無料オファーというアフィリエイトの秘密を暴露する

無料オファーというアフィリエイト

 

無料オファー(もしくは、オプトインアフィリエイト)とはキャンペーンを紹介し、それを見た人がメールアドレスの登録をすると報酬が発生するアフィリエイトである。無料オファーではメールアドレス1件登録してもらうだけでも数百円、無料オファーのASPによっては1件1000円以上というのも珍しいことではない。

 

この記事では

▶ 無料オファーアフィリエイト

について報酬が高い理由を含め更に詳しく解説するとともに

▶ 無料オファーをやる上で生じるリスク
▶ 無料オファーは詐欺かどうか

まで述べていきたいと思う。

 

無料オファー・アフィリエイトについて

無料オファーを始めるにはASPへと登録し、案件を紹介すれば良い。無料オファー(オプトインアフィリエイト)のおすすめASP(アフィリエイト案件を提供し、報酬を支払ってくれる会社)については下記記事を参考に。

オプトインアフィリエイトの始め方とおすすめASPランキング!
オプトインアフィリエイトとは、キャンペーンを紹介し、それを見た人がメールアドレスの登録だけで報酬が貰えるアフィリエイトである。報酬発生の条件で要求されるのは「メールアドレスの登録」のみなので、高額商品の購入を報酬発生の条件とする情報商材よりも敷居は低いだろう。しかも、メールアドレスの登録だけでもらえる報酬も高額である。

 

このように無料オファーを紹介する側(サイト・ブログ・フェイスブック・ツイッター運営者、メルマガ発行者)はサイト訪問者にメールアドレスを登録してもらうだけで報酬が発生する。例えば、1件数百円の報酬であれば、月に1万件のメールアドレスの登録で数百万円稼ぐことが出来る。

多くの人がこのアフィリエイトに魅力を感じている理由もわかるだろう。

 

無料オファーの報酬が高い理由

上記のような形でメルマガを登録したユーザーに対し、広告メールを配信するマーケティングの手法をオプトイン・メールと呼ぶ。ユーザーは予めどのような内容のメールか興味がある上で登録しているため、メールの開封率が高く、商品を販売した場合も購入率が高いとされる。

無料オファーアフィリエイトは上でも述べたように、メールアドレス登録だけで数百円以上の報酬を約束している。高額報酬が可能な理由は、オプトインメールという手法から、メールアドレスへ配信する、売り込む、営業することの対価を多く得ることが出来るようになったからである。

 

無料オファーで紹介されるキャンペーンにメールアドレスを登録すると様々なメールが届くようになる。同業他社の無料オファーや情報商材、有料セミナーまであり、中には販売額が数十万円のものまである。

もし、メール1通300円として、100万円の広告費を出せば、3333人のメールアドレスが手に入る。そのうちの1%が1万円のセミナーに出席すれば33万円の売り上げがあるし、1000円の商材が100人に売れれば10万円の売り上げになる。加えて、メールアドレスは半永久的に有効である。数回にわたり商品やセミナーの売り込みをすれば数か月で広告費分の100万円は十分に回収できるというわけだ。

 

無名でお金が無かった頃の与沢翼はまず川島和正氏のメルマガ読者相手に自身のメールマガジンを紹介してもらった。つまり、オプトインアフィリエイトのASP側になった。

ここで手に入れた読者相手に、高額商材を紹介したり、オプトインアフィリエイトを行った。この中で紹介した30万円の商材は170本も売れている(これだけで5100万円の売り上げになる)。結果として、4ケ月も経たないうちに与沢翼は7000万円のキャッシュを手に入れた。

与沢翼の稼いだ手法について詳しくは下記記事を参考に。

与沢翼がアフィリエイトで月収1億円稼ぐまでの真実を述べる
与沢翼氏はジャフコや三菱UFJキャピタルなどから出資を受け、2006年(23歳)大学在籍中にエスラグジュール株式会社というアパレル通販会社を立ち上げ、年商十億円強まで成長させることに成功した。しかし、店舗展開による失敗によって歯車が崩れ、内部分裂もあり多額の負債を抱え倒産する。2011年8月の話である。

 

オプトインメールという手法を使えば、メールアドレス1通あたり数千円、時には数万円以上の価値を持たせることは十分に出来るのである。

 

