スワンナプーム国際空港近くのホテル、バンコク深夜着やトランジットで来た場合どうすべきか?

スワンナプーム国際空港の4階・出発階

 

0時以降になると、スワンナプーム国際空港から市内へと行く方法はタクシー以外になくなる。エアポート・レール・リンクの始発は6時になる。

深夜スワンナプーム国際空港へ着いた場合等、すぐにベッドへ入りたい人のためにスワンナプーム国際空港近くのおすすめホテルから紹介すると

▶ スワンナプーム国際空港から徒歩圏内のホテル
>>> スワンナプーム国際空港・エアポートレールリンク駅に隣接した個室型ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> スワンナプーム国際空港に隣接したトランジットホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> スワンナプーム国際空港・出発階構内にあるトランジットホテル(最低価格保証付きリンク)

 

▶ スワンナプーム国際空港近くの格安ホテル(タクシー移動必須
>>> スワンナプーム国際空港近くにある建物の新しい格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> キング・カエオ・ロード沿いスワンナプーム国際空港近くにある格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

▶ 空港へのアクセスが良いトランジットホテル(0時以降深夜はタクシー移動
>>> スワンナプーム国際空港へのアクセスが良いバンコク市内のホテル(最低価格保証付きリンク)

 

深夜にスワンナプーム空港へ到着した場合、タクシーを使わずにアクセス出来るホテルは限られている。

次の日がタイで仕事だったり、長旅に疲れているのですぐにホテルへチェックインし睡眠を取りたいという人もいるだろう。

 

深夜スワンナプーム空港へ到着した場合、

▶  スワンナプーム国際空港近くのホテルに泊まる場合
▶  バンコク市内へ向かい、市内のホテルに泊まる
▶  ホテルには泊まらず、スワンナプーム国際空港で時間を潰す

の3つの選択肢がある。この記事では、それぞれのケースにおける選択肢とともに、おすすめのホテルも詳しく紹介していきたいと思う。

 

スワンナプーム国際空港近くのホテルに泊まる

空港近くのホテルへ泊まる場合のメリットとしては、空港に着いてすぐにチェックイン出来るという点がある。

空港近くのホテルへ泊まる場合のデメリットとしては、チェックアウトまで数時間の滞在でも1泊分の宿泊費を払う必要がある(アーリーチェックイン出来るホテルは除く)点、単なるトランジットならいいが、そうでない場合は結局次の日ホテルから市内へ移動しなければならないという点があげられるだろう。

 

ここではスワンナプーム国際空港近くのホテルを更に

▶ スワンナプーム国際空港から徒歩で行けるホテル(トランジット・ホテル)
▶ スワンナプーム国際空港からタクシーですぐの格安ホテル

の2つに分けて、アクセス方法と一緒に紹介していきたいと思う。

 

スワンナプーム国際空港から徒歩で行けるホテル(トランジット・ホテル)

スワンナプーム国際空港内もしくは空港と隣接している徒歩圏内のホテルは

>>> ボクステル・アット・スワンナプーム・エアポート(最低価格保証付きリンク)

>>> ノボテル・バンコク・スワンナプーム・エアポート(最低価格保証付きリンク)

>>> ルイ・タバーン・トランジット・ホテル・デイルーム・スワナプームエアポート(最低価格保証付きリンク)

の3つしかない。

格安のボクスホテルか、高級ホテル並の料金になっている中級ホテル2つである。

スワンナプーム国際空港ホテル・ボクステル
スワンナプーム国際空港のエアポート・レール・リンク駅から数十mの場所にある個室型ホテル「ボクステル・アット・スワンナプーム・エアポート

 

スワンナプーム国際空港ホテル・ボクステル
個室になっているが、このホテルにはシャワーやお風呂、洗面所等の水回りの設備は付いていない。トイレは空港構内のものを使用する必要がある。

部屋には空調もなく、冷えすぎる事もある。空港内のアナウンスも聞こえてくるので、構内へ個室ブースを設けただけの部屋と言えるだろう。

 

