チェンマイ観光をする前に知っておきたいこと

チェンマイ観光における旅行代理店

 

チェンマイを観光する際に予め考えておかなければならないこととして市内もしくは市外からの移動手段がある。チェンマイにはバンコクにはある地下鉄といった都市交通がない。従って、チェンマイでの観光を考え、ホテルなどの拠点を決めるためにもエリアごとの特徴は知っておいた方が良い

また、旅行費用の点でも、日本からチェンマイ、タイ国内での移動、及びチェンマイ市内の移動、及びホテルについて大きな差がつく部分である。この費用を抑える方法を知らないと、高めの料金を支払ってしまうなど、損することが多くなってしまう。

 

この記事では、チェンマイ旅行者がより充実し、コストパフォーマンス良く観光できるように、

▶ チェンマイ観光地図とチェンマイにおける主要エリアの特徴
▶ チェンマイにおけるツアーや移動で損しないために知っておくべきこと

に加え

▶ チェンマイのおすすめホテル

について詳しく紹介していきたいと思う。

 

チェンマイ観光地図と主要エリアの特徴について

チェンマイ旅行へ行く前に知っておくべきエリアとしては

1.チェンマイ旧市街
2.ターペー門
3.ニマンヘミン通り
4.チャンクラン通り

に加え、夜遊びスポットとして

5.ロイ・クロー通り

がある。

チェンマイ観光地図
©OpenStreetMap contributorsより

 

チェンマイは郊外にも観光スポットが多く、周辺エリアへ移動してアクティブに活動しても良いだろう。

チェンマイ観光「ドイ・ステープ」
市街地から郊外に出た場所にあるワット・ドイ・ステープ

 

特に訪れる場所が決まっていなかったり、短期旅行でチェンマイの観光をのんびり効率的に楽しみたいなら西はニマンヘミン通り、東はチャンクラン通りまでの中心地への滞在をおすすめしたい。チェンマイは無理に郊外へ行かなくとも、このエリアに滞在するだけで、十分楽しむことが出来る。

 

チェンマイ旧市街

チェンマイ観光「チャーンプアック門」
旧市街を囲むお堀と旧市街北にあるチャーンプアック門

 

1辺が約1.8kmのお堀と道路に囲まれたエリアで、チェンマイ観光の中心地とも言える場所である。旧市街には遺跡、お寺やホテルにレストラン等、観光客向けのスポットも多い。

チェンマイ観光・ワット・チェディルアン(Wat Chedi Luang)
ワット・チェディルアン(Wat Chedi Luang)

 

チェンマイ観光では旧市街内を中心に回り、それにプラスして何回か郊外へ出れば満足出来るはずだ。

 

ターペー門

チェンマイ観光「ターペー門」

ターペー門は旧市街の東にある門である。ターペー門周辺はマーケットやマッサージ店、バー、薬局等多数の店が集まっている。滞在場所としても便利なエリアである。

 

チェンマイ観光「ターペー門」
ターペー門・旧市街外の周辺エリア

 

また、ターペー門から旧市街へ伸びる中心の通りでは、毎週日曜日にサンデーマーケットが開催され、観光客だけでなく地元の人達でも毎回賑わっている。

チェンマイ・サンデーマーケット
サンデーマーケット

 

旧市街を囲むお堀にはいくつかこうした門があるが、ターペー門周辺が最も利便性が高い。下記で紹介する繁華街「ロイ・クロー通り」にも近いため、夜遊び目的の男性にもおすすめのエリアである。

 

ニマンヘミン通り

チェンマイ・ニマンヘミン通り

ニマンヘミン通りは外国人旅行者に人気のオシャレな通りである。プリンセスマザーメモリアルパーク(Princess Mother Memorial Park)よりも北側のニマンヘミン通りにレストランやカフェ、雑貨屋などが集まっている。

近くにはチェンマイ大学もある。中国映画に登場したチェンマイ大学は中国人の観光スポットとなっている。

 

レストランは現地タイ料理の他、インターナショナルなものだったり、創作料理など地元セレブも通うクオリティが高い店も多い。

チェンマイのレストラン「esan cafe」

チェンマイのレストラン「esan cafe」
ニマンヘミン通り沿いのカフェレストラン「ESAN CAFE」。肉料理の他、生姜のきいた炊き込みご飯が美味しい。

 

