大学生向けバイトで「本当に」おすすめのバイトとは?

大学生
maxpixel.freegreatpicture.com

 

大学生はフリーターよりは制限があるものの、高校生よりも時間的、場所的拘束が少なくなり、幅広いバイトを行う事が出来る。

バイトに何を求めるかは人によって大きく異なるだろう。それでも大学生に人気のバイトというのは大きく分けると

▶ 稼げるバイト
▶ 出会えるバイト
▶ 短期バイト

に当てはめることが出来る。

 

多くの人にとってバイトを始める目的はお金を稼ぐためだろう。従って、稼げるバイトかどうかというのは極めて重要なポイントとなる。加えて、バイトに出会いを求めている大学生も多いだろう。大学で恋人を作るのが難しい人はバイトに出会いを求めるはずだ。

また、短期バイトも大学生に人気で、学生の生活スタイルからしてもおすすめ出来る。通常のバイトは予定があっても休むのは非常に困難だが、短期バイトは好きな時に好きなだけ働くことが出来る。面倒な人間関係も生じない。ただ、短期バイトには、肉体的に楽なバイトは殆ど無いと思った方が良いだろう。

 

この記事ではアルバイトを探している大学生に向けて

▶ 大学生におすすめのバイト

を「稼げるバイト」「短期バイト」「出会えるバイト」に分けて紹介するとともに、

▶ 大学生がバイトの求人へ応募する前に知っておくべきこと

についても詳しく述べていきたいと思う。

それぞれ気になるバイトがある場合、下記目次から直接その項目へと飛んで読み進めてほしいと思う。

 

大学生におすすめのバイト

飲食店のアルバイト

 

大学生に人気のバイト先としては飲食店、教育関係が多い。地方になると最低時給の低さから飲食店のバイトを避けてパチンコ店で働く人もいるだろう。地方でもパチンコ店となれば深夜時給並に稼げるからだ。

また、最近では外国人旅行者の増加により観光地でのアルバイトも増えている。語学が出来る人は時給の良いアルバイトも増えているので、こういった職種で探してみた方が良いかもしれない。

ただ、当たり前の話として、これらが決して良いおすすめのバイトという訳では無い。実際に働いている人も、どちらかと言えばやむを得なく、もしくは無難に選択したという人が多いだろう。

 

自分だったり、知り合い、身内が実際に経験した中で、大学生におすすめのバイトを簡単に紹介すると

稼げるバイトで大学生におすすめのものは

▶ リゾートバイト
▶ ラブホテルバイト
▶ 引っ越しバイト

この他、女子大生の場合は

▶ ナイトワーク

で稼いでいる人もいる。ナイトワークの場合、「女子大生」は一種のブランドになるため、店側も積極的に集めていることが多い。男性だと、大学生ホストもいるが、女子大生よりも大学との両立が難しいためあまりおすすめ出来ない。

 

出会えるバイトで大学生におすすめのものには

▶ 飲食店バイト
▶ カラオケ・バイト
▶ 漫画喫茶
▶ 塾講師バイト
▶ バーテンダー

がある。いずれもバイト仲間に同年代の人が多く、出会いのチャンスは多い。バーテンダーでは客との出会いに期待できる。

 

短期バイトで大学生におすすめのものは

▶ ピッキング・バイト

である。日雇いバイトは好きな時に好きなだけ入れるのと、まとめて休みを取りやすいといった利点はある。ただ、短期バイトを含む日雇いバイトは基本的に楽な現場はない。

それでもピッキングについては現場にもよるが楽な所が多い。日雇いバイトなら、ピッキングの作業現場を希望すると良いだろう。

 

大学生におすすめの稼げるバイト

稼げるバイト

 

リゾートバイト

リゾートバイトは

▶ 全国のリゾート地、観光地にある
▶ ホテル、旅館、スキー場、テーマパーク、海の家など

におけるバイトの総称である。「リゾバ」とも呼ばれている。

日本では、北は北海道、南は沖縄まで全国各地に様々なリゾートがあり、リゾートバイトといっても勤務先によって仕事内容は異なる。具体的にあげると、リゾート地にあるレストランのホールスタッフ、ホテルのベルボーイ、旅館の仲居、遊園地のアトラクションスタッフ、プールのライフガード、スキー場のリフト係などの職種が主である。

