派遣として働くまでに知っておくべきことをバイトと比較しながら述べていく

派遣バイトにおける職場

 

この記事では派遣として働くまでに知っておくべきこととして

▶ 派遣とアルバイト(パート)の違い
▶ 派遣として働くまでの流れ
▶ どんな求人があるか?

といった部分から、、派遣かバイトかで悩んでいる人に

▶ バイトではなく、派遣として働くメリット・デメリット
▶ 派遣で働いた方が得する人

まで詳しく紹介していきたいと思う。

 

派遣とアルバイト(パート)の違い

派遣バイトとは違ったバイトの大変さ

 

派遣なら社会保険や雇用保険へ加入できる事が多い。しかし、これらは契約期間や労働時間によって必死かどうかが決まるため、必ずしも保証されるわけではない。また、派遣の時給はアルバイト(パート)よりも高い傾向にあるが、この点も一概には言えないだろう。

 

派遣とアルバイトの明確な違いをあげるとすれば

▶ 雇用主
▶ 仕事の範囲

以上の2つになる。

 

派遣社員とアルバイトの違い「1.雇用主」

派遣社員とアルバイトの大きな違いは「雇用主」である。アルバイトは働く企業や店舗によって面接が行われ、選考を経て、その企業や店舗に「直接」雇用され、働くことになる。一方、派遣社員は人材派遣会社に雇用され、その人材派遣会社から派遣された先の企業や店舗で働く形になる。この場合、雇用主は人材派遣会社になり、給与や社会保険や厚生年金などの福利厚生も人材派遣会社が引き受けることになる。

社会保険や厚生年金、雇用保険についても一定の条件があるが、アルバイトの方は自分で支払う形になるのが普通だ。

 

派遣社員とアルバイトの違い「2.仕事の範囲」

企業や店舗に直接雇用されているアルバイトの場合、仕事の範囲は多岐にわたりベテランになれば増えるのが普通だ。求人情報に書かれている業務以外にも接客、電話応対、庶務、掃除などの雑務を頼まれることもあるだろう。しかし、派遣社員の場合、仕事内容は「契約」に基づいて行われる。就業時の契約条件に基づいて仕事を行うことになり、契約外の仕事、例えばお茶出しや電話応対などの雑務は業務として契約していなければ、する必要がない。

派遣社員は高時給をもらう代わりに、就業する仕事においてプロフェッショナルであることを要求される。その業務にあったスキルや経験、資格、技能などを保持しており、即戦力として働くことを求められると考えた方が良いだろう。

一方、アルバイトは単純作業も多く、経験・技能などを必要とされない事も多いので、未経験者歓迎の仕事は多い。

 

派遣として働くまでの流れ

派遣バイトの面接
www.pexels.com

 

派遣社員として働くにはまず人材派遣会社へ登録する必要がある。その際、自分が持っているスキル、経験、能力、資格は全て教えた方が良いだろう。例えば、事務の仕事なら、Word・Excelのスキルや経験、コピー機器を使えるか、販売の仕事なら販売経験や売上実績などはアピールポイントとなる。

同時に勤務地、時給、仕事内容など、就業条件も派遣会社に告げる。

 

登録後、就業条件と派遣先企業が求める条件が合うと、派遣先企業に出向いて顔合わせを行うことになる。その後、職場の雰囲気や具体的な仕事内容などを確認し、仕事が始まる。

 

派遣にはどんな求人があるか?

派遣バイトにおける仕事

 

派遣社員として働く場所は多岐にわたる。一般的には事務、販売、経理、エンジニア、介護、工場などがある。期間も長期、3か月、1か月、単発とあり、期間と勤務地は選ぶ事が出来る。もちろん、この部分に柔軟性が無いと就業先も限定される事があるだろう。

下記では、女性に人気の求人「一般事務派遣」について詳しく紹介したいと思う。

 

一般事務派遣について

一般事務派遣の場合、週休2日制、フルタイム派遣での求人が多い。正社員と同じ職場でサポートが業務となるので、それに合わせる必要があるからだ。

時給は派遣先や勤務地、要求されるスキルによって大きく異なるが、一般的に1200円~1400円前後が多くなる。基本的に派遣先企業が都会にあるほうが時給は高くなる。月収にすると18~20万前後になり、そこから社会保険料や厚生年金が引かれる。残業代や休日出勤代なども派遣契約に明示されており、きちんと支払われ、一般的に8時間以上就労すると時間外手当として25%割り増しとなる。

