カオサン通りへと訪れる前に知っておくべき「楽しみ方」「過ごし方」

バンコク・カオサン通り

カオサン通り(カオサンロード)はバックパッカーの聖地として世界的に有名なエリアである。

カオサンがバックパッカーの聖地と呼ばれる所以は旅行代理店が多く、タイの地方を含めた東南アジアへ移動する際の拠点として使われる事が多かったからである。また、こうした拠点には、一時的にでも人が多く滞在するため、旅行者同士で情報交換をしたり、出会いの場として機能していた。

しかし、「ネット上で情報がシェアされ、ツアーやホテルの予約もネットで行われるようになった」及び「東南アジアにおけるバックパッカーの移動手段として好まれていたワゴン車は、安くて速いLCCへと変わった」ことから、旅行者が滞在する目的も大きく変化している。アクセスの拠点だったり、旅行者同士の情報交換だったり、出会いの場としての機能も残しているが、今はカオサンを観光スポットとして楽しむために訪れる人も多くなっている。

 

この記事では旅行者がカオサンを訪れる前に知っておくべきこととして

▶ カオサンの地図とこのエリアでおすすめの楽しみ方、過ごし方

から

▶ カオサンにおけるおすすめのゲストハウス
▶ カオサンロードの過去から現在について

までを中心に詳しく述べていきたいと思う。

カオサンの地図とこのエリアでの楽しみ方、過ごし方

カオサンの地図

カオサンエリアはカオサン通りを中心として、周辺も観光客向けエリアとなっている。

カオサンの地図
カオサン通り(黄色)とその周辺にある主要エリア(Google Mapsより)

 

中心となるカオサン通りにはレストランやカフェ、お土産屋、マッサージ屋、旅行代理店に床屋、ゲストハウスにホテル、タトゥー屋、ファッションや雑貨等が売られたショップ、何でも揃っており、このエリアでもっとも賑やかな通りである。

カオサン通りに並ぶお土産屋
カオサン通り

 

夜になれば、レストランやバーからダンスミュージックが流れ年中お祭り騒ぎとなっている。夜騒ぎたい人はこのエリアのメイン通りとも言えるカオサン通りへ行くべきだ。

カオサン通りにおける夜遊び
メインとなる「カオサン通り」では、夜になると音楽が鳴り響き、朝方までこれが続いている。ダンスをするなど、盛り上がっている人は欧米人が多い。

 

カオサン通りから上下に伸びる「タナオ通り(Thanon Tanao)」はカオサン通りよりも北のエリアで服やアクセサリー等ファッション関係のショップが並んでいる。

 

「ランブッテリー通り(Rambuttri alley)」はレストランだったり、マッサージ屋、ゲストハウスが多い。

カオサン通り近くのランブッテリー通り
ランブッテリー通り

 

カオサン通りにも近いため、夜になると賑やかになる。

カオサン通り近く、ランブッテリー通りのレストラン
ランブッテリー通りのレストラン

 

「ソイ・ランブットリー(Soi Ram Buttri)」は服などファッション関係の小物が売られている露店やゲストハウス、レストランにマッサージ屋が並ぶ、こちらも比較的賑やかな通りとなっている。

カオサン・ソイ・ランブットリー

カオサン・ソイ・ランブットリーのマッサージ
ソイ・ランブットリー

 

ソイ・ランブットリーは途中、レストランやマッサージ屋、タトゥーショップが並ぶチャナソンクラーム通り(Chanasongkram Alley)という細い路地と繋がっている。

カオサン・チャナソンクラーム通り
チャナソンクラーム通り

 

カオサンのゲストハウス「バーン・チャナソンクラーム」
チャナソンクラーム通りにあるゲストハウス「バーン・チャナソンクラーム

 

チャナソンクラーム通りはチャオプラヤ川のチャオプラヤー・ボート乗り場にも比較的近く、バンコク市内へのアクセスにも便利な位置にある。

カオサン通り・チャオプラヤー・エクスプレス・ボート N13
チャオプラヤー・ボート「N13 Phra Arthit」駅

 

チャオプラヤー・ボートでカオサンへ行く方法について詳しくは下記記事を参考に。

カオサン通りへの安い行き方を詳しく説明していきたいと思う
タナオ(Tanao)通り側にあるカオサン通りの看板 この記事ではカオサンの立地についての説明から、バンコク市内からカオサンへのアクセス方法として▶ タクシー、トゥクトゥク▶ 最寄り駅から徒歩▶ チャオ...

