アユタヤ遺跡を観光する前に知っておくべきこと

ベトナム人のアユタヤ観光

 

アユタヤは1991年にユネスコの世界遺産へ「古都アユタヤ」の名前で周辺の遺跡とともに登録された街である。アユタヤ遺跡の名称で名前を聞いたことのある人も多いだろう。

アユタヤの遺跡は一箇所というよりもアユタヤの街全体に広がり存在している。大きなものから小さなもの、有名なものから無名なものまで、街の至る所に遺跡がある。

また、アユタヤには現在も多くの人が住んでいる。道路も整備され、コンクリート状の建物も立ち並んでいる。こうした昔と今が混ぜ合わさって1つの街を形成している。ただ、エリアによっては電灯も殆ど無く、寂しいところが多い。特に、夜になると不便になる。

 

アユタヤという街を観光するにはバンコクからの日帰りツアーという形もある。遺跡を深く理解するための日本語ガイドや象乗りを日帰りで体験したい人はタイの現地格安オプショナルツアー・サイト(日本語)を参考に。アユタヤの水上マーケットも回ってくれるものや象乗りが含まれているものなど、様々な現地ツアーがある。

数日間滞在したい人はツアーよりも現地の人が利用する交通手段の方が安く済むだろう。バンコクからアユタヤまで北へ約70km、車や鉄道を使い1、2時間で行くことの出来る都市である。アユタヤへの行き方については下記記事を参考に。

バンコクからアユタヤへの安い行き方、アユタヤからバンコクへの帰り方を紹介していく
バンコクからアユタヤへの移動方法としては陸路しかなく、モーチット・バスターミナルからのロットゥー、バンコク鉄道駅からの電車、タクシーのどれかを使って行くことになる。バスはいわゆるエクスプレス(直通)バスが無くなったので、路線バスを乗り継いで行く方法もあるが、時間的にもコスト的にも割に合わないのでおすすめ出来ない。

バンコクからロットゥーと呼ばれるワゴン車なら片道60バーツ(約200円)で行く事が出来る。

 

日帰りツアーにするか、何日か滞在するかは旅行におけるスケジュールにもよると思う。時間のある人はアユタヤのホテルへ宿泊し、ゆっくりと街を散策するのがおすすめである。

 

この記事では

▶ アユタヤ遺跡を観光する方法
▶ アユタヤの夜について

から

▶ アユタヤのおすすめホテル

までアユタヤ観光をこれからしようと思っている人が知っておくべきことを詳しく述べていきたいと思う。

 

アユタヤ遺跡を観光する方法

アユタヤの街は川で囲まれた小さなエリア(「たい焼き」の形)、東西約4km✕南北約3kmの部分を中心に遺跡が存在している。

アユタヤ観光地図
「たい焼き」の尻尾の部分にある駅は鉄道アユタヤ駅(©OpenStreetMapより)。バンコクからアユタヤまで鉄道で来る場合、ここへ到着する。帰りのバンコク行き鉄道も、もちろんある。

 


アユタヤ観光、ホテル地図。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、おすすめホテル一覧も表示されます。

 

アユタヤ遺跡を観光するための移動方法としては

▶ アユタヤ・ツアー(ロットゥー、ワゴン車)
▶ トゥクトゥク
▶ レンタルサイクル

以上の3つがある。

下記でそれぞれ詳しく説明していく。

 

アユタヤ・ツアー(ロットゥー、ワゴン車)

アユタヤ・ロットゥー

 

バンコクから出ている日帰り現地ツアー、アユタヤ現地でも、旅行代理店を通してグループでの移動を望んだ場合、ロットゥーと呼ばれるワゴン車が使われることが多い。ツアーによっては英語もしくは日本語ガイド付きでアユタヤの主要遺跡を周る事が出来る。

グループでの観光だったり、ガイドから遺跡の解説を受けながらアユタヤを回りたい人にはおすすめだ。車内も冷房が効いているので、移動中も快適である。

 

