ミャンマー・ビザのオンライン申請とビザの取得方法をわかりやすく述べていく

ミャンマーの入国審査で必要になるビザ

 

2018年10月1日からは日本国籍を持つ日本人についてビザが免除されるようになった。

日本人であればビザを取得せず、パスポートと航空券及び1人1000ドル(約11.4万円)相当の現金(もしくはクレジットカードなどの提示)で入国が可能である。1000ドルの現金については提示を求められないとも言われている。しかし、入国を拒否されないためにも、念のため持参した方が良いだろう。

ちなみにパスポートは

1.入国時に6ヶ月以上の有効期限
2.ビザ捺印用ページが2ページ以上

残っていることが必要だ。パスポートの有効期間が少ない場合、予めパスポートの更新をした上で、渡航した方が良いだろう。ビザなしでの入国による最大滞在日数は30日である。

ビザ免除は首都ネピドーとヤンゴン、第2の都市マンダレーの空港のほか、ヤンゴン港、タイとの国境4カ所である。それ以外の場所から入国する場合、ビザ免除には対応していない。

 

ミャンマー観光が初めてという人は下記記事を必読である。

ミャンマーへ観光に行く人が絶対知っておくべきこと【ミャンマー・ガイドブック】
ミャンマーへ観光に行こうと思っている人に向け、基礎情報からミャンマーのおすすめ観光プラン、ミャンマーを観光する上で知っておくべきこととして「ビザの申請方法」「ミャンマーの通貨・チャットへの両替方法」「移動手段」「気候、服装」「治安」を含み、格安でミャンマー旅行する方法についても詳しく紹介していきたいと思う。

ガイドブックよりもまとまっているので代わりに読んでおいた方が良いだろう。

 

ビザ免除は2018年10月1日から1年間とされている。もちろん、延長及び恒久化の可能性もある。

この記事では2018年10月1日まで必要であったミャンマー・ビザのオンライン申請における

▶ ビザ申請における記入部分の英語翻訳とその説明

▶ ビザ料金の支払方法

▶ ビザ申請の進捗状況とレターの発行から入国

までの流れをわかりやすく紹介していく。これからミャンマーでの観光やビジネスを予定している人は是非一読しておいてほしい。

 

注意点は下記でも詳しく述べていくが、承認レターが発行されるまでに3営業日はかかる。自分が申請を出した時は翌日に承認レターがメールに添付して届いた。また、レターの発行から90日以内にミャンマーへ入国しなければならない。ビザの申請は早めに行うべきだが、渡航が90日以上先の場合は申請しても無効になってしまう事は頭へと入れておいてほしい。

 

ミャンマー・ビザのオンライン申請方法

まずは新規申請ページへと飛ぶ。

>>> http://evisa.moip.gov.mm/NewApplication.aspx#

ミャンマーのビザ申請 myanmar-visa-new-application-airport-land

 

▶ ビザのタイプ
観光でミャンマーへ行く場合は「TOURIST VISA[USD-50.00]」を選択

 

▶ 国籍
日本なら「JAPAN」を選択

 

▶ 到着空港、陸路
ヤンゴン国際空港なら「YANGON INTERNATIONAL AIRPORT」
マンダレー国際空港なら「MANDALAY INTERNATIONAL AIRPORT」
ネピドー国際空港なら「NAY PYI TAW INTERNATIONAL AIRPORT」
を選択する。

 

タイのメーサイからミャンマーのタチレクなど、タイから陸路でミャンマーへ入国する場合もオンライン申請で可能になっている。

タチレク「TACHILEIK LAND BORDVER CHECKPOINT」
ミャワディ「MYAWADDY LAND BORDER CHECK POINT」
カウサン「KAWTHAUNG LAND BORDER CHECK POINT」

 

▶ 下記にある画像の大文字と小文字のアルファベットを入力する

以上を入力したら一番下にある青いボタン「Continue」をクリックする。

 

次に下記のような同意を求める画面が出てくる。

myanmar-visa-consent-form-terms-and-conditions

※上記英文は変更される可能性があるので、必ずご自身で原文を読んだ上で同意して下さい。誤訳により何か問題が生じても、こちらは責任を取れません。

 

外国人が海外で入国する際に求められる基本的な事である。

ポイントとしては申請後に「承認レター」が次のページで入力したメールアドレス宛にデジタルで送付され、その承認レター発行には3営業日(ミャンマーにおける営業日)かかるという点、発行から90日以内にミャンマーへ入国しなければならないという点だろう。

