アソークにあるおすすめホテルを予約する前に知っておくべきこと

スクンビット通りのアソーク交差点

 

アソークはBTS(バンコクスカイトレイン)と地下鉄の乗り入れが行われるバンコクの中心とも言えるエリアである。食事からショッピング、娯楽まで滞在者には便利な環境が整っているため、旅行者を含めた日本人滞在者も多い。

 

バンコク旅行にも、一人旅からカップル、友人グループ、家族での旅行と様々なタイプがあるだろう。アソークにはこうした広い範囲の需要に答えられる格安ホテルから高級ホテルまで、様々なホテルが営業している。

バンコク旅行の初心者からリピーターまで、多くの人が滞在先にしているエリアでもある。

 

下記では

▶ アソークにあるおすすめホテル

を格安ホテルから高級ホテルまで紹介し

▶ バンコクでホテルの予約をする前に知っておくべきこと

についても、バンコクでの滞在を快適にしたい、ホテル選びで後悔したくない人に向けて紹介したいと思う。

 

アソークのおすすめホテル

アソークの地図
©OpenStreetMap contributors

 

まず、アソーク・エリアにおけるおすすめホテルの簡単な紹介からする。詳細な情報と料金をチェックしたい人はリンク先からホテルの情報を書いた箇所へ飛んでほしい。

 

▶ アソークの格安ホテル

>>> ソイカウボーイまで徒歩0分!地下鉄スクンビット駅にも1分で行ける好立地の格安ホテル

>>> BTSアソーク駅から徒歩数分!スクンビットソイ19で営業する格安ホテル

>>> BTSアソーク駅から徒歩数分!スクンビットソイ14で営業するキレイな格安ホテル

 

▶ アソークの中級ホテル

>>> 地下鉄スクンビット駅1番出口から徒歩数分の位置にあるサービスの良い中級ホテル

>>> BTSアソーク駅改札から徒歩数分の位置にあり、便利でオシャレな中級ホテル

 

▶ アソークの準高級、高級ホテル

>>> 友人グループや家族での宿泊にもおすすめ!スクンビットソイ18で営業するホテル内施設が充実した準高級ホテル

>>> アソーク駅に直結するターミナル21上で営業している人気高層ホテル

 

以上のようになる。

それぞれのホテルの詳しい場所については下記Google Mapsに示してあるので、こちらも参考に。


アソークの主要スポット及びホテル・マップ。右上の枠の記号(拡大地図を表示)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。左上の矢印が付いた枠記号を押すと、おすすめホテル一覧も表示されます。

 

Expediaのクーポンを使えばホテルは7%以上の割引

ホテルを予約する際、Expediaのクーポンを使うことで最安値から更に7%以上安くホテルへ泊まる事が出来る。クーポンは下記リンク先から取得出来る。

>>> エクスペディアのクーポン・コード取得方法

上記リンクからクーポンを取得する(英数字のコードをコピーし、予約決済時に入力する)。Expediaで取り扱いのあるホテルなら格安ホテルでも7%以上の割引が可能である 。

ホテルへ最も安く泊まりたいなら、Expediaリンクから予約を行った方が良いだろう。ただし、クーポンが利用できないホテル、利用できなくなる条件もあるので注意。

>>> エクスペディアのクーポンが使えない場合の対処方法5つ

 

アソークのおすすめ格安ホテル

ソイカウボーイ
バンコクでも有数の繁華街であるソイカウボーイ

 

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)

セレーヌ・アソーク・スイーツはソイカウボーイから徒歩0分の格安ホテルである。上のGoogle Mapsでは茶色ホテルアイコンの位置にある。

ソイカウボーイのアソーク通り側入り口を出て、すぐ隣の建物に入居するホテルである。

 

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)ソイカウボーイの近く
ソイカウボーイから右へ出て徒歩0分。セブンイレブンが営業する茶色の建物に、セレーヌ・アソーク・スイーツは入居している。

 

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)受付
建物に入ってすぐにある受付。

 

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites) セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)
デラックスルームの部屋。決して新しくはない。ただ、十分にキレイで、それなりの広さもある。ダブルベッドのデラックスルームでも、2人までなら十分泊まれるかと思う。

 

セレーヌ・アソーク・スイーツ(Serene Asoke Suites)洗面所
洗面所。奥はシャワースペースになっている。

 