リゾートバイトは短期間の仕事も多い。これはスキーが雪の積もる冬限定で、海水浴場も暖かい夏にしか客が集まらないからだ。そのため、人手が足りなくなるシーズン中の短期で働いてくれる人を探している。夏や冬は学生の長期休みとも重なるので、大学生にも人気のバイトである。リゾート地でしか経験できない仕事もあり、働く人の多い大規模な職場であれば出会いにも期待できるだろう。

 

また、自宅から通えないのが普通なため、リゾートバイトで働く人向けに予め寮等が用意されている。通常は住み込みで働くことになる。住み込みバイト全般に言えることだが、お金を貯めることに集中出来るという利点がある。職場にもよるが、寮費、食費、光熱費が無料もしくは給与に含まれるため、収入の全てを貯金に回すことも出来るのだ。リゾート地だと、お金を使う場所も限られているため、給料だけがそのまま残り、2週間で10万円貯めるのも難しい事ではない。

実際に、どのような場所でどのような仕事があるか気になる人は下記リンク先からチェックすることが出来る。

>>> リゾートバイトを数多く扱う派遣会社

 

リゾートバイトについて更に詳しくは下記記事を参考に。

リゾートバイトを始める前に知っておくべき注意点を紹介する
www.flickr.com この記事ではリゾートバイトに興味を持っている人が知っておくべきことを▶ リゾートバイト(リゾバ)の基礎情報▶ 一般的な住み込みバイトとは異なるリゾートバイトの...

 

ラブホテルバイト

ラブホテルはレジャーホテルもしくはファッションホテルとも呼ばれている。いずれも仕事は「フロント(受付)」と「清掃(掃除)」に分ける事が出来る。求人上も別々に募集されている事が多い。小さいホテルやホテルによってはフロントと清掃の作業分担が無く、両方を行うところもある。

フロントの仕事は接客業であるにもかかわらず「座ってる時間が長い」「対面で接客時間が殆ど無い」「マイペースに仕事が出来る」といった働く側にとって魅力的な特徴もある。月に10日の勤務で月20万円以上稼ぐことも可能なので、給与面では非常に魅力的だろう。

 

ラブホテルは繁華街に多いため、繁華街近くに住む大学生でないと難しいかもしれない。ラブホテルは週末に利用客が増えるため、平日に大学の授業で忙しい人も週末シフトに入って稼ぐことが可能である。

 

ラブホバイトの給料や勤務日数、勤務時間から見てみたいという人は下記サイトで「ラブホテル」と検索してみよう。

>>> ラブホバイト等、高額バイトが紹介されている人気求人サイト

このサイトが最も多くのラブホバイトの求人を扱っている。

 

ラブホバイトにおける具体的な仕事内容など、更に詳しくは下記記事を参考に。

ラブホのバイトにおける仕事内容から給料などのリアルを述べる
 ラブホテルのバイトは今まで裏方の汚いバイトだと避けられていた。しかし、最近では「楽に稼げるバイト」としての認知度もあがり、興味のある人が増えているように思える。月に10日...

 

引っ越しバイト

引っ越しバイトはイメージ通り、体力的に辛いバイトである。ただ、数ヶ月続けて、ある程度のベテランになれば、新人のペースに合わせて作業することが出来る。少人数の現場に入ることも多くなるので、体力的な心配は少なくなるだろう。

給与の点では、月10日程度働くだけで1ヶ月1人で暮らせるぐらいの収入を得ることが出来る。加えて、お客さんからのチップも貰えることがあるので、実際には給料にプラスして一定の収入がある。大学生なら長期休みに集中して現場へ入ることも出来るだろう。大学の長期休みと引っ越しのシーズンは比較的重なるため集中して稼ぐことも出来るはずだ。