メールに添付された承認レターはコピーする必要がある。また、申請書の不備等で再提出が必要になるケースもあるかと思う。

自分は翌日に承認レターが届いたが、遅くともミャンマーへの渡航1週間前には申請した方が良いかもしれない。

 

申請が却下されるケースは過去に国内外で犯罪歴があったり、関係国から出国を禁止されている人の場合とされる。申請時の記入不備以外で申請が却下されても理由は教えてもらえない。

 

同意する場合は「I Agree」を押す。

 

次にビザを取得したい人の詳細な情報を求められる。

myanmar-visa-new-application-personal-infomation-form
myanmar-visa-new-application personal infomation form child

※上記欄は変更される可能性があるので、必ずご自身で原文を読んだ上で同意して下さい。誤訳により何か問題が生じてもこちらは責任を取れません。

 

こういった入力フォームに慣れていない人のために間違えやすい点を補足すると

▶ 氏名
パスポートの記載通り(同じアルファベット)で記述する。パスポートでは姓→名と行が変わっているが、同列に姓名の順番での記載で問題無かった。

 

▶ 誕生日
日本とは違い、日、月、年となる。例えば、1990年12月1日生まれなら、01/12(DECEMBER)/1990となる。海外では日、月、年の順に記載する国が多い。

 

▶ 職業
具体的に記入しなくとも、相手のわかる範囲で良いかと思う。会社員ならそのまま「Office Worker」、個人事業主(自営業)なら「self employed」、学生なら「Student」で良いだろう。もちろん、具体的に仕事の業種を英語にして記入しても問題無いかと思う。

 

▶ 本籍住所
間違えやすいが「現住所」ではなくてパスポート申請時に記入した「本籍住所」である。

住所の英語化がわからない人は日本語住所を英語表記に変換するWebサービスが便利である。

>>> JuDress

 

▶ 宿泊場所の住所
ホテル予約表に記載があるかと思うので、そちらを記入する形で問題無い。旅行サイトから予約した場合、市区などの記載が無いサイトが多い。市や区まできちんと英語による記載があるエクスペディアの住所が正確であるしわかりやすいかと思う。

複数のホテルへ宿泊予定なら初日のホテルの住所だけで良いだろう。

 

▶ 電話番号
+81(日本の国番号)を付けて、最初の0を取った番号を記載するのが一般的である。
例)「03-1234-5678」の場合⇒「+81 312345678」

携帯電話等プッシュ式電話の場合、国際電話識別番号の代わりに「+」を押す事で代用できる。スマートフォンであれば「0」を長押しすると「+」になるので、「+81」から始まる番号でも電話をかける事が出来る。

 

▶ パッケージツアーの場合
添乗員を伴うようなパッケージツアーの場合のみ、旅行代理店の名称や連絡先の記載も必要になる。

 

ミャンマー・ビザ申請時の写真

これらのフォームの記入に加えて、ビザ申請時には自身の写真をアップロードしなければならない。縦、横サイズの指定はあるが、運転免許証等の顔写真をスキャナーで取り込んだ後に合わせれば問題無いかと思う。縦4.6cm×横3.8cm。23:19の比率で写真をアップロードしたらサイズは最適化された。

もちろん、出来ればビザ申請用にデジタル写真を用意した方が良いだろう。

 

ダメな例の記載も表示されている。

Myanmar-visa new application pic

項目を記入し、写真をアップロードしたら一番下にある青いボタン「Continue」をクリックする。確認画面が出てくるので間違いがなければ下にある青いボタン「confirm(確認)」をクリックしてビザ代の支払い画面へ進む。

 

記入事項を間違えた事に気がついたら、戻って修正しよう。もし間違いがあり、現地でビザの申請時に修正しなければ虚偽の申請となってしまう。この場合、以後の入国に影響を及ぼす可能性があるので注意しようFAQの36を参考に)。

 

ビザ料金の支払い

ミャンマーにおける観光ビザ代は50ドルで支払はクレジットカード(VISAやMasterCardの他、JCBやアメリカンエキスプレスも可能)である。支払うクレジットカード会社を選択し名前、カード番号、セキュリティコードを入力する。クレジットカードが無い人は予め作成し、クレジットカードが作れない人はデビットカードを用意しなければならないだろう。

 

ミャンマービザのクレジットカードによる支払い myanmar-visa-new-application-credit-card-payment

「重複して支払っても払い戻しが出来ない」という規約にチェックを入れた後、支払いに使うクレジットカードにチェックを入れる。

 

