タイから日本へ、日本からタイへ。国際電話のかけ方をわかりやすく説明する

Thailand international phone mobile phone

 

まず、タイから日本、日本からタイへ電話をかける方法を簡単に説明する。

 

▶ タイから日本への国際電話のかけ方

タイから日本の電話番号へ電話をかける場合、番号の先頭に国際電話識別番号(001)と日本の国番号(81)を付け、市外局番の0を取る。つまり、「03-1234-5678」へかけるなら

001(国際電話識別番号)-81(日本の国番号)-3(0を取った市外局番)-1234-5678

となる。

 

携帯電話の場合も国際電話識別番号と日本の国番号を付けて先頭の0を取れば良いので、「080-1234-5678」へかけるなら

001-81-80-1234-5678

となる。

 

タイから日本への電話の場合、国際電話識別番号は「001」以外にも、「007」「008」「009」等があり料金も安い。ただ「001」が最も一般的で通話の品質も良い。

また、携帯電話等プッシュ式電話の場合、国際電話識別番号の代わりに「+」を押す事で代用できる。スマートフォンであれば「0」を長押しすると「+」になるので、「+81」から始まる番号でも電話をかける事が出来る。

上記タイから日本への電話は緊急時に必要とされる事も多いので、一通り流れを覚えておいた方が良いだろう。

 

▶ 日本からタイへのかけ方

タイ国内の固定電話番号は0から始まる9桁で、携帯電話は08や09から始まる10桁の番号となっている。

日本からタイの電話番号へ電話をかける場合は番号の先頭に国際電話識別番号(010)とタイの国番号(66)を付け、先頭の0を取る。つまり、「01-234-5678」へかけるなら

010(国際電話識別番号)-66(タイの国番号)-1(0を取った市外局番)-234-5678

となる。

 

タイの電話番号表記は先頭の0を付けずに敢えて「66」から始まる国際電話番号表記にしている場合も多い。

例)66-1-234-5678

この場合日本からタイへ電話をかけるなら国際電話識別番号(010)、もしくは「+」を付けるだけで良い。

例)010-66-1-234-5678
例)+66-1-234-5678

 

他にも電話会社によっては先頭に番号を更に付けなければならないケースもある。

001(KDDI国際モバイルトーク)
0033(NTTコミュニケーションズ)
0041(日本テレコム)

この場合に「01-234-5678」へとかけるなら

001(KDDI国際モバイルトーク)-010(国際電話識別番号)-66(タイの国番号)-1-234-5678

となる。

 

日本からタイへ国際電話をかける場合、初期登録費用無料、月額基本料金無料の国際電話用格安サービスも出て来ているので、そちらを利用した方が料金の節約はできる。

>>> 基本料金0円。タイへは「1分12円」+国内通話料の格安国際電話

通話料が断然安くなるので、「一度でも」国際電話をかける人はこのサービスを使った方がお得である。申込み手続きが面倒でも継続的に国際電話をかけるなら、損しないためにも予め申込みしておいた方が良いだろう。

 

ちなみに、日本からタイにいる人の日本の携帯電話(ドコモ、au、ソフトバンクなど)へかける場合は先頭に番号を付けなくとも勝手に転送されて繋がる。つまり、国際電話識別番号やタイの国番号を付ける必要がない。ただし、着信側に追加で料金がかかる。

携帯ではスマホ「アプリ」を使った電話も可能である。スマホでの国際電話を考えている人は下記記事を参考に。

【格安】スマホで使える050電話のおすすめアプリを紹介する - ノーマネー・ノーライフ
050で始まる番号が割り当てられる「IP電話」にはスマートフォンのアプリで利用できるものがある。050電話のサービスを提供している日本の会社では、毎月基本料金がかかるものが多い。基本料金が0円の会社はあっても、通話料が他に比べても高くなることが多かった。 それでも 1.月額料金0円 かつ 2.通話料の安いもの 3.使う...

