ドンムアン空港を乗り継ぎ、トランジットで利用する人が知っておくべきこと

ドンムアン空港・搭乗口近くフロア

 

ドンムアン空港はLCC(格安航空会社)を中心に航空会社が乗り入れをしているタイ・バンコクの国際空港である。日本からでは、エアアジアやスクートのバンコク行きを利用すれば、ドンムアン空港に到着することになる。

エアアジアの航空機
エアアジア

 

ドンムアン空港には国際線ターミナル(ターミナル1、T1)と国内線ターミナル(ターミナル2、T2)がある。

ドンムアン空港国際線ターミナル
ドンムアン空港・国際線ターミナル到着ロビー

 

ここで言う国際、国内は当然タイから見た国際、国内である。バンコクから東京やヤンゴン、ホーチミンなど、海外への渡航になればチェックインカウンター及び出発は国際線ターミナル(ターミナル1)になる。バンコクからタイにある他の都市、例えば、プーケット、チェンマイ行きは国内線ターミナル(ターミナル2)になる。

逆に、海外からドンムアン空港へ来た場合も国際線ターミナル(ターミナル1)に到着し、国内からドンムアン空港へ来た場合も国内線ターミナル(ターミナル2)に到着する。

 

この記事ではドンムアン空港を乗り継ぎで利用する人に向け

▶ ドンムアン空港を乗り継ぎ(トランジット)で利用する人が知っておくべきこと

として入国する際の注意点、両替所の他、ドンムアン空港で提供されている便利なサービスについて、

空港へ着いたらすぐにホテルへチェックインして眠りたい人のために

▶ ドンムアン空港周辺のおすすめホテル

まで詳しく紹介していきたいと思う。

 

ドンムアン空港を乗り継ぎ(トランジット)で利用する人が知っておくべきこと

ドンムアン空港・搭乗口近くフロア
ドンムアン空港・搭乗口近くのフロア

 

バンコクから国際線の乗り継ぎの場合は、タイへ入国しなくても良い。入国審査を受けず、乗り継ぎカウンターでの手続きだったり、航空会社の職員が次の便まで誘導してくれる。ただ、乗り継ぎで次の便の出発まで時間がある人は、搭乗口近くのフロアで長時間待つのも退屈だろう。一度タイへ入国して、空港の外へ出たい人もいるはずだ。

 

国際線出発ターミナルから出て、空港の到着フロアだったり、バンコク市内へ行く場合は入国審査を受けなければならない。この際気をつけなければならないのはドンムアン空港は入国審査を経て、空港の到着ロビーへ出るまでに時間がかかる点である。特に深夜を含む夜に到着すると、1時間以上入国までに時間がかかるのが普通だ。

ドンムアン空港の入国審査
ドンムアン空港入国審査の待ち列。

 

シーズン中は1時間以上、最近は入国までに5時間以上かかったケースもあった。現在ドンムアン空港の入国審査は1時間に1000人を処理している。しかし、先日は中国からのツアーも加わり一度に5000人以上も到着したとのことである。

 

また、タイへ入国するのに最低1時間、ドンムアン空港とバンコク市内を往復すれば、最低2時間はかかる。もちろん、向かう先にもよる。タクシーでバンコクの中心部へ行くのに片道1時間はみた方が良い。次の便に乗るには1時間前にはチェックインしなければならない。

従って、

▶ 1.到着してからの入国審査:1時間
▶ 2.ドンムアン空港とバンコク市内を往復:2時間
▶ 3.チェックイン時間1時間

を合わせて、出発時間まで4時間以下しか時間がない場合はバンコク市内には出ない方が良いだろう。

 

加えて、バンコク市内へ行く場合はもちろん、空港へ滞在する場合はタイバーツ(現金)が必要になるはずだ。ドンムアン空港の両替所はレートが統一されており、どこの両替所も市場レートに比べて4.5%ほど悪くなっている。

ドンムアン空港の両替所
入国審査後、荷物受け取りフロアにある両替所。

 

市内の優良両替所と比べると4%以上悪くなる。両替所よりもクレジットカードによるキャッシングの方が手数料は安い。クレジットカードを持たない場合は使う分だけ両替所で両替すれば良いだろう。

バンコク市内での両替を含め、バーツへの両替については下記記事も参考に。

タイバーツの両替で損したくない人が知っておくべきお得な方法
 日本円からタイバーツへ両替、及びバーツを手に入れるには、▶ タイにある両替所、銀行での両替▶ タイにあるATMでカードによる引き出し▶ 日本の銀行、空港、ブランド品を扱う店での...

