アフィリエイターになるまでの壮絶な記録。フリーターがニートを経験しアフィリエイトで稼げるようになるまでの2年間を話そう

アフィリエイター Affiliater
www.flickr.com

 

アフィリエイターとはアフィリエイト広告によって収入を得ている人のことを言う。アフィリエイトの収入だけで生活している人は「専業アフィリエイター」と呼ばれる。アフィリエイトをしている人の中でも専業アフィリエイターは少数であり、しかも、どのような経緯でなったかというのはほとんどの人は知ることはできないだろう。そこで今回は自分がアフィリエイトを始めてから現在の収益を上げるまでの2年半を紹介していきたいと思う。

 

これらの物語は長くなったので「専業アフィリエイターになるまで」と次回「専業アフィリエイターになってから月30万円稼ぐまで」の2回に分けて綴っていく。

 

ブログでアフィリエイトを始める

まず、自分は2010年末アメーバでブログを作ることから始めた。この時は会社員を辞めてから何年か経ち、引っ越しのアルバイトで生計を立てていた。少しでも収入の足しにしたかったのと、可能であればネットで稼いで生活がしたいという思いからアフィリエイトを始めた。

 

ブログは日常に関することを中心に、自分の趣味もつらつら綴っていた。始めてすぐに、Facebookと連動させて友人にもシェアするようにした。すると、更新の度に100PV以上は得ることが出来た。

友人というのは何だかんだで他人のプライベートは気になるものだ。かなりの割合の友達がFacebookから覗きに来てくれた。

1ヶ月目はそれなりに更新したが、3月頃になると引越しバイトも繁忙期で、更新はほとんどしていなかった。それでもPVは100から200程度あり、更新回数を増やせばもっとPVは増える自信があった。

忙しくはあったが、この頃他に趣味の情報交換を行う「掲示板」を作成した。

 

アフィリエイトで稼ぐために行った集客

2011年4月の半ば頃になると多少時間もできたので、ブログ更新数を増やした。ブログから掲示板へ誘導するような記事も書いていったので、掲示板も徐々に盛り上がっていった。掲示板は当初同じ趣味を持つリア友やブログから流した人で書き込みのやり取りがあるぐらいだった。それでもAmazonなどのアフィリエイトリンクを貼ったり、収益化を試みるようになった。

集客方法としては2ちゃんねるの関連スレッドにリンクを貼ったり、Youtubeを使った顔出しでの動画投稿もした。また、掲示板で度々オフ会の提案をし、オフ会を通じてリア友をどんどん増やしていった。このリアルフレンドを増やすことが初期の流入ではもっとも効果的だったと思う。

 

オフ会以外のバイト等でもとにかくがむしゃらにFacebookの友人を増やすことを意識していた。これはFacebookの場合、ブログや掲示板へどんどん誘導できるからだ。ネット上だけで済ませがちな集客もリアルと合わせると非常に効率的で、この点に着目したのは良かったと思う。欠点といえば、個人情報が筒抜けになることだろう。

 

リアルでの知り合いを増やした結果、掲示板は多い時で1日500以上のアクセスを獲得した。1ヶ月程度リアルでオフ会などを始め、浅い友人関係が広がったところで、ネタ探しや語学の勉強を兼ねて欧米に留学へ行くことにした。

この時もあくまでブログを軸に、YouTubeを使っていわゆる冒険系、突撃系の動画を投稿することに力を入れた。動画の視聴者もブログへ流したり、現地でオフ会をしたりして、Facebookの友人を増やすことにも寄与した。こうしたYouTube、Facebookからブログ、掲示板、さらにはブログの記事最後や掲示板からリンクを貼ったアフィサイトへ大きなトラフィックを作った。

現在はYouTubeで収益をあげることも容易にはなっている。しかし、当時はあくまで集客用の外部サイトとして機能させていた。

YouTubeによる広告収入の仕組みとYouTuberの広告収入を調べる方法 - 踊るバイエイターの敗者復活戦
YouTubeはパートナープログラムというものを提供している。条件を満たすYouTubeチャンネル登録者であれば誰でも参加が可能となっている。 YouTubeから広告収入を得るにはまずYouTubeパートナープログラムへ登録しなければならない。登録後に、動画へ掲載される広告から収入を得ることが出来るようになる。

SEOを意識した検索エンジンからの集客は当時全く考えていなかったと言えるだろう。

 

アフィリエイトASP

アフィリエイトサイトとはアフィリエイトで報酬をあげることを目的に作られたサイトの事を言う。

アフィリエイトサイトで稼ぐ方法。現在の主流と問題点。
Are you a mac or a pc? アフィリエイトサイトとは? アフィリエイトサイトとはアフィリエイトで報酬をあげることを目的に作られたサイトの事を言う。 昨今のアフィリエイトサイトは形式的にはブログ...

アフィリエイトサイトのアフィリエイトはASP1ASP2ASP3、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトなどを使った。今でもこれらASPは利用している。広告、ジャンルごとに専門のアフィリエイトサイトを作成して行った。

 

アフィリエイトサイトは作業量に比例して収益も増えるため、比較的早いうちから収益をあげることが出来る。アフィリエイトASPは多々あるが、記事に合う広告を設置するとアフィリエイトの成約率が高まる。

初心者におすすめなのはASP1である。このASPの良い点は最低支払額が777円で振込手数料が0円というところだ。報酬が少ない場合ほど手数料も馬鹿にならないので、この点は嬉しいだろう。

最大手とも言われるASPで、案件数も多いのはASP2である。

金融系の案件が多く、クリックから60日間もの間Cookieが保存される(後日訪問し購入に至っても報酬が貰える仕組み)ASP3もおすすめである。他のASPからリンを張り替えた後すぐには効果は出ないが、60日間Cookieが保存されるので1ヶ月以上経った頃から徐々に報酬の発生数が張り替える前よりも増えていくだろう。

