キャバクラ・バイトの仕事内容と複雑な給料システムをわかりやすく説明する

キャバクラバイトの給料

 

キャバクラでバイトをしようと思っている人が気になる点としては、「仕事内容」と「給料」にかんする部分が多い。仕事内容や店に来る客についてはある程度想像がつくだろう。ただ、給料のシステムについては思っている以上に複雑である。

指名などで得られるポイントは時給へと直接的に影響してくる。キャバクラバイトでは、このポイントを得るために、いかにして男心をくすぐるかが重要となるのだ。

 

この記事では

▶ キャバクラバイトの仕事内容、勤務時間、キャバクラに来る客

から、複雑な

▶ キャバクラバイトの給料システム

までキャバクラバイトの内容に興味を持っている人へ向け、詳しく述べていきたいと思う。

 

キャバクラバイトの仕事内容、勤務時間について

キャバクラの仕事内容
www.youtube.com

 

キャバクラバイトの仕事内容は他の水商売と殆ど同じである。客の話相手になる、水割りを作る、客の煙草に火をつけるが主な仕事となる。もちろん、それぞれ細かいマナーはあるが、高級クラブとは違い、愛嬌があれば多少の失敗は許される。

店の外でも、営業メールやLINEは送らなければならないのは大体予想がつくだろう。人気キャストは、一日に1000メッセージ以上のやり取りをするのが普通となっている。高級店の場合は、ボーイ(付け回し、ラッキーなどとも呼ばれる)が付いて、男性心理のハウツーから営業メールの打ち方なども指導される。

ちなみに、指名がないキャストをどの客に付けるか決めるのもボーイの役目になる。従って、ボーイに好かれる必要まではないが、嫌われない程度に接する必要があるだろう。

 

キャバクラは水商売でもフランクな部分が多く、新規の客を得るため同窓生や知り合いを誘うキャストも多い。

 

キャバクラの仕事衣装や働く前に準備するものについて

キャバクラの衣装ドレス

 

通常のキャバクラでは、高級感溢れる和服や本格的なドレスを着る店は少ない。長期で働いている人の場合、衣装を自前で用意するのが普通だ。初めのうちは店のレンタルを利用する人が多い。大体のお店で衣装のレンタルが出来るようになっている。また、キャバクラが多い地域では専門の衣装のレンタルや販売をやっているショップがあるので、そこの利用を薦められるだろう。ガールズバーよりのお店だったり、カジュアルな普段の服装でオーケーなキャバクラ店もある。

お店にもよるが、毎月のように衣装イベントがある。「浴衣デー」など、全員が浴衣で接客したり、コスプレのイベントをやったりする。こうしたイベント衣装は基本的に自前となっている。

高級店の場合、専属のスタイリストがいて、ヘアメイクも店内でやってくれる。ただ、こうした高級店で働けるのは、相当な美貌と若さのある選ばれた女の子だけである。

カラー写真つきの名刺などもお店が作ってくれる。ただし、この費用も自腹で払わなければならない店が多い。

 

一般的な風俗店同様、若い女の子の囲い込みは大切である。独身寮やシングルマザーのために母子で入居出来る部屋を用意しているお店もある。個人で整えていくことが求められる高級クラブより、福利厚生などサポート体制はしっかり用意してくれている店は多い。もちろん、こうしたサポート体制に甘えて「訳あり」なキャストが集まる店もある。

 

キャバクラの勤務時間

お店にもよるが営業時間は夕方6時から深夜0時ぐらいまでになる。基本的に休憩時間はない。

最近では早朝や昼間に営業している店も多い。これは風営法が厳しくなっており、深夜までの営業が禁止な地域もあるからだ。早朝昼間は利用料金が若干安くなっているため、少しでも節約したい客はこの時間に訪れている。

 

キャバクラに来る客

キャバクラでの仕事内容
www.youtube.com

 

キャバクラの客層は若く20代から40代くらいまでのサラリーマンが中心となる。地方の店になると、客は地元のマイルドヤンキー風の一般会社員の他、公務員なども多くなる。ベンチャーの社長など、新興のお金持ちが来るキャバクラは東京が圧倒的に多い。

