ホテルの提供する無料WiFiは繋がらない。無料WiFiはレセプションやレストラン、休憩スペースのある1階でのみ使用出来る。

WiFiのユーザーネーム、パスワードも受付に聞けばそれらが書かれたカードを貸してもらえる。

the-krungkasem-srikrung-hotel bangkok Hua Lamphong lobby
休憩スペース

 

部屋でWiFiを利用したい場合は別途SIMカードを購入してテザリングを利用したり、WiFiルーターをレンタルすれば良いだろう。

タイでwifiは「どんな利用方法」があり「何」がお得かをわかりやすく述べる
タイでWiFiを利用するには2つの方法がある。1つがWiFi環境を構築する方法で、もう1つがホテルやカフェ、空港など施設のWiFiを利用する方法である。WiFi環境を構築する方法としては▶ WiFiルーターをレンタルする▶ 現地のモバイルネットワーク(現地SIM)を利用し、携帯電話からテザリングによりWiFiを飛ばす

 

地下鉄、及び国鉄の駅前にあるので観光の拠点としても便利である。値段も1泊2000円前後で宿泊可能というのも嬉しいだろう。

具体的なホテル値段に関してはリンク先ページにて日付を入れればチェック出来る。

>>> ザ・クルンカセム・スリクルン・ホテル(格安ホテル予約サイト)

値段をチェックした上で、他のホテルとの比較をしてみてほしい。

 

フアランポーン駅、ヤワラート周辺にあるホテル一覧

下記の地図(フアランポーン駅、ヤワラート)の番号にあるのがホテル一覧になる。

chinatown bangkok
(↑上記クリックでホテル地図ページヘ飛ぶ)

 

詳しい場所や値段、口コミもあるので、エリアにある全ホテルの比較をしたい場合はフアランポーン駅、ヤワラート周辺のホテル一覧ページが参考になると思う。

 

ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。

後回しにする場合も、その時間は浪費になってしまう。バンコクのホテルに限らず、気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。

コメント