一般事務といっても職場によって求められる能力は大きく異なる。大概はOAスキルを求められ、Wordの場合は基本的な文書作成、Excelの場合は一般的な関数を理解していることが望ましい。例えば、sum、if、vlookup関数などを理解し、使いこなせた方が良いだろう。また、専用ソフトや独自システムを導入している企業も多く、就業後、それらの扱いに習熟することも求められる。その他、事務といっても一般事務だけではなく、貿易事務や特許事務などの専門性の高い仕事も多くある。これらの仕事は英語力と専門性があれば、未経験でも就業することが可能な場合もある。

 

バイトではなく、派遣として働くメリット・デメリット

派遣バイトのメリット

同じ非正規雇用のバイトと比べた場合のメリット・デメリットを紹介したいと思う。一概には言えない部分もあるので、あくまでも一般的なものとなる。

 

派遣のメリット

▶ 時給が高い
▶ 仕事内容が明確
▶ いろな仕事が経験できる
▶ 人間関係がシンプルに済む

派遣社員は一般的なアルバイトやパートに比べると時給が高くなる。また、派遣先企業から指示される仕事内容の範囲が明確であり、契約外の仕事をする必要はない。例えば「電話応対が苦手だ、避けたい」という場合は契約時に電話応対があるかどうかを確認すれば問題ないだろう。派遣社員は自分が行う「仕事内容」と「範囲」を明確に出来る。

また、派遣はいろいろな職場でいろいろな経験をし、新たな人間関係や気づき、発見を得ることも出来る。これは正社員やバイトなどのように、一つの会社、職場で長く働く人には得ることができない貴重な体験だとも言える。経験や専門性があればそれなりにスキルアップも出来るので、バイトよりも将来性があるだろう。

 

派遣のデメリット

▶ ボーナスや交通費が出ない
▶ 仕事内容が限定される
▶ 派遣契約が必ず更新されるとは限らない
▶ 職場で疎外感を感じることもある

派遣は時給が高い反面、ボーナスや交通費は支給されない。バイトもボーナスは出ないのが普通だが、交通費分は出してくれる所も多いだろう。こうした出費を差し引いても派遣社員として働くメリットがあるのか、と考える必要がある。

また、仕事内容が契約時の内容に限定されており、長く続けると扱う仕事内容に飽きや物足りなさを感じてしまうこともある。加えて、その仕事がいつまでも続くという保障はなく、会社の業績次第では派遣契約の打ち切りも現実として起こりえる。派遣切りついては、覚悟していても、少なからず衝撃を受けるはずだ。

その他、派遣社員は人材派遣会社に雇用後、企業や店舗に派遣されて働く形になるため、直接雇用の正社員やパート、アルバイトと「距離」を感じることもある。特に派遣社員の就業数が少ない職場ではその傾向が強くなるだろう。

これらのデメリットは人材派遣会社の営業に相談することで解決される可能性もある。デメリットが大きいと感じたら、すぐに担当者と相談してみるのも良いだろう。

 

アルバイトより派遣で働いた方が得する人とは?

派遣バイトの方がお得

 

派遣は一般事務におけるスキル、語学などの専門性がある。もしくはこういったスキルや専門性を身に付けながら、この分野を本業にして収入を得たい人におすすめである。

専門性や経験などは必要とされるが、派遣社員として働けば、自分が希望する職種、勤務地、時給、福利厚生、就業期間などを自由に選ぶ事が出来る。個々のライフスタイルにあわせて自分が就きたい仕事を選ぶことができることが出来るだろう。

仕事に自分のライフスタイルをあわせるのではなく、自分のライフスタイルに仕事をあわせることができる。アルバイトやパートよりも働くことで使えるスキルを伸ばしていけるはずだ。

 

お金を稼ぐにしても、

▶ 本業がある、もしくは事業を行う予定の人
▶ スキルが無い

といった人で、派遣で必要なスキルがなく、それを身に付ける余裕も無い場合は「稼げるバイト」の方がおすすめである。

 

稼げるバイトについては下記記事を参考に。

受かりやすい稼げるバイトの求人のみを紹介していく
稼げるバイトでも「出来るだけ楽に稼ぎたい」「短期で稼ぎたい」と何を重視するかは人によって大きく異なるだろう。高額時給のバイトでは、他よりも求められるものが多いのが普通だ。体力的、精神的な負担を多く求められるバイトもこうした理由から一般的に時給は高い。それでも、多くの人におすすめできる時給の高いバイトは存在する。

コメント