スポーツジムでバイトをする前に知っておきたいこと

スポーツジムのスタッフ

 

スポーツジム・バイトの仕事内容について

スポーツジムの設備には大きく分けて

▶ トレーニングジム
▶ プール

の2つがある。

仕事はここでの業務に加えて、入口の

▶ 受付業務

がある。

 

設備での仕事は時間帯によってジム担当、プール担当といった振り分けがされており、ジムの規模にもよるが各フロアはスタッフが2人体制となっている。お客さんが少ない時間帯は1人で担当する事もあるし、2人体制でも、片方のスタッフが接客をしている間は1人で監視する事になる。お客さんへの対応が続くと、1人では処理できなくなるので、各スタッフは情報共有のため「インカム」と呼ばれる無線機を装備している。インカムよって応援を要請したり、先輩から助言を貰ったりする事が可能になる。

 

スポーツジムのバイトは元々ジムを利用している人が多く、器具や運動に関する知識もある程度は持っているだろう。ただ、お客さんへの対応については1、2ヶ月ほどの研修を終えてから行うのが普通である。先輩スタッフの付き添いのもと、マシンの使い方に間違いが無いか確認し、施設利用の注意点も覚えていく必要がある。

 

それぞれの仕事を更に具体的に紹介すると、

▶ アドバイザー・監視
▶ 受付対応、初来場者の案内
▶ 営業終了後の清掃

以上の3つに分ける事が出来る。下記でそれぞれ詳しく紹介していきたいと思う。

 

監視・アドバイザー

スポーツジムバイトのスタッフ

スポーツジムのスタッフの多くは施設の監視とアドバイザーとして働くことになる。

監視はそのままの意味で、異常がないかチェックするための見回り作業である。客が利用する施設なので、トラブルや怪我を防止するために行われる。トレーニングジムもプールもそれぞれ2人以上で監視するのが普通だ。

 

トレーニングジムのフロアは比較的見渡しやすく、場所を移動しても目の届く範囲に収まる事が多い。一方プールはジムよりも広く、サウナルームや温泉といった設備もあるため、全域を監視するには広い範囲を移動する必要がある。平日の昼間は利用者の多くが高齢者となるので、特に厳重に監視するように言われるだろう。事故や心臓発作などで意識を失っていれば、生命に関わる危険性もあるからだ。

加えて、プールではサウナルームの温度、プールの水温、塩素濃度のチェックなども行う。塩素濃度は採取した水に特殊な薬剤を入れ、色の変化で測定する。万が一数値が許容値でない場合は別室のボイラールームに行って調整を行わなければならない。

 

また、これら監視中は、同時にアドバイザーの役割もしなければならない。施設のチェックだけでなく、客に対して、マシンや設備の使い方、トレーニングのアドバイスも行う。筋トレ等の知識はすぐに覚えられるものでもないので、こういった知識を持っている人の方が、アドバイザーとしては楽に仕事が出来るだろう。

 

他にも、雑談などで客とコミュニケーションを取ることも大事な仕事である。ジムによってはこうしたコミュニケーションを積極的に行うように推奨している。働いている側からしても、仲の良い客が多くなると会話の時間も多くなり、時間が経つのも早くなる。監視作業を淡々とこなすよりも、バイトが楽に感じるだろう。

ただ、特定の客と長時間話してしまうと、フロアの監視も疎かになってしまうし、客の中には不公平を感じる人も出て来てしまう。従って、客とは浅く広く接するように、求められるかと思う。

 

受付対応、初来店者の案内

スポーツクラブには常連客だけでなく、初めて訪問する客もいる。初めての客には受付で対応したり、施設の使い方を案内しなければならない。

プールは各施設、サウナやシャワーブース、ロッカーなどの案内や滑りやすいから走ってはいけないなどの注意点を教えていく。

ジムの方は個別に時間を取って教えなければならないケースも多い。このうち初回とその次の2回の「プレトレーニング」はアルバイトが付き添って行う。プレトレーニングというのは、初めての客に付き添う形で決められたトレーニングマシンの操作方法や実際の使用方法を行ってもらうトレーニングである。

健康、ダイエットなど目的別の目標設定といった「カウンセリング」は専門知識の多い社員が主に行ってくれる。

 

営業終了後の清掃

営業が終了した後は施設の清掃を行う。ジムフロアとプールフロアでは掃除ももちろん違ってくる。

ジムの清掃としては

▶ 床に落ちた小さなゴミを取る
▶ 各種マシンのメンテナンス
▶ トイレの清掃

の3つに大きく分ける事が出来る。

トレーニングジムの床は材質によって異なるが、タイルカーペットになっている場所はカーペットクリーナー(一般的にコロコロと呼ばれているもの)で床のホコリやゴミを取っていく。

各種トレーニングマシンについては人が手で触れる場所はアルコールを含ませたタオルで拭き、ランニングマシンには利用者の汗染みが付着しているので濡れたタオルで全体を拭いていた。

 

プールの清掃はプールサイトだけでなく、サウナルームやシャワーブースも行わなければならない。

プールサイドの清掃は、スリップの原因となる水垢を落とすのがメインだ。高圧洗浄機を使ってタイルの表面や溝の部分と隅々まで洗浄する。通常のサウナとミストサウナの2部屋も同じように高圧洗浄機で洗浄を行う。