スワンナプーム国際空港の入国審査抜け、荷物を受け取った後に出たロビーは2階(到着階)になるが、ここから2階下の地下1階にエアポート・レール・リンク駅がある。

エアポート・レール・リンク駅のサイドにあり、両替所や旅行代理店のブースのある通りを数十m真っ直ぐ進むと、ボクステル・アット・スワンナプーム・エアポートがあり、更に5分程度進んでいくとノボテル・バンコク・スワンナプーム・エアポートのホテル前に出る。

スワンナプーム国際空港・エアポートレールリンク駅

スワンナプーム国際空港地下1階にあるエアポートレールリンク駅。ボクステルとノボテルの立て看板も見えると思う。ここの左側を進んでいく。

 

スワンナプーム国際空港・エアポートレールリンク
ボクステル・アット・スワンナプーム・エアポートはエアポートレールリンク駅横、すぐ先にある。

 

ノボテルへ向かうにはボクステルより更に先へ進む事になる。

スワンナプーム国際空港・ノボテル スワンナブーム エアポート
送迎もあるが、空港と地下道で繋がっているため徒歩で向かう事も出来る。

 

スワンナプーム国際空港・ノボテル スワンナブーム エアポート Novotel Suvarnabhumi Airport
ノボテル・バンコク・スワンナプーム・エアポート

 

もう1つのトランジットホテル・ルイ・タバーン・トランジット・ホテル・デイルーム・スワナプームエアポートスワンナプーム国際空港の4階・出発階ターミナル内にある。

スワンナプーム国際空港ホテル・ルイス タバーン デイルームズ トランジット ホテル (ミラクル トランジット ホテル) Louis’ Tavern dayrooms Transit Hotel (Miracle Transit hotel)
ルイ・タバーン・トランジット・ホテル・デイルーム・スワナプームエアポート

 

こちらも構内のアナウンスは聞こえてくるが、スワンナプーム国際空港の近未来的な雰囲気を感じながら泊まることが出来る。

 

スワンナプーム国際空港にある各トランジットホテルの正確な値段は、下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来る。値段を比較するために予め見ておいた方が良いだろう。

>>> ボクステル・アット・スワンナプーム・エアポート(最低価格保証付きリンク)

>>> ノボテル・バンコク・スワンナプーム・エアポート(最低価格保証付きリンク)

>>> ルイ・タバーン・トランジット・ホテル・デイルーム・スワナプームエアポート(最低価格保証付きリンク)

個室ホテルは水回りの設備がなく、他の2つは値段的に少々高い。これらの点を気にしなければ、トランジットホテルにチェックインするのが一番手っ取り早くおすすめである。

 

スワンナプーム国際空港からタクシーですぐの格安ホテル

スワンナプーム国際空港からタクシーで格安ホテルへ行く

スワンナプーム国際空港から徒歩で行く事が可能な「風呂もしくはシャワー付きの格安ホテル」は無い。こうした格安ホテルまでのルートは自動車専用道路しかなく、ここを歩いて行くのは危険なのでタクシー移動になる。

スワンナプーム国際空港周辺のホテル
スワンナプーム国際空港近くの格安ホテルが並ぶキング・カエオ・ロード(King Kaeo road)。写真左奥にあるのは空港へ続く高架道路。右に見えるピンクの建物が格安ホテルであるオーケーホーム・エアポート・アパートメント。キング・カエオ・ロードまで空港から徒歩で行くには高架道路を歩かなければならないが危険である。

 

スワンナプーム国際空港近くの高架道路
スワンナプーム国際空港近くの高架道路

 

スワンナプーム国際空港に並んでいるタクシーの場合、乗車拒否はされない。しかし、近場への移動では内心不満に思っているだろう。日本のタクシーは近場でも文句は言わないし、乗車拒否も無いだろうが、タイでは割に合わなければ普通に拒否される場合もあるからだ。

