エアアジアで成田からタイへ行く前に知っておくべきこと

エアアジア 成田 air asia Counter at narita airport
成田空港にあるタイ・エアアジアXの搭乗カウンター。タイ・バンコク行き専用のチェックインカウンターとなっている。

 

まず、エアアジアで成田からタイへ行く前に知っておきたいことを簡単にまとめると

▶ エアアジアのチェックイン・カウンターまでのアクセス
▶ 機内持ち込み手荷物について
▶ 機内食や機内への食べ物や飲み物の持ち込みについて

以上のようになる。

 

この記事ではエアアジアで成田空港からバンコクへ向かう人が前もって知っておくべきこととして詳しく述べていきたいと思う。

 

タイ・エアアジアXについて

エアアジアのグループ会社で、バンコクを拠点に長距離路線を展開する「タイ・エアアジアX」は成田-バンコク間、関西国際空港(関空)-バンコク間の直通便の運行させている。

「エアアジア」と「エアアジアX」の違いは国内・近隣諸国路線か長距離路線かの違いである。加えて、タイ・バンコクを拠点しているエアアジアは「タイ・エアアジア」の名前で運行している。従って、成田からバンコクへの直通便は長距離路線で、かつタイを拠点としているため「タイ・エアアジアX」により運営されている。

 

成田空港第2ターミナルにあるエアアジア・チェックインカウンターまでのアクセス

空港に到着したらまず航空会社の空港カウンターで手続きをしなければならないが、航空会社によってチェックインカウンターのあるターミナルが異なっている。成田空港は第1ターミナルから第3ターミナルまであり、2016年11月現在、バンコク行きのエアアジアのチェックインカウンターは第2ターミナルにある。

 

バスで成田空港へ向かう場合は第1から第3ターミナルまでターミナルごとに停車場所が分かれているが、鉄道駅の場合、第2ターミナルへ行く場合は「空港第2ビル駅」が最寄り駅となる。

Narita Airport Terminal 2 Station

Airport Terminal 2 Station
空港第2ビル駅。第2ターミナルと第3ターミナルがある。

 

第3ターミナルも鉄道駅では「空港第2ビル駅」が最寄り駅となるが、第3ターミナルまでの所要時間は徒歩で約15分、ターミナル連絡バス(無料)で約10~15分の乗車時間がかかる。ちなみに、第3ターミナルは2015年4月8日に開館した新しいターミナルで、第2ターミナルの北側に設けられている。

就航している航空会社はバニラエア、ジェットスタージャパン、春秋航空日本など、格安航空会社となっている。

第1ターミナルへ行く場合は「成田空港駅」が最寄り駅となる。

 

タイ・エアアジアXのチェックインカウンターは第2ターミナルの3階にあるが、他の航空会社との共同運航便の場合は、チェックインカウンターの場所が変わる場合もある。また、共同運航便でなくとも、チェックインカウンターの場所やターミナルが今後変わることもあり得るので、乗車前に予約表を見るなどして必ず場所は確認して欲しいと思う。

The third floor of Narita Airport Terminal 2
第2ターミナルの3階出発階

 

第2ターミナル3階に着いたらタイ・エアアジアX、バンコク行きの便を電光掲示板で出発時間を元に探す。そこにチェックインカウンターの位置がアルファベットで記載されているので、そのアルファベット書いてある場所をフロア全体やフロアマップを見ながら探す。

The third floor of Narita Airport Terminal 2 Check-in counter
奥からA、B、C、、、とアルファベット順に並んでいる。

 

ただ、バンコク行きのタイ・エアアジアXは2015年8月時には「N」でフロアから少し分離された出入り口近くのエリアにある。

airasia Terminal 2 Check-in counter
Nカウンターは南口1番の出口横を入って行く。

 

air asia check-in Counter at narita airport

air asia N check-in Counter at narita airport
エアアジアのチェックイン・カウンター

 

成田空港も関西国際空港と同様にウェブチェックインを済ませておくと、優先カウンターからのチェックインが可能で時間がかなり短縮される。今回もウェブチェックインを済ませている人は少なく、数人待っただけで専用レーンからすぐにチェックインする事が出来た。

 

ウェブチェックインは出発日の14日前から当日の4時間前までインターネットから可能である。そこまで難しくないので、チュートリアルを見ながらトライしてみよう。

>>> ウェブチェックイン

チェックイン・カウンターで航空券を発券してもらったら、出国審査のため同じ3階フロアにある出発ゲートへ向かう。

The third floor of Narita Airport Terminal 2 departures

The third floor of Narita Airport Terminal 2 departure south entrance
南口出発ゲート

 

