タイで使えるWiFiルーターをレンタルする際におすすめの方法を紹介しよう

レンタルのポケットwifiルーター
www.flickr.com

 

旅行者がタイでWiFiを使いたいなら、

1.WiFiルーターをレンタルする
2.ホテルや空港、ショッピングセンター、カフェなど施設のWiFiを使う
3.スマートフォンを使ったテザリングを使う

以上の方法がある。

 

この記事ではタイ旅行者向けに「WiFiルーターをレンタルする方法」について詳しく紹介していきたいと思う。

 

WiFiルーターをレンタルする

WiFiルーターを使う

 

WiFiルーターがあれば、日本の携帯をほぼそのまま使うことが出来る。日本のSIMでも、多くのキャリアで現地の回線を通して日本からの電話受信、日本への発信が可能である。加えて、ネット環境さえ構築できればアプリなども使うことが出来るだろう。もちろん、日本の携帯をそのまま使えば、通話料は少々高くなる。ただ、日本からの電話には出られる状態にしておきたい人も多いだろう。

WiFiルーターがあれば、ノートパソコンにインターネット環境を作るのも簡単だ。

 

タイでWiFiルーターを利用したい場合

▶ ネットで申し込み、自宅に送り届けてもらう
▶ 空港で申し込み(日本もしくはタイ)、その場で受け取る
▶ タイで現地業者からレンタルする

の3つが主な方法としてあげられる。いずれもWiFiルーターをレンタルする方法であるが、自宅に送り届けてもらう方法を利用する人が多い。なぜなら、外国語でのコミュニケーションを必要とせず、日本国内で余裕を持って受け取ることが出来るからだ。

 

日本の空港でも申し込みは出来る。ただ、料金プランが不明瞭で高めの値段となっている。また、長期休暇前となると、ブースの場所を探したり、ブースがあっても混んでいたり、申込みに時間がかかるため、搭乗時間ギリギリになってしまうケースも出てくる。出発前から焦ってしまうと旅行のはじめから疲れてしまうので、WiFiルーターを借りる予定なら事前に申し込みまで済ませ、自宅で受け取っておいた方が良いだろう。

自宅に送り届けてもらう場合、地域によって到着日が異なる。出発日より2~5日前までに申し込む必要がある。事前申込をして、空港で受け取る場合は、空港にもよるが1~3日前までが普通となっている。

 

タイ現地でWiFiルーターを借りる場合は、主に空港のブースで申し込むことになる。値段は会社によって様々であり一概には言えない。SIMカードを購入するよりお得感が無いのが普通である。ただ、複数人でルーターを使えば、安く済ませることも出来る。

 

海外で利用出来るWiFiルーターのレンタル料

関西国際空港にあるレンタルのポケットwifiルーター

 

海外で利用出来るWiFiルーターのレンタル料は渡航先(国)によって大きく異なる。タイで利用出来るWiFiルーターのレンタル料は利用回線や1日あたり使える容量によっても異なるので簡単に比較は出来ない。

 

日本で借りれるタイ旅行用WiFiルーターは、料金で見ればこちらのWiFiレンタルが最も安く収まる。1日650~1100円である。3G、4G回線を利用できるが、1日あたり200~500MBと容量の制限がある。200MBでも、LINEやGoogle Maps程度なら十分である。しかし、メールを同期した場合やちょっとした動画を見ただけで使ってしまうので、意識して節約しなければならない。

 

1日あたり1GBまでのプランもあり、比較的容量を気にする必要もないWiFiルーターで、値段が安いものとなるとこちらの会社のWiFiルーター及びUSBになる。こちらも日本で予め借りる事が出来るので、タイに着いた時からインターネットの使用が可能だ。

Thai-WiFi-router
1日580円~の料金となる。上記料金他、受け取りに1台あたり500円がかかる。旅行期間やデバイス、サービスにもよるが、数千円程度はかかるとみた方が良いだろう。最安値はPCのみで使えるUSBタイプのものになる。

 

WiFiルーターであれば複数人でシェアして使うことが出来る。グループで渡航する場合は日本で借りれるWiFiルーターを使った方が現地SIMを購入するよりも安くすることが出来るだろう。友人のために予めレンタルしておくと喜ばれるはずだ。

 

タイ現地施設におけるWiFiの問題点

タイの施設、例えば

▶ 空港
▶ ショッピングセンター
▶ カフェ
▶ ホテル

では無料もしくは有料でWiFiサービスが提供されいる。

 

空港もしくはショッピングセンターでは無料のWiFiが設置されていることが多い。しかし、場所によっては繋がりにくく、速度もそこまで速くはない。利用者が多いからか不安定なので、長時間だったり重い動画等を見るのには向いていないだろう。また、セキュリティ上も問題が多い。パスワードが他の人にも知られていたり、オープンになっているWiFiは閲覧している画面が他の人に見られる可能性があることを認識しておいた方が良いだろう。

タイのカフェにある無料WiFiの場合は利用時間の制限がある一方で、速度も出るし、安定性も高い。長時間の利用は出来ないが、ちょっとした作業なら特に問題はないだろう。

バンコクでWiFiを使う方法。カフェやショッピングモールの無料WiFiを中心に紹介する
プラトゥーナムにあるTOM N TOMS COFFEE 旅行者がバンコクでインターネット(WiFi)を使うことを考えた場合、細かく分けて下記のような手段がある。 ▶ 1.滞在先ホテルのWiFi(基本無料だが、有料のケ...

ホテルのWiFiは場所によりけりである。ホテルによっては、夜の時間帯に繋がりにくくなったりする。速度もピンきりだが、基本的に新築のホテルだったり、価格の高いホテルほど安定した速度が出ている。

 

予めタイでインターネットを利用する予定の人は施設にあるWiFiに頼らず、WiFiルーターやテザリングなど、自分でネット環境を構築する手段も用意しておいた方が良いだろう。これは施設のネットワーク回線よりも安定しているからだ。特に地方はインターネット環境の無い場合も多い。浪費する時間を考えれば、WiFiルーター等をレンタルしておいた方が安く済むはずだ。

 

タイでWiFiルーターを使う人が知っておきたい事まとめ

スマホでインターネットを使う

 

WiFiルーターを借りるなら余裕を持って事前に申し込みをした方が良い。ルーターを自宅で受け取る場合、出発日より2~5日前までに申し込む必要がある。動画を見たり容量をかなり使う予定の人は、1日あたり500MBのプランがおすすめである。

>>> 無制限のレンタルWiFiルーター

タイでも、特に地方へ行く人はWiFiルーターのレンタルを考えた方が良い。これは施設のネットワーク回線よりも安定しているからだ。

 

タイでインターネットを使う場合、モバイルネットワークを利用するか、WiFiを利用する事になる。モバイルネットワークは国際ローミングだったり、現地のSIMを購入することで構築が可能である。詳しくは下記を参考に。

タイのSIMカードを購入する前に知っておくべきこと
タイの通信事業者は日本で言う「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のように ・AIS ・dtac ・true と3つの主要なキャリアが存在する。 タイのSIMカードもこれら3つの通信事業者から販売さ...

 

WiFiルーターだけでなく、タイでWiFiを使う方法全てを知りたい人は下記記事を参考に。

タイでwifiは「どんな利用方法」があり「何」がお得かをわかりやすく述べる
タイ現地でWiFiを利用する方法としては「WiFi環境を構築する」もしくはホテルやカフェ、レストラン、空港などの「施設のWiFiを利用する」の2通りがある。 前者は現地SIMやレンタルルーターなどを用意する必要がある。...

コメント