 

この記事ではそれぞれ更に詳しく述べていきたいと思う。

 

国際電話の料金

国際電話をかけるには

1.日本からタイへの国際電話、タイから日本への国際電話

といった電話回線を使ったサービスの他にも

2.インターネットを使った国際電話
3.クレジットカードコール、コレクトコール

がある。下記でそれぞれのサービスにおける電話料金を紹介していく。

 

日本からタイへの国際電話料金

日本からタイへの国際電話料金は電話会社によって異なる。例として、NTTコミュニケーションズ、ドコモのWORLD CALLの料金を下記で紹介する。

▶ NTTコミュニケーションズ

昼間(8:00-19:00) 1分160円(6秒毎に16円)
夜間(19:00-23:00) 1分130円(6秒毎に13円)
深夜・早朝(23:00-8:00) 1分110円(6秒毎に11円)

NTTコミュニケーションズ 国際電話のかけ方より

 

▶ ドコモのWORLD CALL

平日の昼間 8:00-19:00 30秒68円
平日の夜間、深夜、早朝 19:00-8:00 30秒63円
土・日・祝(終日) 30秒63円

WORLD CALL 国際電話をかけるより

 

格安国際電話サービス

固定電話へと電話をかけたい場合は専用の国際電話サービスを使って通話するのがおすすめである。こうしたサービスを使えば国際電話も格安でかけられる。料金やサービスで選ぶなら下記の格安国際電話サービスがおすすめである。

>>> 基本料金0円。タイへは1分12円+国内通話料の格安国際電話

この国際電話サービスはIP電話ではないので、通話の品質も良い。タイへは1分12円(+国内通話料)でかけられる。アメリカ、中国、台湾等へは国内通話料+1分10円である。

初期登録費用、月額基本料金は無料であり、980円でかけ放題のプランもある。

 

この国際電話サービスで日本からタイへと電話するには、

日本国内アクセスポイント(下記表を参考に)-66(タイの国番号)-相手先の電話番号-#

である。日本国内のアクセスポイント(接続番号)は下記のようになる。

telinkのアクセスポイント
上記で近い場所にかけ、後はガイダンスにしたがって進めれば良い(Telinkアクセスポイントより)。

固定電話はもちろん、携帯電話からもかけられる。国際電話は断然安くなるので、「一度でも」国際電話をかける人はこのサービスを使うべきだ。最初の申込みは面倒でも、損しないために海外へ電話する人は登録必須のサービスだ。

 

タイから日本への国際電話料金

タイから日本へと国際電話をかける場合の料金は国際電話識別番号によって異なる。現地の公衆電話や一般固定電話だけでなく、現地SIMを利用した国際電話も基本的には同じ料金となる。「国際電話識別番号」は上でも説明したように「国番号」の前に付ける番号である。

 

タイにおけるメジャーな国際電話識別番号の料金は下記のようになる。参考までに2016年5月21日現在は1バーツ=3.08円

001 1分20バーツ
007 1分9バーツ
008 1分7バーツ
009 1分7バーツ

 

通話料の違いにより、通話品質も異なる。他にも、「00500(AIS 00500)」や「003(AIS 00500)」といった1分3バーツの格安国際電話識別番号が有名である。

国際電話識別番号が変わるので、AIS 00500を使って「03-1234-5678」へかけるなら

00500(国際電話識別番号)-81(日本の国番号)-3(0を取った市外局番)-1234-5678

となる。

 

国際電話識別番号によっては声がこもって良く聞き取れない場合もあり、回りがうるさい公衆電話からかけるのはあまりおすすめできない。1分20バーツとそこまで高額な料金ではないので「001」だけ覚えていれば問題無いかと思う。ただし、ホテルの部屋に備え付けられている電話からかけると、チェックアウト時に、上記料金を割増しした料金を請求されるので注意してほしい。

 

日本の携帯電話もそのままタイで使うことが出来るが、少々値段は高くなる。例えば、ドコモの携帯電話を使って、タイから日本へ電話をかけると下記のような料金プランになる。

ntt docomo world roaming price
https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/area/view.html?country=5200000&term=

1分あたり175円である。タイにいる時は日本から携帯電話へ電話がかかって来た場合(着信側)にも1分155円の料金がかかる。

 

インターネットを使った国際電話

安定したインターネット環境が確保出来るなら、SkypeやLINEを用いても国際通話は可能である。料金も無料なので友人との会話であればこういったサービスを利用した方が良いだろう。インターネット環境とマイクさえ準備すれば、簡単に使うことが出来る。

>>> Skype

また、スマホ「アプリ」を使った電話も可能である。スマホでの国際電話を考えている人は下記記事を参考に。

【格安】スマホで使える050電話のおすすめアプリを紹介する - ノーマネー・ノーライフ
050で始まる番号が割り当てられる「IP電話」にはスマートフォンのアプリで利用できるものがある。050電話のサービスを提供している日本の会社では、毎月基本料金がかかるものが多い。基本料金が0円の会社はあっても、通話料が他に比べても高くなることが多かった。 それでも 1.月額料金0円 かつ 2.通話料の安いもの 3.使う...