LCCの場合荷物を受託する(チェックイン時に預けて目的地まで運んでもらう)とお金がかかるので荷物を全て機内に持ち込む人も多いかと思う。しかし、機内持ち込みの荷物には制限がある。

 

エアアジアの機内持ち込み手荷物は

手荷物(大):各辺の長さが56cmx36cmx23cm以内

手荷物(小):各辺の長さが40cm x30cm x10cm を超えないラップトップバッグ、ハンドバック、バックパックまたはその他の小さなバック1つで、前の座席下に収納できるもの

の最大合計7kg、2つまで持ち込みが可能になっている。

エアアジア機内持ち込み手荷物

サイズ・重さがオーバーすると有料になる(http://www.airasia.com/jp/ja/baggage-info/cabin-baggage.pageより)。最近はよりルールが厳格化されたので、サイズや重さを越えそうであれば予約時に予め支払いを行っておいた方が良い。その方が値段は安くなるからだ。

 

ハサミやカッターなどの刃物も持ち込み不可である。他にも、よく引っかかるのは液体物の持ち込みだろう。液体物は100ml(g)以下の容器に入れて、航空機内へ持ち込まなければならない。

Carry-on liquid
詳しくは成田空港の液体物の持ち込みについてのページを参考に。

 

上記ページにも記載はあるが、飲み物を機内へ持ち込みたい場合は荷物検査、出国手続き後に入居している売店などで購入すれば良い。エアアジアは食べ物、水を含む飲み物が全て有料なので、約6時間のフライト中、機内食を希望しない人は予め購入しておいた方が良いだろう。

Narita Airport Terminal 2 inside
出国手続き後の第2ターミナル内売店はエアアジアの搭乗ゲートから離れているので、搭乗ゲートに向かう前に寄った方が良い。売店は端にあるので、時間には余裕を持って出国手続きを済ませておこう。

 

Narita Airport Terminal 2 inside ATM
出国手続き後のフロアにあったセブン銀行。現地両替所が最もレートが良いので、日本円キャッシュの持参がおすすめだ。

 

エアアジアに成田空港から出発する人が知っておきたい事まとめ

Thai Air Asia X Image character
タイ・エアアジアの広告塔を勤めるタイ人の人気スター。右の男性、ナデート・クギミヤ氏は養父が日本人なので日本の姓を名乗る。ドラマや映画で日本人役をこなす事も多い。

 

成田-バンコク間を飛ぶのは「タイ・エアアジアX」

バンコクへの直通便、タイ・エアアジアXのチェックイン・カウンターは第2ターミナルの3階「N」。第2ターミナルはJR、京成ともに「空港第2ビル駅」が最寄り駅。同じエアアジアXでもクアラルンプール等への便は異なるケースもある。

受託手荷物は有料。機内持ち込みは制限に注意

LCCは基本的に受託手荷物(機内に持ち込まない預ける荷物)は有料で、液体で持ち込めるのは100mlまでなど制限がある。ナイフはもちろん、ハサミなどの刃物も機内へ持ち込みはできない。

出国手続き後の売店までは少々距離がある

フライト時間は6時間程度。機内食などのオプションを付けない場合、その間の食べ物や飲み物は予め売店で購入しなければならない。ただ、この売店は搭乗ゲートから離れているので時間には余裕を持って出国審査を済ましておこう。

 

飛行機に乗ってからの注意点等にかんしてはタイと日本の時差は2時間!飛行機の飛行時間と注意点等の記事も参考に。ここでも記載しているが、フライト時間中映画や本を読んで時間を潰したい人にはAmazonのFireがおすすめである。

Amazonのプレミアム会員が無料で利用できるプライム・ビデオは映画のダウンロードが可能で、ネット環境のないオフライン状態でも映画を視聴できる。

もちろん、電子書籍も読むことが出来るので、本一冊を持参するよりも便利だろう。LCCなどでは座席モニターの代わり以上になるので、暇つぶしには必須かもしれない。

 

その他、エアアジアの強みは何と言ってもその安さである。最安値になる予約方法を使えば、往復3万円以下で行くことも可能だ。

最安値になる予約方法については下記記事を参考に。

エアアジアの航空券を予約する前に知っておくべきこと
この記事ではエアアジアを使って海外旅行を考えている人に向け▶最もお得なエアアジアの予約方法から▶エアアジアを利用する際の注意点までを詳しく紹介していく。エアアジアの航空券の予約は、エアアジアのホームページからの予約の場合、予約前にBIGポイントプログラムに加入すれば、BIGポイントが貰える。