パタヤで本当におすすめ出来るホテルをエリアごとに紹介する

パタヤ ホテル pattaya city from VC Hotel
VCホテルから見たパタヤの街並み。

 

パタヤにおける観光客向けエリアとなると、ウォーキングストリートパタヤビーチロードセカンドロードソイブッカオが人気のエリアとなる。これらはパタヤの中心地にあり、繁華街へのアクセスや利便性も高い人気のエリアだ。

パタヤ ホテル Pattaya hotel area map

▶ ピンクのエリアがウォーキングストリート
▶ ブルーのエリアがパタヤビーチロード
▶ グリーンがセカンドロード
▶ オレンジがソイブッカオ(LKメトロ周辺)

のエリアとなっている。

 

ウォーキングストリートとパタヤビーチロードエリアのホテルは比較的値段も高い。相場としては1泊5000円程度になるかと思う。セカンドロードやソイブッカオは1泊3000円程度のホテルでも、新しく、キレイな所も多い。

 

今回の記事では、観光客に好まれるこれらエリアの簡単な説明と、そのエリアにおけるおすすめのホテルを紹介していく。

 

まず、パタヤのおすすめホテルを簡単に紹介する。

ここで言う格安ホテルとはシングルルームで1泊2000~4000円程度が目安になる。時期によっても値段は異なるので、正確な料金はリンク先から日付(チェックイン日とチェックアウト日)を入れてチェックしてほしい。

 

▶ ウォーキングストリートと周辺ホテル

>>> ウォーキングストリート内にあり、ウォーキングストリート、パタヤビーチを一望する事が出来るホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ウォーキングストリートすぐ南にあるパタヤの高級ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ウォーキングストリートへ徒歩0分。繁華街を目の前にしたビーチロード沿いの格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ウォーキングストリートから徒歩数分のアパート型格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

▶ パタヤビーチロード沿いのホテル

>>> パタヤビーチロード沿いシービューの部屋からは窓一杯に海が広がる新築ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> パタヤビーチロード側値段の割には部屋も広く、快適なホテル(最低価格保証付きリンク)

 

▶ ソイブッカオ(LKメトロ周辺)のホテル

>>> ソイハニーにあるオシャレな新築ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ソイLKメトロに囲まれた中心にある大型ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ソイLKメトロまで徒歩数分の位置にある長期滞在者にも人気の格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

▶ パタヤ・セカンドロード沿いのホテル

>>> セカンドロード沿いソイ3近くにあるオシャレな高層ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> セントラル・パタヤロードとセカンドロードの交差点近くにある格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

下記でそれぞれのホテルについて詳しく紹介していく。宿泊エリアが決まっている場合は、目次から宿泊エリアの項目へクリックで飛んで、そこから読んでほしい。

 

パタヤの人気エリア別おすすめホテル

パタヤホテルの地図

下記で紹介するホテルの位置は、下記Google Mapsに全て表記してある。


(パタヤおすすめホテルの地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。)

 

ウォーキングストリートと周辺ホテル

walking street beach road
ウォーキングストリート入口

 

ウォーキングストリートはパタヤにおける一番の繁華街で、ゴーゴーバーからバービアなどあらゆる娯楽が集まっているエリアである。また、ラン島までの船乗り場も近いため、パタヤにおいてマリンスポーツを楽しみたい人にも便利な場所だ。

ラン島にあるビーチからホテルまで、おすすめの観光方法と一緒に述べていく
ラン島で最も賑わっているビーチ、タワエン・ビーチ。 ラン島はパタヤの市街地から沖へ約10km程度の位置浮かぶ島である。パタヤ市街地近くにあるパタヤビーチはキレイとは言えないが、ラン島にあるビー...