 

クレジットカードコール、コレクトコール

Thailand international phone Public phone

 

タイの空港等にある公衆電話はクレジットカードから電話料金が引き落とされるクレジットカードコールと着信相手に料金の負担が生じるコレクトコール専用の電話器となっている。

 

Thailand international telephone credit card collect call
1800+200+200と発信ボタンを押すと、10秒後にガイダンスが流れる。ガイダンスが出たら2(日本語)をプッシュする。その後は日本語の音声ガイダンスになるので、それに従って電話をかければ良い。

 

カード会社や保険会社はコレクトコールでの電話を認めているし、クレジットカードがない場合、トラブル時はコレクトコールで電話をかけても基本的には問題無いかと思う。

 

タイから日本へ国際電話する方法を把握しよう

Thailand international phone public telephone

 

日本からタイへと電話をかけたい場合は選択肢も多く、そこまで難しくはない。問題はタイから日本への国際電話である

旅行者の選択肢としては

▶ 現地SIMを入れた携帯電話
▶ 日本の携帯電話
▶ IP電話
▶ 公衆電話
▶ ホテルの固定電話

が主になる。旅行者の場合、この中で最もおすすめなのが現地SIMを入れた携帯電話からの国際電話である。値段も安く、どこからでも日本へ電話する事が出来るので、緊急時に役に立つだろう。

現地SIMの購入方法等については下記記事も参考に。

タイのSIMカードを購入する前に知っておくべきこと
タイの通信事業者は「true」「AIS」「dtac」と3つの主要なキャリアが存在する。タイでは旅行者向けSIMカードも用意されており、これら3つの通信事業者からそれぞれ販売されている。タイでSIMを購入出来る場所としては通信事業者の支店、コンビニ、携帯電話デバイスの販売店の他、日本でもタイと同等の価格で購入可能だ。

 

ただし、現地SIMで国際電話をかける場合、無料通話分が余っていなければチャージをする必要性が出てくる。プリペイド型になっているのが普通なので、通話分のチャージがなければ電話をかける事が出来ないし、無料通話分があまり残っていなければ通話中に電話が切れてしまう事もある。チャージはキャリアの支店やコンビニからでも可能である。

 

日本の携帯電話は海外でも通話はそのまま利用できるのが普通なので、面倒なら日本の携帯電話を使えば良いかと思う。上でも紹介したように国際電話も払えないぐらい高いわけではない。

公衆電話は空港だったり街中にある。街中の公衆電話はメンテナンスがなされず放置されて使えないものも多い。受話器を取って音が聞こえなければ壊れていると判断しよう。ちなみに、タイの公衆電話はカードを入れてかけるタイプ(黄色)と硬貨を入れてかけるタイプのものがある。カード型のものはコンビニ等でプリペイドカードを買う必要が出てくる。

ホテルは部屋の電話で国際電話に対応しているものもあるし、フロントで固定電話を借りる事も出来る。フロントで借りる場合、小さいホテルでも100バーツ程度のチップを渡せば対応してくれるはずだ。

 

クレジットカードを無くした場合等、緊急で日本へ電話をかけなければならないケースはタイ旅行中に出てくる事もあるかと思う。タイから日本へ国際電話をかける予定の無い人も上記方法は頭へと入れておいた方が良いだろう。

通話料が断然安くなるので、「一度でも」国際電話をかける人は下記サービスを使った方がお得である。

>>> 基本料金0円。タイへは1分12円+国内通話料の格安国際電話

国際電話よりもインターネット環境を構築した方が連絡が取りやすく、トラブルの解決にも役立つことは多いだろう。

タイにおいてインターネット、WiFiを利用する方法はきちんと把握しておくべきなので、下記記事も必読である。

タイでwifiは「どんな利用方法」があり「何」がお得かをわかりやすく述べる
タイでWiFiを利用するには2つの方法がある。1つがWiFi環境を構築する方法で、もう1つがホテルやカフェ、空港など施設のWiFiを利用する方法である。WiFi環境を構築する方法としては▶ WiFiルーターをレンタルする▶ 現地のモバイルネットワーク(現地SIM)を利用し、携帯電話からテザリングによりWiFiを飛ばす

コメント