客もキャバクラへは「紹介無し」「一見さんOK」で入ることができる。加えて、初回サービス2時間で5000円などの呼び込みをしている。そうなると当然銀座などの高級クラブとは比べ物にならないくらい客の回転は早く(新規の客ばかり)、質は低くなる。客の中には、初回サービスだけで次の来店をせず、あちこちで遊び回っている人も出てくるのだ。もちろん。この辺の差はエリアや店にもよる。

 

太い客(たくさんお金を使ってくれる客)は店の集客方法や、キャストに相当な魅力がないと捕まえるのが難しい。指名客をつかむためにも色恋営業をかなり駆使しなくてはならない。目当ての女の子がどうにも口説けないと分かると、その客は来なくなるからだ。ただ、客の回転も早いので、色恋営業の機会は多く、経験値を上げることは出来るだろう。

 

新人の頃はフリーの立場で席に付くことが多く、気まずい雰囲気やセクハラ、暴言に心折れることもあるだろう。客は擬似恋愛をしに来ているので、指名したキャストが来るまでの間にヘルプやフリーのキャストが来ても、通常テンションは低いままである。気を使ってはくれない。暴言はなくとも、積極的にしゃべろうとしない人は多い。

また、「指名換え」が許されているせいで、自分の客を他のキャストに盗られたとトラブルになったり、対人関係がギスギスすることもある。「そういう店だから」と割り切る根性が必要になるだろう。ただ、逆に、他のキャストから慕われていると、売り上げが低い時に同時指名を客に頼んでくれたりもする。女の子同士で派閥が生じたりもするが、必ずしも雰囲気の悪い店ばかりではない。

 

キャバクラバイトの給料システム

キャバクラの給料システム
www.youtube.com

 

キャバクラバイトの給料システムは非常に複雑で、最初に説明されても理解できない女の子が殆どである。

基本の時給は地域やお店のランクによっても異なるが、時給1500~2500円となっている。

これに加えて、キャバクラバイトの時給は

▶ ポイントスライド制
▶ ポイント変動制

という形で上がっていく。

同伴や店前同伴、場内指名によってポイントは加算される。

 

普通の同伴、例えば、店の開店前に客と食事などをしてから、一緒に店に入り、その客からの指名で席に付く形は2ポイントが付く。客は1人の女の子としか同伴は出来ない。

店前同伴は、客へ予め営業メールなどでやり取りを行い、店の前で待っていてもらう。一緒に入店した扱いになり、店前同伴は0.5や1ポイントとなる。

また、客は女の子の指名変えも許されている。いつも同じ女の子を指名しなくても良い。これが高級クラブとは異なる点である。

お店の中で女の子を指名した場合「場内指名」と呼び、これで0.5ポイント指名された女の子につく。

 

同伴は特定の客のみであり、店の前で待ってる店前同伴の客は複数も可能という構図になる。

もちろん、同伴、店前同伴、場内指名それぞれ、客は決まった金額を払わなければならない。金額はお店によっても異なるが、場内指名で5000円ぐらいの料金がかかる。

キャストはポイントのために、閉店後にアフターでカラオケやゲーセンなどにも付き合ったりする。

 

この付与されるポイントが増えると時給が上がっていく。逆に、指名などが付かない女の子は、基本時給だけであり、月に15~20万円ぐらいしか稼げない。

以下は1例になるが

例)本指名1P(1時間につき) 場内指名0.5P 同伴2P

0P~9P   時給3000円(基本時給。基本時給が3000円になるのは一部高級店になる。)
10P~19P 時給3400円
20P~29P 時給3600円
30P~39P 時給3800円
40P~49P 時給4000円
50P~59P 時給4300円
60P~69P 時給4600円

といった具合に時給は上がっていく。

 

給料は競争心を煽るためか、開店前か後のミーティングで「ナンバーワンは○○さんの××ポイントでーす」とみんなに分かるように、現金で給料を渡すお店が多い。

 

また、給料には「ドリンクバック」と呼ばれる分の額も含まれる。これもポイント制になっていることがある。

客に付くとキャストは「ドリンクを頼んでも良いですか?」などとねだるのが普通だ。薄いカクテル1杯で客は1000円ほど払い、キャストには300~500円ほど給料に加算される。ビールは1000円ぐらいバックされる。