ソイカウボーイに隣接するホテルであり、地下鉄スクンビット駅の入り口までも徒歩1分程度、BTSアソーク駅も近い。ソイカウボーイを遊び尽くしたい人だけでなく、昼間の観光拠点としても非常に便利だろう。

好立地であるにも関わらず、シーズン外であれば格安ホテル並の料金で泊まる事ができる。正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> セレーヌ・アソーク・スイーツ(上で紹介したクーポンも使えるExpediaリンク)

>>> セレーヌ・アソーク・スイーツ(Agodaリンク)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)は無料なので、1人分の料金で大人2人まで同じ部屋に泊まることが出来る。2人でもそこまでの狭さは感じない。繁華街近くという点が気にならなければ、1人旅だけでなく、節約旅行のカップルにもおすすめのホテルである。

チェックアウト時は部屋の確認も無く、キーを渡して待つこと無くすぐに終わった。

 

サムズ・ロッジ(Sam’s Lodge)

サムズ・ロッジ(Sam's Lodge)

サムズ・ロッジはスクンビットソイ19で営業する格安ホテルである。上のGoogle Mapsでは黄色ホテルアイコンの位置にある。

スクンビットソイ19はアソークのランドマーク「ターミナル21」の西を通るソイ(通り)である。

 

スクンビットソイ19
スクンビットソイ19

 

ホテル入口はスクンビット19沿い正面が洋服屋になっている建物横にある。

サムズ・ロッジ(Sam's Lodge)入口
「Sam’s Lodge」の看板が目印である。

 

建物に入るとエレベーターがある。

サムズ・ロッジ(Sam's Lodge)受付
ホテル受付は2階。一度チェックインすれば、受付を通らずに直接部屋へ向かうことが出来る。女性を連れ込む際も、IDチェックなどは必要ないが、知らない相手の場合、盗難などのリスクは上がるので注意しよう。

キーを渡してすぐにチェックアウト出来るので、シーツやタオルの汚れによる罰金はない。

 

サムズ・ロッジ(Sam's Lodge)廊下
ホテル廊下

 

サムズ・ロッジ(Sam's Lodge)ベッド サムズ・ロッジ(Sam's Lodge)部屋

サムズ・ロッジ(Sam's Lodge)
スーペリアルームの部屋。ホテルの廊下からだいたい想像できると思うが、部屋も狭い。このサイズの部屋しか無いので、カップルなどで泊まるのは向いていないだろう。

WiFiの速度はまあまあ出たが、あまり安定せず、ちょくちょく途切れた。

 

サムズ・ロッジ(Sam's Lodge)洗面所
洗面所とトイレにシャワールーム

 

ホテルはターミナル21まで100mちょっとの位置にあり、BTSアソーク駅にも近い。ホテルのあるスクンビットソイ19には、マッサージや旅行代理店、コンビニの他、日本料理屋も何軒かある。ホテル周辺の環境は充実しており、観光の拠点としても便利である。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> サムズ・ロッジ(上で紹介したクーポンも使えるExpediaリンク)

>>> サムズ・ロッジ(Agodaリンク)

JFは無料なので、1人分の料金で大人2人まで同じ部屋に泊まることが出来る。ただし、部屋は狭いので一人旅用のホテルになるだろう。ワンナイトラブで使うならともかく、カップルや友人グループでの滞在にはあまり向いていない。

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)

レッド・プラネット・ホテル・アソークはBTSアソーク駅近くで営業している格安ホテルである。上のGoogle Mapsでは赤茶色ホテルアイコンの位置にある。

スクンビット通りから南へ伸びるスクンビットソイ14にあり、BTSアソーク駅へも数分で行くことが出来る。

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)BTSアソーク駅
BTSアソーク駅から見たレッド・プラネット・ホテル・アソーク。Rの赤マークと赤白の建物でレッド・プラネット・ホテル・アソークは営業している。

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)スクンビット通り
スクンビット通り沿いのホテル看板。このスクンビットソイ14へ入っていく。

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)スクンビットソイ14
スクンビットソイ14は周辺エリアに比べると静かなソイである。途中に人気のタイ料理屋もある。