 

ドンムアン空港の便利なサービス

ドンムアン空港を乗り継ぎ(トランジット)で利用する人が知っておくべきドンムアン空港の便利なサービスとしては

▶ 荷物預かりサービス
▶ 無料WiFi
▶ 24時間営業のフードコート(近くにコンセント付きの席もあり)

がある。

ドンムアン空港の荷物預かりサービス

ドンムアン空港3階の荷物預かりサービス
ドンムアン空港3階の荷物預かりサービスブース

 

ドンムアン空港での滞在時間にもよるが、長時間滞在する場合はホテルに宿泊したり、荷物の預かりサービスを利用した方が良いだろう。大きな荷物を持っていると、移動や管理が面倒になるからだ。ドンムアン空港では国際線ターミナルの3階と1階にて、格安で荷物の預かりサービスを利用する事が出来る。空港で長時間待機するのが嫌なら、大きな荷物は空港に預けて、バンコク市内へと遊びに行くことも出来るだろう。

詳しくは下記記事を参考に。

ドンムアン空港における荷物預かりの料金から利用方法まで詳しく述べていく
 飛行機の乗り継ぎなどで、バンコクのドンムアン空港に長時間滞在する場合、ホテルへの宿泊の他、荷物の預かりサービスの利用も検討した方が良いだろう。大きな荷物を持っていると、移...

 

無料WiFi

ドンムアン空港では無料WiFiが飛んでいるため、スマートフォンやノートPCがあればインターネットを利用する事が出来る。ただし、登録作業が必要になる。インターネットを接続するまでの登録作業や流れについては下記記事を参考に。

タイ・バンコクの空港にある「無料WiFi」でインターネットに接続する方法
 バンコクには「スワンナプーム国際空港」と「ドンムアン空港」の2つの国際空港がある。スワンナプーム国際空港は厳密にはバンコクではないが、千葉にある成田国際空港が「東京」と表...

 

空港の無料WiFiは大勢の人が利用する。空港のどの場所から、どの時間に繋げるかにもよるが、速度はあまりでない。快適にインターネットを利用したいという人は1階到着ロビーでSIMの購入をしても良いだろう。SIMを購入すれば比較的安定した速度でインターネットを楽しむ事が出来る。GBによって値段は異なるが、500円程度から購入が可能である。

 

タイでは日本で言う「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のように、「true」「AIS」「dtac」という3つの主要なキャリアが存在する。

ドンムアン空港のSIMショップ
ドンムアン空港1階のSIMショップ。「true」が赤、「AIS」が緑、「dtac」が青のブースである。それぞれサービスの質や料金にそこまで大きな違いはない。

 

ちなみに、SIMカードを利用するにはスマートフォンもSIMフリーのものでなければならない。タイにおけるSIMカードの利用方法等については下記記事を参考に。

タイのSIMカードを格安で購入する方法からプラン詳細まで、タイ旅行者向けに紹介しようと思う
 海外へ行った場合、日本のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)の国際ローミングで利用するネットワーク回線は現地の通信事業者である。現地のSIMでもこの回線を利用するので速度も...

 

24時間営業のフードコート

ドンムアン空港・国内線ターミナル4階のフードコート
ドンムアン空港・国内線ターミナル4階のフードコート

 

食事や携帯の充電をしたい人は国内線ターミナル(ターミナル2、T2)4階のフードコートがおすすめである。フードコートは日本でもおなじみのチェーン店が営業している。

ドンムアン空港にあるペッパーランチ
ペッパーランチ

 

フードコートで食事を購入するには、まず、店まで行って料理を注文し、料金を確認する。CASHIER(レジ)と書かれている場所で料金分をカードにチャージしてもらい、店で精算するという形になる。

ドンムアン空港・フードコート
ドンムアン空港・国内線ターミナル4階のフードコートのCASHIER(レジ)。

 

フードコート横には充電用のコンセントが付いた席もいくつか用意されている。

ドンムアン空港・国内線ターミナル4階のフードコート

ドンムアン空港・国内線ターミナル4階のフードコート
4階にあるコンセント付きの席。タイの電圧は日本よりも高い220Vである。ただ、スマートフォンやノートPCは高い電圧にも対応している。コンセントの形も日本のものは挿さるようになっている。

 

国際線ターミナルから向かう場合は3階出発階の国内線ターミナル側にあるエスカレーターを利用する。

ドンムアン空港国際線ターミナル3階(出発階)にあるエスカレーター
国際線ターミナル3階(出発階)にあるエスカレーター。エスカレーターを上へ上がり、国内線ターミナルへと向かう。