アユタヤへの日本語ガイド付き格安ツアーに関してはバンコク発のアユタヤ・現地ツアーがおすすめである。現地ツアーなので費用もかなり安く抑える事が出来る。

遺跡観光から象乗りが体験できるツアーも多数ある。象乗りをタイ旅行の目的の1つにしている人にもおすすめしたい。

アユタヤでの象乗り
象でアユタヤ遺跡を巡る体験。学生の長期休みの時期だとツアーで日本人学生と一緒になることもあり、ツアーで友達ができることもしばしばある。

 

トゥクトゥク

ウトン・ロード(Uthong Rd)トゥクトゥク

 

アユタヤへ入ってからはトゥクトゥクが最も利用しやすい移動手段になる。アユタヤでトゥクトゥクを利用する方法としてはホテルのフロントに呼んでもらう方法の他、有名な遺跡や大きなホテルの近く、比較的人が多い大通りにいるトゥクトゥクと値段交渉の上、乗るという方法がある。

 

アユタヤのトゥクトゥクは三輪バイクをベースとしている。パタヤ等で見られる乗合バス・ソンテウ(小型トラックの荷台を改造した乗り物)のような外観をしているが、パタヤのソンテウに比べて小さい。アユタヤのトゥクトゥクは荷台の大きさにもよるが乗車人数は数人が限度になる。

パタヤビーチロードのソンテウ
パタヤのソンテウ。10人以上を乗せることが出来る。

 

フロントでトゥクトゥクを呼んだ場合は1時間200バーツ。時間制なので回りたい遺跡など、細かい要望は予め伝えておいた方が良い。もちろん、おまかせで回ってくれるコースもある。

大通りを走る流しのトゥクトゥクや遺跡近くに停車しているトゥクトゥクは交渉制になる。

アユタヤのトゥクトゥク
遺跡近くで値段交渉をするカップルの観光客

 

1回の利用だと距離にもよるが50から100バーツ。もちろん、ちょっとした距離でも「200バーツ」などとふっかけてくる運転手は多い。2017年11月現在は1時間あたり150バーツ~が相場になっている。

 

ちなみに、アユタヤのトゥクトゥクは車も少ないため、運転手によってはかなりのスピードを出す。古い車だとサスペンション(車の上下の揺れを吸収するバネ)がショボイため、ボコボコの道路や水はけ(窪み)の上を走る度に揺れ、天井に強く頭をぶつけることもある。古いトゥクトゥクに乗った時は、頭をぶつけないように注意しながら、財布や携帯を落とさないようにポケットやバックを抑え乗ったので、かなり大変だった。

慣れない人は助手席に載せてもらうか、チャーターする際にはすぐに決めず、乗ってみてから判断した方が良いと思う。出来れば新しい車体のトゥクトゥクの方が良いだろう。

アユタヤのトゥクトゥク
比較的新しくてキレイなトゥクトゥク。値段も同じならこういったトゥクトゥクの方が良いだろう。

 

冷房は無いが、移動中は風もあるため暑さは感じないはずである。

 

レンタルサイクル

アユタヤ遺跡前にある自転車置場
遺跡の前にある自転車置場

 

アユタヤでは自転車で遺跡を回る人も多い。アユタヤ自体、見る遺跡を予め決めておけば自転車でも回れない距離ではない。

アユタヤには自転車のレンタルサービスを行っている場所がいくつかある。ホテルで貸出を行っている所もあれば、街中でもこうしたサービスを提供しているお店がある。

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony’s Place Beds & Breakfast)近くのバックパッカー・エリアやアユタヤ鉄道駅近くはこうしたレンタルサイクル屋がある。

 

スリッパ・プラナコーン・シー・アユタヤ・ホテル(Silp-Pa Phra Nakhon Si Ayutthaya Hotel)では1日50バーツで自転車の貸出をしている。

