ミャンマー・ビザのオンライン申請とビザの取得方法をわかりやすく述べていく

ミャンマーの入国審査で必要になるビザ

日本国籍所有者はミャンマーへの入国の際にはパスポートの他にビザが必要である。観光、ビジネスに限らず必要になってくるこのビザは2014年9月からオンラインで申請を行えるようになった。以前まではかなり面倒だったこのビザの申請も、オンラインだと必要な公的書類の提出が無くなっている。現地空港での入国審査も、ビザ申請後に送られてくるレターをコピーし入国審査時に渡すだけなので非常に簡単だ。

 

この記事ではミャンマー・ビザのオンライン申請における

▶ ビザ申請における記入部分の英語翻訳とその説明
▶ ビザ料金の支払方法
▶ ビザ申請の進捗状況とレターの発行から入国

までの流れをわかりやすく紹介していく。これからミャンマーでの観光やビジネスを予定している人は是非一読しておいてほしい。

注意点は下記でも詳しく述べていくが、承認レターが発行されるまでに3営業日はかかる(自分が申請を出した時は翌日に承認レターがメールに添付して届いた。)。また、レターの発行から90日以内にミャンマーへ入国しなければならない。

ビザの申請は早めに行うべきだが、渡航が90日以上先の場合は申請しても無効になってしまう事は頭へと入れておいてほしい。

 

ミャンマー・ビザのオンライン申請方法

まずは新規申請ページへと飛ぶ。

>>> http://evisa.moip.gov.mm/NewApplication.aspx#

ミャンマーのビザ申請 myanmar-visa-new-application-airport-land

▶ ビザのタイプ
観光でミャンマーへ行く場合は「TOURIST VISA[USD-50.00]」を選択

▶ 国籍
日本なら「JAPAN」を選択

▶ 到着空港、陸路
ヤンゴン国際空港なら「YANGON INTERNATIONAL AIRPORT」
マンダレー国際空港なら「MANDALAY INTERNATIONAL AIRPORT」
ネピドー国際空港なら「NAY PYI TAW INTERNATIONAL AIRPORT」
を選択する。

タイのメーサイからミャンマーのタチレクなど、タイから陸路でミャンマーへ入国する場合もオンライン申請で可能になっている。

タチレク「TACHILEIK LAND BORDVER CHECKPOINT」
ミャワディ「MYAWADDY LAND BORDER CHECK POINT」
カウサン「KAWTHAUNG LAND BORDER CHECK POINT」

▶ 下記にある画像の大文字と小文字のアルファベットを入力する

以上を入力したら一番下にある青いボタン「Continue」をクリックする。

 

次に下記のような同意を求める画面が出てくる。

myanmar-visa-consent-form-terms-and-conditions

※上記英文は変更される可能性があるので、必ずご自身で原文を読んだ上で同意して下さい。誤訳により何か問題が生じても、こちらは責任を取れません。

 

外国人が海外で入国する際に求められる基本的な事である。

ポイントとしては申請後に「承認レター」が次のページで入力したメールアドレス宛にデジタルで送付され、その承認レター発行には3営業日(ミャンマーにおける営業日)かかるという点、発行から90日以内にミャンマーへ入国しなければならないという点だろう。

メールに添付された承認レターはコピーする必要がある。また、申請書の不備等で再提出が必要になるケースもあるかと思う。

自分は翌日に承認レターが届いたが、遅くともミャンマーへの渡航1週間前には申請した方が良いかもしれない。

 

申請が却下されるケースは過去に国内外で犯罪歴があったり、関係国から出国を禁止されている人の場合とされる。申請時の記入不備以外で申請が却下されても理由は教えてもらえない。

 

同意する場合は「I Agree」を押す。

 

次にビザを取得したい人の詳細な情報を求められる。

myanmar-visa-new-application-personal-infomation-form
myanmar-visa-new-application personal infomation form child

※上記欄は変更される可能性があるので、必ずご自身で原文を読んだ上で同意して下さい。誤訳により何か問題が生じてもこちらは責任を取れません。

 

