ラン島にあるビーチからホテル、移動まで、観光する前に知っておくべきこと

Tawaen Beach Ko Lan pattaya bneach
ラン島で最も賑わっているビーチ、タワエン・ビーチ。

 

ラン島はパタヤの市街地から沖へ約10km程度の位置浮かぶ島である。

パタヤ市街地近くにある「パタヤビーチ」はキレイとは言えない。しかし、ラン島にあるビーチは透明感のある海水に白い砂浜が広がっており、泳いでも気にならないぐらいキレイである。「日光浴」ならパタヤビーチでも十分だが、「海水浴」を思う存分楽しみたいならラン島まで足を伸ばす事をおすすめしたい。

 

この記事ではマリンスポーツも楽しめる

▶ ラン島への行き方と埠頭、島内の移動手段
▶ ラン島のビーチと特徴

に加えて

▶ ラン島のおすすめホテル

まで詳しく紹介していきたいと思う。

 

ラン島への行き方と埠頭、島内の移動手段

ラン島には2つの埠頭がある。共にパタヤ発のフェリーが終着する場所であり、パタヤ行きフェリーも出ている。ラン島への行き方について詳しくは下記記事を参考に。

ラン島への行き方、パタヤへの帰り方を詳しく述べていく
パタヤの沖合に浮かぶ島・ラン島へ行くには船を使わなければならない。船の種類としては▶フェリー▶グラスボトムボート▶スピードボートの3種類があり、乗り方としてはバリハイ埠頭(パタヤ埠頭)にあるチケット売り場で買う方法、船乗り場で料金を支払う方法、ツアーや現地業者と直接交渉して手配してもらうといった方法がある。

 

バンコクからラン島へのツアー

バンコクからツアーも出ており、日帰りで楽しむ事が出来る。バンコクを中心に観光する予定の人はこうした日帰りツアーの方が有効に時間を使えるだろう。バンコクからパタヤまでは2時間弱、パタヤからラン島まではスピードボートでラン島に向かうので30分弱の移動時間しかかからない。

下記リンクから現地オプショナルツアーをチェックする事が出来る。

>>> バンコクからラン島への現地格安ツアー

ツアーの場合マリンスポーツやアクティビティの値段も含まれている事が多いので、ビーチへ行ってから交渉するよりも安く済ませることが可能である。

 

ナーバーン埠頭(Na Baan Pier)

Ko Lan pattaya ferry stop Na Baan Pier

島唯一のセブン-イレブンがあったりレストランも集まっている。パタヤ側に位置するため、パタヤの街並みも遠くに見える。夜は夜景も綺麗なので、ホテルに滞在するなら、こちら側がおすすめである。

 

タワエン埠頭(Tawaen Pier)

Koh Lan Tawaen Pier

ラン島最大のビーチ・タワエン・ビーチのすぐ近くにある埠頭。ビーチへのアクセスならこちらの方が良い。

 

ラン島内の移動手段


ナーバーン埠頭、セブンイレブン近くにあるレンタルバイク屋。

 

ラン島内での移動手段は

▶ バイク
▶ ソンテウ
▶ ボート

以上の3つがある。

 

バイクは1、2人で周るなら値段も安く便利である。バイクタクシーは比較的どこのビーチにもいるし、埠頭近くの店で1日借りる事も出来る。レンタルバイクの値段は1日200バーツ(約600円)である。

バイクタクシーは値段も明示されており、数十バーツ以上のボッタクリも殆ど無い。


ナーバーン埠頭にあるバイクタクシーの各ビーチまでの片道料金。この値段を元に交渉しよう。

 

ソンテウは複数人で移動する場合に便利な乗り合いピックアップである。ある程度の人数がいると、こちらの方がバイクタクシーよりも安くなる。


ティエン・ビーチ近くのソンテウ

 

ソンテウはチャーターも出来るし、他の客とシェアし、乗り合いで利用することも出来る。

ビーチに止まっているソンテウはチャーターされている場合もあるので、必ず利用できるわけではない。もちろん、チャーターしてる観光客に頼んで一緒に乗せてもらう事も出来るが、それなりのコミュニケーションは必要になるだろう。