上記3つのASPはアフィリエイターであれば最初から登録必須だ。

 

その他、最新のASPから幅広いジャンルのおすすめASPを知りたい人は下記記事を参考に。

アフィリエイト初心者におすすめのASPからアフィリエイトの手法までを詳しく紹介していく - 踊るバイエイターの敗者復活戦
アフィリエイトを利用すれば、特定のキーワードを検索上位に表示させるだけで数百万円といった額を稼ぐ事も出来る。ただ、こうした稼げるキーワードでの上位表示は多くの人が試みているため競争も激しく困難であるのが普通だ。

 

アフィリエイトを行ったブログの内容

ブログ記事も動画に関連した記事を書いて、動画を見て面白いと思った人が訪れたくなるようなものにした。当時、自分が運営していたサイトはコンテンツの中心がYouTubeに投稿した動画だった。動画は例えば「ロンドンのスラム街を夜中に歩くと?」「欧米、ゲイのハッテン場でアジア人はモテるのは本当か?」のような、題名で見たくなるような動画をほぼ毎日に投稿した。今では普通だが、当時としては過激な部類のものが多かったと思う。

ロンドン
www.flickr.com

 

現地ならではの動画やブログは多くの人に興味を持たれ、Facebookでの拡散やはてなブックマークでのホットエントリー入りもした。おかげでブログ、掲示板の訪問者も爆発的に増えた。面白いブログという認識も広がり、リピーターや「お布施してあげるよ。」と連絡してくる熱狂的なファンも出てきていた(お布施は丁重にお断りし、食事だけご馳走になった)。海外に留学していた月はブログだけで平均5000PVを獲得している。

6月のアフィリエイト収益は15万円程度に上り、ポイントサイトをまとめたアフィリエイトサイトのおかげでポイントサイト登録者数も爆発的に増えた。これからもっとアフィリエイト収入を増やしていきたいとモチベーションも非常に高かった。

 

ネットトラブルの発生。フリーターからニートへ

しかし、ここで個人情報の管理の甘さが露呈する。実家、バイト先へのイタ電が始まり、自分自身も家の前で盗撮され晒されるという悪夢を経験する。

ネットトラブル Net trouble
www.flickr.com

 

その結果、集客の中心だったYouTube、アメブロ、Facebookのアカウントを削除することを決意する。掲示板も一時的に閉鎖を決めた。今思えばここまでする必要は無かったように感じる。しかし、当時はそれだけ冷静な判断が出来ないほど追い詰められいた。7月はアフィリエイトの発生数も大幅に減少し、8月についてはほとんど無くなった。バイトを辞めて家に引きこもる日が続いた。誰かに見られてるようで外に出る気も、何をする気にもなれなかった。いわゆる引きこもり(ニート)である。

 

精神的に辛かったが、たまたま航空券の安かった近隣諸国へ逃げる形で行くことにし、その結果見事に復活した。

「自分のことなんて誰も知らないこの地で顔も隠さず、堂々と生活できる。」

そう感じさせてくれたことに加えて、アフィリエイト確定額は2ヶ月後まで振り込まれるし、ポイントサイトからの収入もそれなりにあったも気持ち的には大きかったように思う。

アフィリエイターの夜明け 虹 レインボー
www.flickr.com

 

アフィリエイターへ

閉鎖していた掲示板を再開し、新たな掲示板やそこからのアフィサイトも作成する。掲示板も全盛期ほどではないが、徐々に盛り上がりを見せる。収入は少しずつ回復に向かった。

 

帰国後バイトを始めるが、その後タイに行くなどしてシフトに全然入らなかったため、クビを宣告される(タイから帰国後、次の出勤日はいつですか?と聞くと、「もう入れてない」と言われる)。これを期に、新しいバイトは探さずに、専業アフィリエイターになることを決意する。2011年12月の話である。

 

その時の収益は掲示板、アフィサイト、ポイントサイトで10万円程度。日本ではギリギリの生活を強いられることになるので、月10万円もあればそれなりの暮らしができる東南アジアや中国への移住を決意する。こうして、2012年の1月から半年に渡るアジア放浪生活が始まった。

ここから1年で月30万円の収入まで増やした方法については、次回の専業アフィリエイターが月30万円稼げるようになるまでの活動記録で語ることにしよう。

 

アフィリエイト初心者は下記記事も必読である。

アフィリエイト初心者におすすめのASPからアフィリエイトの手法までを詳しく紹介していく - 踊るバイエイターの敗者復活戦
アフィリエイトを利用すれば、特定のキーワードを検索上位に表示させるだけで数百万円といった額を稼ぐ事も出来る。ただ、こうした稼げるキーワードでの上位表示は多くの人が試みているため競争も激しく困難であるのが普通だ。

コメント

  1. アホか! より:

    しかし、よく読んでみると、
    大変ご苦労されていらっしゃったお方ですね。

    なかなか挑戦心のあるお方ですな。

    • 付利意雷布 付利意雷布 より:

      ありがとうございます。

      まあ、その道しかなかったというか。。。
      海外まで視野に入れるというのは奇天烈な考えなのかもしれません。

  2. ミスチルラブ より:

    アフィリエイターに興味があり、拝読しました。
    アフィリエイターで個人情報が漏れてしまう・・・ということがあるのでしょうか?
    連日連夜のイタ電・・・。何故?!
    興味があったのですが、ためらってしまいますね。

  3. あぶー より:

    アフィリエイトをはじめたばかりの者です。アフィリエイトで商材(無料オファー)を紹介してくださる仲間を探したいのですが、どうやったら探せますでしょうか?アドバイスいただければ幸いです。
    宜しくお願い致しますm(__)m