 

シャワーブースも通路やシャワーブースの床に高圧洗浄機をかけるほか、排水口のぬめりをタワシで擦って落とし、溜まった髪の毛を取り除いたりもしなければならない。その他シャンプーやボディーソープの補充も行う。

 

バイトが一通り清掃作業を行い、最後に社員がチェックする。問題なければ終礼を行い、1日の仕事が終わる。

 

スポーツジム・バイトの給与や勤務時間、バイト仲間について

スポーツジムのバイト仲間
https://www.pexels.com/photo/runners-sports-people-fun-29353/

 

時給は地域にもよるので一概には言えないが、一般的なバイトの時給と同じか少し良いぐらいである。朝から夜まで12時間以上営業している所も多いので、フリーターであればほぼフルタイムで入る事も可能かと思う。

 

バイト仲間としては20代の男女が多い。客もプロフェッショナルな人の多いジムでは、スタッフも専門知識を持つプロフェッショナルな人でないと難しい。ただ、一般的なスポーツジムような簡単な運動をする場所では、ある程度のスポーツ経験や運動の習慣のある人なら問題なく採用してくれる。

カッコイイ人、キレイな人を多く揃えているトレーニングジムもある。接客業でもあるので、外見も採用時には考慮されると考えた方が良いだろう。

 

経験者から見たジム・バイトの良い部分、悪い部分

スポーツジムバイトの良い部分、悪い部分

ジム・バイトの求人上ではわからない給与や勤務時間以外の良いところとしては、やはり

▶ 施設を無料で使える
▶ 運動にかんする全般的な知識が身に付く
▶ バイト仲間にカッコ良い、キレイな人が多い

という点だろう。

全施設を無料で使えるという点は多くのスポーツジムバイトで当たり前になっているはずだ。毎日、時間帯の指定も無く、トレーニングジムやプール、サウナ、温泉といった全施設を使うと月1万円以上はかかると思うので、この部分がタダになるメリットは大きい。

トレーニングマシンを使った筋トレは自宅では出来ない。日常的に使える環境というのは運動を続けるうえでも大きなモチベーションになるだろう。

 

また、バイトでも、講習などを受けて運動全般にかんする知識を付ける機会はあるし、一緒に働いている人も基本的には詳しい人ばかりである。バイトで身に付けられる知識を生涯にわたって生かせるというのは他のバイトにはない魅力となるだろう。

 

他にも、バイト仲間に健康的でカッコ良い、キレイな人が多いといった利点もある。20代から30代前半ぐらいまでの若い人が中心なので、運動が好きな人同士で仕事が出来るのは環境としても悪くない。

 

ジム・バイトにおける悪い部分は他の接客業と殆ど変わらない。やはりこの仕事も接客業であることから、わがままな客に対してもきちんと対応しなければならない。特に高齢者ほど、月に1万円以上払うのは高いと考えているので、過剰なサービスを求められることもある。午前中の利用者は多くが高齢者となるので、対応を難しく感じるケースもあるはずだ。

また、女性だけでなく、男性も比較的年齢が上の方から口説かれる機会も多くなる。このあたりは個人差があると思うが、不快に感じる人もいるかもしれない。

 

スポーツジムでのバイトと求人について

スポーツジムバイトの求人

勤務するスポーツクラブによって差異はあるが、仕事内容として基本的には

▶ アドバイザー・監視
▶ 受付対応、初来場者の案内
▶ 営業終了後の清掃

これらが主となる。

仕事内容が気になる人は応募の際にでも、詳しく聞いてみるとよいだろう。

 

接客業なので、客への対応でストレスを感じる事もあるかと思う。ただ、運動を行うのが趣味なら、その延長で仕事をする事も出来るし、話題として共通性もあるので、バイト仲間とのコミュニケーションも楽しむことは出来るだろう。

営業時間に幅があるので、学生からフリーター、サラリーマンの副業としてもおすすめする事が出来るバイトである。

 

スポーツジムの求人

一番スポーツジムの求人を多く見つけられるのは人気バイトの紹介サイトだろう。このサイトでは勤務地(都道府県や駅名)を選択後、フリーワードや職種で検索することが出来る。もちろん、広範囲にした方が様々な選択肢は多くなるし、近場の繁華街でも良い。

 

フリーワード検索の時、まずは「スポーツジム」で検索してみよう。ヒットしなかった場合はゴルフやテニスの教室も数多く出て来てしまうが「スポーツクラブ」で検索し、詳細を見ていく必要がある。時給で絞り込み、もしくは並び替えを行う事も出来る。

仕事の内容等はスポーツジムによっても大きく異なる。更に詳しく知りたいなら、実際に応募して伺ってみるしか方法はない。

 

新しいバイトを探しているフリーターだったり、学生など、お金を手にしたい人は稼ぐための行動は早めに起こした方が良いだろう。

>>> スポーツジム等、おすすめバイトが紹介されている人気求人サイト



スポンサーリンク
スポーツジムのスタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。