ウドンタニで泊まるべきおすすめのホテルを観光情報とともに紹介する

セントラル・プラザ・ウドンタニ(Central Plaza Udon Thani)

 

ウドンタニはタイの東北部にある都市である。中心部には便利なインフラが整っているため、隣国ラオスへ行く際の拠点として使われることも多い。

 

この記事では

▶ 全ての旅行者におすすめのウドンタニホテル

から

▶ ウドンタニで夜遊びする際におすすめのホテル

▶ ウドンタニのバックパッカー向け格安ホテル

までまとめて紹介していきたいと思う。

 

ウドンタニのおすすめホテル

セントラル・プラザ・ウドンタニ(Central Plaza Udon Thani)
セントラル・プラザ・ウドンタニ

 

ウドンタニの街はセントラルプラザと呼ばれるショッピングモールを中心としてコンパクトに発展している。バスターミナルやウドンタニ鉄道駅、繁華街もセントラルプラザから徒歩圏内にあるため、滞在する場所としてもこのエリアが便利だ。もちろん、ウドンタニを観光する際の拠点としてもおすすめである。

 

また、ウドンタニのホテルはコストパフォマンスが良い。時期にもよるが5000円程度を出すだけで街のトップクラスの高級ホテルに泊まることも出来る。バックパッカーとしてウドンタニに滞在するならともかく、観光でタイに訪れている人であればこのクラスのホテルに泊まらなければ勿体無いかと思う。

 

まず、おすすめのホテルをまとめて簡単に紹介すると

 

▶ ウドンタニで全ての人におすすめできるホテル

>>> ウドンタニ中心部に位置し、セントラル・プラザに隣接した大型高級ホテル

>>> セントラルプラザから夜遊びスポットまで、あらゆる場所へのアクセスに便利な新築ホテル

>>> ウドンタニ中心部で営業し、プール・バーも備えたオシャレなホテル

 

▶ ウドンタニで夜遊びする際におすすめのホテル

>>> 夜遊びスポットの集まるサンパンタミット通りで営業する格安ホテル

>>> 夜遊びスポットの集まるサンパンタミット通りで営業し、充実した設備の揃った高級ホテル

>>> 夜遊びスポットの集まるサンパンタミット通りで営業し、レストランバーも備えた格安ホテル

 

▶ ウドンタニのバックパッカー向け格安ホテル

>>> ウドンタニ中心部に位置し、シングルルームを備えた格安ホテル

 

それぞれのホテルの詳しい場所については下記Google Mapsに示してあるので、こちらも参考に。


ウドンタニ観光、夜遊び地図。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、主要スポットやおすすめホテル一覧も表示されます。

 

エクスペディアにあるウドンタニ全ホテルで比較したい人は下記ページを参考に。

>>> ウドンタニの全ホテル(Expedia)

 

アゴダにあるウドンタニの全ホテルで比較したい人は下記ページを参考に。

>>> ウドンタニの全ホテル(Agoda)

 

また、ウドンタニのホテルは基本的に1人分の料金で2人まで泊まることが出来る。泊まる人を増やしても、ジョイナーフィーと呼ばれる追加料金が請求されることもない。

下記ではウドンタニのジョイナーフィー(JF)無料おすすめホテルを詳しく紹介していきたいと思う。

 

ウドンタニで全ての人におすすめできるホテル

センタラ・ホテル & コンベンション・センター・ウドンタニ(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター・ウドンタニはウドンタニのランドマークとも言えるセントラル・プラザに隣接した大型高級ホテルである。上のGoogle Mapsではの位置にある。

市内の中心部に位置し、ショッピングモールとも接続しているため利便性も高い。

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)受付
ホテル受付

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)
建物内部は三角形の形になっており、部屋が外側へ配置されている。

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)客室

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)ベッド

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)デスク、ソファー
ホテル客室。部屋は広々としており、清潔に保たれている。シングルはもちろん、カップルでも十分な広さである。