チェンマイのレストラン「THE SALAD CONCEPT(ザ・サラダ・コンセプト)」

チェンマイのレストラン「THE SALAD CONCEPT(ザ・サラダ・コンセプト)」
レストラン「THE SALAD CONCEPT(ザ・サラダ・コンセプト)」。ニマンヘミン通り沿いソイ13の角の他、チェンマイ市内の他でもチェーン展開している。低糖質だったり、健康に気を使った料理も多く、値段もお手頃。

 

旧市街地からは少し離れるが、ニマンヘミン通りエリアは食を中心に充実したエリアである。特に、カップルだったり、女性が滞在する場所としておすすめだ。

チェンマイ・ニマンヘミン通り
夜のニマンヘミン通り

 

チャンクラン通り

チェンマイ・チャンクラン通り

チャンクラン通りは旧市街から更に東へ進んだ場所にある大通りである。通り沿いには外国人観光客向けのファーストフード店やレストラン、マッサージ屋等が数多く並び、利便性も高い。

チャンクラン通り沿いでは、夕方から夜の間、垂直方向に通るスリドンチャイ通り(Sridonchai Road)まで、小さな露店が出店しており賑やかになっている。

 

チェンマイ・チャンクラン通りの露店
夜のチャンクラン通りに並ぶ露店

 

チャンクラン通り沿いに入口のあるアヌサーン市場にも、雑貨や食べ物の屋台が並んでいる。

チェンマイ・アヌサーン市場
アヌサーン市場

 

また、チャンクラン通りから旧市街へ向かうロイ・クロー通り(Loi Kroh Road)はチェンマイいちの繁華街となっている。昼から夜まで、一日中楽しむことが出来るエリアと言えるだろう。

 

ロイ・クロー通り

チェンマイ・ロイクロー通り

ロイ・クロー通りはマッサージの他、夜になればバービアといった日本で言えばガールズバーのような店が数多く並ぶ通りである。男性向けの夜遊びを楽しむのであれば、この通りが中心になる。

チャンクラン通り南に並ぶカラオケやコヨーテバーと言われるような店ではボッタくりの報告も度々されているが、ロイ・クロー通りではこうした店を聞いたことが無い。安心して遊ぶことが出来るだろう。

 

チェンマイで夜遊びを楽しみたいと思っている人は下記記事も必読である。

チェンマイで夜遊びをする前に知っておくべき料金や地図、ボッタクリなどの注意点を述べる
ロイ・クロー通り沿いにあるバービアが多数入居する建物。   チェンマイにおける夜遊びとしては ▶ バービア ▶ ゴーゴーバー ▶ カラオケ(日本人向けカラオケ、ローカル ...

 

チェンマイにおけるツアーや移動で損しないために知っておくべきこと

旅行における主な出費は、チェンマイに限らず、ホテルなどの宿泊費や食費、夜遊びする人は夜遊び代の他、移動費も大きくなる。

 

チェンマイでの移動及びチェンマイへ行くまでの移動を大きく分けると

1.現地のツアー費
2.チェンマイ国際空港ーチェンマイ市内、チェンマイ市内の移動
3.バンコクーチェンマイといったタイ国内の移動
4.日本からチェンマイへの飛行機による移動

以上の4つは経験する人も多いだろう。

下記ではこうした移動で損しない方法を詳しく述べていきたいと思う。

 

チェンマイの現地ツアー

チェンマイの現地ツアー

チェンマイには郊外での象乗りやイーグルトラックといったジャングルの中をロープで吊るされて降りるアクティビティーの他、首長族の住む村を回るツアー、世界最大の麻薬・覚醒剤密造地帯であったゴールデン・トライアングルを1日で周るツアーもある。

 

こうしたオプショナルツアーは市内にある旅行代理店での予約も出来る。

チェンマイの現地ツアーの旅行代理店
チェンマイ市内の旅行代理店

 

しかし、相場がわかっていないと、高めのオプション等を付けられる恐れもある。また、旅行代理店によっては、利益率が高い、希望とは別のツアーを強引に勧めてきたりする。その場で勧められると悪くないと思ってしまったり、断りにくいという人もいるだろう。

こうしたリスクを考えるなら、ネットで予め予約した方が良い。下記の予約サイトは現地アーも豊富なので希望にあったものも見つかるはずだ。

>>> チェンマイの現地ツアー

トゥクトゥク等を1日貸し切って、個人でパッケージを組むことも出来る。しかし、ネット予約が可能な現地ツアーを利用した方が良い。値段が安いだけでなく、効率良くチェンマイ観光も楽しめる。料金も明確で日本語ガイドが付いたツアーもあるからだ。