スリッパ・プラナコーン・シー・アユタヤ・ホテル(Silp-Pa Phra Nakhon Si Ayutthaya Hotel)レンタルサイクル
スリッパ・プラナコーン・シー・アユタヤ・ホテルで貸出をしている自転車

 

川の内側のエリアにあるホテルでは自転車の貸出を行っているホテルも多い。アユタヤを自転車で周る予定の人はホテルで自転車の貸出の有無を伺うのが良いだろう。無ければレンタルサイクル屋を利用する事になる。

 

アユタヤ中心部の大きさ(東西約4km✕南北約3km)からもわかるように、自転車を使えば回れない距離でもない。自転車のレンタルは費用もどこも1日50バーツ程度と格安である。

ただ、自転車のメンテナンスはかなり適当である。サビていたり汚れているのは当然で、ブレーキが壊れているものもあった。また、時期によっては日差しが痛いぐらいに暑い。特にソンクラーン時期の4月は40度近くまで気温が上昇する日もあり、日本の夏以上の気温になる。熱中症対策は十分に行った方が良いだろう。

アユタヤの自転車観光
自転車を利用している人は欧米人に多かった。

 

ソンテウ、タクシー、バイタク(バイクタクシー)

アユタヤの主要道路であるロジャナ通り(Rojana Rd)には大きめのソンテウも走っている。大通りを行き来するレギュラールートであればわずか7バーツである。

 

タクシーは規制があるのかアユタヤでは殆ど見かけないが、バンコクからアユタヤまでの往復とアユタヤ遺跡の観光をバンコクの流しのタクシーで行うという方法もある。ツアーを利用しない複数人でルートや値段を交渉ができる人には選択肢の1つとしても良いかと思う。

バンコク市内からアユタヤまではタクシーで片道800~1500バーツ程度。バンコクからのアユタヤ行きロットゥーが出ているノーザンバスステーションへ行くタクシーの中で交渉すると800バーツ程度の安い値段でもOKしてくれるドライバーが多くなる。

バンコクからアユタヤへの安い行き方、アユタヤからバンコクへの帰り方を紹介していく
バンコクからアユタヤへの移動方法としては陸路しかなく、モーチット・バスターミナルからのロットゥー、バンコク鉄道駅からの電車、タクシーのどれかを使って行くことになる。バスはいわゆるエクスプレス(直通)バスが無くなったので、路線バスを乗り継いで行く方法もあるが、時間的にもコスト的にも割に合わないのでおすすめ出来ない。

 

バンコクからアユタヤへの移動だけでなく、アユタヤ市内を回り、アユタヤからバンコクまでツアーを希望する場合は倍以上の価格が基準になるだろう。数人でバンコクからタクシーをチャーターし、回っている人達もアユタヤはいる。

 

また、繁華街近くや大通りにはバイクタクシーも見かけることがある。こちらも50バーツ程度で気軽に利用出来る。繁華街などから夜に移動する場合、トゥクトゥクは殆ど見かけないのでバイクタクシーを利用することになるだろう。

 

アユタヤの夜について

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)レストラン
サラ・アユタヤから見たライトアップされたワット・プッタイ・サワン。

 

アユタヤは繁華街や栄えた大通りでない限り、20時以降になると殆どの店が閉まり、人通りも少なくなる。電灯もわずかで真っ暗になるので、こうしたエリアにおいて女性一人で歩くのは好ましくないだろう。

比較的明るい繁華街でも若者によるひったりが起きているので十分に注意が必要である。

 

また、アユタヤは野犬が非常に多い。夜になると通りによっては、歩いているだけでも吠えかかってくる。ご存じの方も多いと思うが、タイで野犬に噛まれた場合には狂犬病ワクチンを打たなければならない。狂犬病は発症すればほぼ100%の致死率となるためである。

短い旅行期間であれば日本へ帰ってからワクチンを打てば良いが、長期でタイに滞在する場合は現地の病院で受診する事になる。いずれにせよワクチンを打つために、何度か病院へ行く必要が出てくるため煩わしいと言えるだろう。