引っ越しバイトは稼げるという理由以外でも、採用時に特別な技能を持って「いない」人、体を動かす事がもともと好きで筋力の付く仕事をしたいと思っている人におすすめのバイトである。引っ越しバイトの面接は相当な事がない限り落とされない。常に人手が不足している業界でもあり、住民票の提出といった身元の確認だけですんなりと採用が決まるのが普通である。

 

アルバイトの中でもトップクラスに稼ぐことができ、働くこと自体は誰でも出来る。引っ越しの多い時期と学校の休みも重なるため、稼ぎたいと思った時に集中的に稼ぐことも可能だ。

 

近場のバイト先における時給や日給が気になる人は、実際に引っ越しバイトの案件が多いサイトでチェックしてみよう。エリアもしくは最寄り駅を選択し、「引っ越し」のキーワードで求人案件検索をするだけである。

>>> 引っ越しバイト他、短期で稼げるバイト案件の多い求人サイト

一度やってみて、合わなければすぐに辞めれば良いかと思う。実際、すぐに辞めてしまう人は多い。

 

引っ越しバイトについて更に詳しくは下記記事を参考に。

引っ越しバイトの求人を見る前に知っておくべき仕事内容と向いてる人
www.flickr.com 引っ越しバイトはイメージ通り、体力的に辛いバイトである。ただ、ある程度ベテランになれば新人のペースに合わせての作業になるので、この点は心配する必要も無くなる...

 

ナイトワーク

ナイトワークとはお酒を提供し、お客さんとの会話を主とする仕事を指す。女性のナイトワークとしてはクラブやキャバクラ、ガールズバーやバーテンダー、パブでの接客スタッフやカウンターレディがある。

接客スタッフはお客さんの隣に座って会話をする仕事で、クラブやキャバクラなどがこのスタイルをとっている。カウンターレディはカウンター越しに接客する。ガールズバーやバーテンダーなどが当てはまるだろう。スナックでもカウンターレディの形をとっている店がある。

ナイトワークの男性求人としてはホールスタッフ(店長候補・幹部候補含む)、キッチンスタッフ、ヘアメイク、ドライバーなどがある。それぞれ女性が接客を行うお店のスタッフである。ナイトワークの男性求人に通常「ホスト」は含まれていない。

 

大学生の場合、「女子大生」は一種のブランドになるため、店側も積極的に集めていることが多い。ただ、男はスタッフを含めてバイトとして働くのは難しいかと思う。男だとホストという選択肢もあるが、女性のナイトワークよりも大学との両立が難しいため、あまりおすすめ出来ない。

 

女性向けのナイトワークであれば派遣型と呼ばれるような柔軟な働き方もある。

>>> 全額日払い・完全自由出勤・厚労省認可の派遣キャバクラ

日払いで働くことができ、好きな時にシフトへ入る事が出来る。もちろん、風俗的な仕事ではない。3000円の最低時給が保証されているため、出費の少ない人なら週に2回程度働くだけでも十分に稼ぐ事が出来るだろう。

こういった派遣型も含め、ナイトワークに興味のある人は下記記事も参考に。

ナイトワークに興味のある人は求人に「派遣」型がある事も知っておいた方が良いよ
www.imasia.comより ナイトワークとはお酒を提供し、お客さんとの会話を主とする仕事を指す。女性のナイトワークとしてはクラブやキャバクラ、ガールズバーやバーテンダー、パブでの接...

 

大学生におすすめの出会えるバイト

出会えるバイト

 

飲食店バイト

飲食店のバイトとはレストランや居酒屋、ファーストフード店などがある。飲食店は全国どこにでもあるので、バイトの選択肢に入る学生も多いだろう。

時給については、最低時給ギリギリで雇っているところも多く、決して稼げるバイトとは言えない。しかし、同年代の異性も多く、出会いを求めている大学生には無難なバイトであると言えるだろう。

 