 

パタヤ初心者だったり、とにかく繁華街の賑やかさが好きな人にはおすすめの滞在エリアである。繁華街と言えど、治安も悪くないし、安心して遊ぶことの出来る場所だ。

Walking Street Main Street
ゴーゴーバーが立ち並ぶウォーキングストリート。最近は家族連れで訪れる中国人観光客も多い。

 

下記ではこのウォーキングストリート周辺にあるおすすめホテルを4つ紹介していく。

 

グランドホテル・パタヤ (Grand Hotel Pattaya)

ウォーキングストリートを遊び尽くしたい人におすすめなのがグランドホテル・パタヤである。ゴーゴーバー・マンダリンの後ろにあり、部屋からウォーキングストリート、パタヤビーチを一望する事が出来る(パタヤビーチ側の部屋を希望する場合、チェックイン時に受付に伝えた方が良い)。

Grand Hotel Pattaya entrance
ホテル入口

 

Grand Hotel Pattaya bedroom
ベッドルーム。象の形をしているのはバスタオル、ハンドタオル。

 

Grand Hotel Pattaya washingroom
洗面所

 

walking street from Grand Hotel Pattaya room

walking street from Grand Hotel Pattaya night view
部屋からはウォーキングストリートだけでなく、パタヤビーチも見渡す事が出来る。

 

パタヤで随一の繁華街であるウォーキングストリート内にあり、上層階の部屋からなら景色も最高に良い。それなのに、価格は非常にお手頃だ。シーズン中で無ければ朝食付で4000円台である。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> グランドホテル・パタヤ(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料なので2人まで宿泊する事が出来る。

シーズン外でもすぐに満室になってしまうので、先に予約だけでもしておいた方が良いだろう。料金は後払いにする事も出来る。

 

VCホテル(VC Hotel)

VC Hotel face

VCホテルはウォーキングストリート南にある高級ホテルである。ウォーキングストリートまで徒歩数分で行くことが出来る立地にある。上のGoogle Mapsではダークグレーのスターに位置にある。

VC Hotel living room
驚くほど広い部屋。館内、室内も大幅に改装されたばかりなので新しい。

 

VC Hotel bed

Landscape from VC Hotel room
高層階の部屋からはパタヤビーチロードやウォーキングストリートを見下ろす事が出来る。景色も最高だ。

部屋の向きや高層階など、部屋の希望はチェックイン時にきちんと伝えよう。

 

VC Hotel Washroom and bathtub
洗面所とバスタブ。シャワー室もある。

 

写真ではわかりにくいかもしれないが、とにかく部屋全体が広い。圧迫感があるとリラックス出来ないという人もいるかと思うが、このホテルでは伸び伸び出来る。

また、チェックアウト時間が午後2時までと、比較的長いのでのんびり寝ていられるかと思う。夜型の人には嬉しいサービスだ。

 

WiFiは1日300バーツと有料なので、インターネット環境を構築したい人は現地でSIM等を購入した方が安く済むだろう。

VC Hotel reception
JF(連れ込み料)は無料。受付がエレベーターの奥にあるので、こちらが何も言わなければ宿泊者の1人として判断される。

 

宿泊費は時期により大きく違うので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> VCホテル(最低価格保証付きリンク)

中東の団体客にも人気なので、時期によっては満室になっている事も多い。

 

アット・シー・レジデンス(At Sea Residence)

At Sea Residence Entrance

アット・シー・レジデンスはパタヤビーチロード側、ウォーキングストリート入口前にあるバービア2階に入居する格安ホテルである。ウォーキングストリートから徒歩0分、ホテルを出たら目の前にウォーキングストリートがある好立地だ。

上のGoogle Mapsでは茶色のスターの位置。

At Sea Residence hotel entrance
写真左がウォーキングストリート入口ゲート。中央のエスカレーターを登るとホテルフロアになっている。右は1階部分がバービアだ。

 

At Sea Residence hotel reception desk
受付(レセプション)

 

from At Sea Residence pattaya hotel
レセプション横から覗くとウォーキングストリート入口看板が右に見える。

 

At Sea Residence see Corridor
海の方へ突き出てる形で建物は伸びている。

 

At Sea Residence room
部屋は新しくないが、広々としている。

 

At Sea Residence bed
ベッド

 