言葉に不安のある人は特に、日本語でツアー内容の正確な把握をしておいた方が良いだろう。

 

チェンマイ国際空港ーチェンマイ市内、チェンマイ市内の移動

チェンマイにはバンコクにあるようなBTS(バンコク・スカイトレイン)や地下鉄が通っていない。従って、車やバイクでの移動になるが、基本的には交渉性となる。

ここで損しないためには予めチェンマイにおける移動の相場を抑えて奥必要があるだろう。

 

空港ーチェンマイ市内の移動

チェンマイ国際空港から市内への移動方法としては、

▶ RTCチェンマイ・スマート・バス
▶ タクシー
▶ シャトルバス

が主流となっている。

 

空港含む市内のルートを走るRTCチェンマイ・スマート・バスは空港からニマンヘミン通り、旧市街周辺ルートを回る路線バスである。30バーツ(約100円)で空港から市内、市内から空港に行くことが出来る。

タクシーは場所にもよるが旧市街なら200バーツ程度で、大型車(ワゴン車)の場合は250バーツ程度になる。グループで移動する場合はタクシーでも良いだろう。

RTCチェンマイ・スマート・バス及びタクシーは1番出口(Exit 1)に乗り場がある。

チェンマイ国際空港のRTCチェンマイ・スマート・バス
チェンマイ国際空港のRTCチェンマイ・スマート・バス乗り場

 

シャトルバスはチェンマイ国際空港の国際線ターミナル9番出口(Exit 9)にチケット販売ブースがある。

チェンマイ国際空港・市内へのシャトルバス
シャトルバス販売ブース

 

チェンマイ国際空港からのシャトルバス
シャトルバス。大型バスではなく、ワゴン車である。

シャトルバスの料金はチェンマイの旧市街周辺までなら40バーツ。

チェンマイ国際空港から市内への移動について更に詳しくは下記記事を参考に。

チャンマイ国際空港から市内への移動、市内から空港へ行く方法をわかりやすく紹介する
チャンマイ国際空港へ到着し、荷物のピックアップエリアを抜けると、旅行代理店やタクシー予約ブースが並んぶ空港1階到着ロビーに出る。到着ロビーから空港建物外へ出てしまうと荷物検査なしに空港建物内へ再入場できなくなる。空港内の方が...

 

旧市街からチェンマイ国際空港までなら、市内ならどこでも捕まえやすいトゥクトゥクが便利だろう。トゥクトゥクは3輪の車で、お寺など市内を周るにも便利な乗り物である。

チェンマイのトゥクトゥク
トゥクトゥク

 

値段は交渉姓だが、150~200バーツになる。旧市街周辺から空港までで200バーツ以上要求されたら高いと思った方が良い。値段を下げてくれるかどうかはドライバーにもよる。少しでも節約したい場合で、時間があるなら、別のトゥクトゥクを捕まえて交渉した方が良いだろう。

 

チェンマイ市内の移動

チェンマイ市内の移動は、主にトゥクトゥクとソンテウになる。

チェンマイのドイ・ステープ行きソンテウ
ソンテウ

 

トゥクトゥクは短い距離なら40バーツ~、60バーツだせば旧市街地の端から端まで行ってくれる。もちろん、交渉制なので必ずではない。距離にも比例するが40バーツから交渉しよう。

チャンクラン通り、ロイ・クロー通りといった繁華街沿いのトゥクトゥクは高めの値段をふっかけてくるが、ニマンヘミン通りーチャンクラン通りまでも100バーツでの移動が可能である。

 

それなりに距離がある場合は、途中別の客を拾ったり遠回りになるが、流しのソンテウ(停車しているソンテウではなく、道路を走っている)の方が安くなる事も多い。ソンテウ定期ルートだと旧市街の端から端なら20バーツである。多少距離が離れていても100バーツでOKしてくれる。

トゥクトゥクは観光客向けの乗り物になるが、ソンテウは地元タイ人も良く利用するため、観光客でもお得な値段で妥協してくれるのかと思う。

 

チェンマイの人気観光スポットであるドイ・ステープ行きソンテウも旧市街の北門・チャーンプアック門周辺から出ている。

チェンマイ・ドイ・ステープ行きソンテウ乗り場
片道50バーツ。往復で100バーツとなっている。ドイ・ステープ行きソンテウは人数が集まったら出発する。

 

チェンマイはレンタルバイクも安いのでおすすめである。バイクは1日150バーツ~借りる事が出来る。ビッグスクーターでも1日400バーツ~。レンタルバイク屋は市内の至る所で営業している。