無料オファーをやる上で生じるリスク

無料オファーのリスク

無料オファーASPへの登録、案件の紹介する側は当然お金もかからない。その上報酬も高い。

こうした表面上の事実だけを見ればやらない方が損のように感じるかと思う。しかし、無料オファー・アフィリエイトには通常のアフィリエイトとは違ったリスクが存在している。

 

無料オファー・アフィリエイトは通常のアフィリエイトに比べ

1.ユーザー(ファン)の信用を失う。
2.報酬の振込が遅れる。報酬が支払われない。

といったリスクが大きくなる。

 

ユーザー(ファン)の信用を失う

無料オファーキャンペーン側の人はメールアドレス1件に支払ったお金をなるべく早く回収しようとする。その結果、高額なセミナーだったり、高額商材の宣伝メールを大量に送るようになる。有益な情報が得られると期待してメールアドレスを登録したにもかかわらず、届くのが宣伝ばかりなら迷惑メールのように感じるユーザーもいるだろう。

無料オファーで報酬を得る側も、紹介されるセミナーや商品がどのようなものかは調べないのが普通である。なぜなら、無料オファーで紹介されるセミナー、商品は通常のアフィリエイトよりも手間やコストが掛かる上に、有益で無いものも多いからだ。結果的に、悪質なセミナーだったり、高い商品の販売を手伝うだけ可能性も出てくるだろう。

検索エンジンからのユーザーなら一見さんのことも多い。ただ、ソーシャル(ツイッター、フェイスブック)で紹介すれば、ファンだったり、知り合いにも届くことになる。ユーザーが不満を感じれば、当然無料オファーを紹介した人にもクレームは来る。フォロワー数を含め、ファンの増加を止める原因にもなる。既存のファンが離れ、新規のファンも獲得しづらくなる。紹介する側にも、詐欺師のレッテルを貼られることがあるだろう。

無料オファーアフィリエイトへの参入は短期の収入を重視するあまり、長期での収入を捨てるリスクもあるのだ。

 

報酬の振込が遅れる。報酬が支払われない

通常のアフィリエイトASP、特に大手であれば報酬がちゃんと振り込まれるのは当然のことであり、報酬の振込が遅れることもないだろう。しかし、無料オファーは報酬を支払わずに逃げたASPもあるし、規約違反を理由に報酬を支払わないこともある。また、報酬を振り込んでくれるところでも、催促をしないと報酬を振り込んでくれないASPもある。当然、規約違反など一切せず、報酬がきちんと確定になっている場合もそうである。

通常のアフィリエイトASPに比べて、この報酬が振り込まれるまでに手間がかかると思った方が良いだろう。

 

無料オファーは詐欺?

無料オファーは詐欺

高額セミナーや高額商品の宣伝メールを大量に送る。加えて、広告メールでは誇張した表現も多い。期待した結果が得られなければ「騙された」「詐欺だ」などと感じるユーザーも出てくるだろう。

また、無料オファーを紹介して報酬を得る側も、報酬が支払われないといったリスクが生じている事実もある。

結果的に、ユーザー、紹介者といった2つの視点で見ても、無料オファーは「詐欺」であるという声が大きくなった。

 

確かに、メールアドレスを登録するユーザー側から見ると、こうした無料オファーの迷惑メール並みの宣伝や値段以上の価値がないセミナー、商品などライトな詐欺を感じることも多いかと思う。報酬が支払われないとなれば、労力的な無駄が生じることも否定できない。

しかし、無料オファーを紹介して報酬を得る側はお金を払うこともない。ちゃんとしたASPを選べば高額な報酬を得ることも出来る。

労力的な部分でのリスクはあるが、アフィリエイトの1つとして、稼ぐことを重視する人にとっては魅力的なのも否定は出来ないだろう。

 

更に詳しくおすすめの無料オファーASP(オプトインアフィリエイトASP)について知りたい人は下記記事を参考に。

オプトインアフィリエイトの始め方とおすすめASPランキング!
オプトインアフィリエイトとは、キャンペーンを紹介し、それを見た人がメールアドレスの登録だけで報酬が貰えるアフィリエイトである。報酬発生の条件で要求されるのは「メールアドレスの登録」のみなので、高額商品の購入を報酬発生の条件とする情報商材よりも敷居は低いだろう。しかも、メールアドレスの登録だけでもらえる報酬も高額である。