リゾートバイトを始める前に知っておくべき注意点を紹介する

スキー場のリゾートバイト
www.flickr.com

 

この記事ではリゾートバイトに興味を持っている人が知っておくべき注意点として

▶ リゾートバイト(リゾバ)の基礎情報
▶ 一般的な住み込みバイトとは異なるリゾートバイトの特徴
▶ リゾートバイトを行える期間や時期
▶ 雇用形態などリゾートバイトを始める前の注意点

の4つに分けて詳しく紹介していきたいと思う。

 

直接雇用の場合、様々なリスクがあるので、初めての人ほど、派遣会社に登録し、そこから派遣という形で働いた方が良いだろう。

様々なリゾートバイトを扱う求人サイトとしては下記リンク先がおすすめである。

>>> リゾートバイトを数多く扱う派遣会社

 

リゾートバイト(リゾバ)とは

リゾートバイトは

▶ 全国のリゾート地、観光地にある
▶ ホテル、旅館、スキー場、テーマパーク、海の家など

におけるバイトの総称である。「リゾバ」とも呼ばれている。

 

リゾート先進国の日本では、北は北海道、南は沖縄まで全国各地に様々なリゾートがあり、リゾートバイトといっても勤務先によって仕事内容は異なる。具体的にあげると、リゾート地にあるレストランのホールスタッフ、ホテルのベルボーイ、旅館の仲居、遊園地のアトラクションスタッフ、プールのライフガード、スキー場のリフト係などの職種が主である。

 

リゾートバイトは短期間の仕事も多い。これはスキーが雪の積もる冬限定で、海水浴場も暖かい夏にしか客が集まらないからだ。そのため、人手が足りなくなるシーズン中の短期で働いてくれる人を探している。

夏や冬は学生の長期休みとも重なるので、大学生にも人気のバイトである。リゾート地でしか経験できない仕事もあり、働く人の多い大規模な職場であれば出会いにも期待できるだろう。

 

また、自宅から通えないのが普通なため、リゾートバイトで働く人向けに予め寮等が用意されている。通常は住み込みで働くことになる。

 

一般的な住み込みバイトとは少し異なるリゾートバイトの特徴

住み込みバイトにおけるシングルルーム

一般的な住み込みバイトとリゾートバイトの違う点としては

▶ レジャー施設などでの接客業が多い
▶ 使う場所が限られているため、お金を貯める事に集中出来る
▶ 雇用期間が短期間のものも多い

 

住み込みのバイトというと工場だったり建築現場をイメージする人も多いかと思う。しかし、リゾートバイトは遊園地やスキー場といったレジャー施設で海辺やホテル、旅館などが多い。接客業が基本になるので、職場の仲間も、人と接するバイトを好む明るい人が集まっている。この辺は好みの問題かと思うが、多くの人と接する仕事をしたい人向けのバイトと言えるだろう。

 

また、これは住み込みバイト全般に言えることだが、お金を貯めることに集中出来るという利点がある。職場にもよるが、寮費、食費、光熱費が無料もしくは給与に含まれるため、収入の全てを貯金に回すことも出来るのだ。リゾート地だと、お金を使う場所も限られているため、給料だけがそのまま残り、2週間で10万円貯めるのは難しい事ではない。

 

加えて、一般的な住み込みの仕事とは異なり、短期間で一旦終わるものも多い。学生だけでなく、長期間働いて長期間休むといったライフスタイルを送りたい人にも合うバイトだろう。

 

リゾートバイトを行える期間や時期

夏場のリゾートバイト

リゾートバイトは

▶ 季節限定のリゾートバイト
▶ 連休に働くリゾートバイト

というように期間が限定されているものだけでなく、

▶ 1年中募集があるリゾートバイト

という長期間の勤務もある。

 

季節限定のリゾートバイトは海の家、プール、スキー場など夏期・冬期にだけ賑わうリゾート地が多い。勤務期間は2ヶ月~3ヶ月程度が一般的なので、時間に融通がきくフリーターが多い。

ゴールデンウィーク、お盆、シルバーウィーク、年末年始など季節ではなく連休に働くリゾートバイトもある。こちらは1、2週間、1ヶ月以下の短期で仕事が終わる。

1年中募集があるリゾートバイトは販売・売店、温泉旅館、ペンション、民宿、遊園地スタッフなどである。こちらは基本的に3ヶ月以上の長期で働ける人を募集している。

 

リゾートバイトの募集は通常2ヶ月前、早いところでは3ヶ月前から募集が始まる。働きたい時期の3ヶ月前には、複数のリゾートバイト専門派遣会社に登録し、求人をチェックした方が良いだろう。特に連休に働くリゾートバイトは忙しい大学生や社会人にも人気で、応募が殺到する。早めに締め切る事も多いので登録だけは事前にしておくべきだ。

 

雇用形態などリゾートバイトを始める前の注意点

旅館におけるリゾートバイト

リゾートバイトで働くには

▶ 勤務先に直接雇用される
▶ 派遣会社に登録して、そこから勤務先へ派遣される

という2パターンがある。

 

直接雇用される場合、雇用主に様々な意味でメリットがある人間でないと損する事が多い。例えば、若い女性を好んで雇用する職場では、若い女性には気を使うが、そのしわ寄せを男性に求めたりする。接客業なので止むを得ないが、オーナーや支配人次第でバイトの良し悪しも影響を受けると思った方が良いだろう。

経験者によると、スキー場近くのホテルでは、無料リフト券を貸してくれる人とくれない人を支配人の好みで決めているところもあったそうだ。他にも勤務時間外、いわゆるサービス残業で雪かきや清掃をやらされたりする、いわゆるブラックバイトだが、直接雇用の場合はこの辺りが中々是正されない。

従って、リゾートバイトをする際も専門の派遣会社に登録して、派遣という形で働きに出た方が良い。間に派遣会社が入っていれば、ホテルのオーナーや支配人もやりたい放題は出来ない。なぜなら、悪評が立てばアルバイトが派遣されなくなるからだ。

また、仮に問題が発生したとしても、派遣会社の担当スタッフに相談したり、苦情を間接的に伝える事も出来る。

初めての人ほど、派遣会社に登録し、そこから派遣という形で働いた方が良いだろう。

様々なリゾートバイトを扱う求人サイトとしては下記サイトがおすすめである。

>>> リゾートバイトを数多く扱う派遣会社

寮費・水道光熱費無料・食事付きで、1ヶ月20万円の貯金を作る事も難しくない。短期のバイトも多く、日雇いバイトをしている人や頻繁に海外で外こもり生活している人にもおすすめ出来るバイトだ。

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを旅行しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイや周辺国のお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。