チェンマイのレンタルバイク屋
レンタルバイク屋

 

バイクを借りるには、パスポートのコピーかデポジットとして3000バーツ~(金額は店によって異なる)を預ける事が必要になる。警察に見つかれば罰金となるので、時間があるなら日本で国際免許証は取得しておいた方が良いだろう。


国際免許証

 

その他、チェンマイにはレンタル自転車のサービスもある。チェンマイも年中温暖な気候で30℃を越える日も多い。ただ、旧市街は1辺が1.8km程度なので、旧市街周辺を回るだけなら自転車でも十分だろう。

 

バンコクーチェンマイといったタイ国内の移動

エアアジアの航空機
エアアジア

 

チェンマイへ旅行に来る人の中にはバンコクなど他の都市とセットにして訪れる人も多い。チェンマイはバックパッカーにも人気の都市なので、こうしたタイもしくはタイ周辺国を回る際に滞在する人もいる。

周辺都市からチェンマイの場合、価格を抑えたいなら長距離バスや電車がおすすめである。チェンマイより北にある都市チェンライへ行くにもバスで良いだろう。チェンマイからチェンライへの行き方については下記記事を参考に。

チェンマイからチェンライへの行き方をわかりやすく紹介したいと思う
チェンマイからチェンライまでを結ぶ高速バス「グリーンバス」 チェンライはチェンマイよりも更に北にあるタイ北部の街で、ミャンマーやラオスの国境にも近い。ミャンマーやラオスへ行く人や、ミャンマー、ラオスから来た人がチェンマイへ...

 

ただ、短期旅行だったり、効率的にタイ旅行を楽しみたい人、子供連れの家族旅行の場合などはLCCを使った方が良い。チェンマイからチェンマイまでは距離的にも近く、バスでも3時間程度だが、バンコクからチェンマイまではバスだと半日はかかる。疲労も残るため、効率良く観光したい人には不向きである。

LCCは時期にもよるが、片道で3000円程度、往復でも1万円はかからない。バンコクーチェンマイ間のLCCであればエアアジアの他、ベトジェットやノックエアーなどがある。

>>> 最安値航空券検索サイト

LCCは長距離バスや電車と比べても、費用的に大きな違いはない。長距離バスや電車を選択する特別な理由が無ければ迷わずLCCを選んだ方が良いだろう。

 

タイ国内を飛ぶLCCのおかげでここ数年チェンマイを含めたタイの地方都市への観光はぐっと楽になったように思える。タイで就航するLCCについては下記記事を参考に。

タイ旅行でLCCを使う人に向け、最安値で行く方法を紹介する
LCCはローコストキャリア(low-cost carrier)の略で、格安航空会社を指す言葉である。座席の間隔を狭くし、一度に乗せる事ができる乗客数を増やしたり、機内サービスや委託荷物を有料とするなどをして、より安く航空券を...

 

日本からチェンマイへの飛行機による移動

チェンマイへ最も安く行く方法は航空券とホテルをセットで予約するツアーである。航空券とホテル(2日以上の宿泊)のセット予約でツアーという形に出来るのだが、航空券代・ホテル代に割引が適用されるようになっている。

ちなみに、ツアーといっても添乗員が付くわけではない。個人の自由旅行でも、ツアー割引が適用される旅行代理店サイトを使えば、航空券+ホテル(2泊以上)の予約で割引を受けることが出来る。

 

予約時、全日程同じホテルに宿泊「しない」場合は「航空券と別の日付でホテルを予約」にチェックを入れ、最低2泊分予約しなければならない。

チェンマイ旅行をエクスペディアで予約

 

下記は日本語にも対応している航空券予約サイトなので、旅行日程中キャンセルや予定変更が生じそうな人にもおすすめである。日本語のサポートセンターもある。

>>> 航空券とホテルをセットで予約するツアー予約サイト

 

予約する日は出発日より1ヶ月から2ヶ月前ぐらいが理想である。このぐらいの時期だと、直通便が安くなるからだ。経由便であれば3日前でも格安航空券は出て来る。

日本からタイへの格安航空券の予約方法については下記記事も参考に。

タイへの格安航空券を最安値で買う方法
タイへの格安航空券を最も安く買いたいなら、ネットで予約すべきである。電話や店頭、空港ブースで予約すると別途数千円以上の手数料がかかる。もちろん、サービスや保証でも両者に差はない。 ネットでタイへの格安航空券を購入する場...