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)受付
ホテル受付

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)
ベッドの上部はガラス張りになっており、エロい。

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)
建物自体が新しく、部屋もキレイである。ただ、部屋は狭く、2人ではギリギリの大きさになる。部屋のタイプとして、ダブルベッドの部屋とシングルベッド2台の部屋タイプがあるが、どちらも狭い。

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)ターミナル21
部屋から見た景色。ターミナル21を望むことが出来る。

 

レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Red Planet Hotel Asoke Bangkok)
洗面所。写真右側にはシャワールームもある。

 

アソークの中でも落ち着いたエリアにあり、建物自体が新しいためキレイである。加えて、シングルルームでも、格安ホテル並の料金で泊まることが出来るホテルだ。BTS、地下鉄駅にも近いため、バンコクの観光の拠点としても便利だろう。

悪い点としては、汚れに対する罰金の規定が厳しくなっている部分があげられる。シーツに少しのシミを作っただけで500バーツ(約1670円)、タオルの汚れにも200バーツ(約670円)を宿泊者に請求している。これは夜遊びでの利用を制限するための規定かと思う。

レッド・プラネット・ホテル・アソークはホテルの一般利用者を増やしたいようである。チェックアウト時にこうした費用の支払いでもめたくなければ、夜遊びでの利用、カップルでもそういった行為は避けた方が良いホテルだろう。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> レッド・プラネット・ホテル・アソーク(上で紹介したクーポンも使えるExpediaリンク)

>>> レッド・プラネット・ホテル・アソーク(Agodaリンク)

JFは無料なので、1人分の料金で大人2人まで同じ部屋に泊まることが出来る。ただし、2人だと部屋は狭く感じるかと思う。

ホテル自体はキレイで立地もよく値段は安い。一人旅での利用ならおすすめのホテルである。

 

アソークのおすすめ中級ホテル

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコクはBTSアソーク駅から徒歩5分、地下鉄スクンビット駅1番出口からは徒歩2分程度の位置にある中級ホテルである。上のGoogle Mapsでは赤紫色ホテルアイコンの位置にある。

ソイカウボーイへもアソーク通りを挟むが、徒歩数分で行くことが出来る。

 

アソーク通り
BTSアソーク駅から見たアソーク通り。ホテルもアソーク駅から目視出来る。写真中央付近に「FURAMA」の白い文字、「Xclusive」の赤い文字が見えるかと思う。

 

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)受付
ホテル受付。チェックイン時、デポジットとしてクレジットカードで請求(チェックアウト後にキャンセル)か2000バーツが要求される。もちろん、何もなければそのまま返ってくる料金である。

 

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)客室

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)客室
ベッドと作業机。部屋は一番狭いデラックス・ダブルルームのプランでも広く、2人でも十分な広さだろう。WiFiも速くて快適だった。

 

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)クローゼット
クローゼットにはセキュリティボックスの他、アイロンもある。サラリーマンにも嬉しいサービスである。

 

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)洗面所、トイレ

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(FuramaXclusive Asoke Hotel Bangkok)バスタブ
洗面所とトイレ。トイレ横にはシャワーとバスタブも付いている。バスタブではゆっくりお湯に浸かり、入浴タイムを楽しむことも出来るだろう。

 

部屋の広さや立地に加え、スタッフのホスピタリティも良かった。みな目が合えば会釈をしてくれるし、夜の女性を連れていても丁寧な対応をしてくれた。高級ホテルならともかく、バンコクの中級ホテルでここまでサービスの良いホテルは他に無いように思う。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、他のホテルと値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(上で紹介したクーポンも使えるExpediaリンク)

>>> フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコク(Agodaリンク)

JFは無料なので、1人分の料金で大人2人まで同じ部屋に泊まることが出来る。女性を連れ込んだ際は、受付できちんとIDチェックがなされた。

部屋も広いため、カップルや友達同士、家族での利用にもおすすめのホテルである。

 

S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)

S スクンビット・スイーツ・ホテルはBTSアソーク駅改札から徒歩数分の位置で営業する中級ホテルである。上のGoogle Mapsでは灰色ホテルアイコンの位置にある。

BTSアソーク駅の6番出口(Exit 6)を出て、高架歩道橋を真っ直ぐ進むとすぐ視界に入ってくる。

ホテルへはBTSの他、地下鉄スクンビット駅からのアクセスも容易である。ホテルからソイカウボーイへも信号を渡る必要もなく数分で行くことが出来る。

S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)