「ケチなお客」はこのドリンクをねだられるのが嫌いで、店のハウスボトルから飲むように言う。ボトルを入れて、そこからキャストが頂く方が割安に見えるようになっている。ワイルドターキーなどの若向けのお酒のボトルだと「1万円で数十杯分」にもなるからだ。

このボトルバックはお酒のグレードにもよるが、ドリンクバックよりもはるかに高い。

 

セット料金は5000円で1時間と安い店もあれば、2時間で2、3万円の店もある。セット料金では氷、ミネラル、ちょっとしたオードブルや乾きものが出る。セット時間の延長をさせてもポイントがつく。場内指名で「ワンセット」などと呼ぶ。

扱っている酒類は焼酎から手頃な値段のウイスキーやブランデー、もちろんドンペリもある。

 

前述の衣装イベントの他、一番大変なのは自分の誕生日である。短期アルバイトのキャストは別だが、本業なら、これはホストクラブと同様にイベント扱いになる。この日の売り上げがマックスでなければならない。贔屓にしてくれる客には、必ず訪れるように頼み、シャンパンなど、この日は大量に入れてもらう。

 

同伴や指名などのポイント制だったり、ドリンクバックがそのまま給料に反映される。キャバクラ嬢として頭一つ抜けるためには、細かい同伴や指名、ドリンクの注文を多数受けるより、太客と呼ばれるようなお店でたくさんのお金を使ってくれるお客を付けることが重要となる。ナンバーワン人気嬢が大衆向けではないケースがあるのはこのためである。金持ちに愛されるような子がナンバーワンになったりするのだ。

もちろん、細い客も邪険に扱うわけにはいかないだろう。細い客同士の競争心を煽って、売上を伸ばすキャバクラ嬢もいる。

キャバクラバイト
www.youtube.com

 

お金を稼ぐという強い目標があるなら、同伴や指名、ドリンクバックに邁進しなければならない。キャバクラのバイトは女性によっては向き不向きは当然あるので、向かないと思ったら見切りをつけるのも大事なことである。

 

キャバクラバイトの紹介は様々な媒体でなされている。最も数多くのキャバクラ求人を扱うのはキャバクラ求人が多数紹介されている下記サイトである。給料などの条件は実際に求人ページを見た方が早いだろう。

>>> キャバクラバイトの求人が多数紹介されているサイト

本気で邁進する勇気がなかったり、OLや学生などの本業があるなどの場合は、キャバクラよりも軽いスナックやガールズバーなどの方が良い。

スナック・バイト求人へ応募する前に知っておきたいこと【初めてのナイトワーク】
pixabay.com この記事ではスナック(もしくはラウンジ)で働こうと考えている人が知りたいと思っている▶ スナック(もしくはラウンジ)バイトの主な仕事▶ スナックにおける給与の目安...

 

また、キャバクラを派遣として数ヶ月やってみるのも1つの手である。

ナイトワークに興味のある人は求人に「派遣」型がある事も知っておいた方が良いよ
www.imasia.comより ナイトワークとはお酒を提供し、お客さんとの会話を主とする仕事を指す。女性のナイトワークとしてはクラブやキャバクラ、ガールズバーやバーテンダー、パブでの接...

派遣型のキャバクラバイトでは「お店」や「働く日付」を自由に選ぶ事が出来るシステムとなっている。

>>> 全額日払い・完全自由出勤・厚労省認可の派遣キャバクラ

働きたい時にだけ、自分に合ったお店で働くことが出来るシステムである。

こういった働き方をして、指名を受けるのが難しかったり、仕事の雰囲気に慣れるのが難しいなら、さっさとキャバクラという世界で働くことから見切りをつけるべきだ。

 

キャバクラ・バイトの求人へ応募する前に知っておくべき「働いてからの実情」、「キャバクラバイトからの卒業後」について詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

キャバクラ・バイトの求人へ応募する前に知っておくべき働いてからの実情
 キャバクラのバイトを始めたいと思っている女性はお金だったり、何らかの期待を持っているだろう。ただ、キャバクラという仕事についても、実情について客観的に聞く機会は無いのが普...


スポンサーリンク

キャバクラでの仕事内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。