ウドンタニからビエンチャンへの行き方、ビエンチャンからウドンタニへの行き方を詳しく述べていく

the bus from VientianeU to don Thani
ビエンチャンからウドンタニへ向かうバス

 

ビエンチャンはラオスの首都であり最大の都市であるが、日本からのアクセスは良くない。日本の主要空港(成田、羽田、関西国際空港)からは直通便が出ていないので(2016年8月現在)、ビエンチャンへ向かうとなると、他の都市を経由する事になる。

周辺国からビエンチャンの行き方となると、バスか飛行機、もしくはバスと飛行機を組み合わせた形がメジャーとなる。

 

今回の記事では、その中でもビエンチャンへの行き方としてもっとも主要な方法であるタイの地方都市・ウドンタニからビエンチャンへの行き方とビエンチャンからウドンタニへの帰り方を紹介する。

後半ではバンコクからビエンチャンへの航空機、バスによる行き方も簡単に説明しているが、ウドンタニービエンチャン間の移動だけ知りたい人は前半部分だけ読んで欲しい。

 

ウドンタニからビエンチャンへの行き方

ウドンタニ市内及び空港からビエンチャンへ

ウドンタニからビエンチャンに行く方法としては

▶ ウドンタニバスターミナルからの直通バス
▶ ウドンタニ空港からロットゥー(ミニバス)で国境まで行き、バスに乗り換える

の2通りが主要な方法となる。


ウドンタニの地図。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、主要スポットやおすすめホテル一覧も表示されます。

ウドンタニ・バスターミナルは上のGoogle Mapsでは水色のチェック

 

市内のバスターミナルから出ているバスはウドンタニから直接ビエンチャン市内にまで向う。ウドンタニ空港からのロットゥーはラオスとの国境、出国審査の前までしか行かない。その後はバスでビエンチャン市内を目指す事になる。それぞれ詳しく説明して行きたいと思う。

 

ウドンタニバスターミナルからバス

ウドンタニバスターミナルはウドンタニ中心部のランドマークとも言えるセントラル・プラザ(Google Mapsでは赤のチェック)から数分の距離にある。プラジック・シラパコム(prajak sillapakom)という名前の大通りを渡って小道へ入って行く。

prajak sillapakom central plaza Udon Thani
セントラル・プラザと前を通る4車線の道路・プラジック・シラパコム(prajak sillapakom)。

 

Udon Thani Bus Terminal to Vientiane
ウドンタニ・バスターミナル

 

インターネット環境があれば簡単に辿り着けると思うので、予めSIMカードは用意しておいた方が良いだろう。

タイのSIMカードを購入する前に知っておくべきこと
タイの通信事業者は日本で言う「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のように ・AIS ・dtac ・true と3つの主要なキャリアが存在する。 タイのSIMカードもこれら3つの通信事業者から販売さ...

 

ビエンチャン行きのチケット売り場は、入ってすぐの分かりやすい位置にある。ウドンタニ・バスターミナル自体そこまで大きく無いので、迷うことも無いかと思う。わからなくても、人に聞けば教えてくれるはずだ。

Udon Thani Bus Terminal ticket to Vientiane
入ってすぐ近くにある緑のブースが目印。THAI-LAOSの文字がある。

 

Bus timetable from Udon Thani to Vientiane
ウドンタニ・バスターミナルからビエンチャンのタラートサオ・バスターミナル(Talat Sao Bus Terminal)行きバスの時刻表。

2015年9月におけるビエンチャン行きバスの出発時刻は

8:00
9:00
10:30
11:30
14:00
15:00
16:30
18:00

となっている。

ちなみに、料金は写真にもあるように80バーツ(約270円)とあるが85バーツ徴収された。

 

出発時間は大体時刻通りだったが、遅れる場合もあるかと思う。シーズンによっては座席が全て埋まり、次のバスしかチケットが買えないというケースもあるだろう。時間には余裕も持って向かった方が良い。

Udon Thani Bus Terminal Departure
バス乗り場もすぐ近くにある。

 

Udon Thani Bus Terminal bus to Vientiane
ビエンチャン行きバスは5番(2015年9月)

 

the bus from Udon Thani Bus to Vientiane
ウドンタニ・バスターミナルを出てから1時間程度でラオスとの国境に着く。

 

タイの出国手続き、ラオスへの入国手続

ラオスとの国境の町・ノンカイでタイでの出国手続きとラオスへの入国手続きを行う。

日本からタイへ行く場合、まず日本で出国手続きを行い、飛行機に乗ってタイに着いてから入国手続を行う。しかし、陸路での国境越えは、出国してすぐに入国手続をする。

 

ラオスへ入国する前にタイでの出国手続きがある。

タイへの入国の際に入出国カード(下記)に記入したかと思う。
thai arrival departure card
上が入国カード(ARRIVAL CARD)、下が出国カード(DEPARTURE CARD)。

 