バイトで出会いを求める際に気をつけなければならない点として、異性との出会いを求めて飲食店で働くなら、人数の多い大型店にすべきという点がある。なぜなら、飲食店はバイトの数が少数だと、恋人を見つけるのも難しくなるからだ。仮に見つかったとしても、少数のメンバーで付き合うと、社員さんやベテランバイトの関係も悪くなり、辞めざるを得なくなることもしばしばある。

また、カフェでは女性が多かったり、人数が偏っている。こうしたお店で出会いを求めるのは難しい。運良く恋人が出来ても、バイト内では必ず噂になる。妬みといったネガティブな行為を受けることも多いので、バイトを継続するのも難しくなるだろう。

 

近場のバイト先における時給や日給が気になる人は、実際に飲食店バイトの案件が多いサイトでチェックしてみよう。エリアもしくは最寄り駅を選択し、「居酒屋」や「レストラン」、チェーン店なら店名で求人案件検索をするだけである。

>>> 飲食店バイトが多数紹介されている人気求人サイト

 

カラオケ・バイト

カラオケ屋も飲食店と同様に全国どこにでもある。バイトは大学生も積極的に採用しており、当然選択肢に入る人は多いはずだ。

仕事ではお客さんと接する時間が少ないため、接客が苦手な人は飲食店よりも働きやすいだろう。ただし、受付、案内、飲み物・料理の提供、掃除まで様々な作業をこなす必要があり、時間帯によっては非常に忙しくなる。決して楽なバイトではない。

 

場所にもよるが、カラオケは楽に稼ぐというよりも、出会いを目的に働いている人が多い。10代から20代のバイト仲間が殆どなので、大学生は年齢的にもちょうど良いだろう。特に繁華街のカラオケ屋はバイト内で出来たカップルがしばしば見られる。

飲食店と同様に、小規模のカラオケ屋で恋人を作るのは避けた方が良いが、カラオケ屋は大規模のところが殆どである。従って、この点は心配する必要も無いだろう。

 

カラオケ・バイトについては下記サイトが最も探しやすい。採用されればお祝い金を貰うことも出来る。「勤務地」には最寄り駅等を「職種・特徴」にはカラオケと記入して検索してみよう。

>>> 採用されれば最大6万円のお祝い金が貰えるバイト求人サイト

 

漫画喫茶

漫画喫茶は全国の主要駅周辺で必ず何店か営業している。そのため、大学の最寄りにあるそれなりに大きい駅なら一定数の求人は出ているだろう。

深夜に入れば時給も高い上に仕事量も多くない。大学生の場合、週末や休み前が中心になるかと思うが、それなりに積極的に募集をかけている。

他のバイトと比べてもオタク気質な同年代の真面目な異性が多い。こうした比較的真面目な人との出会いを期待している人におすすめのバイトである。

 

漫画喫茶のバイトは接客業でも、居酒屋やファミレスに比べてコミュニケーションはそこまで多くない。客も集団で来て騒ぐような人達はまずいない。終電後の時間は酔っ払いが来て迷惑をかける事もあるが、こうした対応はバーや居酒屋等の方が圧倒的に多いだろう。漫画喫茶に来る酔っ払いは基本的に静かで、寝るためだけの目的で訪れている。

全体的に、個人で来てる穏やかな客が多いからか、店員に求めてくる「要求」も少ない。従って、「接客」としての難易度は低く、コミュニケーションが苦手な人にもおすすめ出来る評判の良いバイトだ。

 

近場のバイト先における時給や日給が気になる人はエリアを選択し「漫画喫茶」もしくは「ネットカフェ」のフリーワードで検索してみよう。

>>> 漫画喫茶バイト(ネットカフェバイト)の案件が多い求人サイト

 

具体的な仕事内容を含め、漫画喫茶バイトに興味のある人は下記記事を参考に。

漫画喫茶におけるバイトの本当のところ【バイト経験者の評判を中心に】
www.flickr.com 漫画喫茶もしくはネットカフェは全国の主要駅周辺で必ず何店か営業している。そのため、バイトを選ぶ際に、働くのを検討した事のある人も多いはずだ。漫画喫茶のバイト...