 

ドンムアン空港国際線ターミナルと国内線ターミナルの連絡通路
国際線ターミナル4階と国内線ターミナル4階の連絡通路。この先にフードコートが広がっている。

 

ドンムアン空港・国内線ターミナル4階のフードコート
フードコート。24時間営業の文字。

 

ドンムアン空港近くのホテル

ドンムアン空港への到着が深夜だったり、長旅で疲れている人は滞在時間にもよるが、空港近くのホテルに泊まるのも選択肢に入るだろう。

ドンムアン空港の徒歩10分圏内には空港と直結しているホテルしかないが、値段はそこまで高くない。

とにかく空港近場で、すぐにシャワーを浴びてベッドへ入りたいなら、到着ロビーから徒歩5分程度で向かう事が出来るこのホテルが良いだろう。

 

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル(Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)

ドンムアン空港国際線ターミナルの到着階にあるアマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル方面出口
ドンムアン空港国際線ターミナルの到着階にあるアマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル方面出口

 

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテルはドンムアン空港に直結し、到着ロビーから徒歩5分程度で行くことが出来るホテルである。ドンムアン空港内にはホテルがないので、このホテルが空港から最も近いホテルと言える。

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテルは鉄道駅やローカルバス乗り場と同じ方向にある。ドンムアン空港から扉の外へ出ずに、更に真っ直ぐ進めばホテルに突き当たる。

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル入口
空港通路からのホテル入口。2階はカフェレストランとなっている。

 

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル受付
1階に降りたところにあるホテルの受付。

 

5階建てのホテルで客室数は400を越える大型のホテルとなっている。

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル廊下
部屋へ行くまでの廊下

 
アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル部屋

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル部屋

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル部屋
ホテル客室は2人までなら十分な広さである。WiFiも無料で動画がサクサク見れるぐらい速かった。

 

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテルのトレーニングジム
ホテル内にはジムもあるので、就寝前に長旅で固まった体をほぐすことも出来る。

 

アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテルはスワンナプーム国際空港直結のホテルと違い値段もお手頃である。深夜にドンムアン空港に着いたり、トランジットでドンムアン空港を利用する際にも気軽に利用出来るはずだ。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> アマリ・ドンムアン・エアポート・バンコク・ホテル(最低価格保証付きリンク)

このホテルは1人分の料金で2人まで宿泊することができる。

長旅で深夜に到着した場合も空港に着いてすぐにベッドへ入れるのは嬉しいはずだ。無理して疲労を貯めるよりも、リラックスした状態で過ごした方が次の日以降もパフォーマンスを高めることが出来るだろう。

 

空港から10分以上歩く距離なら、ゲストハウスや格安ホテルもある。

ドンムアン・エアポート・モダン・バンコク・ホテル
ドンムアン空港から徒歩圏内の格安ホテル「ドンムアン・エアポート・モダン・バンコク・ホテル」。費用を抑えたい人にもおすすめだが、ドンムアン空港からは徒歩15分程度はかかる。大きな荷物を持っていたり、歩くのが面倒ならタクシーを利用しても良いかと思う。

 

ドンムアン・エアポート・モダン・バンコク・ホテルの部屋
部屋はそれなりに広い。

 

最安値の料金は下記リンク先から日付を入れるだけでチェック出来る。

>>> ドンムアン・エアポート・モダン・バンコク・ホテル(最低価格保証付きリンク)

こちらのホテルも1人分の料金で2人まで宿泊することができる。

 

Expediaのクーポンを使えばホテルは7%以上の割引

上記ホテルを予約する際、Expediaのクーポンを使うことで最安値から更に7%以上安くホテルへ泊まる事が出来る。クーポンは下記リンク先から取得出来る。

>>> エクスペディアのクーポン・コード取得方法

上記リンクからクーポンを取得する(英数字のコードをコピーし、予約決済時に入力する)。Expediaで取り扱いのあるホテルなら格安ホテルでも7%以上の割引が可能である。

ホテルへ最も安く泊まりたいなら、最低価格保証付きリンクから予約を行った方が良いだろう。

 

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス方法にかんしては下記記事で詳しく紹介している。バンコク市内へ出たいと思っている人は必読である。

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス手段をおすすめ順に紹介する
 ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセスはバス(エクスプレスバス)とタクシーが便利である。スワンナプーム国際空港から出ているエアポートリンクのような電車はドンムアン空港...


スポンサーリンク

ドンムアン空港・搭乗口フロア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。