入国カード(ARRIVAL CARD)はタイへの入国時に回収されるが、出国カード(DEPARTURE CARD)はパスポートへホッチキスで留められるか、パスポートに挟んでくれるかと思う。これに予め記入してあれば、パスポートと一緒に渡すだけで出国手続きは完了する。

Thailand border
出国手続きが終わったらバスを待つ。

 

タイの出国手続きが終わったら再びバスに乗り、タイとラオスを隔てるメコン川をタイ=ラオス友好橋で渡る。

Laos-Thai Bridge of friendship
タイ=ラオス友好橋(Thai–Lao Friendship Bridge)

 

メコン川を渡ってラオスに入ったら、ラオスでの入国手続を行う。

immigration-card-Laos-arrival
ラオスの入国カード。バスで配られる。配られない場合は入管前のブースに置いてあるので記入する。ペンは予め用意しておくと便利である。

パスポートの有効期間、発行日、発行場所。ビザを持っているなら、ビザ番号、発行日、発行場所を記入する。滞在先はホテルの名前、入国目的は観光であれば「Tourism」にチェックを入れる。

 

Laos Immigration Bureau
入国の手続きを行うブース。

 

この手続き後には「ONE WAY TICKET」を購入しなければならない。「ONE WAY TICKET」の購入場所は入国手続のブース右側で道路を渡ったところにある。

Laos Immigration ONE WAY TICKET Booth
「ONE WAY TICKET」の購入ブース。

 

Laos Immigration one way ticket price Vientiane
月曜日から金曜日8:00~16:00までの入国なら外国人は5バーツ(1000キープ(ラオスの通貨))。土日や上記時間外では55バーツ(12000キープ)となる。

 

「ONE WAY TICKET」を購入し、駅の改札のような機械に入れるとラオスへの入国手続きが完了する。再びバスへ乗り込み、更に1時間程度移動すれば、ラオスの首都・ビエンチャン市内のタラートサオ・バスターミナルへ到着する。

Talat Sao Bus Terminal Attracting
タラートサオ・バスターミナル(Talat Sao Bus Terminal)

 

ウドンタニ空港からロットゥー(ミニバス)

Udon Thani Vientiane airport minibus stop

航空機でウドンタニまで来て、かつウドンタニ市内に滞在せずにビエンチャンに行くなら空港から出るロットゥーを使うことになる。2016年8月現在ウドンタニ空港からビエンチャンへの直通バスやロットゥーは無いので、タイとラオスの国境で乗り換える必要がある。

Udon Thani Vientiane airport minibus counter
ミニバスのチケット売り場はウドンタニ空港到着ロビーにあるインフォメーションデスクからもう少し奥へ行った場所にある。値段は1人200バーツ。

 

Udon Thani to Vientiane airport minibus
国境行きロットゥー。乗り場にはチケットカウンターで待っていると、スタッフが軽く案内してくれる。

 

Thailand border Immigration
タイとラオスの国境。ウドンタニ空港から1時間とちょっと。

 

この後は

1.タイ出国の手続き
2.タイ=ラオス友好橋をバスで渡る
3.ラオス入国の手続き

という流れになる。タイ=ラオス友好橋をバスで渡る以外は上の直通バスでビエンチャン市内へ行く方法と同じである。タイ=ラオス友好橋を渡るバスは15バーツかかる。

 

ラオスへ入国したら入管から斜め向かいにある緑色のバスを目指す。

Laos border Immigration
ラオス側の入管

 

Laos Immigration Vientiane

Laos Immigration Vientiane bus
日本が寄贈したので日の丸が付いている。この日の丸が付いたバスがビエンチャン市内のタラートサオ・バスターミナル(Talat Sao Bus Terminal)まで向かってくれる。料金は6000キープ。途中何度か停車するが、時間は1時間程度。

 

Talat-Sao-Bus-Terminal from laos Immigration
タラートサオ・バスターミナル前の通り。道路の混み具合にもよるが、ウドンタニ空港からビエンチャンの中心部まで約3時間かかる。

 

バスから下車すると同時にトゥクトゥクの運転手の呼び込みが多数寄って来る。ホテルまで少し距離があるならトゥクトゥクを利用しても良いだろう。トゥクトゥクの相場を知らないとかなりの額をボッタクるので、大体の値段は知っておいた方が良い。

トゥクトゥクの相場を含め、ビエンチャン観光の前には下記記事も必読である。

ラオスの首都・ビエンチャンを観光する前に知っておきたいことを述べていく
ビエンチャン市内、多くの外国人向けゲストハウスやオシャレなカフェが集まるセタチラト通り。 ビエンチャンは東南アジアにあるラオス人民民主共和国の首都である。人口は約70万人。仏教寺院や遺跡、仏塔等数々の文化財がある他、ラオス...