こういった入力フォームに慣れていない人のために間違えやすい点を補足すると

▶ 氏名
パスポートの記載通り(同じアルファベット)で記述する。パスポートでは姓→名と行が変わっているが、同列に姓名の順番での記載で問題無かった。

▶ 誕生日
日本とは違い、日、月、年となる。例えば、1990年12月1日生まれなら、01/12(DECEMBER)/1990となる。海外では日、月、年の順に記載する国が多い。

▶ 職業
具体的に記入しなくとも、相手のわかる範囲で良いかと思う。会社員ならそのまま「Office Worker」、個人事業主(自営業)なら「self employed」、学生なら「Student」で良いだろう。もちろん、具体的に仕事の業種を英語にして記入しても問題無いかと思う。

▶ 本籍住所
間違えやすいが「現住所」ではなくてパスポート申請時に記入した「本籍住所」である。

住所の英語化がわからない人は日本語住所を英語表記に変換するWebサービスが便利である。

>>> JuDress

▶ 宿泊場所の住所
ホテル予約表に記載があるかと思うので、そちらを記入する形で問題無い。旅行サイトから予約した場合、市区などの記載が無いサイトが多い。市や区まできちんと英語による記載があるエクスペディアの住所が正確であるしわかりやすいかと思う。

複数のホテルへ宿泊予定なら初日のホテルの住所だけで良いだろう。

▶ 電話番号
+81(日本の国番号)を付けて、最初の0を取った番号を記載するのが一般的である。
例)「03-1234-5678」の場合⇒「+81 312345678」

携帯電話等プッシュ式電話の場合、国際電話識別番号の代わりに「+」を押す事で代用できる。スマートフォンであれば「0」を長押しすると「+」になるので、「+81」から始まる番号でも電話をかける事が出来る。

▶ パッケージツアーの場合
添乗員を伴うようなパッケージツアーの場合のみ、旅行代理店の名称や連絡先の記載も必要になる。

 

ミャンマー・ビザ申請時の写真

これらのフォームの記入に加えて、ビザ申請時には自身の写真をアップロードしなければならない。縦、横サイズの指定はあるが、運転免許証等の顔写真をスキャナーで取り込んだ後に合わせれば問題無いかと思う。縦4.6cm×横3.8cm。23:19の比率で写真をアップロードしたらサイズは最適化された。

もちろん、出来ればビザ申請用にデジタル写真を用意した方が良いだろう。

 

ダメな例の記載も表示されている。

Myanmar-visa new application pic

項目を記入し、写真をアップロードしたら一番下にある青いボタン「Continue」をクリックする。確認画面が出てくるので間違いがなければ下にある青いボタン「confirm(確認)」をクリックしてビザ代の支払い画面へ進む。

 

記入事項を間違えた事に気がついたら、戻って修正しよう。もし間違いがあり、現地でビザの申請時に修正しなければ虚偽の申請となってしまう。この場合、以後の入国に影響を及ぼす可能性があるので注意しようFAQの36を参考に)。

 

ビザ料金の支払い

ミャンマーにおける観光ビザ代は50ドルで支払はクレジットカード(VISAやMasterCardの他、JCBやアメリカンエキスプレスも可能)である。支払うクレジットカード会社を選択し名前、カード番号、セキュリティコードを入力する。クレジットカードが無い人は予め作成し、クレジットカードが作れない人はデビットカードを用意しなければならないだろう。

ミャンマービザのクレジットカードによる支払い myanmar-visa-new-application-credit-card-payment

「重複して支払っても払い戻しが出来ない」という規約にチェックを入れた後、支払いに使うクレジットカードにチェックを入れる。

 