At Sea Residence Bathtub
お風呂はバスタブ付きなのも嬉しい。カップルで泊まれば、仲良くバスタイムを楽しめるだろう。他のホテルもそうだが、パタヤでは一部屋に2人までは無料で泊まれる所が殆どである。

 

At Sea Residence desk
作業机。冷蔵庫、奥にはクローゼットもある。

 

Grand Hotel Pattaya from At Sea Residence
部屋からのウォーキングストリート側景色。部屋は海に突き出ているため殺風景である。夜もウォーキングストリートは明かりしか見えない。

ちなみに、左にある大きな建物は上でも紹介したグランドホテル・パタヤである。

 

バービアやウォーキングストリートが近いが、そこまで大きな騒音は聞こえなかった。もちろん、部屋の場所にもよるし、気になる人は気になるかもしれないが、個人的には特に気になるほどではなかった。

古い部分はあるが、部屋は広々としているし、価格も安いのでかなり気に入っているホテルである。好立地にもかかわらず、値段は3000円~と格安だ。正確な値段は下記リンクから日付を入れればチェックする事が出来る。

>>> アット・シー・レジデンス(最低価格保証付きリンク)

WiFiは無料。昼間は速いが夜になると少々遅くなる(WiFiが有料なホテルでも、こういうケースは多い)。

 

長期宿泊者向けの割引プランもあるが、ここに長期滞在したら現実世界には戻れなくなりそうだ。

At Sea Residence pattaya hotel entrance
左の看板に「ROOM FOR RENT」の文字。デイリー、ウィークリー、マンスリーレントが可能である。

 

ハニー・ロッジ(Honey Lodge)

Honey Lodge hotel

ハニー・ロッジはパタヤの格安ホテルで、ホテルはパタヤビーチロード側ウォーキングストリート入口から南に伸びるサウスパタヤロード沿いにある。ウォーキングストリートから徒歩数分の距離だ。

上のGoogle Mapsではグリーンのスター。

 

建物の隙間からはパタヤビーチロード、その向こうには海も見える。

Honey Lodge Beach Road

Honey Lodge hotel Balcony
西洋風の建物で一つ一つの部屋にバルコニーが付いている。部屋は清潔感があり、比較的新しい。

 

Honey Lodge room
ベッドルーム。テレビと作業机もある。

 

Honey Lodge hotel Refrigerator and washroom
冷蔵庫に洗面所

 

Honey Lodge hotel Shower room and toilet
シャワールームとトイレは並んで個別に設置されている。

 

ホテル周辺はウォーキングストリートだけでなく、ローカルなレストランやマッサージ店もある。

Honey Lodge South Pattaya Road
パタヤビーチロードからウォーキングストリートを経由し、南へと続くサウスパタヤロード。

 

長期滞在している欧米人も多く、費用を抑えつつ、パタヤにどっぷり浸かりたいなら、このホテルへの滞在をおすすめしたい。時期にもよるが1泊3000~5000円程度。正確な値段は下記リンクから日付を入れればチェックする事が出来る。

>>> ハニー・ロッジ(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料なので2人まで同じ料金で泊まる事が出来る。WiFiは有料で1日50バーツとなっている。

かなり人気のホテルなのでシーズン中は早めに予約しないと一気に部屋が埋まってしまう。予定が決まったらすぐ予約した方が良いだろう。

 

パタヤビーチロード沿いのホテル

Pattaya Beach Road Subway
パタヤビーチロード

 

パタヤビーチロードはその名の通りビーチ沿いを走る道路の事である。ビーチロードには、レストランからファーストフード店、マッサージ店、バーやパブまで、観光客が期待する店は一通り揃っている。

夜になると、海岸沿いに立ちんぼというフリーの娼婦が並ぶが、特に危険な雰囲気はない。もちろん、スリには気を付けなければならないが、近寄って来る彼女たちと絡みながら歩くのも楽しいかと思う。

 