料金の節約のためにも、タクシー運ちゃんのためにも、近場への移動なら、空港4階からタクシーへ乗った方が良いかもしれない。空港4階には市内から空港に到着したタクシーがおり、タクシー乗り場に並ぶ必要なく客を乗せることが出来るので、近場でも歓迎してくれるし、少々安くしてくれる場合がある。

スワンナプーム国際空港タクシー到着レーン
4階でタクシーが到着するレーンは空港を出て一本道路を渡った先にある。

 

スワンナプーム国際空港タクシー
タクシー到着レーン

 

4階から乗ると、空港近くの格安ホテルが多いキング・カエオ・ロードまで100バーツ以内で行く事も出来る(要交渉)。ただし、4階からの乗車は規制されており、警備員に見つかると注意される日もある。乗車判断はあくまで自己責任で行ってほしいと思う。

1階から乗車する場合、メーター料金に加えて50バーツの手数料がかかる。ちなみに、バンコクの中心部でも300~400バーツと日本円で1000円程度なので、ボッタクリには注意しよう。

バンコクにおけるタクシーの相場等については下記記事を参考に。

バンコクのタクシーにおける相場や基礎知識まで詳しく述べていきたいと思う
バンコクでタクシーに乗る場合、日本とは違って、必ずしもメーター料金で乗せてくれるわけではない。特に、深夜の繁華街ではタクシーを捕まえても値段交渉をしなければならないのが普通である。こうした事情もあ...

 

スワンナプーム国際空港近くのおすすめ格安ホテル

スワンナプーム国際空港近くにはいくつかの格安ホテルがある。その中でも

▶ 夜中でもチェックイン可能
▶ 値段が安い
▶ レビューの評価が高い

の点でおすすめの格安ホテルを紹介する。

 

スワンナプーム国際空港近くにある建物の新しい格安ホテル
ドゥエラ・スワンナプーム・ホテル

ドゥエラ・スワンナプーム・ホテル(Dwella Suvarnabhumi Hotel)は空港近くのキング・カエオ・ロードから一本路地へと入ったところにあるホテルである。スワンナプーム国際空港からはタクシーでの移動になるがその分値段は安い。

ドゥエラ・スワンナプーム・ホテル
部屋も比較的綺麗。

 

ホテル内にはレストランもあるが周りにあるのは企業のオフィスや工場のみ。

ドゥエラ・スワンナプーム・ホテル
バルコニーからの景色

 

ホテル近く、キング・カエオ・ロードのソイ45入口周辺の建物
ホテル近く、キング・カエオ・ロードのソイ45入口周辺の建物。カラオケ店はソイ入口で営業しているが、頻繁に閉店し、名前も変わっている。2016年6月時点ではカラオケ店は営業しており、セクシーな女性が店の前に立っていた。ホテルからも歩いて5分程度の距離にある。

 

キング・カエオ・ロードのソイ45
ホテルへはキング・カエオ・ロードのソイ45に入って行く。

 

値段も安く、トランジットのためだったり、寝るだけなら空港周辺で最もオススメのホテルである。

朝には空港行きのバンも出ており、チェックイン時に予約が可能となっている。スワンナプーム国際空港へのバンは120バーツ。

 

1泊2000円前後と非常に安いが宿泊費は時期により大きく異なる。正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> ドゥエラ・スワンナプーム・ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

キング・カエオ・ロード沿い、スワンナプーム国際空港近くにある格安ホテル
スワンナプーム国際空港・オーケーホーム・エアポート・アパートメント

オーケーホーム・エアポート・アパートメント(Ok-Home Airport Apartment)はスワンナプーム国際空港近くにある格安ホテルである。部屋はスタンダードタイプのみ。ホテルは全体的に古いが、部屋の大きさはそれなりにゆったりとしている。

スワンナプーム国際空港・オーケーホーム・エアポート・アパートメント
ベッド

 

