カオサンでゲストハウスに泊まりたい人が知っておくべきこと

カオサン通りの上にあるランブッテリー通り

 

カオサンは予算の限られたバックパッカー向けの安宿が数多く営業している。

こうした安宿はゲストハウスという形になっており、シャワールームや洗面所、トイレなどは共有である。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミドリー形式となっている。ドミドリーとは1つの部屋にいくつかのベッドが置かれ、他の旅行者と同じ部屋で寝泊まりするようなタイプのプランである。

カオサンのゲストハウス「3ハウー・ホステル(3HOWw Hostel)」
カオサンのゲストハウス「3ハウー・ホステル」のドミドリー

 

ゲストハウスには様々な共用のスペースがあり、他の旅行者と接する機会も多くなる。通常のホテルよりも、海外の人との交流しやすい環境にあるだろう。

カオサンのゲストハウスにおける欧米人
カオサンのゲストハウスは時期にもよるが欧米人の滞在者が多い。

 

この記事ではカオサンのゲストハウスに泊まろうと考えている人が知っておくべき

▶ 1泊1000円程度(もしくはそれ以下)で評判の良いおすすめのゲストハウスとその特徴
▶ カオサンの「ホテル」

に加えて、海外旅行初心者であれば特に絶対に目を通しておくべき

▶ カオサンのゲストハウスに宿泊する際の注意点

についても詳しく述べていきたいと思う。

 

カオサンのおすすめゲストハウス

カオサンには、メインのカオサン通りの他、周辺のエリアを含めると、200を越えるゲストハウスが存在している。この中でも評価が高く、1泊1000円程度の格安ゲストハウスはカオサン通り沿いよりも周辺エリアに多い。

カオサンの地図
カオサン通り(黄色)とその周辺にある主要エリア(Google Mapsより)

 

カオサン通り沿いは、人も多いためホテルの値段が上がるにもかかわらず、サービスの満足度は低くなる傾向にあるためだろう。

カオサン通り
夜のカオサン通り

 

まず簡単にそれぞれのゲストハウスを目安価格とともにまとめて紹介すると

>>> カオサン通りのすぐ近く、観光客向けの店が並ぶ通りにあるゲストハウス(1泊500円程度)

>>> カオサン通り北の落ち着いた通りにあるゲストハウス(1泊1000円程度)

>>> カオサン通りと縦に交わるチャクラポーン通り沿いにあるゲストハウス(1泊1200円程度)

>>> カオサン通りから400mほど北へ行ったプラスメン通り沿いにあるゲストハウス(1泊1000円程度)

>>> カオサン通りからは徒歩10分程度、カオサンエリア郊外のゲストハウス(1泊900円程度)

>>> 観光客向けの店が並ぶエリアにあるゲストハウス(1泊900円程度)

>>> カオサン通り南、王宮などカオサンエリアの観光地へのアクセスが良いゲストハウス(1泊1000円程度)

※価格はあくまでも目安であり、時期によっても異なります。正確な値段はリンク先で日付を入れるだけでチェック出来ます。

 

▶ ①ザ・ミックス・ホステル(The Mixx Hostel)

カオサンのゲストハウス「ザ・ミックス・ホステル」

観光客向けの店が並び、賑やかな通りにあるゲストハウス。

カオサン通りの真上で音楽が聞こえてくることもあり、朝方まで騒がしいランブッテリー通り(Rambuttri alley)にある。ホテル周辺はレストラン、マッサージ屋も多くて便利。

1泊500円程度と格安だが、満足度は高いホテル。

具体的な料金は下記リンク先で日付を選択するだけでチェック出来る。

>>> ザ・ミックス・ホステル(最低価格保証付きリンク)

 

カオサン通り近く、ランブッテリー通りのレストラン
夜のランブッテリー通り

 

▶ ②ザ・ストリート・ホステル(The Street Hostel)

カオサン通りのゲストハウス「ザ・ストリート・ホステル」

ランブッテリー通りの1本北にある通り沿いで、比較的落ち着いた場所にあるゲストハウス。

1泊1000円程度。具体的な料金は下記リンク先を参考に。

>>> ザ・ストリート・ホステル(最低価格保証付きリンク)

 

▶ ③ウォーム・ホワイト・ホステル(Warm White Hostel)

カオサンのゲストハウス「ウォーム・ホワイト・ホステル」

カオサン通りと縦に交わる大通り・チャクラポーン通り(Chakrabongse Road)沿いにあるゲストハウス。共用スペースで宿泊者同士が集まってワイワイ騒げるゲストハウス。

1泊1200円程度。具体的な料金は下記リンク先を参考に。

>>> ウォーム・ホワイト・ホステル(最低価格保証付きリンク)

 

カオサン・チャクラポーン通り
チャクラポーン通り

 

▶ ④カウンティング・スターズ・ホステル(Counting Stars Hostel)

