バンコクの安宿街「ルンピニー」は知っておいて損はないよ

ルンピニーの安宿街

 

この記事では、ルンピニーのバンコクにおける場所やルンピニ公園などを含む総合的な

▶ ルンピニーについて

の情報から、

▶ ルンピニーにある安宿街

についての紹介とその行き方。

同じくバンコクの有名安宿街である

▶ カオサンとの比較

に加えて

▶ ルンピニーにあるおすすめホテル

まで詳しく紹介していきたいと思う。

ルンピニーについて

ルンピニーはバンコク・パトゥムワン区にあり、スクンビットエリア(ワッタナー区)とシーロムエリア(バーンラック区)というバンコクの繁華街に囲まれたエリアである。

バンコク・ルート・マップ(ルンピニー)
地下鉄ルンピニー駅はスクンビット(アソーク)へは3駅、シーロム(サラディーン)にはわずか1駅の好立地に位置している。

 

ルンピニーにはルンピニ公園といったタイでも有名な公園がある。

ルンピニ公園
ルンピニ公園

 

ルンピニーという名前はネパールにある仏陀(ブッダ)の生誕地名が由来になっている。1920年代のラマ9世統治時代に整備された、歴史ある公園の一つである。

このエリアは日本で言えば、東京のど真ん中にあり、緑豊かな皇居周辺のようなイメージである。皇居の周辺をランニングする人が多いのと同様に、ルンピニー公園周辺でもランニングしている人を度々見かける。

反政府デモ隊等の集会場所としても使われるが、図書館や運動用設備も充実しており、普段は静かで落ち着いた場所になる。

 

旅行者目線で言うと、ルンピニーの魅力はこうした立地や歴史以上に、格安ホテル街があるというのが大きいだろう。

バンコクにはカオサン通りヤワラートといった安宿の多いエリアは他にもある。ただ、アクセスの点を考えると不便だ。

バンコク格安ホテル・マップ
©OpenStreetMap contributorsより

 

旅行者から見た動き易さだったり、バンコクの中心地に近い立地を考えると、ルンピニーの方が利便性は高いだろう。

 

ちなみに、ムエタイの聖地でもあった「ルンピニースタジアム」は2014年に閉鎖され、ラムイントラ通りに移転し新しく建設予定である。

ルンピニースタジアム
ルンピニースタジアム(現在は取り壊されている)

 

バンコクの安宿街

ルンピニーの安宿街

 

ルンピニーの安宿街はソイ・シバンフェン(Soi Si Bamphen)周辺にある。

ルンピニーの安宿街・ソイ・シバンフェン
カフェやマッサージ屋が並ぶソイ・シバンフェン。カフェではもちろんWiFiも使うことが出来る。

 

ソイ・シバンフェンから出るソイや隣接する通りにいくつかの格安ホテル街がある。

ルンピニーの安宿街
安宿が入居する路地。

 

旅行者には嬉しい旅行代理店の他、コインランドリーも設置されている。

ルンピニーの安宿街にあるランドリー
安宿街にあるコインランドリー。1回20~40バーツ(約65~130円)まで設置されている。

 

ホテルは短期だけでなく、長期で滞在している人も多い。

ルンピニー安宿街
欧米系だけでなく、アジア系の年配者も滞在している。

 

ルンピニーの安宿街への行き方

ルンピニーの安宿エリアの詳細な場所については下記バンコクの格安ホテルマップも参考に。


格安ホテルマップ。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

 

地下鉄ルンピニー駅から向かう場合は駅の1番出口から地上へ出る。

地下鉄ルンピニー駅1番出口
地下鉄ルンピニー駅1番出口。

 

地上に出て右へ曲がり、ラーマ4世通り(Rama IV Road)を左にして進んで行く。

ルンピニー・ラーマ4世通り
ラーマ4世通り

 

数分歩くと赤いCIMB THAIという銀行が見えてくるので、この前の通りを右に曲がり、ンガム・デュフリ通り(Soi Ngam Du phli Alley)へ入る。

ルンピニー・ラーマ4世通り
ここから格安ホテルがいくつか営業している。

 

ルンピニーの安宿「エッツ ホステル (Etzzz Hostel)」
ンガム・デュフリ通りに入ってすぐにある格安ホテル・エッツ ホステル

エッツ ホステルは男女共用ドミドリーなら1泊200バーツ程度(約700円)の格安ホテルである。ルンピニーの格安ホテルの中では最も地下鉄駅に近い。

 

車の通行量も多いンガム・デュフリ通りを更に奥へ進むとセブンイレブンが見えてくる。

ルンピニーの安宿街
ンガム・デュフリ通り

 

ルンピニーの安宿街にあるセブンイレブン
このセブン前を左へ入っていくと、ルンピニーの安宿街の中心的な通りである「ソイ・シバンフェン(Soi Si Bamphen)」がある。セブンのすぐ裏には、こちらも人気の格安ホテル「S1ホステル」がある。

 

S1ホステル・ルンピニー
S1ホステル

 