 

渋滞やトラブルが無ければ、ウドンタニ・バスターミナルからビエンチャンのタラートサオ・バスターミナルまでは2時間半から3時間程度で到着する。

 

ビエンチャンからウドンタニへの行き方

Talat Sao Bus Terminal to Udon Thani bus stop
タラートサオ・バスターミナルのウドンタニ行きバス乗り場

 


ビエンチャンのホテルと観光マップ。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、主要スポットやおすすめホテル一覧も表示されます。

タラートサオ・バスターミナルは上のGoogle Mapsでは赤色のチェック。

 

ウドンタニ行きのバスもこのタラートサオ・バスターミナルを利用する。ビエンチャンからウドンタニ行きバスのチケット売り場はKhouvieng RoadとMahosot Road交わる交差点側の建物内にある。

Talat Sao Bus Terminal ticket Booth
ウドンタニ行きバスのチケット売り場

 

ウドンタニ行きバスは22000キープ(約96バーツ)。ちなみに、ビエンチャンからバンコク行きのバスチケットもここで購入できる。値段は248000キープ(約1050バーツ)。

Talat Sao Bus Terminal to Udon Thani bus ticket and price,timetable
出発時間は2016年8月時点で

8:00
9:00
10:30
11:30
14:00
15:00
16:30
18:00

となっている。ただし、出発は30分遅れが当たり前のようになっている。ビエンチャンの方がウドンタニ発のバスよりも時間にはルーズのようだ。

ウドンタニ行きバス乗り場はチケット売り場のすぐ先にある。

Talat Sao Bus Terminal to Udon Thani bus stop
タラートサオ・バスターミナルのウドンタニ行きバス乗り場

 

the bus from VientianeU to don Thani
バスは「LAO-THAI INTERNATIONAL BUS」の文字が目印。

 

the bus from VientianeU to don Thani inside
ビエンチャンからウドンタニは観光客、バックパッカー向けのルートのようで欧米人を中心とした外国人が多い。

 

バスに乗車してからの流れとしては、ウドンタニ→ビエンチャン・ルートの逆で

▶ ラオスでの出国手続き
▶ タイへの入国手続き

となる。

 

ウドンタニ→ビエンチャン・ルートとの違いは

▶ ラオス入国時に必要だった「ONE WAY TICKET」の購入が不要
▶ タイへの入国時はバスから荷物を降ろして荷物検査を受けなければならない

以上の2点である。

 

Laos passport control
ラオスの出国手続き

 

タイへの入国には入国カード(ARRIVAL CARD)を記入する。ラオスからタイへの入国時には荷物検査がある。基本的に、貧しい国から豊かな国へ入る場合は荷物の件が厳しくなると考えた方が良いだろう。麻薬などの持ち込みや違法な滞在を防ぐためでもある。

日本のパスポートを持っていれば入国時、特に厳しくチェックはされないが、荷物検査は必須である

Thai immigration Baggage check
乗客はバスへ再び荷物を積み込む。

 

タイでの入国審査、荷物チェックが終わり、バスへ荷物を積み込んだら国境の町・ノンカイからウドンタニへと向かう。ウドンタニでの到着場所もセントラル・プラザ近くのウドンタニ・バスターミナルとなる。

 

ビエンチャンからウドンタニも2時間半から3時間程度だが、出発時間がかなりルーズである。ウドンタニ空港へはここから更に30分程度かかるので、この後飛行機を利用する人は時間には余裕もって移動するようにしよう。

 

udon-thani-central-plaza-taxi
ウドンタニのセントラル・プラザ前のタクシー。セントラル・プラザからウドンタニ空港までのタクシーは150バーツ。

 

バンコクからビエンチャンへのルート

Vientiane Bangkok Airline ticket nok air
タイの地方だけでなく、周辺国にも就航している「ノックエアー」の航空機。

 

バンコクからビエンチャンに向かう場合、バス、もしくは航空機で向かう方法がある。

バンコクからバスでビエンチャンへ向かう場合は18時間、バンコクから航空機を使えば1時間程度である。片道航空券代の最安値もエアアジアなら5000円程度で購入する事が出来る。時期によってはラオス国営航空の方が安くなるので、最安値の航空券は下記サイトから検索してみてほしい。

>>> 格安航空券予約検索サイト

ちなみに、出発地、目的地の部分ではビエンチャンは「ヴィエンチャン(VTE)」と入力しないと該当無しになってしまうので注意。

 

節約をとことん重視するバックパッカーの場合はバンコクからビエンチャンまでバスの方法を選択するだろう。バックパッカー気分もより味わえるはずだ。値段も日本円で3000円程度と手頃である。

移動手段についてはスケジュールや好みに合わせてそれぞれ選択してほしいと思う。

 

ビエンチャン市内を走るトゥクトゥクの相場を含むビエンチャンの物価等、行ったことがない人もある人も下記記事にある知識は予め入れておいた方が良いだろう。

ラオスの首都・ビエンチャンを観光する前に知っておきたいことを述べていく
ビエンチャン市内、多くの外国人向けゲストハウスやオシャレなカフェが集まるセタチラト通り。 ビエンチャンは東南アジアにあるラオス人民民主共和国の首都である。人口は約70万人。仏教寺院や遺跡、仏塔等数々の文化財がある他、ラオス...

コメント