スワンナプーム国際空港・オーケーホーム・エアポート・アパートメント
部屋全体

 

スワンナプーム国際空港・オーケーホーム・エアポート・アパートメント
洗面所とシャワー、トイレが一緒になったタイの格安ホテルでは一般的なシャワールーム。

 

スワンナプーム国際空港・オーケーホーム・エアポート・アパートメント
プールもあり、バルコニーからはスワンナプーム国際空港の飛行機の発着陸を見る事が出来る。

 

タイの安いアパートと全体的に似ている。決して綺麗とは言えないが、清潔さに関してはまずまずのレベルだと思う。WIFIも無料で満足できる速度だった。

窓からは空港や飛行機の飛び立つ姿も見え、音も聞こえる。夜になると、飛行機の発着陸の音はそこまで気にならなくなるが、近場のレストランから音楽が聞こえてくる。こういった音を気にする人は避けた方が良いかもしれない。

 

宿泊費は時期により大きく異なるので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> オーケーホーム・エアポート・アパートメント(最低価格保証付きリンク)

ホテルはスワンナプーム国際空港からの高架道路を降りてすぐの場所にある。古いホテルではあるが、泊まるだけなら十分かと思う。

 

スワンナプーム国際空港周辺のホテル地図


(バンコクの空港近くのホテル。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。)

 

その他下記の地図(スワンナプーム国際空港周辺)の番号にあるのがホテルとなる。

hotels-near-suvarnabhumi-international-airport
(↑上記クリックでホテル地図ページヘ飛ぶ)

詳しい場所や値段、口コミもあるので、エリアにある全ホテルの比較をしたい場合はスワンナプーム国際空港周辺のホテルページが参考になると思う。

 

バンコク市内へ向かい、市内のホテルに泊まる

バンコク市内のホテルへ泊まる場合のメリットとデメリットから述べていきたいと思う。

バンコク市内のホテルへ泊まる場合のメリット

次の日の目的地がバンコク市内であれば余分な移動費がかからない(スワンナプーム国際空港近くのホテルに泊まる場合、空港からホテルまでの移動費がかかり、次の日はホテルからバンコク市内への移動費がかかる)。

バンコク市内のホテルへ泊まる場合のデメリット

チェックアウトまで数時間の滞在でも1泊分の宿泊費を払う必要がある(アーリーチェックイン出来るホテルは除く)。
空港から市内へ移動しなければならない(タクシーで1時間程度かかる)。

以上の点があげられる。

 

エアポートリンク(電車)は0時が終電、始発が6時頃である。平日と土日の始発は共に6時頃だが、時間は若干異なる。スワンナプーム国際空港・エアポートリンクの正確な時刻表は下記サイトを参考に。

>>> エアポート・レールリンク・タイムテーブル

 

ほとんどのバンコク市内のホテルは0時以降もチェックインできるが、中にはフロントにスタッフがおらず深夜のチェックインが出来ないホテルもある。また、予め到着時間を伝えておかないと、予約していても他の客を泊めてしまい満室で断られるケースがある。従って、24時間対応しているかどうかわからない場合は、前もってホテルへ連絡しておこう。

 

下記では24時間のチェックインだけでなく、アーリーチェックインに対応し、バンコク市内のアクセスが良い場所にあるホテルを紹介する。

 

FXホテル・メトロリンク・マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)

スワンナプーム国際空港・FXホテル・メトロリンク・マッカサン

市内のホテルでオススメなのはFXホテル・メトロリンク・マッカサンである。地下鉄スクンビット駅の隣の駅・ペッチャブリー駅の目の前にあるホテルである。ペッチャブリー駅はエアポートレールリンク(ARL)・マッカサン駅と連結しており、徒歩圏内である。

 

ARLマッカサン駅とMRTペッチャブリー駅の連絡通路
ARLマッカサン駅とMRTペッチャブリー駅の連絡通路。

 