無料WiFiも安定して速かった。

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)洗面所
洗面所

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)シャワースペース
シャワースペース

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)ビュー
高層階の部屋からは市内を一望できる。高層階を希望する場合はチェックイン時に伝えよう。

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)セントラルプラザ
隣接したセントラル・プラザも見れる。

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドンタニはホテル内設備でも満足できるだろう。

5階にはトレーニング・ジムやスパも完備されており、長期滞在しても快適である。

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)トレーニングルーム
トレーニングルーム

 

センタラ・ホテル & コンベンション・センター ウドーン・ターニー(Centara Hotel & Convention Centre Udon Thani)カラオケ
ホテルの地下にはカラオケもある。19時にオープンし1時半頃に閉まる。部屋代が個室で300バーツ、女の子を付けると260バーツ追加でかかる。

その場で飲まず、女の子を部屋に持ち帰るだけも可能である。その場合は2600バーツになる。ただし、女の子の数は多くない。選べる子も少なかった。

 

ウドンタニにおいてトップクラスの高級ホテルで設備も充実しているのに、シーズン外であればバンコクの格安ホテル並の料金で泊まることも出来る。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来る。値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> センタラ・ホテル & コンベンション・センター・ウドンタニ(格安ホテル予約サイト)

>>> センタラ・ホテル & コンベンション・センター・ウドンタニ(Agoda)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので2人まで1人分の料金で泊まることが出来る。受付を通らずにエレベーターへ向かうことが出来るので、連れ込んだ女の子のIDチェックはなされなかった。快適で便利な都市型ホテルに泊まりたい人におすすめである。

 

UDキャピタル(UDCAPITAL)

UDキャピタル(UDCAPITAL)

 

UDキャピタルはウドンタニの主要な大通り・プラジック・シラパカム通り沿いで営業する新築ホテルである。バービア街が周辺にあり、セントラルプラザとウドンタニ鉄道駅の間ぐらいにある。上のGoogle Mapsではの位置にある。

各種旅行にも便利な位置で営業するホテルだ。

 

UDキャピタル(UDCAPITAL)受付
ホテル入口と受付

 

UDキャピタル(UDCAPITAL)ベッド

UDキャピタル(UDCAPITAL)客室

UDキャピタル(UDCAPITAL)客室
部屋は新しくてキレイである。部屋の広さも2人なら許容範囲かと思う。

WiFiはそれなりの速度が出ていた。

 

UDキャピタル(UDCAPITAL)洗面所とシャワースペース
洗面所とシャワールーム

 

UDキャピタル(UDCAPITAL)トイレ
トイレ

 

UDキャピタル(UDCAPITAL)バルコニー
バルコニーから見た景色。ウドンタニの街並みを見渡すことが出来る。

喫煙者もバルコニーならタバコを吸うことが出来る。

 

ホテル周辺は夜遊びスポットも多く、セントラルプラザや鉄道駅、バスステーションにも近い。ウドンタニにおいてトップクラスの立地にある。加えて、新築ホテルであるにもかかわらず、シーズン外であればバンコクの格安ホテル並の料金で泊まることも出来る。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来る。値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> UDキャピタル(格安ホテル予約サイト)

>>> UDキャピタル(Agoda)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので2人まで1人分の料金で泊まることが出来る。アクセスの点で便利な新築ホテルに泊まりたい人におすすめである。

 

UDキャピタル(UDCAPITAL)夜
夜のUDキャピタル。ホテル近くにはバービアがある。

 

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)

 

カビンブリ・グリーン・ホテルはウドンタニの主要な大通り・プラジック・シラパカム通り沿いで営業するホテルである。上のGoogle Mapsではの位置にある。

 

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)プラジック・シラパカム通り
ホテルから見たプラジック・シラパカム通り

 

上のGoogle Mapsでは緑色ベッドマークの位置にある。

部屋は清潔感があるだけでなく、新築とだけあって新しくオシャレなホテルである。

 

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)受付
ホテル受付

 

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)客室

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)ベッド
客室

 