 

塾講師バイト

塾講師には個別指導と集団のクラスで授業するケースがある。個別指導塾で1コマ1500円(90分)、集団に教える場合で1コマ2500円(90分)程度になる。1日1コマだけしか入れない事も多く、日給わずか数千円なので、ガッツリ稼ぐのには向かないだろう。多くのバイトが飲食店などと掛け持ちをしているのが普通だ。

ただ、同じ大学生が多く、接点も多いため、出会い目的のためだけに働いている人もいる。仕事の内容上真面目な人も多く、チャラい人は少数派になるため嫌われる傾向にある。出会いたいけど、チャラチャラした人は嫌いな人は環境的にも良いはずだ。

 

塾講師のバイトは個別指導が求人が多い。個別指導の方が大学生講師の数も多く、出会いたい人にこちらの方がおすすめである。

 

バーテンダー

バーテンダーは出会いたい男性向けのバイトになる。

稼ぎについてはホストよりも悪い上に体力的な部分ではそこまで違いはない。お酒をご馳走になってなんぼの世界でもあるので、お酒に強くないと難しい。

時給1200円、夜から朝まで休憩もロクにないのに10時間働かされ、給料として付くのも5時間分だけとの契約で働かされる事もある(つまり、時給600円の日給6000円)。もちろん、店にもよるが、暗黙の了解で時給が付かないサービス残業が普通となっている。ただ、キャッチや呼び込み必須のバーテンなら、毎日のように新しい出会いがある。お店への勧誘との名目で道行く人に手当たり次第声をかけ、一晩で10件以上女の子の連絡先を聞くことも男性では可能である。女性側からしても、バーの方がホストクラブより入りやすい部分はあるだろう。

都会へ出てきた人にとっては夜の繁華街の景色が新鮮で刺激的だろう。学業との両立や体調管理などを含め、人によって向き不向きがある。一度やってみて、合わなければすぐに辞めるべきだ。

 

近場のバイト先における時給や日給が気になる人はエリアを選択し「バーテンダー」もしくは「バー」のフリーワードで検索してみよう。

>>> バーテンダーの案件が多い求人サイト

上でも述べたように、時給については参考程度にした方が良いかと思う。

 

大学生におすすめの短期バイト

倉庫での仕事
commons.wikimedia.org

 

短期のバイトは地域によっても異なるが、都心の場合はイベント・キャンペーンの運営や設営、事務所の移転(引っ越し)、倉庫でのピッキングが多い。

引っ越しバイトについては短期でも現場はあるがおすすめ出来ない。理由として、長期でやらない限り、体力的にもかなりキツイからだ。引っ越しバイトをするつもりなら、直接引っ越し会社に雇用されるバイトの方が稼げるという点でもおすすめだ。

基本的に楽な短期バイトは無く、合う合わないはある。それでもピッキングについては多くの人におすすめ出来るかと思う。

 

ピッキング・バイト

ピッキングはたくさんの商品が保管されている倉庫などで行われるバイトである。大きな倉庫で棚分けされた商品から、指示書に書いてある数だけ取り、1つにまとめる作業のことをいう。

ピッキングバイトにはこうした商品をまとめて、検品・梱包し、発送するまでの作業を行うことになる。覚えることは殆ど無く、仕事の間は中学生でもできるような作業を1人で黙々と行うことになる。同じ作業を1日中行うことになるため、確かに、人によって向き不向きもあるはずだ。お客さんと交流するなど、接客業などの刺激のある仕事をしたいのであれば、倉庫のピッキングバイトは難しい。

 

それでも日雇いという性質上、手っ取り早くお金が欲しい人に人気のバイトである。他の日雇いに比べると、立ち仕事という面はあるが、楽なバイトに分類される。覚えることも特に無く、当日からすぐに働くことが出来る。精神的にも楽なバイトと言えるだろう。

 

具体的な仕事内容を含め、ピッキングに興味のある人は下記記事を参考に。

ピッキング・バイトの仕事をする前に知っておくべきこと
 ピッキングは地域にもよるが、バイトの中でも求人が増えている職種である。バイトを探している過程で目に付き、気になっている人も多いだろう。 この記事ではピッキング・バイト...