このホテルはトランジットのためにバンコクへ滞在していたり、空港へのアクセスを考えたサービスを行っているホテルなので、アーリー・チェックイン(早めのチェックイン)、レイト・チェックアウト(遅めのチェックアウト)に対応している。

朝の6時以前のチェックインだと1泊分の宿泊料を取られるが、朝の6時以降であればアーリーチェックインという形で700バーツで宿泊出来る。ちなみに、レイト・チェックインは18時までチェックアウトの延長が出来る。

 

例えば、7月2日にホテルの予約をした場合、チェックイン時間は7月2日14時なので、基本的にその前には部屋へ入ることが出来ない。アーリーチェックインが出来ないホテルでは、7月2日6時のチェックインでも1泊分の料金を払うのが普通で、7月1日に宿泊したのと同じ料金を請求される。

しかし、このホテルであれば700バーツの追加料金だけで早朝からのチェックインが可能となっている。深夜バンコクに到着し疲れていても、朝からベッドで寝れるのは嬉しいだろう。

ただし、アーリーチェックインの場合は予め連絡しておかなければ満室の可能性もある。満室の場合はどこか部屋が空き、掃除が入るまで待たなければならないだろう。

 

朝の6時より「前」にチェックしたい場合は、前日分の予約が必要となる。それでもこのホテルは値段が安いのでオススメである。

スワンナプーム国際空港・FXホテル・メトロリンク・マッカサン
ホテルは新しく清潔感もある。値段は格安ホテルに分類されるぐらい安い。

 

バンコクの繁華街であるソイカウボーイへは歩いて行けなくもない距離にあり、目の前が地下鉄駅なので、MRTフワイクワン駅、MRTスティサン駅へのアクセスも容易だ。ゴーゴーバーエリア・スクンビットとMP(マッサージパーラー)エリア・フワイクワン、スティサンの丁度真ん中にあり、両方を楽しむことが出来る。

スワンナプーム国際空港・FXホテル・メトロリンク・マッカサン

スクンビット通り近くにあるホテルよりも広くて安い。宿泊費は時期により大きく違うので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックして欲しい。

>>> FXホテル・メトロリンク・マッカサン(最低価格保証付きリンク)

JF(ジョイナーフィー:連れ込み料)も無料なので2人まで泊まる事が出来る。

 

人気ホテルのため早めに予約しないと空室が無くなったり、値段が高騰する場合もある。後払いも出来るので、日程が決まっているなら予約だけは前もってしておいた方が良いだろう。

 

上記リンク先で満室の場合は下記旅行代理店もチェックしてほしい。こちらの旅行代理店の方が確保されている部屋が多い。

>>> FXホテル・メトロリンク・マッカサン(最低価格保証付きリンク)

 

ホテルの詳しいレビュー、ホテルへの行き方にかんしてはバンコクの空港へアクセスが容易なおすすめホテルの記事も参考に。

 

ホテルの予約について

ホテルの予約は予めしないと、当日にチェックイン出来ない事も多い。到着が深夜になり、予約無しでホテルへ向かったら、宿泊を拒否されるのが普通である。空いてるホテルを探のもホテルが密集しているエリアでなければ難しいだろう。

 

予約無しでホテルを探す場合、スクンビット通り沿いであればホテルは複数あるが、値段はそれなりに高くなる。格安ホテルで空室を探すなら、ルンピニー周辺が良いかと思う。もちろん、少々距離はあるがカオサンにもこうした当日チェックイン可能なホテルはある。

バンコクの格安ホテルに宿泊したい人が知っておくべきこと
バンコクは周辺国と比べても、格安ホテルと言われるような安宿が多い。バックパッカーにも人気のある格安ホテル街もいくつか存在している。ただ、ホテルを選ぶ際には、安さだけでなく、行動する際の効率性も考え...