 

BTSアソーク駅から向かい、ホテルへ入るには一度高架歩道を降りて、1階エレベーターを利用する必要がる。

S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)ホテル入口
ホテル入口。1階(地上階)ではカフェレストランが営業している。

 

S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)受付
2階受付。チェックイン時、デポジットとしてクレジットカードで請求(チェックアウト後にキャンセル)か1000バーツが要求される。もちろん、何もなければそのまま返ってくる料金である。

 

S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)客室

S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)客室
客室も新しくキレイである。WiFiの速度は動画もサクサク見れるぐらい速い。ただし、繋がらない時間もあった。

フラマエクスクルーシブ・アソーク・ホテル・バンコクに比べると少々狭いが、カップル等2人までなら十分かと思う。

 

S スクンビット・スイーツ・ホテル(S Sukhumvit Suites Hotel)トイレ、シャワールーム
トイレとシャワールーム。洗面所もある。

 

部屋は広くはない。ただ、立地やまだ新しい建物であることを考えれば悪くない値段だろう。ホテルを出るとインターチェンジ21タワーの前に出るので、ソイカウボーイだけでなく地下鉄スクンビット駅へのアクセスも良い。

インターチェンジ21タワー・アソーク
インターチェンジ21タワー。写真右に見えるのが、S スクンビット・スイーツ・ホテル。左中央より少し下には地下鉄スクンビット駅入口がある。

 

綺麗で新しく、アソークを拠点として、バンコクの観光を楽しむのに最も立地が良い中級ホテルである。正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> S スクンビット・スイーツ・ホテル(上で紹介したクーポンも使えるExpediaリンク)

>>> S スクンビット・スイーツ・ホテル(Agodaリンク)

JFは無料なので、1人分の料金で大人2人まで同じ部屋に泊まることが出来る。2階受付を通ること無く部屋へ行くことが出来るので、連れ込む女性のIDチェックは自主的に行うことになる。

わかりやすい場所にあるため、タイ旅行初心者にもおすすめのホテルだ。

 

アソークのおすすめ高級ホテル

ターミナル21とその上に乗るグランド センター ポイント・ホテル・ターミナル21
ターミナル21

 

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)入口

レンブラントホテル・バンコクはアソークエリアで営業している準高級の高層ホテルである。上のGoogle Mapsではピンク色ホテルアイコンの位置にある。

ホテルはアソークの交差点から200mほど先で南へ伸びるスクンビットソイ18にある。スクンビットソイ18はこうした準高級ホテルの多いエリアである。

 

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)
スクンビットソイ18のパーク・プラザ・スクンビット・バンコク(Park Plaza Sukhumvit Bangkok)のすぐ後ろにある高層ホテルがレンブラントホテル・バンコク。

 

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)受付
受付。チェックイン時にデポジットとして1000バーツを現金もしくはクレジットカードで請求される。もちろん、何もなければ返金される料金である。

 


1階ロビー。客はカップル、家族の他、友人同士のグループも多い。

 

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok) レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)ベッド
スーペリア・ルーム・キングベッド・プランの客室。一番小さなサイズに部屋になるが、2人なら十分な広さである。この部屋の3倍の広さとなるファミリールームもある。ファミリールームはキングベッドの他、シングル2段ベットがある。

無料WiFiは十分に速く、安定していた。

 

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)
クローゼットにはセキュリティボックスの他、サラリーマン用にアイロン掛けもある。

 

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)夜景
部屋から見たアソークの景色。高層ビルが並ぶ都会的な雰囲気を感じることが出来るかと思う。

 

レンブラントホテル・バンコクはホテル内の施設も充実している。

レンブラントホテル・バンコク(Rembrandt Hotel Bangkok)トレーニングジム
トレーニングジム

 

ジムやプール、スパに加えて、ルーフトップバーもある。

 

ホテル内施設が充実しており、バンコクでの快適な滞在を望む人におすすめだ。

BTSや地下鉄駅までは多少の距離はある。それでも家族やグループなら車移動が便利になると思うので、この辺は気にならないだろう。むしろ、アソークの主要エリアから離れた分、落ち着いた雰囲気となっているのは家族連れには嬉しいかと思う。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> レンブラントホテル・バンコク(上で紹介したクーポンも使えるExpediaリンク)

