ダムヌンサドゥアック水上マーケット(damnoen saduak floating market)への行き方について

bus to damnoen saduak-floating-market from Bangkok Southern Bus Terminal

 

ダムヌンサドゥアック水上マーケットはバンコクから西へ約80kmのラーチャブリー県にある。バンコクからパタヤまでが走行距離で130kmぐらいあるので、それよりは断然近い。

しかし、いくらタイの3大水上マーケットと称されても、観光地として有名なパタヤに比べるとまだまだマイナーである。こうした理由からか、バンコクからダムヌンサドゥアックへのアクセスも不便な部分が多い。

 

まず、バンコクからダムヌンサドゥアックへの移動をまとめると

▶ バンコク市内 ⇒ バンコク南バスターミナル(タクシーorバス)
▶ バンコク南バスターミナル ⇒ ダムヌンサドゥアック(バス)

という流れになる

 

バンコク南バスターミナルへの移動も不便なので、通常外国人観光客のほとんどはバンコクの中心地から出ているツアーを利用する。時間を浪費しても気にならないぐらい長期滞在する場合は今回紹介する「ツアーでない行き方」を用いても良いかもしれない。しかし、そうでない短期の旅行者であれば現地ツアーを利用すべきだろう。

現地ツアーはホテルから出発し、午前にダムヌンサドゥアックで過ごしたあと、午後はアユタヤ遺跡へも回ってくれるものもある。時間の無い短期旅行者用に日帰りツアーがほとんどだ。

>>> タイ現地の格安オプショナルツアー

日本で予約するよりもお得な現地ツアーである。無料で行けるモニター制度もある。

 

バンコクからダムヌンサドゥアック水上マーケットへの行き方

こうしたツアーを利用せずにダムヌンサドゥアックへ行くにはバスやロットゥー、タクシーがある。タクシーは片道だけでもかなりの費用がかかるので(交渉制になる)ここでは紹介を省くが、バスやロットゥーを利用する場合はバンコクの南バスターミナルへ行かなければならない。

 

バンコク・南バスターミナルへの行き方

バンコク 南バスターミナルBangkok Southern Bus Terminal
バンコク・南バスターミナル

 

南バスターミナルへはBTSサラデーン駅からタクシーで45分ぐらい。料金はメーターで200バーツ程度、交渉制なら200から250バーツを目安にすれば良いだろう。

 

バンコク市内を走る路線バスで行く場合は40番が便利だ。

bangkok bus root
40番は主要なエリアを通って南バスターミナルへ向かう(2015年7月17日現在)http://www.transitbangkok.com/lines/bangkok-bus-line/40

 

ただ、路線バスは暑い中長時間待たされたり、決まった時間に来るわけではないので少々不便である。それでも費用をとことん抑えたのであれば選択肢の1つになるだろう。

 

南バスターミナルのダムヌンサドゥアック行きバス、ロットゥー

to Phuket from Bangkok Southern Bus Terminal
南バスターミナルからはプーケット行きバスも出ている。

 

南バスターミナルでは、長距離バスの場合2階(1stとなっているが、1階はG(グランドフロア)と呼ぶ)のチケット売り場で販売されているが、ダムヌンサドゥアック行きバスは乗車してから支払う。ロットゥーもチケット販売所ではなくて、乗る直前にお金を払う。

 

バスの出発場所は建物の外、1階部分にある。バスターミナル内で特に買うものが無ければ上の階には上がらず、直接バスの停留所へ向かおう。

Bangkok Southern Bus Terminal mall inside
南バスターミナルのモール内には携帯電話やファッション関係の店が営業している。

 

Bangkok Southern Bus Terminal stop

上の写真中央から少し左にあるインフォメーションで、ダムヌンサドゥアック行きバス、ロットゥーの乗り場を聞けば詳しい場所を教えてもらえる。

 

bus to damnoen saduak-floating-market from Bangkok Southern Bus Terminal
ダムヌンサドゥアック行きのバス(78番)。車内で料金を回収するおばちゃんに「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」と伝えよう。値段は80バーツ。

 

バスは長距離バスとは違い路線バスなので、途中で頻繁に人の乗り降りがある。南バスターミナルからダムヌンサドゥアック水上マーケットまでは2時間ぐらいかかった。

damnoen saduak-floating-market inside bus
バスの中は少し暑い。ダムヌンサドゥアック水上マーケットに着いても誰も教えてくれないので、場所は料金回収員等に何度も確認しよう。

ロットゥーだともう少し早く着くが、大きな荷物を持っている場合は2人分の料金を請求されるので注意が必要である。

ダムヌンサドゥアック水上マーケット damnoen-saduak-floating market entrance gate
ダムヌンサドゥアック水上マーケット入口

 

ダムヌンサドゥアックからバンコクへの帰り方

バンコクからダムヌンサドゥアックまでは、南バスターミナルでの乗車場所やダムヌンサドゥアックで降りる際に少々困る事があるかもしれないが基本的にはそこまで難しくない。

問題はダムヌンサドゥアックからバンコクへの帰りである。ツアーを利用しない場合、バンコク行きのバスやロットゥーに乗ることになるが、乗り場所まで少々離れているためこれが大変である。

上のGoogle Mapsはダムヌンサドゥアック水上マーケットからバンコク行きのバスやロットゥー乗り場所までの行き方を示したものである。乗り場までは約2.5kmも離れている。30℃以上の高温の中この距離を歩くのは少々辛いだろう。

もちろん、途中でバイタク等を捕まえる事が出来ればそれなりに楽は出来る。

 

