映画「クーカム」のタイにおける人気と「コボリ」の多大な影響

クーカム Koo Gum
https://www.facebook.com/KoogumTvDrama

 

クーカム(日本語訳:運命の相手)は1957年にタイの女流作家によって書かれた小説の事をいう。日本では「メナムの残照」の名称で発売された。第二次世界大戦における日本軍の兵士と現地タイ人女性のラブストーリー、恋愛小説である。

物語自体はフィクションである。しかし、タイ国駐屯軍司令官・中村明人という日本人が主人公コボリ(小堀)のモデルとされている。このタイの女流作家であるトムヤンティの父は軍人で、中村のことを父から聞かされており、それを元に小説にしたとされる。

 

この記事では

▶ クーカムのタイにおける人気

から

▶ クーカムがタイ人女性へもたらした日本人男性のイメージ

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

クーカムのタイにおける人気

クーカムは小説を元に

1970年
1972年
1978年
1990年
2004年
2013年

と6回にわたってドラマ化され、さらには、

1973年
1988年
1995年
2013年

に4回も映画化もされている。

ドラマ、映画のリメイクの回数を見てもそれだけタイ人に愛されている作品であるということがわかるだろう。

クーカム Koo Gum
2013年映画版クーカム

 

このドラマの主人公には毎回トップアイドルが使われており、2013年度映画版クーカムも好きな俳優で1位を獲得したナデート・クギミヤ(日本人の養父を持つ俳優。クギミヤは日本の姓で「釘宮」)が演じている。人気俳優であることに加えて、タイ人と比べ、色白の日本人ぽい人がドラマでもキャスティングされている。

主人公が日本人の設定なのでタイ映画なのに日本語が話されることも多い。

 

クーカムが与えたタイ人女性への影響

このドラマ、映画はリメイクの度にヒットしている。過去に何度もタイで社会現象が起き、日本人の苗字といえばこの作品に出てくる「コボリ(小堀)」と思っている人も多い。2017年においても、有名な日本人として安倍首相や天皇と並び「コボリ」がトップ10にランクインしている。

タイ人女性に1番人気のある外国人は日本人男性なのだが※、このイメージを作り上げてる一因になっているといっても過言ではない。

※どこの国の人が好き?という質問に対して、タイ女性の統計では日本人男性が好きと答えた割合が30%を越える(日本人が好きな国ランキング なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付 4月5日放送より)

ただ、近年では10年単位でのリメイクになっているため、10代の子など、若い世代ではクーカムを知らない子も多い。

 

クーカムに出てくる日本人男性「コボリ」

クーカムに出てくる日本人男性は

▶ ヒロインの女性に嫌われても、一途にアプローチを続ける
▶ 規則はきちんと守り、ルールや規則を破った人には非常に厳しい

とタイ人から見た日本人のイメージに近く、理想ともする日本人男性が表現されている。

 

映画では、タイへ侵略しに来たと思っていることから日本を嫌い、わがままとも言える態度を取るヒロインのタイ人女性にも一途に尽くす日本人男性の様子が描かれている。

タイ人女性は日本人女性に比べ基本的にわがままだ。加えて、この映画の影響により、日本人男性は多少わがままを言っても聞いてくれると思い、更に要求が激しくなる子もいる(特に20代後半以上の女性)。日本人に対しては、必要以上に「意識して」わがままを要求するのだ。

もちろん、モノをねだるときは、奢ってもらいたいと思ってる感情があるのは確かだろう。しかし、無理を聞いてくれる男性に非常に魅力を感じているのはこの映画のヒロインになった気分に浸ることが出来るというのも大きいはずだ。

 

他国で日本が出てくる映画はほとんど偏見、悪意にまみれたものである。しかし、この映画で表現される日本人は日本人が見ても割りと好感が持てるかと思う。

クーカム ドラマ
2013年1月にスタートしたドラマ版クーカム。結婚式シーンなど和服を着てる場面も多い(https://www.facebook.com/KoogumTvDrama)

 

日本人向けカラオケで働く女性など、日本人と接するタイ人女性のほとんどが見ていると過言でもない。タイ人女性が日本人男性のイメージの元となっている作品として、見ておいて損はないと思う。ただし、作品は日本へ公式には入っていない。現地で作品を買っても、当然タイ語での会話は翻訳されていないので注意しよう。

 

タイ人の彼女がいる場合、彼女が僕ら日本人が理解できない行動を取ったとしても、その根底にこうした作品の存在があるとわかったら安心するのではないだろうか?

タイ人女性にモテるには?性格的な部分から恋愛・結婚観までも含めて紹介して行きたいと思う
タイに興味のある男性なら、タイ人女性はどんな人が好きか?というトピックについて少なからず知りたいと思うのではないだろうか。今回はタイ人女性に好かれるために意識すること10個と題して、ちょっとした事でも出来ることを主に紹介したいと思う。

コメント