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)デスク
部屋には作業用デスクもある。部屋はコンパクトで使いやすい。2人までなら広さも十分かと思う。

WiFiはまあまあの速度で安定している時は速い。

 

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)洗面所とシャワールーム
洗面所とシャワールーム

 

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)バルコニー
部屋からの景色。バルコニーにはテーブルもある。

 

館内はジムのほか、屋上にはプール・バーも付いている。

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)プール
プール

 

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)バー
屋上のバー。チェックイン時に屋上のバーで飲めるウェルカムドリンク・チケットが貰える。

 

通常のプランでは朝食付きとなっている。

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)朝食

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)朝食
朝食は種類も多く、味も良かった。

 

こちらもバンコクの格安ホテル並に安いコストパフォマンスに優れたホテルである。正確な値段は下記リンクから日付を入れるだけでチェックすることが出来る。

>>> カビンブリ・グリーン・ホテル(格安ホテル予約サイト)

>>> カビンブリ・グリーン・ホテル(Agoda)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので2人まで同料金で泊まることが出来る。

 

正面の道路を渡ったところには、ウドンタニで一番大きな夜遊びスポット、ゲストハウス街であるサンパンタミット通りがあり、セントラル・プラザにも近い好立地な場所である。

サンパンタミット通り(Sampanthamit Road)
ホテル正面にあるサンパンタミット通り入口

 

ウドンタニで夜遊びする際におすすめのホテル

サンパンタミット通りの夜
サンパンタミット通り

 

ウドンタニはジョイナーフィー(泊まる人を増やす場合にかかる料金)無料が基本となっている。どのホテルを夜遊びに使ってもほぼ支障はない。ただ、ホテルの立地だったりで、夜遊びの利便性は高まる。ホテルの部屋へデリバリーを望む人だったり、夜遊び目当てでウドンタニに滞在する人はこうした夜遊びにおすすめのホテルを利用すべきだ。

 

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)

 

アット・ホーム・アット・ウドンは夜遊びスポットの集まるサンパンタミット通りで営業する格安ホテルである。上のGoogle Mapsではの位置にある。ホテル周辺は徒歩圏内の広い範囲にバービアやマッサージ屋が並んでいる。ホテルの前に待機しているトゥクトゥク運転手は女の子の手配もしてくれる。アット・ホーム・アット・ウドンにの部屋なら、部屋まで女の子を呼んでくれるといったサービスもなされている。

ウドンタニの置屋から風俗まで、初めていく人が知っておきたい知識を紹介する
バンガローと呼ばれる置屋ホテル(69モーテル)   タイの東北部、ラオスとの国境にも近いウドンタニと言えば、少し前までは激安置屋のある街として、風俗目的で訪れる人も多い街だった。しかし、2016年になってウドン ...

夜遊び目的の人には嬉しい環境と言えるだろう。

 

また、コインランドリーも設置されており、バックパッカーにも便利である。

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)コインランドリー
コインランドリー。価格は30バーツ(約100円)

 

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)ホテル受付
ホテル受付。このホテルは夜遊び客に慣れているせいか、女性を連れていても特に声をかけられることはなかった。

 

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)客室

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)客室
ホテル客室。部屋は広々としており、全体的にキレイで新しい。2人までなら十分な広さである。

 

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)デスク
作業デスク

 

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)洗面所
洗面所、トイレ、奥にシャワースペースがある。

 


バルコニーにはキッチンスペースもある。もちろん、喫煙所としても使うことが出来る。

 

街の中心部にあるため、ショッピングモールはもちろん、鉄道駅、周辺都市へ向かうバスステーションへのアクセスも良い。

ホテル周辺が夜遊びスポットになっており、女性を連れ込む客も多くなっているかと思う。従って、こういうのが気になる女性にはあまりおすすめ出来ない。

 

ホテルの宿泊料は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来る。値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> アット・ホーム・アット・ウドン(格安ホテル予約サイト)

>>> アット・ホーム・アット・ウドン(Agoda)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので2人まで同料金で泊まることが出来る。