また、ソンテウという乗り合いタクシーを使えば、10バーツ(約30円)でウォーキングストリートにも向かえる。アクセスの点でも利便性も高い。

songthaew pattaya have people
パタヤのソンテウ

パタヤの地図とソンテウの使い方。初心者はパタヤビーチロード、セカンドロードでパタヤの中心地を把握しよう
パタヤビーチ パタヤへ何度も通うと、コンパクトで利便性の高い街だという事に気づくだろう。パタヤの街はビーチロードとセカンドロード周辺やその間のソイを中心に発達している。バンコクのようにBTSや地下...
パタヤビーチロード沿いのホテルにはいくつも宿泊しているが、今回はその中でもコストパフォマンスの高いおすすめのホテルを2つ紹介したいと思う。

 

セレノテル・パタヤ(Serenotel Pattaya)

Serenotel Pattaya hotel
セレノテル・パタヤはパタヤビーチロードのソイ10にあるホテルである。上のGoogle Mapsではエメラルドブルーのスターの位置。

 

建物は新しく、清掃も行き届いている。

Serenotel Pattaya hotel room
ただし、スタンダードの部屋はそこまで広くない。

 

このホテルの売りは何と言っても大きな窓から見える景色だろう。パタヤビーチロード沿い側に向いたシービューの部屋がいくつか用意されていて、部屋の窓いっぱいにビーチを眺めることが出来る。

Serenotel Pattaya Sea View window

Serenotel Pattaya Sea View
このホテルに泊まるなら、シービューの部屋をおすすめしたいと思う。

 

Serenotel Pattaya hotel Sea View night
夜景も綺麗。

 

Serenotel Pattaya hotel room washing
シングルルームは非常にコンパクトで、広くはない。

 

屋上にはプールも付いていて、ここからの眺めも非常に良い。

Serenotel Pattaya Rooftop pool to walking street

Serenotel Pattaya Rooftop pool
ノースパタヤ方面にはヒルトンホテルも見える。

Serenotel Pattaya night pool
パタヤの夜景を見ながら入るプールも最高である。

 

タイ旅行者が楽しい気分を味合うのに最高の場所かと思う。値段は時期にもよるが1泊4000~5000円程度、窓いっぱいにシービューが広がる部屋だと5000円~。この立地にもかかわらず、コストパフォマンスは高い。

正確な値段は下記リンクから日付を入れて調べてほしいと思う。

>>> セレノテル・パタヤ(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料なので2人まで同じ料金で宿泊する事が出来る。受付に連れ込んだ女性のIDを預ける必要がある。その女性が外へ出ようとすると、部屋にわざわざ「帰しても良いか?」の連絡をくれる。盗難防止だったり、寝てる間に勝手に帰るケースもあるので、人によっては嬉しいサービスだろう。

Serenotel Pattaya Hotel staff
スタッフもノリが良くて親切だった。

 

シー・ミー・スプリング・ホテル(Sea Me Spring Hotel)

Sea Me Spring Hotel Appearance

シー・ミー・スプリング・ホテルは上で紹介したセレノテル・パタヤに隣接するパタヤビーチロードのソイ10にあるホテルである。上のGoogle Mapsでは水色のスターの位置。

 

このホテルも比較的新しく、オシャレな内観である。

Sea Me Spring Hotel Reception
受付

 

Sea Me Spring Hotel main room

Sea Me Spring Hotel bedroom
部屋はそれなりに広く、綺麗。木製家具を基調として、清潔感もある。

 

Sea Me Spring Hotel Bathtub
浴槽も付いているのでのんびりと浸かる事が出来る。

 

Sea Me Spring Hotel Rooftop pool
屋上のプールからはパタヤビーチを一望できる。

 

立地的にも隣接しているのでセレノテル・パタヤと比べる事が多い。セレノテル・パタヤと比較した場合、シー・ミー・スプリング・ホテルの利点は、

▶ 部屋が広く、バスタブも付いている

この点だろう。

セレノテル・パタヤの利点は、ビーチロードに近いため部屋からの景色も良いし、値段も少しだけ安いという点だ。

Sea Me Spring Hotel sea view from Balcony
シー・ミー・スプリング・ホテルのシービュールーム。正面の建物が海を塞いでしまっている。左に見える白と茶色の建物がセレノテル・パタヤである。