クレジットカードでの支払いはネットショッピングと同様である。ただ、JCBカードの場合、支払いを代行している銀行の画面でカード番号を入れると、JCB J/Secureのパスワードを入力する画面が出てくる。JCB J/Secureのパスワードを用意、もしくは設定していない人はクレジットカードの管理画面からこれを設定しないと支払いが出来ない。

myanmar-visa-new-application-credit-card-payment-jcb-j-secure

上記のパスワード部分にJCB J/Secureのパスワードを入力する。

 

支払いが無事終わると、名前と国籍、パスポート番号に申請番号(Application Number)と支払参照番号(Payment Reference Number)が発行され、記入したメールアドレス宛に「eVisa – Visa Application Acknowledgement」の題名でメールが届く。

 

1時間以内にメールがとどかない場合はこれら番号を記載の上連絡する必要がある(下記赤枠の英文部分)。

myanmar-visa-new-application-payment-complete-letter

 

ビザ申請の進捗状況とレターの発行からミャンマー入国

届いたメールにも申請番号と支払参照番号の記載があり、進捗状況のページで現状を知ることが出来る。

myanmar-visa new application status
申請処理中の場合は上記のように「Under Processing」の文字が出る。3営業日以内が目安となる。

 

数日後「eVisa – Your Visa Application Result」という題名で、観光ビザの場合は「Tourist Visa Approval Letter to Myanmar」がメールに添付された形で送られてくる。

Myanmar Tourist Visa Approval Letter

後はこちらをコピーしてパスポートと一緒に入国審査時に渡すだけで良い。ビザはパスポートにハンコを押される形で発行される。

ビザの発行と言っても通常の入国と同様に簡単になされるので少々拍子抜けするかもしれないが、規約にはきちんと目を通してルールは守るようにしよう。

 

ちなみに入国の際、パスポートは

▶ 入国時に6ヶ月以上の有効期限
▶ ビザ捺印用 ページが2ページ以上

残っていることが条件となる。

このビザにより滞在可能な期間は最長28日となっている。

 

ミャンマーのビザに関する問い合わせ先

入国審査についてはルールに基づきなされる。場合によっては入国審査官の裁量で入国の可否について決められることもあるだろう。

申請時の記入の間違いやその他の事柄についての対応は、このサイトの運営者である自分はもちろん、日本のビザ取得代行業者に聞いても判断できない。ビザに関する問い合わせは下記ページがオフィシャルになっている。

※英語もしくはミャンマー語で問い合わせた方が良い。

 

在日ミャンマー大使館でもビザの発給がなされている。

トップページに問い合わせ先としてメールアドレスと電話番号の記載がある。

詳しいことはこちらで聞いた方がより正確である。

 

ミャンマーのアライバル・ビザ

ヤンゴン国際空港・アライバルビザ
アライバルビザのブース。勘違いしている人もいるが、事前にビザの申請をし、レターを発行した人は並ぶ必要がない。

 

ヤンゴン国際空港には入国審査の前のフロアにアライバル・ビザ(到着時に発行してくれるビザ)の申請ブースがある。オンライン申請をしなくともここで申請が出来るが基本的におすすめ出来ない。ビザの申請が通らなかった場合、入国できずにミャンマーから出国しなければならなくなるからだ。

また、空路でミャンマーへ入国する場合、空港での航空会社へのチェックイン時に、このレターの提示を求められる。レターを持っていないと、航空会社のスタッフから当日の帰りの航空券の購入を求められたり、同意書などにサインを求められる。英語などが出来なくて意思の疎通が難しい人にはこの点でも面倒なことになるだろう。

加えて、入国が許可されなかった場合、帰りの航空券を購入して帰国もしくは第三国へ出国しなければならず、渡航費用が無駄になってしまう。

従って、ミャンマーへの入国の際には事前にオンライン申請をしておく事をおすすめしたい。

 

※以上の情報は2016年11月に確認できたものになります。申請の手続きや規約は変更される可能性があります。必ずご自身で原文を読み確認した上で申請を進めて下さい。

 