 

ボート乗り場へ行く途中の路地でも、雑貨類を中心としたお土産屋がずらっと並んでいる。

カオサン通り・チャオプラヤー・ボート N13
チャオプラヤー・ボート「N13 Phra Arthit」駅に繋がっている路地

 

カオサンでの楽しみ方、過ごし方

カオサンへ訪れる人は、夜を中心に活動している人が多い。朝方まで音楽が鳴り響いているため、通り沿いでお酒を飲みながら騒ぐのは面白いはずだ。

カオサン通り・夜のディスコ
夜のカオサン通り

 

カオサンのディスコ「LAVA」
カオサンのディスコ「LAVA」。ディスコは旅行客をターゲットにしたフリーのタイ人娼婦も多い。

 

昼間の過ごし方としては、

▶ カオサンでのんびりと過ごしたり、
▶ カオサン周辺の観光スポットへ行ったり、
▶ バンコク市内へと出る

といった選択肢がある。

 

カオサンでの過ごし方としてはこのエリアに並ぶ様々なお店でショッピングをしたり、レストランやカフェでのんびりと過ごしたり、マッサージを受けるといった選択肢がある。ゲストハウスの共用スペースで旅仲間とコミュニケーションを取る人もいるだろう。

カオサン・ソイ・ランブットリー

カオサンは自国でお金を貯め、物価の安い海外で過ごす「外こもり」の長期滞在先としても人気である。従って、楽しむ事を重視するよりも、のんびりとリラックスしながら過ごしたいという人も多いはずだ。

カオサン通りのマッサージ屋

 

カオサン周辺にはバンコクでも有名な観光スポットがいくつかある。日本でも比較的知られているワット・ポーや王宮(グランドプレイス)も数km圏内にある。

バンコクの観光スポット「ワット・ポー」
ワット・ポー

 

バンコクの観光スポット「王宮(グランドプレイス)」
王宮(ワットプラケオ)

 

周辺の観光地へはカオサン通りから徒歩で行けなくはない距離にある。ただ、年中常夏であるバンコクでは少々大変に感じる人もいるはずだ。トゥクトゥクをチャーターするなどして回っても良いだろう。

カオサン通りのトゥクトゥク

カオサン通りで待機しているトゥクトゥク。値段は交渉性で近場なら50バーツ(約160円)程度。観光スポットを何箇所も回る場合や数時間チャーターする場合は距離や時間ごとに変わるので一概には言えない。数カ所であれば200バーツぐらいが目安になる。

注意点として、トゥクトゥクはボッタクリの店やスーツが売られている店に連れて行かれる事もあるので注意しよう。店へ連れて行くとマージンをもらうことが出来るため、かなりしつこく誘ってくる場合もある。連れてかれそうになったら、はっきりと断るかその場でお金を払い、降りても良いかと思う。

 

カオサンに滞在している人の中には、昼間バンコク市内へと出て行く人も多い。カオサンは立地的に不便な場所にあるが、タクシーやトゥクトゥクを使えば数十分でBTS沿線沿いに出ることが出来る。値段は場所にもよるが、100バーツ~になるかと思う。

 

値段を節約したい人はカオサン通り最寄りの「N13 Phra Arthit」駅からチャオプラヤー川で運行する水上バスを使っても良いだろう。

チャオプラヤー・エクスプレス・ボート
チャオプラヤー・ツーリスト・ボート

 

チャオプラヤー・ボートは旗の色で値段が異なる。チャオプラヤー・エクスプレス・ボートであれば15バーツでカオサン最寄りのN13 Phra Arthit駅からBTSサパーンタクシン駅最寄りのサトゥーンへ行くことが出来る。

BTSへ乗り換えれば、バンコクの主要スポットへも安く簡単にアクセスが可能だ。

 

カオサンをバンコク観光の拠点にすれば値段も安く抑えられるし、選択肢も広がる。ホテルを予約する場所としてもおすすめである。

 

カオサンにおけるおすすめのゲストハウス

カオサンのゲストハウス「バーン・チャナソンクラーム」
カオサンエリアにあるゲストハウス「バーン・チャナソンクラーム

 

カオサンは予算の限られたバックパッカー向けの安宿が数多く営業している。

こうした安宿はゲストハウスという形になっており、シャワールームや洗面所、トイレなどは共有である。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミドリー形式となっている。ドミドリーとは1つの部屋にいくつかのベッドが置かれ、他の旅行者と同じ部屋で寝泊まりするようなタイプのプランである。

カオサンのゲストハウス「3ハウー・ホステル(3HOWw Hostel)」
カオサンのゲストハウス「3ハウー・ホステル」のドミドリー

 

カオサンには、メインのカオサン通りの他、周辺のエリアを含めると、200を越えるゲストハウスが存在している。この中でも評価が高く、1泊1000円程度の格安ゲストハウスを簡単に紹介すると

>>> カオサン通りのすぐ近く、観光客向けの店が並ぶ通りにあるゲストハウス(1泊500円程度)

>>> カオサン通り北の落ち着いた通りにあるゲストハウス(1泊1000円程度)

>>> カオサン通りと縦に交わるチャクラポーン通り沿いにあるゲストハウス(1泊1200円程度)

>>> カオサン通りから400mほど北へ行ったプラスメン通り沿いにあるゲストハウス(1泊1000円程度)

>>> カオサン通りからは徒歩10分程度、カオサンエリア郊外のゲストハウス(1泊900円程度)

>>> 観光客向けの店が並ぶエリアにあるゲストハウス(1泊900円程度)

>>> カオサン通り南、王宮などカオサンエリアの観光地へのアクセスが良いゲストハウス(1泊1000円程度)

※価格はあくまでも目安であり、時期によっても異なります。正確な値段はリンク先で日付を入れるだけでチェック出来ます。

 

以上のようになる。おすすめのゲストハウスの詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。


カオサンエリアにあるゲストハウス地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

 

カオサンにおけるエリアの紹介を含め、ゲストハウスに宿泊する際の注意点を更に詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

カオサンでゲストハウスに泊まりたい人が知っておくべきこと
 カオサンは予算の限られたバックパッカー向けの安宿が数多く営業している。こうした安宿はゲストハウスという形になっており、シャワールームや洗面所、トイレなどは共有である。ベッドのある部屋も個室で...