 

シー・ミー・スプリング・ホテルの宿泊費は時期により大きく違うので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> シー・ミー・スプリング・ホテル(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料。こちらも連れ込み女性がいる場合は、受付にID(日本人ならパスポート)を預ける必要がある。

 

ソイブッカオ(LKメトロ周辺)のホテル

soi buakhao from pattaya tai
ソイブッカオを走るソンテウ。

 

ソイブッカオは全長約1.75kmにわたる道路で、このエリアの中心とも言えるのがLKメトロと呼ばれるゴーゴーバーが集まる路地である。

pattaya map
緑のラインがソイブッカオ。

 

LKメトロ周辺のソイブッカオはバービアといった女性とお酒を飲むバーやマッサージ店も多く、長期滞在するファラン(欧米人)に人気のエリアである。夜遊びのスポットもウォーキングストリートに比べて価格も安いので、ある程度パタヤ慣れした日本人も好むエリアと言える。

 

この記事ではこのLKメトロ周辺にあるおすすめのホテルを3つ紹介したいと思う。

 

247ブティック・ホテル(247 Boutique Hotel)

247 Boutique Hotel honey1

247ブティック・ホテルはセカンドロードからソイブッカオへ続く通称・ソイハニーにあるホテルである。有名なMP(マッサージ・パーラー)Honey1(ハニー1)と同じ建物に入居している。上のGoogle Mapsでは肌色のスターの位置。

 

ホテルは新しくて綺麗。部屋もそこそこの広さである。

247 Boutique Hotel bed

247 Boutique Hotel shower room
シャワールームもベッドから見えるオシャレな構造。

 

247 Boutique Hotel desk TV
作業机にTV

 

ホテルにはトレーニング・ジムやプールもある。

247 Boutique Hotel Training gym 247 Boutique Hotel Rooftop pool

 

247 Boutique Hotel pattaya city
屋上からはパタヤの街を一望できる。

 

LKメトロにも近く、ホテルの近くにもバービアやマッサージの他、レストランやランドリーサービスもあるので生活するにも非常に便利である。

宿泊費は時期により大きく違うので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> 247ブティック・ホテル(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料。LKメトロ周辺で、新しく清潔なホテルに泊まりたい人におすすめのホテルである。

 

LKメトロポール・ホテル(LK Metropole Hotel)

パタヤ LKメトロポール・ホテル LK Metropole Hotel entrance

LKメトロポール・ホテルはソイLKメトロに囲まれ中心にあるホテルで、ソイLKメトロというソイの名前の元となった大規模ホテル。個々の部屋が広く、ホテル内には様々な設備も充実している。

上のGoogle Mapsでは赤のスター位置。

 

LK Metropole Hotel bed
ベッドルーム。部屋は広めで一部屋一部屋にバルコニーも付いている。

LK Metropole Hotel Balcony

LK Metropole Hotel kitchen
キッチンや冷蔵庫も付いている。

 

LK Metropole Hotel bathtub
洗面所とバスタブ。

 

パタヤ LKメトロポール・ホテル LK Metropole Hotel bed pool
プール

 

パタヤ LKメトロポール・ホテル LK Metropole Hotel breakfast

パタヤ LKメトロポール・ホテル LK Metropole Hotel breakfast fruit
朝食は料理一品とバイキング形式の野菜やフルーツ等。ホテル予約サイトの 一番安い部屋のプランでも無料の朝食が付いてきた。

 

女の子を連れ込む時にかかるJFも無料。宿泊者は長期滞在しているファランが多く、日本人はあまり見かけなかった。人気ホテルのため早めに予約しないと空室が埋まり値段が上がるので注意。

 

宿泊費は時期により大きく違うので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> LKメトロポール・ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

サワディー・パタヤ・ホテル(Sawasdee Pattaya Hotel)