ミャンマー観光が初めてという人は下記記事も必読である。

ミャンマーへ観光に初めて行く人が必ず知っておきたい情報をまとめて紹介していく【ミャンマー・ガイドブック】
ミャンマー最大のパゴダである「シュエダゴンパゴダ」 ミャンマーの観光はその独自な文化に触れる事がメインとなるかと思う。ミャンマーは周辺国と比べても閉鎖的で、外国の文化がまだ...
簡単にまとめてあるので、ガイドブック代わりに読んでおいた方が良いだろう。



スポンサーリンク

38 件のコメント

  • 突然コメントすいません
    知人に頼まれていた
    ビザの申告で間違えて女性にしてしまいました

    どこに問い合わせすれば良いかわかりません
    もしわかれば教えて下さい‥‥。

    • 申請後は情報の訂正できないので(注意書きにそのように記載があります)、入国審査時にその旨を伝える必要があります。
      英語が上手くないのであれば、事前に英語でメモを作成してパスポートと一緒に渡してみて下さい。
      たぶん、それで大丈夫かと思います。

  • とても丁寧な説明ありがとうございました。
    無事に申請できました。

    申請して3分で申請確認メールが届き30分後にビザが発給されました。

  • 初めまして。質問させていただきます。長文ですみません。
    今回 7歳以下の子供を連れてミャンマーに渡航するのですが、
    同伴の子供、の入力のところは、「自分のパスポートに子供のパスポートが併記されている場合に入力」
    との認識でよいのでしょうか。
    今や日本では 何歳であろうと一人に1冊のパスポートを持つことが常識ですが、
    以前は子供は親のパスポートに併記していたようです。
    今でもこのようなパスポートを使用している国があるのか不明ですが、
    よくよく英語を読んでみるとそういうことなのかな、と思いました。
    ちなみにわたしは、同伴の子供があれば入力する との解釈でこどもの情報を入力し、
    その誕生日が間違っていたことに気付きました。
    (27日を1日と入力)
    この程度の間違いなら入国可能かな、と思う一方、作り直すべきなのか、
    作り直すにしても 時期を空けずに申請して許可されるのか、など色々不安になりました。
    何かアドバイスいただければ幸いです。

    • まず、解釈の問題になるので、入管以外の人は私も含め断言出来ません。
      その上での個人的な見解ですが、質問者さんと同じように解釈も出来るかと思います。
      誕生日の部分は入国審査官にパスポートを渡す時、申請に間違えがあったと伝えた方が良いでしょう。
      英語に自信がない場合はその旨を書いた英語で書かれたメモを渡せば問題ないかと、個人的には思います。

  • こんにちは、ミャンマーのビザを申請しようと頑張っているのですが、写真がアップロードできずに困っています。写真を加工して「Browse」しても全く反応がないか、反応しても「too big] みたいな警告が出ます。「conntinue」しても 「有効じゃないです」みたいなものしか出ません。2KBなのは分かっていますが、400MBくらいしかないのになぜそうなるのか理解できません。ポップアップブロックも解除しました・・・何が原因かさっぱりでお手上げです。でも、直接申し込むには日にちが足りません。何か手立てはありませんか?または、気づいていないことがあるでしょうか。

    • 画像のサイズは2MB以下にする必要があります。400MBだと大きいです。
      サイズを小さくしても変わらなければ、ブラウザを変えたり(Google ChromeからIE等)、再起動しても同様の減少が続くなら、ミャンマーのサーバー側に問題があるような気がします。
      数時間経ってから、もう一度申請してみてください。
      申し訳ないのですが、それ以外の方法は思い当たりません

  • はじめまして。
    初歩的な質問で大変申し訳ないのですが、
    「Full Name」の欄はパスポートの記載通りに「姓・名」の順に入力して大丈夫ですか?
    他サイトでGiven Name, Last Nameの順で書かれた申請フォームを見かけて、
    どちらで入力したらいいのか判らなくなってしまいました。。。