アユタヤの夜にいる野犬
コンビニの前で寝る人と野犬

 

遺跡は夜になるとライトアップされるが、20時以降は遺跡に近づけないようになっていることも多い。遺跡のライトアップを楽しむなら、トゥクトゥクと交渉してナイトツアーをお願いするか、遺跡が目の前にあるホテルを予約しホテルで楽しむのが無難である。夜に移動したい場合はホテルのフロントに頼んでトゥクトゥクやバイタクを呼んでもらうのが良いだろう。

日本人向けカラオケ屋など夜遊びスポットは0時まで営業している。アユタヤにおける夜遊びについては下記記事を参考に。

アユタヤにおけるカラオケのシステムから料金まで訪れる前に予め知っておくべきこと
  アユタヤにおける夜遊びとしてはカラオケが充実している。 アユタヤのカラオケ、置屋は中心地から少し東へ郊外に出た場所、アユタヤ・グランド・ホテル周辺に多い。グランド・ホテルはアユタヤで夜遊びしたいなら滞在先と ...

ただ、こうした繁華街以外では、夜遅い時間の外出はなるべく避けた方が良いだろう。

 

アユタヤのおすすめホテル

アユタヤ遺跡を観光するのにおすすめのホテルとしては、観光における移動が楽な中心エリアにあるのはもちろんのこと、ホテル周辺にレストランなども揃っている利便性が高いエリアが良いだろう。

下記ではカップルや家族、もしくはバックパッカー向けのアユタヤ観光の際におすすめできるホテルを紹介したいと思う。

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)はアユタヤ中心部のリバーサイドで営業しているホテルである。上のGoogle Mapsでは水色ホテルアイコンの位置にある。

ホテルの目の前にはチャオプラヤ川が流れ、川の向こうにはワット・プッタイ・サワン(Wat Phutthai Sawan)がある。レストランや一部の部屋ではこうした遺跡を望むことが出来る。

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)レストラン
現地人にも人気のサラ・アユタヤ内にあるレストラン

 

ホテルはアユタヤ中心部南の大通り「ウトン・ロード(Uthong Rd)」沿いにあり、ホテル周辺にはレストランからコンビニの他、病院がある。病院前にはトゥクトゥクが多数待機しているため、移動の際にも便利である。

ウトン・ロード(Uthong Rd)

ウトン・ロード(Uthong Rd)トゥクトゥク
トゥクトゥク。ホテルから徒歩1分程度の場所に待機している。

 

待機しているトゥクトゥクとは値段や片道での移動交渉も可能なので便利である。夕方以降は待機しているトゥクトゥクもいなくなる。それでもホテル前のウトン・ロードは他の場所に比べ、トゥクトゥクが捕まえやすい。

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)、ウトン・ロード(Uthong Rd)
ウトン・ロード(Uthong Rd)沿いのホテル

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)受付
ホテル入ってすぐにある受付

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)
ホテル敷地内の通路。白と茶色を基調とした石造りのオシャレなホテルで、客室にも統一感が出ている。

 

通路を抜けるとリバーサイドのレストランにぶつかる。

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)
リバーサイドのレストラン。朝食もここで提供される。

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)レストラン朝食
朝食

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)景色

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)
リバーサイドのホテル客室。窓の外には遺跡が広がり、まるで絵画のような景色である。

新しい上に清潔であり、2人での滞在なら十分な広さかと思う。

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)
洗面所

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)バスタブ
シャワースペースの他、バスタブもある。シャワーの水圧も強くて良かった。

 

サラ・アユタヤ(sala ayutthaya)
遺跡を望むことが出来るソファースペースもある。

 

大通り沿いの割りと便利な場所にあり、トゥクトゥクも夜まで待機しているため移動の際にも便利なホテルである。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> サラ・アユタヤ(格安ホテル予約サイト)