カオサンのゲストハウス「カウンティング・スターズ・ホステル」

カオサン通りから400mほど北へ行ったプラスメン通り(Thanon Phra Sumen)沿いにあるゲストハウス。

外観は地味だが、他のゲストハウスと同様に、共用スペースは充実している。1泊1000円程度。具体的な料金は下記リンク先を参考に。

>>> カウンティング・スターズ・ホステル(最低価格保証付きリンク)

 

カオサンにあるゲストハウスの宿泊客
共用スペースでお酒を飲む宿泊客達(カウンティング・スターズ・ホステルより)

 

▶ ⑤3ハウー・ホステル(3HOWw Hostel)

カオサンのゲストハウス「3ハウー・ホステル」

カオサン通りからは徒歩10分程度、カオサンエリア郊外のゲストハウス。オシャレなゲストハウスがいくつか固まっている路地にある。

静かなエリアだがゲストハウスの共用スペースでは宿泊客同士で集まり盛り上がっていた。

1泊900円程度。具体的な料金は下記リンク先を参考に。

>>> 3ハウー・ホステル(最低価格保証付きリンク)

 

▶ ⑥バーン・チャナソンクラーム(Baan Chanasongkram)

カオサンのゲストハウス「バーン・チャナソンクラーム」

細い路地にレストランやマッサージ屋、タトゥーショップが並ぶチャナソンクラーム通り(Chanasongkram Alley)にあるゲストハウス。

カオサン通りまでは少しだけ距離はあるが、ここの周辺にあるソイ・ランブットリー(Soi Ram Buttri)も露店、レストラン、ゲストハウスなど観光客向けの店が数多く並び、にぎやかである。

チャオプラヤ川のチャオプラヤー・エクスプレス・ボート乗り場にも比較的近く、バンコク市内へのアクセスにも便利な位置にある。

1泊900円程度。具体的な料金は下記リンク先を参考に。

>>> バーン・チャナソンクラーム(最低価格保証付きリンク)

 

カオサン・チャナソンクラーム通り
小さなショップがひしめき合って並ぶチャナソンクラーム通り

 

カオサン・ソイ・ランブットリー
ソイ・ランブットリー。チャナソンクラーム通りを出ると、このソイ・ランブットリーに繋がっている。

 

▶ ⑦305ホステル(305HOSTEL)

カオサンのゲストハウス「305ホステル」

タナオ通り(Thanon Tanao)にあるゲストハウス。タナオ通り(Thanon Tanao)はカオサン通り南にある大通り・ラーチャダムヌーン・クラーン通り(Thanon Ratchadamnoen Klang)から南へと出る通りである。

 

王宮などカオサンエリアの観光地へのアクセスが良い。

比較的静かなエリアだが、タナオ通りは夜になると数十m間隔で立ちんぼが並ぶ。若い女性はレディーボーイが多い。

1泊1000円程度。具体的な料金は下記リンク先を参考に。

>>> 305ホステル(最低価格保証付きリンク)

 

ゲストハウスを含めたカオサンの地図

おすすめのゲストハウスの詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。①~⑦の番号はGoogle Mapsでも対応している。


カオサンエリアにあるゲストハウス地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

 

カオサンのおすすめホテル

カオサンのホテル「ダン・ダゥーム・ホテル」の部屋
カオサンのホテル「ダン・ダゥーム・ホテル」の部屋

 

ゲストハウスのように、部屋まで共有だと現金の管理が面倒になるし、異性を部屋へと呼ぶことも通常は難しくなる。カオサンロードで騒いだ後は部屋でゆっくりと休みたいという人も多いだろう。カオサンに滞在するカップルも、通常はシングルルームを選択する。

こうしたシングルルームへ宿泊したいと考えている人に向け、カオサン・エリアでシングルルームを提供しているおすすめホテルの簡単な紹介からすると

▶ カオサンロード沿いのおすすめホテル
>>> カオサンロード沿いにあるコンパクトなシングルルームのホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> カオサンロード沿いにあるコンパクトだがオシャレなホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> カオサンロードに沿いにあり、オシャレな東洋風のデザインホテル(最低価格保証付きリンク)

▶ カオサン周辺のおすすめホテル
>>> カオサンよりも落ち着いたエリアにあり、長期滞在者に人気のオシャレなホテル(最低価格保証付きリンク)

以上のようになる。

おすすめホテルの詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。


カオサンエリアにあるホテル地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

 

カオサンにおけるおすすめホテルについて、更に詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

カオサンロードの「本当に」おすすめ出来るホテルを紹介したいと思う
カオサン通り カオサンロードのゲストハウスは通常シャワールームや洗面所、トイレなどは共有となっている。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミドリー形式となっている。ドミドリーとは1つの部屋...