 

カオサンのおすすめホテル

カオサンのホテル「ダン・ダゥーム・ホテル」の部屋
ダン・ダゥーム・ホテル

 

ゲストハウスのように、部屋まで共有だと現金の管理が面倒になるし、異性を部屋へと呼ぶことも通常は難しくなる。カオサンロードで騒いだ後は部屋でゆっくりと休みたいという人も多いだろう。カオサンに滞在するカップルも、通常はシングルルームを選択する。

こうしたシングルルームへ宿泊したいと考えている人に向け、カオサン・エリアでシングルルームを提供しているおすすめホテルの簡単な紹介からすると

▶ カオサンロード沿いのおすすめホテル
>>> カオサンロード沿いにあるコンパクトなシングルルームのホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> カオサンロード沿いにあるコンパクトだがオシャレなホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> カオサンロードに沿いにあり、オシャレな東洋風のデザインホテル(最低価格保証付きリンク)

▶ カオサン周辺のおすすめホテル
>>> カオサンよりも落ち着いたエリアにあり、長期滞在者に人気のオシャレなホテル(最低価格保証付きリンク)

以上のようになる。

おすすめホテルの詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。


カオサンエリアにあるホテル地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

 

カオサンにおけるおすすめホテルについて、更に詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

カオサンロードの「本当に」おすすめ出来るホテルを紹介したいと思う
カオサン通り カオサンロードのゲストハウスは通常シャワールームや洗面所、トイレなどは共有となっている。ベッドのある部屋も個室ではなく、通常はドミドリー形式となっている。ドミドリーとは1つの部屋...

 

Expediaのクーポンを使えばホテルは7%以上の割引

上記ホテルを予約する際、Expediaで取り扱いのあるホテルなら、クーポンを使うことで最安値から更に7%以上安くホテルへ泊まる事が出来る。クーポンは下記リンク先から取得出来る。

>>> エクスペディアのクーポン・コード取得方法

上記リンクからクーポンを取得する(英数字のコードをコピーし、予約決済時に入力する)。ホテルへ最も安く泊まりたいなら、最低価格保証付きリンクから予約を行った方が良いだろう。

 

カオサンロードの過去から現在について

カオサン通り

カオサンという名称は白米を意味するタイ語の「カオサン」に由来する。昔はこの通り周辺に米問屋が多かった事から、そう呼ばれるようになった。

カオサンの機能は今も現在進行形で変化している。

近年のカオサンは旅の始まりの場所というよりは観光地としての側面が大きくなっている。バックパッカーよりも観光客に向けのお店も目立つようになってきた。実際、このエリアを歩いていると、家族連れの中国人やカップルが観光に訪れているのを度々目撃する。

お金をなるべくかけずに長期滞在する場所として外こもりに使われることもあるが、こうした人も以前より少なくなっているように思う。

 

それでもバックパッカーが多いエリアであるのは間違いなく、オプショナルツアーといった格安のネットで予約出来るツアーに頼らず、カオサンの旅行代理店を利用している人も多い。東南アジア各国に行く際の拠点の役割は今もこなしているのだ。情報交換にかんしても、ゲストハウスのロビーでは積極的になされているし、夜になればバー等でもそういった話をすることが出来るだろう。

夜騒がしくなる点も変わっていない。イベントでもないのに毎日のように路上ディスコの他、ライブが行われ、朝までお酒を飲みながら踊り狂う人達で溢れかえる。

 

カオサンというのはバンコクはもちろんタイでも異質な存在で、他には無い独特なエリアを作り上げている。欧米人が多く、バンコクの他のエリアとは異なる雰囲気を持つ面白い街である。

タイらしくない欧米の繁華街のような雰囲気を楽しめるのはバンコクの観光における1つの魅力になっているかと思う。バンコクという大都市にあるテーマパークの1つとして、カオサン周辺エリアに一度訪れてみてはいかがだろうか?

 

カオサン通りを含め、バンコクの格安ホテル街については下記記事を参考に。

バンコクの格安ホテルに宿泊したい人が知っておくべきこと
バンコクは周辺国と比べても、格安ホテルと言われるような安宿が多い。バックパッカーにも人気のある格安ホテル街もいくつか存在している。ただ、ホテルを選ぶ際には、安さだけでなく、行動する際の効率性も考え...


スポンサーリンク
バンコク・カオサン通り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。