ダムヌンサドゥアック水上マーケットからバンコク行きバスやロットゥー乗り場所までの行き方

下記で詳しく行き方を説明していこうと思う。

damnoen-saduak-floating market entrance gate
ダムヌンサドゥアック水上マーケットから上記ゲート方面へ大きな道路(国道325号)にぶつかるまで進んで行く。

 

Maikaew Damnoen Resort Signboard
400mほど歩くとマイキアウ・ダムノエン・リゾート(Maikaew Damnoen Resort)の看板が見えて来る。見当たらなければ一度方向が合っているか近くの人に確認する必要があるだろう。

 

マイキアウ・ダムノエン・リゾートから更に倍ぐらいの距離を進むと大きな道路に合流する。国道325号である。

325road from damnoen saduak floating market
国道325号

 

ここを左に進んでいくとダムヌンサドゥアックのインフォメーション・センターがある。ここで地図を見せてもらった。

damnoen saduak bus map
バス乗り場の記載もされている。

 

歩道は無いが道路の端を登って行く。左の下道だと川にぶつかるため渡れない。

325road Overpass from damnoen saduak floating market

こういった大きな道路の端に人が歩いている光景はタイでは普通である。

橋の丁度てっぺん辺りから川を見下ろす。

325road Overpass river from damnoen saduak floating market

 

橋を越えると通りには様々な店や銀行も見えて来る。

325road Overpass river Along the shopping street from damnoen saduak floating market

 

更に真っ直ぐ進むと、通りの反対側にロットゥーが見えて来る。Siam Commercial bankを少し過ぎた位置である。

mini bus from damnoen saduak floating market to bangkok Siam Commercial bank

mini bus from damnoen saduak floating market
バンコク行きロットゥー(BANGKOK-DAMNERNSADUAKの文字が書いてある)

mini bus from damnoen saduak floating market to Bangkok

 

バンコク行きバスはロットゥー乗り場からもう少し先に行った所に停車している。(78番の数字がある)
bus from damnoen saduak floating market to Bangkok

 

ロットゥーはBTS沿線であるビクトリーモニュメントが到着地なのでバスよりも便利だ。バスは南バスターミナルへ向かう。

 

タクシーやバイクタクシーが頻繁に通るわけではないので、迷子になると厄介である。SIMカード代だけであれば1週間1000円程度しかかからないし、出来ればネット環境のある携帯電話は持っておきたいところである。

タイのSIMカードを格安で購入する方法からプラン詳細まで、タイ旅行者向けに紹介しようと思う
 海外へ行った場合、日本のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)の国際ローミングで利用するネットワーク回線は現地の通信事業者である。現地のSIMでもこの回線を利用するので速度も変わらない。それに加...

 

バンコク・ダムヌンサドゥアック水上マーケット間のアクセスまとめ

以上が、現在確認できたバンコクからダムヌンサドゥアック水上マーケット、ダムヌンサドゥアック水上マーケットからバンコクへのアクセス方法となる。正直移動にかんしては、パタヤなどの有名観光地と比べても不便と言わざるをえないだろう。

 

バンコクから向かうとなると、南バスターミナルへの移動が必要となるのでその分費用や時間はかかる。水上マーケットは14時ぐらいには終わってしまうので、朝早く起きなければならない。

 

これらを踏まえると、ダムヌンサドゥアックへ日帰りで訪れるなら、断然現地ツアーでの参加がおすすめである。ホテルまでピックアップしてくれるツアーや午前中にダムヌンサドゥアック水上マーケットへ寄った後、午後にアユタヤ遺跡も回ってくれるものもある。

短期旅行の人は日帰りになると思うが、その場合こそツアーで時間の節約をした方が良いかと思う。

>>> タイ現地の格安オプショナルツアー

格安現地ツアーでは象乗りが体験できるものなど、様々なツアーがあり日本の旅行代理店を通すよりも安く行く事が出来る。

 

ダムヌンサドゥアックへ前日に前乗りしてここへ滞在しても良いかとは思うが、ダムヌンサドゥアックは水上マーケット以外の楽しみが殆ど無い。午後以降の時間を潰しても構わないという長期滞在者向けだと言えるだろう。

 

ダムヌンサドゥアック水上マーケット周辺のおすすめホテルはマイキアウ・ダムノエン・リゾートである。自転車を無料で借りる事が出来るし、バンコク行きロットゥーをホテルまで呼んでくれるサービスもある(バンコクまで100バーツ)。

Maikaew Damnoen Resort bedroom
ベッドルーム。

 

Maikaew Damnoen Resort villa
緑に囲まれたホテル。大都会バンコクとは違った滞在が出来るだろう。

 

日付を入れるだけで値段はチェック出来る。他のホテルとの比較をしてみてほしい。

>>> マイキアウ・ダムノエン・リゾート(最低価格保証付きリンク)

 

Water tour in damnoen-saduak floating market

他の有名水上マーケットよりも観光客が多く活気のあるダムヌンサドゥアック水上マーケット。日本には無いこうした空間に浸りながら、のんびりと過ごすタイ観光も悪くないかと思う。

 

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの観光についての紹介は下記記事を参考に。

ダムヌンサドゥアック水上マーケット(damnoen saduak floating market)を観光する前に知っておきたいこと
ダムヌンサドゥアック水上マーケット バンコク近郊にはいくつかの水上マーケットがあるが、その中でも外国人がもっとも多く有名なのがダムヌンサドゥアック水上マーケットである。下記ではこのダムヌンサド...


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。