 

Expediaのクーポンを使えばホテルは7%以上の割引

上記ホテルを予約する際、Expediaで取り扱いのあるホテルなら、クーポンを使うことで最安値から更に7%以上安くホテルへ泊まる事が出来る。クーポンは下記リンク先から取得出来る。

>>> エクスペディアのクーポン・コード取得方法

上記リンクからクーポンを取得する(英数字のコードをコピーし、予約決済時に入力する)。ホテルへ最も安く泊まりたいなら、最低価格保証付きリンクから予約を行った方が良いだろう。

 

カオサンのゲストハウスに宿泊する際の注意点

カオサンロードのバックパッカー
カオサンは欧米人のバックパッカーが多い。

 

これからカオサンエリアのゲストハウスに滞在しようと考えている人は

▶ 宿は事前に予約する
▶ 異性の連れ込みは現実的ではない
▶ カオサン安宿は少々危ない雰囲気もある

という事は頭に入れておいた方が良いだろう。

宿は事前に予約する

バックパッカーの多くは見つけたホテルへと適当に入り、満室かどうかを聞き回る事から始めている。しかし、カオサンの場合、ホテルの予約は事前にしておいた方が良い。優良ゲストハウスの殆どがネットから予約が可能である。

 

宿泊場所が無いと、暑い中探し回ったあげく、高い値段で泊まざるを得ない事も多々ある。暑い中歩き回る事が好きであれば良いが、多くの人は無駄な時間と考えるはずだ。

カオサンの夜を楽しむためにも、体力は温存しておこう。

 

異性の連れ込みは現実的ではない

異性との出会いが目的でカオサン通りに訪れる人も多いかと思う。カオサン通りではセクシーな格好をした女性も多く、中にはお金を払ってお持ち帰りが出来る売春婦も混ざっている。もしくは、キレイな女性をナンパしてホテルへの持ち帰りを考えている人もいるだろう。

しかし、ゲストハウスへの持ち帰りは現実的ではない。ベッドもシェアの状態でそういった行為をすれば、周りからもネガティブな反応をされるだろう。下手をすれば部屋から追い出されたり、警察を呼ばれることもあるはずだ。

 

こういった行為を目的にカオサンへ訪れる人は個室の部屋が提供されているカオサンのホテルを予約すべきだ。カオサンのホテルはバンコクにある多くのホテルと同様に、通常1部屋に2人まで宿泊が可能である。

 

カオサン安宿は少々危ない雰囲気もある

バックパッカーが集まるカオサンには大麻といった違法薬物の誘惑もある。海外ホテル予約サイトから削除されたホテルの中には、過去にマネージャーが大麻の販売を行っていたり、盗難にホテルの従業員が関与していたケースもあった。

こうしたホテル側が関与したケースは珍しくなっているが、他の旅行者による大麻の持ち込みや盗難は防ぐことは難しい。

 

通常のゲストハウスは1つの部屋を複数人のバックパッカーでシェアする事になる。

比較的裕福な人が多い欧米人でもバックパッカーは金を持っていないと考えるべきで、現金管理だけはきちんとしておくべきだ。

 

現金をスーツケースやリュックに入れておくと、他の宿泊客などに盗まれるリスクがある。隠し金庫は現金を隠す場所として便利なので必ず持参するようにしている。

 

もちろん、個室の部屋が提供されているホテルに泊まればより安全に滞在する事も可能だろう。

確かに、ゲストハウスと違い、シングルルーム(宿泊客ごとに分かれている部屋)が提供されているホテルでは他の旅行者と交流する機会は少なくなる。ただ、ディスコだったり、バーでの交流も出来るし、人と接する以外の楽しみ方もある。

カオサン通り・夜のディスコ
カオサン通りは夜になると道に人が溢れ、周辺のレストランから流れる音楽でストリートがディスコ状態になる。

 

カオサン・ソイ・ランブットリーのマッサージ
昼間歩き疲れたなら、マッサージを受けたりのんびり過ごすのも良いだろう。

 

カップルや友人同士で訪れるなら、多少値段は上がるが、シングルルームの方がおすすめである。

 

カオサンは割合的にも欧米人が多く、バンコクの他のエリアとは異なる雰囲気を持つ面白い街である。タイらしくない欧米の繁華街のような雰囲気を楽しめるのはバンコクの観光における1つの魅力になっているかと思う。

バンコクという大都市にあるテーマパークの1つとして、カオサン周辺エリアに浸ってみてはいかがだろうか?

 

カオサンでの楽しみ方を含め、カオサンを訪れる前に知っておくべきことについては下記記事も必読である。

カオサン通りへと訪れる前に知っておくべき「楽しみ方」「過ごし方」
カオサン通り(カオサンロード)はバックパッカーの聖地として世界的に有名なエリアである。カオサンがバックパッカーの聖地と呼ばれる所以は旅行代理店が多く、タイの地方を含めた東南アジアへ移動する際の拠点...


スポンサーリンク
カオサン通りの上にあるランブッテリー通り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。