 

他にもボートを使ってビーチや埠頭間を移動する事が出来る。こちらはチャーターだったり、片道だったりで料金は異なるが、ツアーに含まれていないなら、埠頭やビーチで交渉する事になるだろう。

 

ラン島のビーチ

Ko Lan Beach and pier in pattaya


ラン島の地図。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、主要スポットやおすすめホテル一覧も表示されます。

 

ラン島にはビーチがいくつかあるが、陸路でアクセスが可能であり、海水浴が楽しめるメジャーなものは全部で7つである。ただ、その中でも途中道が狭くなっていたり、急勾配が続いて危険な所もある。バイクでの移動に慣れていない人は少々怖いかもしれない。

下記では陸路でのアクセスが可能なラン島にあるビーチを楽しめるアクティビティを含め紹介していく。

 

Ta Yai Beach(ターヤイ・ビーチ)

Ta Yai Beach

ラン島の北に広がるビーチ。こじんまりとしていて欧米人に人気。バイクでのアクセスになるかと思う。

北側には海しか無いので、ジェットスキー等のアクティビティにも向いているスポット。

 

Thonglang Beach(トンラン・ビーチ)

Thonglang Beach

ナーバーン埠頭からも距離的には近いが、陸路で向かう場合、途中の道は急勾配が続き、道幅も狭いので怖い。バイクですれ違う際にもヒヤヒヤするかと思う。

バイクの運転に慣れていない人、バイクタクシーを利用して向かう際にもスリルを味わいたくない人は船を使い、海路で向かった方が良いだろう。船を近場に停めて楽しんでいる人が多い。

 

Tawaen Beach(タワエン・ビーチ)

Tawaen Beach

タワエン埠頭に到着するフェリーであれば、降りてすぐ左手に広がっている。

ラン島で一番大きく、アクセスが容易で人気のあるビーチである。賑やかなビーチで、各種アトラクションのサービスも豊富。通常の観光でならここへ向かうのが一番無難かと思う。

シーズンによっては中国人で埋め尽くされているが、通常時はそこまで騒がしくない。

 

ナーバーン埠頭からであればソンテウやバイクタクシーで移動できる。急勾配の道もありスピードを出すと怖いが、道幅は広いためトンラン・ビーチへの道よりはだいぶマシである。

Tawaen Beach Shops

レストランやアクティビティに使う道具をレンタルするショップも数多く並ぶ。

 

Sang Wan Beach(サンワン・ビーチ)

Sang Wan Beach

タワエン埠頭を降りてすぐ右に広がるビーチ。小さいコンパクトなビーチである。

 

Tien beach(ティエン・ビーチ)

Tien beach

タウェンビーチの隣で落ち着いた雰囲気。多少勾配もあるが、2つ埠頭からもアクセスしやすい。

バナナボートなどのアクティビティもある。

Tien beach signboard

 

Samae Beach(セーム・ビーチ)

Samae Beach

ティエン・ビーチのすぐ隣のビーチ。レストランやアクティビティ等、こちらもある程度揃っている。

Samae Beach signboard

 

Nuan Beach(ヌアン・ビーチ)

Nuan Beach

欧米人が多く、ビーチ沿いにオシャレなレストランも並び他のビーチとはまた違った雰囲気となっている。各種アクティビティも盛んで、日本人にもおすすめのビーチだ。

 

Nuan Beach activity

Nuan Beach Parasol

ナーバーン埠頭からも勾配の少ない平坦な道が多いのでアクセスもしやすい。こちらも乗り合いソンテウが出ている。

ビーチ沖はダイビングスポットにもなっているので、こうしたアクティビティに申し込んだ人も利用する事になるかもしれない。

 