いずれにせよ、宿泊できるホテルを探すまでに労力がかかるし、当日予約だと高めに料金が請求されるので、ホテルの予約は予めしておくべきだ。

 

また、ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。

 

ホテルには泊まらず、スワンナプーム国際空港で時間を潰す

深夜に到着してホテルに1泊すれば、時間は少なくとも1泊分の料金がかかってしまう。それが勿体無いと感じるなら、空港の椅子やレストラン、カフェで過ごす必要があるだろう。

エアポートリンクの始発は6時。バスも6時頃が始発となる。

トランジットの場合はフライト時間まで空港にある椅子等に寝転んだり、PCやスマホで時間を潰す事になる。

スワンナプーム国際空港
スワンナプーム国際空港は深夜でも人が多い。

 

また、エアポートリンクの始発で市内に移動すると、バンコク市内には朝7時頃到着する。しかし、ホテルのチェックイン時間は通常午後からなので、少なくとも5時間はどこかにぶらぶらしていないといけない。大きな荷物は預かってくれるホテルも多いが、午前中から部屋に入るには+1日分の宿代も取られる場合もあるので注意が必要だ(上で紹介したFXホテル・メトロリンク・マッカサンのように半額程度でチェックイン出来るホテルは少ない)。

 

空港での時間の潰し方は人それぞれかと思う。無料のWiFiは飛んでいるが安定していないので、予めネットを使わない暇つぶしの方法を考えておいた方が良い。

ネットを使わない暇つぶしの方法としては

▶ 本を読む
▶ ノートパソコンやタブレットで映画を見る
▶ オーディオブックで小説や評論を聞く

の3つがある。

映画なら、タイ関連のもので気持ちを高めるのも良いだろう。

上のハングオーバーはほとんどがバンコクを舞台にしている。ゴーゴーバーも出てきたり、見慣れたタイの風景を見ながらなので、モチベーションは上がるはずだ。アジア人差別的な発言も多いが、全体的には面白い。

ザ・ビーチは時期を置いてから見るとイメージが変わると思う。序盤はバンコクのカオサンだが、それ以降はプーケットやピピ島にあるマヤビーチが中心となる。

 

映画を見るデバイスとしてはノートPCの他、Fire タブレットもおすすめである。

上記商品はAmazonのプレミアム会員であれば4000円割引で購入する事が出来る。元々10000円程度と安いが、これに4000円の割引が適用される。

しかも、Amazonのプレミアム会員が無料で利用できるプライム・ビデオは映画のダウンロードが可能で、ネット環境のないオフライン状態でも視聴する事が出来る。もちろん、電子書籍も読むことが出来るので本一冊を持参するよりも便利だろう。旅行中に本を持っていくと意外とかさばる。

映画2本だとさすがに飽きるが、小説と合わせる事で5時間ぐらいの時間を潰す事が出来るかと思う。空港での待ち時間だけでなく移動中の暇つぶしにもちょうど。

 

また、のんびりと目を閉じながらオーディオブックを聞いても時間はあっという間に過ぎるかと思う。オーディオブックは本にもよるが、標準速度で1冊8時間程度である。

スマホにアプリを入れるだけで、ホリエモンの本や直木賞受賞作品も無料でダウンロード出来る。

搭乗前にスマホへと入れておけば、飛行中も聞くことが出来るのでおすすめである。

AmazonのオーディオブックもAmazonプライム会員なら3ヶ月間無料で利用する事が出来る。

 

以上、今回はスワンナプーム国際空港に深夜到着した際の選択肢について詳しく紹介していった。それぞれ目的が何かによって優先順位も異なるので、以上を踏まえた上でご自身にあった方法を取ってほしいと思う。

 

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への詳しいアクセス方法を知りたい人は下記記事も必読である。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へのアクセス方法をわかりやすく述べていく
スワンナプーム国際空港の出発ロビー スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ行く方法としては、▶ エアポート・レール・リンク▶ タクシー▶ バス、ロットゥー(ミニバス)の3通りが主にある。リムジン...


スポンサーリンク
スワンナプーム国際空港の4階・出発階

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。