クレジットカードでの支払いはネットショッピングと同様である。ただ、JCBカードだと、支払いを代行している銀行の画面でカード番号を入れると、JCB J/Secureのパスワードを求められる場合がある。JCB J/Secureのパスワードを求められるかどうかは同じJCBでもカードによって異なる。求められた場合、JCB J/Secureのパスワードを用意、もしくは設定していない人はクレジットカードの管理画面からこれを設定しないと支払いが出来ない。

 

myanmar-visa-new-application-credit-card-payment-jcb-j-secure

上記のパスワード部分にJCB J/Secureのパスワードを入力する。

 

支払いが無事終わると、名前と国籍、パスポート番号に申請番号(Application Number)と支払参照番号(Payment Reference Number)が発行され、記入したメールアドレス宛に「eVisa – Visa Application Acknowledgement」の題名でメールが届く。

 

1時間以内にメールがとどかない場合はこれら番号を記載の上連絡する必要がある(下記赤枠の英文部分)。

 

myanmar-visa-new-application-payment-complete-letter

 

ビザ申請の進捗状況とレターの発行からミャンマー入国

届いたメールにも申請番号と支払参照番号の記載があり、進捗状況のページで現状を知ることが出来る。

myanmar-visa new application status
申請処理中の場合は上記のように「Under Processing」の文字が出る。3営業日以内が目安となる。

 

数日後「eVisa – Your Visa Application Result」という題名で、観光ビザの場合は「Tourist Visa Approval Letter to Myanmar」がメールに添付された形で送られてくる。

Myanmar Tourist Visa Approval Letter

後はこちらをコピーしてパスポートと一緒に入国審査時に渡すだけで良い。ビザはパスポートにハンコを押される形で発行される。

ビザの発行と言っても通常の入国と同様に簡単になされるので少々拍子抜けするかもしれないが、規約にはきちんと目を通してルールは守るようにしよう。

 

ちなみに入国の際、パスポートは

▶ 入国時に6ヶ月以上の有効期限
▶ ビザ捺印用 ページが2ページ以上

残っていることが条件となる。

このビザにより滞在可能な期間は最長28日となっている。

 

ミャンマーのビザに関する問い合わせ先

入国審査についてはルールに基づきなされる。場合によっては入国審査官の裁量で入国の可否について決められることもあるだろう。

申請時の記入の間違いやその他の事柄についての対応は、このサイトの運営者はもちろん、日本のビザ取得代行業者に聞いても判断できない。ビザに関する問い合わせは下記ページがオフィシャルになっている。

Myanmar eVisa (Official Government Website)
Myanmar eVisa(Official Government Website)

※英語もしくはミャンマー語で問い合わせた方が良い。

 

在日ミャンマー大使館でもビザの発給がなされている。

Welcome to the Myanmar Embassy, Tokyo

トップページに問い合わせ先としてメールアドレスと電話番号の記載がある。

詳しいことはこちらで聞いた方がより正確である。

 

ミャンマーのアライバル・ビザ

ヤンゴン国際空港・アライバルビザ
アライバルビザのブース。勘違いしている人もいるが、事前にビザの申請をし、レターを発行した人は並ぶ必要がない。

 

ヤンゴン国際空港には入国審査の前のフロアにアライバル・ビザ(到着時に発行してくれるビザ)の申請ブースがある。オンライン申請をしなくともここで申請が出来るが基本的におすすめ出来ない。ビザの申請が通らなかった場合、入国できずにミャンマーから出国しなければならなくなるからだ。

また、空路でミャンマーへ入国する場合、空港での航空会社へのチェックイン時に、このレターの提示を求められる。レターを持っていないと、航空会社のスタッフから当日の帰りの航空券の購入を求められたり、同意書などにサインを求められる。英語などが出来なくて意思の疎通が難しい人にはこの点でも面倒なことになるだろう。

加えて、入国が許可されなかった場合、帰りの航空券を購入して帰国もしくは第三国へ出国しなければならず、渡航費用が無駄になってしまう。

従って、ミャンマーへの入国の際には事前にオンライン申請をしておく事をおすすめしたい。

 

ミャンマー観光が初めてという人は下記記事も必読である。

ミャンマーへ観光に行く人が絶対知っておくべきこと【ミャンマー・ガイドブック】
ミャンマーへ観光に行こうと思っている人に向け、基礎情報からミャンマーのおすすめ観光プラン、ミャンマーを観光する上で知っておくべきこととして「ビザの申請方法」「ミャンマーの通貨・チャットへの両替方法」「移動手段」「気候、服装」「治安」を含み、格安でミャンマー旅行する方法についても詳しく紹介していきたいと思う。

ガイドブックよりもまとまっているので代わりに読んでおいた方が良いだろう。