ラン島にあるホテル

ラン島のホテルはナーバーン埠頭付近かそれ以外の2つに分けられるかと思う。

パタヤ本土と違い、ラン島は夜の8時ぐらいになれば多くの店が閉まり、寂しい雰囲気になる。バーが併設されているホテルはあるが、夜遊びスポットは基本的にはない。

それでもパタヤ市街地側(ナーバーン埠頭側)からはパタヤ市街地の夜景も望めるし、コンビニやレストランは営業しているところもある。

Ko Lan Na Baan Pier night shops
夜のナーバーン埠頭付近。

 

ラン島では朝からビーチやマリンスポーツを中心に楽しむのが良いかと思うが、夜はホテルでこういった夜景を見ながらロマンチックに過ごすのも悪く無いだろう。

 

ラレーナ リゾート(Lareena Resort)

ラレーナ リゾート・バイ・ザ シー コ ラン(Lareena Resort By the Sea Koh Lan)はナーバーン埠頭近くにある海上ホテルである。フェリーから降りるとすぐ左に見えてくる建物がこのホテルだ。

Lareena Resort By the Sea Koh Lan from pier
左の建物がホテル。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan pattaya hotel
レストランの看板になっているが入ってすぐ右にレセプションがある。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan Reception
受付と奥にバーカウンターとテーブルがある。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan restaurant and hotel

Lareena Resort By the Sea Koh Lan hotel room
レストランとホテルの部屋。部屋は海沿いに設置されており全室オーシャンビューとなっている。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan room
新しくは無いが、部屋は広々としており清潔感はある。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan desk and TV
作業デスクにミニ冷蔵庫とテレビ。WiFiも無料で動画がサクサク見れるぐらい速いが、何度か切断されてネットに繋がらなくなった。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan massage chair
窓の前にはマッサージチェア。ここでマッサージを受けることも出来る。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan window sea
カーテンを開けるとオーシャンビューが広がっている。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan bed
虫よけ付きのベッド

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan balcony pattaya city
バルコニーからは左にナーバーン埠頭、奥にはパタヤ市街地も遠くに見える。釣り竿の貸し出しもホテルでは行っていて、ここで釣りも出来る。

 

Lareena Resort By the Sea Koh Lan shower room
洗面所はシャワールームと一体型のタイでは良くあるタイプの作り。電球取り替え時に置き忘れたのか、なぜか竹のハシゴが置いてあった。

 

チェックアウトの時間は11時30分と30分早くなっている。朝食付きが基本プランで、8~10時まで提供されている。

部屋の広さはラン島の他のホテルとそこまで変わりはないが、立地は非常に良い。部屋からはオーシャンビューが望め、夜になればパタヤ市街地の夜景も見える。レストランは夜も営業しているし、ロマンチックな雰囲気なのでカップルで泊まるにも最適である。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> ラレーナ・リゾート(格安ホテル予約サイト)

>>> ラレーナ・リゾート(Agoda)

海上ホテルとだけあって、波が満ちるまでの時間波の音が響いていた。海を眺めながらラン島での滞在を過ごしたい人におすすめのホテルである。

 

パタヤ観光プラス・ワンとしてのラン島

 

パタヤから1時間、フェリーならわずか30バーツで来れるラン島はパタヤ観光のプラス・ワンとして持って来いの場所だろう。海水浴ならパタヤビーチでも楽しめるが海は決してキレイとは言えない。本格的なジェットスキーやパラセーリング、シュノーケリング等アクティビティもパタヤビーチより気軽に、基本は交渉制だが安く楽しむ事が出来る。

 

パタヤというビーチリゾートを満喫するなら、ラン島まで足を伸ばす事をスケジュールに入れるのも悪く無い。特に友人グループやカップルでの渡航に最適な場所である。

 

パタヤの総合的な観光情報については下記記事も参考に。

パタヤというタイのビーチリゾートの観光は、これだけ抑えておけば大丈夫!
パタヤは首都バンコクから南東へ約160キロメートルの位置にあるタイの特別市である。バンコクと組み合せて観光する人も多い。欧米ではプーケットと同様にビーチリゾートとして知られ、パタヤビーチというパタヤ中心地の海岸沿いの名前と結び付けられる事が多い。パタヤの観光は大きく分けると「夜の観光」と「昼の観光」に分ける事が出来る。

コメント