Sawasdee Pattaya Hotel

サワディー・パタヤ・ホテルはゴーゴーバー街であるLKメトロの近く、LKメトロポール・ホテルの入口目の前にある格安ホテルである。

LK Metropole Hotel from Sawasdee Pattaya Hotel
ホテル正面からの写真。ホテルを出るとLKメトロポール・ホテルが道路挟んで正面にある。

上のGoogle Mapsでは紫色のスターの位置。

 

Sawasdee Pattaya Hotel bed
ベッド。部屋はシングルサイズ。

 

Sawasdee Pattaya Hotel Balcony
バルコニーもあるので洗濯物も干すことが出来る。

 

Sawasdee Pattaya Hotel Closet desk
ボロいが一応家具一式は付いている。

 

一番安いプランでも朝食付き。

Sawasdee Pattaya Hotel breakfast
この朝食が決め手で、リピートしたと言っても過言ではない。味も種類も満足である。

 

値段は時期にもよるが、1泊は朝食付きで2000円程度。ホテル自体古く、決して綺麗ではないが、この立地とこの価格ならコストパフォマンスは高いかと思う。正確な値段は下記リンクから日付を入れて調べてほしい。

>>> サワディー・パタヤ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

JFももちろん無料。夜になると、ホテル入口近くにフリーの娼婦が立っていたりする。

 

月10000バーツ(約34000円)、週3500バーツ(12000円)で借りる事も出来るので、長期滞在している欧米人も多い。

Sawasdee Pattaya Hotel monthly rent
もちろん、長期滞在するかどうかは実際に滞在してから決めた方が良いだろう。

 

パタヤ・セカンドロード沿いのホテル

Pattaya 2nd Road
パタヤ・セカンドロード

 

セカンドロードはパタヤビーチロードから一本内陸側へ入ったところにある道路である。海岸沿いを走るビーチロードよりも少しだけ落ち着いた通りで、ビーチロード沿いよりものんびり生活するには適しているかと思う。

ウォーキングストリートからセントラルパタヤロードまでのセカンドロードは繁華街も多く、利便性も高いためホテルの値段もそこまでお得感はない。ただ、セントラル・パタヤロードよりも更に北側になると、それなりの設備のホテルへ安く泊まる事も出来るので、ソンテウなどでの移動に慣れている人はおすすめである。

 

ここでは、セカンドロードにあるおすすめのホテルを2つ紹介したいと思う。

 

サイアム・アット・サイアム・デザイン・ホテル・パタヤ(Siam @ Siam Design Hotel Pattaya)

Siam at Siam Design Hotel Pattaya second road around spa

サイアム・アット・サイアム・デザイン・ホテル・パタヤはセカンドロード側のソイ3近くにある高層ホテルである。ホテルはセカンドロード沿いにあるが、建物が高いため、シービュー(海の見える部屋)を選べばパタヤビーチを眺める事が出来る。

 

屋上にはジムやプールもあり、ここからはパタヤを360°あらゆる方向を眺める事が出来る。

Siam at Siam Design Hotel Pattaya roof top pool
屋上にあるプール・スペース

 

Siam at Siam Design Hotel Pattaya Beach Road
パタヤビーチ方面。

 

高層のホテルという魅力だけではなく、デザインホテルと言われるように内装もオシャレである。

siam at siam pattaya room
メインルーム

 

Siam at Siam Design Hotel Pattaya Doublebed
ベッド

 

Siam at Siam Design Hotel Pattaya roomside
洗面所にシャワールーム

 

Siam at Siam Design Hotel Pattaya reception desk
受付も豪華である。

 

Siam at Siam Design Hotel Pattaya carbar
1階にはオシャレなカフェレストランもある。

 

ウォーキングストリートまでパタヤビーチロード沿いのソンテウで移動すればアクセスも容易である。WiFiも速く、快適なホテルライフを送る事が出来るかと思う。カップルや家族連れにもオススメ出来る。

高級ホテル並みの施設やサービスだが、宿泊費は1部屋(2人まで泊まることが出来る)10000円以下で宿泊出来るのも、この場所だからこそと言える。

 