 

チェンマイのおすすめホテル

チェンマイは全体的に物価が安い。ホテルも同様であり、便利なエリアにあるそれなりに質の高いホテルにも安く泊まる事が出来る。

そんなチェンマイのホテルの中でも

>>> 繁華街近くにあり、昼の観光から夜の観光までも楽しめる大型ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ニマンヘミン通りエリアにあるオシャレな準高級ホテル(最低価格保証付きリンク)

以上のホテル2つはおすすめである。

この2つのホテルに加え、よりお得にホテルへ泊まる方法として、割引クーポンを紹介していく。

 

インペリアル・メー・ピン・ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)

チェンマイのホテル「インペリアル・メー・ピン・ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)」

インペリアル・メー・ピン・ホテルはチェンクラン通りやロイ・クロー通りといった繁華街に近く、夜も昼も楽しみたい人に最適なホテルである。

ホテルの回りはバービアと呼ばれる日本で言えばガールズバーのような店の密集地帯となっている。

 

チェンマイのバービア
チェンマイのバービア街

 

チェンマイのホテル「インペリアル・メー・ピン・ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)」受付
ホテル受付

 

チェンマイのホテル「インペリアル・メー・ピン・ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)の部屋

チェンマイのホテル「インペリアル・メー・ピン・ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)の部屋
部屋は決して新しくないが、キレイで広々としている。WiFiも速く安定している。

 

チェンマイのホテル「インペリアル・メー・ピン・ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)の洗面所
洗面所

 

チェンマイのホテル「インペリアル・メー・ピン・ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)のバスタブ
バスタブ付きなので、お風呂の時間を楽しむ事も出来る。

 

チェンマイのホテル「インペリアル・メー・ピン・ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)からの景色
部屋からの景色。部屋の場所にもよるが窓からはマッサージ屋が並ぶカンペーンディン通りが見える。

 

周辺エリアは様々なお店が集まるチャンクラン通りや繁華街のロイ・クロー通りもあり、立地的にも便利なホテルだ。にも関わらず、格安ホテル並に安く泊まれる時期もある。
正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> インペリアル・メー・ピン・ホテル(格安ホテル予約サイト)

JF(連れ込み料)は無料なので、1人分の料金で2人まで宿泊する事が出来る。

立地が良いからか、中国系の団体客も多く、時期によっては満室になってしまうこともある。上記ホテル予約サイトはキャンセル料がタダなので、日程が決まったら、予約は早めにした方が良いだろう。

 

デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)

チェンマイのホテル「デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)」

デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテルはニマンヘミン通りエリアにある準高級ホテルである。徒歩圏内には多数のレストランやカフェがあり、滞在に便利な場所にある。

 

チェンマイのホテル「デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)」受付
ホテル受付。チェックイン時デポジットとして、クレジットカードもしくは1000バーツの現金が必要になる。

 

チェンマイのホテル「デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)」部屋

チェンマイのホテル「デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)」ベッド

チェンマイのホテル「デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)」机、ソファー
部屋は機能的で十分な広さがある。WiFiは十分に速かった。

 

チェンマイのホテル「デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)」洗面所
洗面所

 

チェンマイのホテル「デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)」トイレ、バスタブ
トイレとバスタブ。

 

トレーニングルームの他、屋上にはプールもあり、ホテル内の設備もひと通り揃っている。

チェンマイのホテル「デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(De Chai The Oriental Hotel)」プール
プール

 

ニマンヘミン通りはチェンマイ大学の他、チェンマイ動物園にも近い。このエリアでは、レストランやカフェを中心に様々なショップが営業しているしているので、チェンマイ滞在時にはここを拠点にしても良いだろう。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> デ・チャイ・ザ・オリエンタル・ホテル(格安ホテル予約サイト)

JF(連れ込み料)は無料なので、1人分の料金で2人まで宿泊する事が出来る。

繁華街からは離れた落ち着いたエリアであり、リゾート気分を味わえるオシャレなホテルなので、カップルの利用にもおすすめである。

 

チェンマイにあるホテル全てを比較したいという人は下記リンク先を参考に。

>>> チェンマイにあるホテルの比較

 

チェンマイはバンコクのような高層ビルといった都会的な景観を持たないが、他の地方都市にはない独特な雰囲気もあり、日本人を含めた外国人観光客にも人気の都市である。市街地及び周辺エリアには豊富な観光資源もあり、洗練され独自性のある都市文化の中で満足のいく時間を過ごすことが出来るはずだ。

コメント