ルンピニーの安宿街・ソイ・シバンフェン(Soi Si Bamphen)
ソイ・シバンフェン(Soi Si Bamphen)

 

ソイ・シバンフェンにはカフェやマッサージ屋、旅行代理店の他、サービスアパートメントが営業しており、この辺りがルンピニーの安宿街になる。

ソイ・シバンフェン(Soi Si Bamphen)ルンピニー

この通りをしばらく進むと、ホテル群があるソイ(小道)も見えて来る。

 

バンコク安宿街
ホテル群があるソイ

 

安宿の集まった小道までは、途中車の往来が多く、狭い通路を通らなければならない。距離以上に時間はかかると思う。時間にして徒歩10分程度になる。

 

バンコクの有名安宿街「カオサン」との比較

カオサン通りに並ぶお土産屋
カオサン通り

 

カオサンロードはこのエリアだけでも様々な営業しており、しばらく滞在しても飽きが来ない。また、夜の通り沿いは音楽が流れ、朝方まで音楽を聞きながら楽しむ事が出来る。

一方で

▶ バンコクの他のエリアへのアクセスには不便
▶ 一晩中若者のノリでうるさい

などのデメリットもある。

 

カオサンロード周辺はBTS(バンコク・スカイトレイン)や地下鉄などの便利な都市交通が通っておらず、タクシーやトゥクトゥク、チャオプラヤー川を渡る船でのアクセスになる。スクンビットやシーロムといった繁華街へも簡単に行くことは出来ない。

夜についても、若者のノリで騒ぎたいような人はしばらく滞在しても楽しめるだろう。ただ、さすがに毎日となると飽きるだろうし、人にもよるが疲れるはずだ。

 

カオサンはいわゆる長期間海外へ滞在する「外こもり」だったり、バックパッカー用のエリアである。バンコクを楽しむというよりは、カオサンにずっといてのんびり過ごしたい人には悪くない。屋台やレストランも多く、ディスコといったある程度の娯楽も揃っている。

カオサン通りへと訪れる前に知っておくべき「楽しみ方」「過ごし方」
カオサン通り(カオサンロード)はバックパッカーの聖地として世界的に有名なエリアである。カオサンがバックパッカーの聖地と呼ばれる所以は旅行代理店が多く、タイの地方を含めた東南アジアへ移動する際の拠点...

 

しかし、短期旅行でバンコクに来たのなら、もっとバンコク市内を観光したり、いろんな繁華街へ繰り出したいと思うはずだ。その場合の安宿を探すなら、間違いなくルンピニーの方がオススメである。

ルンピニーは、少し寂れた安宿街ではあるけれど、節約派の観光拠点としておすすめのエリアである。

バンコク・ルンピニー公園
ルンピニ公園から見たシーロムのビル群。

 

ルンピニーのおすすめホテル

ンガム・デュフリ通りに入ってすぐにある格安ホテル・エッツ ホステルは地下鉄駅にも近く、値段も1泊200バーツ(約700円)安いのでおすすめである。

ルンピニーの安宿「エッツ ホステル (Etzzz Hostel)」
エッツ ホステル

 

>>> エッツ ホステル(最低価格保証付きリンク)

 

また、S1ホステルはオシャレでホテル内の作業スペースも充実しており、ノマドワーカーにおすすめのホテルになる。S1ホステルはンガム・デュフリ通りへ曲がるセブンイレブンのすぐ裏にある。

ルンピニーの安宿「S1ホステル」
S1ホステル外観

 

ルンピニーの安宿「S1ホステル」

ルンピニーの安宿「S1ホステル」の作業スペース
作業スペース

 

>>> S1ホステル(最低価格保証付きリンク)

 

ちなみにホテルについては、空室を探すのは大変なので、初日の宿泊先は絶対予約しておいた方が良い。値段の高いホテルや部屋しか空いていなければ、年中常夏のバンコクでは、暑い中で歩き回っているうちにその高い値段で妥協してしまうのが普通だ。

予めホテルは予約しておいた方が断然安く済むだろう。

 

Expediaのクーポンを使えばホテルは更に7%以上の割引

上記ホテルを予約する際、Expediaのクーポンを使うことで最安値から更に安くホテルへ泊まる事が出来る。クーポンは下記リンク先から取得出来る。

>>> エクスペディアのクーポン・コード取得方法

上記リンクからクーポンを取得した上で、割引される予約サイトから予約を行おう(英数字のコードをコピーし、予約決済時に入力する)。格安ホテルでも7%以上の割引が可能である。

 

ルンピニーを含むバンコク全体の格安ホテル街について比較したい人は下記記事も必読である。

バンコクの格安ホテルに宿泊したい人が知っておくべきこと
 バンコクは周辺国と比べても、格安ホテルと言われるような安宿が多い。バックパッカーにも人気のある格安ホテル街もいくつか存在している。ただ、ホテルを選ぶ際には、安さだけでなく、行動する際の効率性...


スポンサーリンク
ルンピニーの安宿街

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。