宿泊費は時期により大きく違うので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> サイアム・アット・サイアム・デザイン・ホテル・パタヤ(最低価格保証付きリンク)

リッチな気分をお手頃な価格で楽しめるコストパフォマンスに優れたホテルである。

 

エイプリル・スイーツ(April Suites Pattaya)

April Suites Pattaya

エイプリル・スイーツはセントラル・パタヤロードとセカンドロードの交差点近くにある格安ホテルである。分類上は格安ホテルでもホテルの内装は新しく綺麗な都市型ホテルである。

April Suites Pattaya bedroom
ベッドルーム

 

April Suites Pattaya room door
部屋の広さもそれなりにある。

 

April Suites Pattaya Shower and toilet
洗面所、トイレにシャワールーム。

 

April Suites Pattaya Lobby from entrance
受付から綺麗なホテルである。

 

April Suites Pattaya pool with Hilton
屋上にはプールもある。パタヤビーチロードにあるヒルトンホテルも見える。

 

清潔感もあり、設備も一通り揃っているので、ホテルでは快適に過ごす事が出来る。ホテル周りにはレストラン等は無く、寂しい雰囲気ではあるが、静かで過ごし易いので、長期滞在にもおすすめである。値段も安く、立地以外は言う事無しかと思う。

もちろん、ソンテウ等を使えば、繁華街にも簡単に出ることは出来る。

 

値段は時期にもよるが、1泊3000~4000円程度。正確な値段は下記リンクから日付を入れて調べてほしいと思う。

>>> エイプリル・スイーツ(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料である。WiFiもそれなりに速いので、作業に集中したい時等に泊まる事が多い。

 

パタヤのホテル予約について

今回はパタヤにおけるおすすめホテルをエリア別に11つ紹介した。実際に宿泊した事のあるホテルの数はこの3~4倍以上になる。その中から値段に相応しい、もしくはそれ以上の満足だった上位ホテルを選び、紹介している。

ホテルを安く予約するためには、予約の時期もきちんと考えなければならない。同じホテル、同じサービス、同じ日の宿泊でも予約の時期によって大きく値段が変わるからだ。理想としては1ヶ月から1週間前ぐらいに値段をチェックするのが良いだろう。日本の長期休み前はもう少し早めに予約した方が良いかもしれない。

また、ホテルの予約はホテルのホームページよりもホテル予約サイトからの方が良い。なぜなら、ホテル予約サイトへ掲載されているホテルは、自身のホームページでは予約サイト以下の値段にしてはいけないといった決まりがあるからだ。ホテル予約サイトは予約時の手数料で儲けているので、予約されなければ手数料を得ることが出来ない。ホテルのホームページの値段を安くされると、そちらへの誘導(無料の宣伝)に使うホテルも出て来てしまうだろう。従って、ホテル予約サイトからの予約が無難である。

 

Expediaのクーポンを使えばホテルは7%以上の割引

上記ホテルを予約する際、Expediaのクーポンを使うことで最安値から更に7%以上安くホテルへ泊まる事が出来る。クーポンは下記リンク先から取得出来る。

>>> エクスペディアのクーポン・コード取得方法

上記リンクからクーポンを取得する(英数字のコードをコピーし、予約決済時に入力する)。Expediaで取り扱いのあるホテルなら格安ホテルでも7%以上の割引が可能である。ホテルへ最も安く泊まりたいなら、最低価格保証付きリンクから予約を行った方が良いだろう。

 

パタヤ初心者はお気に入りのホテルもまだ見つかっていないかと思うが、ホテル選びは一度悩むと結果は同じにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに決めるべきかと思う。

次回以降は自身の好みを反映させた上で、リピートするか新しいホテルを開拓するか判断すべきだ。

 



スポンサーリンク

2 件のコメント

  • パタヤは言行った事ないですが、行く予定なんで参考にさせてもらいやす\(^o^)/

    あざーす(*  ´﹃`*)

    にしても読みやすいブログっすねぇ~ん(*´∀`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    付利意雷布亜(フリーライファー)

    東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイや周辺国のお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。