タイ・バンコクの空港にある「無料WiFi」でインターネットに接続する方法

スワンナプーム国際空港の無料WiFi

 

バンコクには「スワンナプーム国際空港」と「ドンムアン空港」の2つの国際空港がある。スワンナプーム国際空港は厳密にはバンコクではないが、千葉にある成田国際空港が「東京」と表記されるものと同じと考えてほしい。

 

スワンナプーム国際空港とドンムアン空港では無料で使うことが出来るWiFiが飛んでいる。WiFiに繋げば当然インターネットを利用することも出来る。

スワンナプーム国際空港で無料WiFiに繋ぐのも、ドンムアン空港で無料WiFiに繋ぐのも利用するネットワークや方法は一緒なので、どちらで使うにしても1つの方法だけ覚えていれば良い。

 

この記事では

▶ スワンナプーム国際空港及びドンムアン空港で無料WiFiに繋ぐ方法

から

▶ ポケットWiFiのレンタル
▶ バンコクでWiFiを使うおすすめの方法

までわかりやすく紹介していきたいと思う。

 

スワンナプーム国際空港、ドンムアン空港における無料WiFiの使い方

まず空港に着いたら、WiFiの選択画面を表示する。飛んでるWiFi一覧を見てみると下記のようなネットワークが表示されるかと思う。

 

スワンナプーム国際空港で飛んでいるWiFi

Bangkok Airport WiFi Suvarnabhumi International Airport

 

ドンムアン空港で飛んでいるWiFi

Bangkok Airport WiFi Don Muang Airport

 

▶ [email protected]

▶ [email protected]

上記2つが空港で飛んでいる無料WiFiである。

ただ、空港内でもエリアによっては表示されなかったり、接続しても速度が遅いケースはある。速度が遅い場合、感度が良くなる場所を探さなければならないかもしれない。

 

どちらも接続までの流れはほぼ同じなので下記で詳しく説明していこう。

タイの空港WiFiでインターネットへ接続する方法

まず、WiFi一覧から「[email protected]」もしくは「[email protected]」へと接続する。ネットワークに接続するとブラウザが開き、下記のような言語を選択するページが表示される。

Bangkok Airport WiFi language

「こんにちわ(日本語)」を選択すると、個人情報を入力する画面になる。

Bangkok Airport WiFi Personal information input

※適当な情報を入力するか、正確な情報を入力するかどうかは読者さんにお任せします。

ちなみに、タイの携帯番号は9桁の数字が並んでおり、日本のパスポート番号はアルファベット2文字と 数字7桁の組み合わせで、5年旅券は先頭のアルファベットが「M」、10年は「T」との決まりがある(例外もある)。

例)MA*******(数字7桁)

自分はこの規則の下に、浮かんだ番号を入力した。

 

一番下の無料登録のボタンを押すと、次にユーザーネームとパスワードが入力された状態のページに移る。

Bangkok Airport free WiFi Suvarnabhumi International Airport

そのままログインを押せばインターネットが使えるようになる。

発行されたユーザーネームとパスワードは入力したメールアドレスにも送付されるので、次回からは個人情報の入力無しにログイン画面からユーザーネームとパスワードの入力だけでWiFiを使用する事が出来るようになる。

Bangkok Airport free WiFi Suvarnabhumi International Airport internet

ログインするとタイの通信事業者「True(もしくはAIS)」の広告が表示される。

 

ちなみに、無料WiFiは1日2時間しか利用出来ない。

Bangkok Airport free WiFi Suvarnabhumi International Airport internet 2hours

ただ、[email protected]」「[email protected]」それぞれ2時間ずつ利用が出来るので、計4時間は空港でのインターネット接続が可能になる。

 

ポケットWiFiをレンタルする

ドンムアン空港のWiFi
ドンムアン空港、国際線と国内線の連絡通路。

 

ポケットWiFiを日本でレンタルしておけば、タイ到着時空港から市内でもWiFiを使うことが出来る。

WiFiルーターは日本及びタイで申し込み、受け取る事が出来る。日本の空港ではWiFiルーターの貸し出しサービスを行っているブースも出発ロビーにあるし、自宅へ配送してくれるところもある。自宅へ配送してもらう場合は遅くとも3日程度前、空港で受け取る場合は前日もしくは当日でもブースが開いている時間であれば可能である。