  • こんばんわ。さっそく質問ですが、
    e-visaのホテル【滞在先入力】の欄ですが、何かに登録されたホテルでないとだめなのでしょうか。
    「Notice: Strictly no residential or home addresses will be accepted under any circumstances. Please specify only registered hotel, motel, inn, registered guest house, or resort that you plan to stay at. }という表示があって、[registered hotel}という意味がいまいちわからず。。。普通に営業しているホテルで、民家などでなければよいというレベルなのか、それとも何か登録されたホテルがあって、そこでないとだめとかいうのがあるのでしょうか?教えていただきたく存じます。

    • 無許可(違法)のホテルはダメといった様な意味かと思いますが、詳細はボク個人ではわからないですね。大手旅行代理店に掲載されているホテルでは大丈夫かと思いますが、心配であれば入管もしくは大使館に聞いてみるのが良いかと思います。

  • 情報ありがとございます。
    ミャンマーのオンライン申請しようと思います。

    高齢なのでちゃんとできるか練習してみました。
    住所を入れるところが、先に進みません。Saitamakenしか入れられません。

    ホテルの住所も先に進みません。どうしてですか?教えてください。

  • 父親とミャンマー行く予定です。ビザをオンラインで取りたいのですが、メルアドやキャッシュカードは私の分しかありません。父親の申請を私のメルアドやキャッシュカードでいけるのでしょうか?

  • オンラインで観光ビザの申請をし、手続きも完了し、添付メールも届いたのですが、現住所の入力ミス気づきました。
    住所記入の欄に都道府県しか記入しなかったのですが問題ないでしょうか?
    出発間際で不安です。

      • 返信ありがとうございます。
        不安のまま出国するのは嫌なので、申請し直すことにします。
        取り消しなどの連絡もせずに、新規申請でよいのでしょうか?
        また、住所は現住所でしょうか?本籍地でしょうか?

  • 分かりやすい説明非常に助かりました。
    明日ベトナムからミャンマーへ発つのですが、発給されたビザは必ず印刷でしょうか?印刷できる環境にいないのでスマホで画面を見せようかなと思っています。 印刷したものをパスポートに貼り付けたりするのでしょうか?

  • 質問お願いします。
    ビザ申請時の確認メールが届いた際になぜかパスポートナンバーが2回続けて記載されています!
    同じナンバーが2セットです。なぜでしょうか?
    このまま入国はできるのでしょうか?入管で説明すれば大丈夫でしょうか?
    出発まであまり時間がないので不安でしょうがないです!

  • VISA オンライン申請
    カード決済後に

    顔写真が鮮明でないので
    再度 鮮明な写真を載せるように
    メールが来ました。

    何度かオンライン上で修正できないものか
    確認しましたができません。

    この場合の対応を教えて頂きたいです。

  • 一点お伺いしてもよろしいでしょうか。8/11(金)にWEB上でビザ申請をしました。しかし、現段階の進捗具合は、未だUNDER PROCESSINGの状況です。明日日本から旅立つ旅程なのですが、この状況で現地に着いた場合はどのように対応すれば良いでしょうか。御返事お待ちしております。

  • とても参考になります。ありがとうございます。
    申請内容に不備があり、担当の方とeメールでやり取りをしていたのですが、不備が補完された翌日に、SMSにて承認書の添付ファイル(attachment)を受信しました。しかし開くことができず、eメールにも転送できず。
    結局中身はわからないのですが、公式ホームページからダウンロードした承認書を印刷すれば問題ないのでしょうか??

    • 文章だけでは正直判断出来ません。
      担当の方にエクセルなど開けるファイルを指定して再送してもらってみてはいかがでしょうか?
      公式ホームページの承認書というも何を指すのかわかりません。
      通常、観光ビザの場合は「Tourist Visa Approval Letter to Myanmar」がメールに添付されており、それをコピーして入管に提出することになります。

      • お返事ありがとうございます。
        別の方のブログで、HP(パスポート番号でログインすると申請後の状況を確認できる)からダウロードした承認書を印刷して入国できた旨の記載を確認しました。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    付利意雷布亜(フリーライファー)

    東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。