>>> レンブラントホテル・バンコク(Agodaリンク)

JFは無料なので、1人分の料金で大人2人まで同じ部屋に泊まることが出来る。

家族連れやグループの他、部屋から見たアソークの風景もきれいなのでカップルにもおすすめのホテルである。

 

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)

グランド センター ポイント・ホテル・ターミナル 21はターミナル21の上層階で営業している高層ホテルである。BTSアソーク駅に直結し、バンコクではトップクラスの立地で人気も高いホテルだ。

上のGoogle Mapsでは青色ホテルアイコンの位置にある。

 

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)
ホテルへ行くには地上階横の路地を入っていく。

 

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)
ロビー横の待合室。5つ星とだけあって豪華である。ホテルには各界の要人もよく宿泊している。

 

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)客室
客室は大きな窓で外の景色が大部分を占めている。一番狭いスーペリアルームでも十分な広さがある。ホテルにはシングルベッドが3台のトリプル、ファミリー向けプランもある。

 

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)ベッド
ベッド

 

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)洗面所

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)バスルーム
洗面所とバスルーム。シャワールームも分離して、併設されている。

 

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)アソーク通り

グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)ソイカウボーイ
部屋からはソイカウボーイを眺めることも出来る。部屋から眺めたい方角があれば、チェックイン時に指定した方が良いだろう。

 

お気に入りの彼女・彼氏と泊まりたい場合、お気に入りを作りたいときには最適のホテルである。バンコクでリッチな気分を味わいたいという人にもおすすめだ。バンコクで何日か滞在するうちの1泊ぐらいはこういったホテルを混ぜても良いだろう。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、他のホテルと値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> グランド センター ポイント・ホテル・ターミナル 21(上で紹介したクーポンも使えるExpediaリンク)

>>> グランド センター ポイント・ホテル・ターミナル 21(Agodaリンク)

JFは無料なので、1人分の料金で大人2人まで同じ部屋に泊まることが出来る。受付とエレベーターが離れていたため、連れ込み相手のIDのチェックは任意となっている。

シングルからカップル、家族、友人グループまで幅広い層におすすめ出来るかと思う。

グランドセンターポイントターミナル21について更に詳しくはの記事を参考に。

グランド・センター・ポイント・ターミナル21へ宿泊するとモチベーションが上がる理由
ショッピングモールの上に乗るグランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21) グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル2...

 

バンコクでホテルの予約をする前に知っておくべきこと

スクンビット通りのアソーク交差点
スクンビット通りのアソーク交差点

 

アソークのホテルではジョイナーフィーとして、女性をホテルへ連れ込む際に追加料金を取るところは少ない。ただ、ホテルまたは受付スタッフによって、18歳以上でも、20歳未満なら、家族でもない限り、ホテルへの宿泊を拒否するケースはある。

また、アソークのホテルではシーツやタオルの汚れに対して罰金を徴収してくるところも多い。夜遊びで利用するだけでなく、カップルで宿泊した際もシミや血痕を残してしまうことはあるだろう。

 

こうした主に夜遊びの際に生じるIDチェックや罰金などの対策について詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

ソイカウボーイ近くJF無料のおすすめホテルで夜遊び向けのものだけを紹介していく
 バンコク有数の繁華街であるソイカウボーイ周辺には格安ホテルから高級ホテルまで、様々なホテルが営業している。ただ、その中でもコストパフォーマンスで見た本当に良いホテルという...
アソーク周辺のホテルを夜遊び用に使う人は必読である。

 

エクスペディアにあるアソーク全ホテルで比較したい人は下記ページを参考に。

>>> アソークの全ホテル(Expedia)

 

アゴダにあるアソーク全ホテルで比較したい人は下記ページを参考に。

>>> アソークの全ホテル(Agoda)

 

アソークの他、同じく繁華街となっているナナを含むスクンビットの広い範囲でホテルを探している人は下記記事も必読である。

スクンビットでおすすめのホテルを予約したい人が知っておくべきこと
 スクンビット(タイ語:สุขุมวิท、英語:sukhumvit)は、バンコク・スカイトレイン(BTS)のスクンビット線が上を通るエリア、駅名で言えばナナ、アソーク、プロンポン、トンロー、エ...


スポンサーリンク

スクンビット通りのアソーク交差点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。