 

日本で借りれるタイ旅行用WiFiルーターは、料金で見ればこちらのWiFiレンタルが最も安く収まる事が多い。1日あたり650~1100円である。3G回線を利用できるが、1日あたり200~500MBと容量の制限がある。200MBだと、LINEやGoogle Maps程度なら十分であるが、メールを同期した場合やちょっとした動画を見ただけで使ってしまうので、意識して節約しなければならない。

 

1日あたり500MB、比較的容量を気にする必要もないWiFiルーターで、値段が安いものとなるとこちらの会社のWiFiルーター及びUSBになる。日本で予め借りる事が出来るので、タイに着いた時からインターネットの使用が可能だ。

タイで使えるWiFiルーター
1日580円~の料金となる。上記料金他、受け取りに1台あたり500円がかかる。旅行期間やデバイス、サービスにもよるが、計数千円程度はかかるとみた方が良いだろう。最安値はPCのみで使えるUSBタイプのものになる。

 

ポケットWiFiをレンタルすれば、日本で予め借りる事が出来るので、タイに着いた時から離れるまでずっとインターネットの使用が可能だ。ネット環境が常に必要という人は、携帯電話の国際ローミングよりも格安なので、レンタルを忘れずにしておくべきだろう。

 

バンコクでWiFiを使うおすすめの方法

バンコクの空港にある無料WiFiは当然空港内でしか利用できない。市内を含め、タイでWiFiを使う方法全般については下記記事で詳しく述べている。

タイでwifiは「どんな利用方法」があり「何」がお得かをわかりやすく述べる
タイ現地でWiFiを利用する方法としては「WiFi環境を構築する」もしくはホテルやカフェ、レストラン、空港などの「施設のWiFiを利用する」の2通りがある。 前者は現地SIMやレンタルルーターなどを用意する必要がある。...

 

SIMフリーの携帯電話を持っている人はSIMカードを購入し、テザリングで携帯からWiFiを飛ばすのがおすすめだ。SIMのモバイルネットワークは速度も速く、安定している。

ただ、設定が必要になるし、SIMフリーの携帯電話を持っていないなら、買わなければならない。面倒な手続きを望まないなら、ポケットWiFiをレンタルするか、WiFiの使えるカフェや施設(空港の他、ホテル、ショッピングモール等)で利用する事になるかと思う。

バンコクのWiFiの使えるカフェや施設は下記記事にまとめてあるのでこちらを参考に。

バンコクでWiFiを使う方法。カフェやショッピングモールの無料WiFiを中心に紹介する
プラトゥーナムにあるTOM N TOMS COFFEE 旅行者がバンコクでインターネット(WiFi)を使うことを考えた場合、細かく分けて下記のような手段がある。 ▶ 1.滞在先ホテルのWiFi(基本無料だが、有料のケ...

 

※今回の情報は2016年6月に確認できた情報です。今後情報が変わる可能性もありますので予めご了承下さい。

コメント

  1. RYO より:

    はじめまして。先月空港で無料のwifiを登録したのですが、「wifiアカウントは登録のアドレスに送信しました」ということですが、そのメールアドレスがwifiに接続されてないため、見ることができず結局使えませんでした。この解決法はありますでしょうか?

    たしか1年ほど前はこのようなシステムではなく、登録すればすぐに使えたと思いますが、システムが変わったようですね。

    • はじめまして。
      記事にも記載しましたが、自分の場合は「ユーザーネームとパスワードが入力された状態のページに移った」のでそのままログインボタンを押すだけでした。
      システムが変わったのかもしれませんが、電波が弱くて接続できなかった可能性もありますね。

  2. たぁー。 より:

    はじめして。
    4月上旬に出国の際 空港利用しました。
    無料のwifiを登録後、「wifiアカウントは登録のアドレスに送信しました」という
    流れになりますが、その後に「ログインする」を普通にクリックすれば メール確認しないでも2時間?程つかえましたよ。

    2月入国の際も同様に無料wifi利用しました。

  3. 匿名 より:

    ドンムアン空港の無料wifiで、メールアドレスを登録したせいで、迷惑メールが大量にくるようになりました。
    あまりお勧めしません。