 

ピッキング・バイトの多くは派遣会社へ登録して日雇いという形で行うことが出来る。登録先としては、多数の現場から自分に合ったものを選ぶことが出来て、インターネット上で数ある現場から好きな現場を選ぶ事ができる派遣会社が人気である。

>>> インターネット上で数ある現場から好きな現場を選ぶ事ができる派遣会社【1日から働ける】

 

大学生がバイトの求人へ応募する前に知っておくべきこと

大学生がバイトへ入る前に知っておくべきこと

バイトの求人へ応募する前に知っておくべきこと

バイトについては個人の向き不向きが大きくでる。また、評判の良いバイトでも上司や働く仲間によっても、働く環境は大きく異なってくる。従って、興味のあるバイトはとりあえずやってみるべきだ。合わないと思ったらすぐに辞めれば良いだろう。

例えば、引っ越し屋のバイトは入ってから3日も保たずに辞める人がいる。一方で「こんなに楽で稼げるバイトは無い」と言う人もいる。引っ越し屋のバイトはベテランなれば、時給もかなり高い上に、体力的な部分にも余裕が出来るからだ。

バイトを辞めづらいという人はある程度の人数がいるバイト先か、短期を前提とした日雇いバイトから始めると良いだろう。

 

また、住んでいる都市や大学、個人の環境によって、特別な求人もある。この記事では全国的に多いバイトに絞っておすすめを紹介したが、大学だったり、知り合いに好条件のバイトを紹介してもらえることもあるだろう。

 

バイトの面接を受ける前に知っておくべきこと

受かりたいバイトがある場合、面接を受ける前に、「相手側から自分を見て雇いたいと思うかどうか」を客観的に見ることから始めると良いだろう。相手側から見て、不安に思われそうな部分は面接でも聞かれる。家からバイト先が遠い場合、遅刻の心配もされるはずだ。

飲食店のアルバイトの場合、見た目は重要である。応募者の多いバイトは見た目でまずは切られることが多い。面接での会話も含め、扱いやすそうな雰囲気を出すように努力しよう。染毛が禁止されているバイトなら、予め髪は黒くしておいた方が印象は良い。女の子なら、常に笑顔にしているだけでも受かりやすくなるだろう。

 

人数が少ないバイト先はもちろん、人気のバイト先でも柔軟にシフトへ入ってくれる人は好まれる。週2、3日でもOKとうたっているバイト先は多い。しかし、実際に毎日入るのは無理でも毎日柔軟にバイトへ入ることが出来るとアピールした方が受かりやすい。もちろん、受かってからあからさまに入れなくなると印象は悪くなる。シフトへの柔軟性は嘘にならない範囲でアピールすべきだ。

 

大学生向けおすすめ求人の多いサイト

短期で働きたいと考えている人は下記求人サイトが便利なのでおすすめである。

>>> ネット上で数ある現場から好きな現場を選ぶ事ができる派遣会社

1日単位で働く現場をサイト上で見ながら選ぶことが出来る。

 

すでに働きたい職種が決まっており、各アルバイトの具体的な仕事内容、時給などを調べたい人は下記求人数の多いサイト検索をかけてみよう。「沿線(最寄り駅)もしくは地域」を選択し、「働きたい業種」を入れて検索するだけですぐに調べる事が出来る。

>>> 高額バイトを紹介する求人サイト

住んでる場所によって時給も異なるので、具体的な金額を知りたい人は実際に求人を見てみるのが最も手っ取り早い。気になるバイトがあればまずは求人の方を検索してほしいと思う。

 

大学生向けに限定せず、稼げることをバイトに重視している人は下記記事を参考に。

稼げるバイトの求人を緊急で探している人へ「現実的な」バイトのみを紹介する
 稼げるバイトとして、あまり一般的でないものを紹介しているサイトは多い。しかし、この記事では本当に稼げるバイトを行いたいと思っている人へ、求人が少なかったり、特殊ではない、...


スポンサーリンク
大学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。