>>> サラ・アユタヤ(Agoda)

リバーサイドの部屋は少々値段も高くなる。ただし、2人まで同じ料金で泊まることが出来るため、そこまで負担は大きくないだろう。カップルや家族でのアユタヤ旅行者におすすめのホテルだ。

 

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony’s Place Beds & Breakfast)

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony's Place Beds & Breakfast)

 

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony’s Place Beds & Breakfast)はバックパッカーが集まるエリアで営業するホテルである。上のGoogle Mapsでは茶色ホテルアイコンの位置にある。

ホテル周辺にはレンタルサイクル屋やレストラン、旅行代理店などのお店が充実している。バンコク行きのロットゥーが出ているのもこのエリアだ。

アユタヤ・ゲストハウス通りのレンタル自転車屋
右に見えるのがレンタルサイクル屋。このまま南へ数十メートルの位置にはバンコクからアユタヤ行きロットゥーの到着地があり、アユタヤ発のバンコク行きロットゥーもここから出ている。

 

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony's Place Beds & Breakfast)
ホテル1階はレストランになっている。時期にもよるかと思うが、数多くの欧米系バックパッカーがいた。

 

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony's Place Beds & Breakfast)
木で出来たコテージ型の建物に部屋がある。

 

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony's Place Beds & Breakfast)

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony's Place Beds & Breakfast)

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony's Place Beds & Breakfast)
シングルルーム。決して新しくはないが、木の作りで温かみがある。

 

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony's Place Beds & Breakfast)

トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Tony's Place Beds & Breakfast)
洗面所、シャワールーム。シャワールームのすぐ前が駐車場になっている。女性など、人通りが気になるようなら、部屋の場所は希望を出した方が良いだろう。

 

立地だけでなく値段的にも、バックパッカーのアユタヤ観光には最適なホテルかと思う。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(格安ホテル予約サイト)

エクスペディアでは空室が確保できていないケースが多い。従って、満室の場合はアゴダでもチェックした方が良いだろう。

>>> トニーズ・プレイス・ベッズ & ブレックファスト(Agoda)

シングルルームなので1人分の料金で大人2人まで同じ部屋に泊まることが出来る。決して広くはないが、節約旅行をしている人には悪くない環境かと思う。

便利な立地にあり、アユタヤでゲストハウスを探している人におすすめのホテルだ。

 

アユタヤでホテルを予約する前に知っておくべきことについては下記記事も参考に。

アユタヤで泊まるべきおすすめホテルをまとめて紹介する
アユタヤは川の内側でも、ホテル周辺に何も無く、食事をするのにも不便な上、野犬が多く出歩くにも大変なエリアは多い。ホテル周辺に何もないエリアだと、電灯もわずかで20時には真っ暗になってしまう。自転車やバイクをレンタルするか、何をするにもトゥクトゥクを呼ぶ必要性が生じ、日本人からすると不便に感じることも多いかと思う。

こちらの記事ではカップルやバックパッカーに限らず、夜遊び旅行者、出張者向けのホテルも紹介している。

 

日本からよりも断然安いバンコク発のアユタヤ日帰りツアーに興味のある人はタイの現地格安オプショナルツアー・サイト(日本語)のページを参考に。

ツアーは遺跡を深く理解するため日本語ガイドを付けたい人や象乗りを体験したい人、日帰りでアユタヤへ行こうと思っている人におすすめである。

 

アユタヤの有名遺跡を含む観光スポットについて詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

アユタヤで人気のおすすめ観光スポットをまとめて紹介したいと思う
アユタヤの遺跡は一箇所というよりも川の内側を中心に、アユタヤの街全体に広がり存在している。大きなものから小さなもの、有名なものから無名なものまで、街の至る所に遺跡がある。アユタヤは遺跡の他にも、日本人旅行者に人気の観光スポットが存在している。特に、日本人町、夜遊びスポット、水上マーケットなどは訪れる人も多い。

コメント