 

アット・ホーム・アット・ウドン(At Home at Udon)夜

価格も手頃なので、夜遊び目的はもちろん、ウドンタニへ滞在する多くの人に人気のホテルである。

 

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)

 

ザ・パナライ・ホテルはサンパンタミット通りで営業する高級ホテルである。多数のバービアが入居するDay & Night(デイ・アンド・ナイト)の隣にあり、夜遊びには好立地のホテルだ。上のGoogle Mapsではの位置にある。

 

Day & Night(デイ・アンド・ナイト)
バービア街「Day & Night」

 

このエリアでは珍しくトレーニングルームやプールなどの設備も充実している。

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)トレーニングルーム
トレーニングルーム

 

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)プール
プール

 

施設が充実しているため、金銭的な余裕のある人の長期滞在用ホテルとしても人気のホテルだ。

 

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)受付
エレベーターホールと受付。女性を連れていても声を掛けられることはなかった。

 

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)客室

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)ベッド
スタンダードダブルベッドの部屋。部屋の広さは2人までなら十分である。

 

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)客室
作業デスク。ホテルの無料WiFiはかなり速かった。

 

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)洗面所

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)バスルーム
洗面所、トイレにシャワースペース。

 

ザ・パナライ・ホテル(The Pannarai Hotel)から見たDay & Night(デイ・アンド・ナイト)
バルコニーから見たすぐ隣りにあるDay & Nightの入居する建物。バルコニーも付いており、喫煙スペースもある。

 

こちらのホテルもウドンタニにおいてはトップクラスの高級ホテルである。ただ、バンコクの格安ホテル並の料金となっている。正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来る。値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ザ・パナライ・ホテル(格安ホテル予約サイト)

>>> ザ・パナライ・ホテル(Agoda)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料。夜、女性を連れて受付を通った際も声をかけられる事はなかった。連れ込む女性のIDチェックは任意となっており、2人まで同料金で泊まる事が出来る。

夜遊びスポットへのアクセスを考えてホテルを選びたい人は候補の1つとして検討すべきかと思う。

 

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)

 

アイリッシュ・クロックはサンパンタミット通りで営業する格安ホテルである。上のGoogle Mapsではの位置にある。

ホテルはバービア街に囲まれており、1階はレストラン・バーになっている。

 

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)バー
ホテル1階のレストラン・バー

 

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)食事
食事を取ることも出来る。

 

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)
客室には受付を通らず、ホテル横の入口から向かうことが出来る。

 

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)客室

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)客室

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)客室
ホテル客室。建物自体古いが、部屋は広々としている。2人までなら十分な広さである。

 

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)洗面所、トイレ
洗面所、トイレ、シャワールーム

 

アイリッシュ・クロック(Irish Clock)バルコニー
広めのバルコニーも付いている。バルコニーからはザ・パナライ・ホテルも見える。

 

建物自体は新しくない。それでも部屋は広々としており、値段も手頃である。バービア街の中にあり、夜遊びに便利な立地にある。もちろん、セントラルプラザといったショッピングモールやバスターミナル、鉄道駅へのアクセスも良い。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来る。値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> アイリッシュ・クロック(格安ホテル予約サイト)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料。受付を通らずに客室へ向かうことが出来るため、IDチェック等も任意になっている。

 

ウドンタニのバックパッカー向け格安ホテル

シティ・イン(City Inn)

シティ・イン(City Inn)

 

シティ・インはウドンタニバスターミナルやセントラルプラザ近くにある格安ホテルである。上のGoogle Mapsではの位置にある。

バスターミナルまで徒歩数分なので、ラオスなど他の都市へ行く際の宿泊施設としてもおすすめである。

 

他の客と部屋をシェア「しない」シングルルームで1泊1500円前後から泊まることが出来る。このエリアでは最安値のホテルになるかと思う。部屋をシェアするドミトリーのホテルでおすすめのホテルになると、このゲストハウスになる。

>>> ウドンタニのおすすめゲストハウス

こちらのゲストハウスはシティ・インのすぐ近くで営業している。1泊700円程度と更に格安で泊まることが出来る。

 

シティ・イン(City Inn)ホテル受付
ホテル受付

 

シティ・イン(City Inn)ロッカー
ホテル・ロッカー

 

シティ・イン(City Inn)客室

シティ・イン(City Inn)客室
ホテル客室。冷蔵庫も付いている。広くはないが、寝るだけなら十分かと思う。WiFiもかなり速かった。

家具や設備は少々古臭い。ただ、値段を考えれば妥当かと思う。

 

シティ・イン(City Inn)洗面所
洗面所

 

シティ・イン(City Inn)シャワールーム
洗面所横にシャワースペースがある。

 

シティ・イン(City Inn)部屋からの景色
部屋からの景色。0時頃までは近くのライブの音が聞こえて来た。

 

受付スタッフの対応は良かった。バックパッカーの来客には慣れているようで、色んな話を聞くことも出来た。

次の日すぐにビエンチャン等、他の都市へ向かう人、寝るだけなら十分なホテルかと思う。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来る。値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> シティ・イン(格安ホテル予約サイト)

 

ウドンタニにおける観光と滞在について

UDタウン
ウドンタニ鉄道駅近くにあるUDタウン

 

ウドンタニの中心地は大きなショッピングモールを中心にオシャレで都会的な街並みを形成している。対して、郊外へ出れば、世界遺産に登録されているバーンチェンをはじめ、多くの遺跡やイサーン(東北)独特で壮大な仏教建築様式も数多く残されている。

ウドンタニの人気観光地はランキング形式でトリップアドバイザーでも紹介されている。

>>> ウドンタニの観光地ランキング

昼間にこういった遺跡や仏教施設の観光するのも悪くないだろう。ただ、こういった遺跡や仏教施設はいずれも中心地からはかなり離れた場所にあるため、ツアー等を利用する必要が出てくる。

 

ウドンタニは物価の安さからか欧米人を中心とした長期滞在者も多い。ウドンタニの富裕層が集まるセントラル・プラザには、老人ファランとタイ人女性のカップルがよく見られた。彼らは年金でのんびり余生をここウドンタニで過ごしているのかと思う。

 

また、ラオスの首都であるビエンチャンへの安いバスも出ており、日本人を含めたアジア人や欧米人バックパッカーも滞在している。

ビエンチャンへの行き方については下記を参考に。

ウドンタニからビエンチャンへの行き方、ビエンチャンからウドンタニへの行き方を詳しく述べていく
ビエンチャンからウドンタニへ向かうバス ビエンチャンはラオスの首都であり最大の都市であるが、日本からのアクセスは良くない。日本の主要空港(成田、羽田、関西国際空港)からは直通便が出ていないので(2016年8月現在)、ビエン...

 

ゲストハウスの他、バービアやマッサージもあるサンパンタミット通りには、バックパッカー向けのランドリーも揃っている。

 

ウドンタニのランドリー
洗濯屋。値段はTシャツ1ピース7バーツ、パンツ・靴下が5バーツ。

 

内陸部にあるため海などの娯楽は無く、以前は栄えていた激安置屋も壊滅状態だ。しかし、バービアをはじめとした他の娯楽は残っており、夜遊びに困ることは無いだろう。

ウドンタニの置屋から風俗まで、初めていく人が知っておきたい知識を紹介する
バンガローと呼ばれる置屋ホテル(69モーテル)   タイの東北部、ラオスとの国境にも近いウドンタニと言えば、少し前までは激安置屋のある街として、風俗目的で訪れる人も多い街だった。しかし、2016年になってウドン ...

ホテルの値段からもわかるように滞在費はタイの他の観光地に比べても安く抑えることができる。加えて、小さなエリアになんでも揃っているため、中心地に滞在すれば移動費もそこまでかからない。ウドンタニは外こもりを含め、長く滞在する場所としても悪くはないかと思う。

コメント