最強のドメイン「blog.jp」のドメインをライブドアブログで使用出来る!ライブドアがこのドメインを取得した理由とは?

LINE株式会社

LINE株式会社はライブドアポータルサイトの事業をNHN Japan(現LINE株式会社)に吸収し、株式会社ライブドアは株式会社データホテルに社名変更、会社名としてのライブドアは消滅した。

 

知ってる人も多いかもしれないが、先日9月24日からライブドアブログで「blog.jp」のドメインでブログを行うことが出来るようになった。

(詳しくは「早い者勝ち!ブログURLに「blog.jp」を設定できるようになりました」を参考に。)

 

この「blog.jp」のドメインはこれから始める人はもちろん、今までライブドアブログを使っている人も使用することが出来る。

自分もライブドアブログのドメインを「http://freelifer.doorblog.jp/」から「http://freelifer.blog.jp/」へURLを早速変更してみた。

このブログは大きなアクセスがあるわけではないので、ブログのサービスの研究の一環としてあくまで実験的に行ったものである。

ちなみに、この記事の題名を見て、「自分も早速変更したい!」と考えている方は必ずこの記事を最後まで読んでから検討してほしい

 

ライブドアがこの「blog.jp」というドメインを取得したのには理由があると思う。

今回はその理由についても考察してみたいと思う。

 

1.「http://blog.livedoor.jp/」がGoogleからペナルティを食らったため

 

今年の6月にブログ界を揺るがす事件が起きた。

それは、人気ブログサービスであるライブドアブログの「http://blog.livedoor.jp/」が丸ごとペナルティを受けてページランクが0となってしまったのだ。

ライブドアブログの「blog.livedoor.jp」がGoogleからのペナルティを受けたのは、ライブドアブログのユーザーが重複サイトを大量に作ったり、まとめブログ等の相互リンクの網を「livedoor.jp」という同一のドメイン内で大量に張り巡らせたためなど様々な理由が考えられが真意は謎である。

当初ライブドアブログの管理側もGoogleのミスですぐに戻るだろうと意見を述べていたが、未だに戻っていないところを見ると、Googleが意図的にページランクを0にしたと考えるのが自然である。

ページランクは検索上位表示を実現させるための重要な要素の1つで、ページランクが0になることでページランクに頼った検索からの流入を行っていたサイトは大きくアクセスが減少する可能性もある。

あくまで一要素であるが、検索上位表示のための比較的重要な部類に入るので看過出来ない事である。

 

この事件を経て、多くのユーザーが「blog.livedoor.jp」を使用するサブディレクトリ型からサブドメイン型へ変更した。

この点をわかりやすく解説すると、ライブドアのブログサービスでは大きく分けて

 

サブディレクトリ型 → http://blog.livedoor.jp/*****(自分で決めたアルファベット)/

サブドメイン型 → http://*****(自分で決めたアルファベット).doorblog.jp/

 

の二つがあり、ユーザーは好きな方を選択することが出来る。

このサブディレクトリ型とサブドメイン型はGoogleの認識で違いが出るため、SEO対策上はよく考えて選択する必要があるのだ。

ちなみに、アメーバブログの場合はサブディレクトリ型のみで「http://ameblo.jp/*****(自分で決めたアルファベット列)/」のようになっている。

 

サブディレクトリの場合、Googleはより「blog.livedoor.jp」や「ameblo.jp」の部分を認識しやすくなるため、無料ブログサービスでブログを開設した場合に検索エンジンからの流入を比較的早く獲得することが出来る。

対して、サブドメインの場合は、「livedoor.jp」というドメインが強くとも、そのサブドメインとなると、別のものと認識しやすいので、初期はサブディレクトリよりも検索エンジンからの流入は見込めない。

ただし、サブディレクトリの方では、自分でSEO対策や被リンクを獲得しても、ライブドアなら「blog.livedoor.jp」、アメーバなら「ameblo.jp」のドメイン全体が強くなってしまい、自分のライバルが同じドメインを使っていた場合には、実質相手にも恩恵を与えてしまう構造になってしまっている。

まあ、このような構造なので、当初から検索エンジンからの流入を獲得できるわけであるが。

 

サブドメインも確かに、ディレクトリのように元のドメインの評価も影響するので、サブドメインというだけでメインと全く別ということは無い。

簡単にいえば、サブドメインはサブディレクトリよりもドメインの影響を受けにくく、別のドメインと認識されやすいということになる。

 

話を元に戻そう。

「blog.livedoor.jp」のページランクは0になってしまったが、サブドメインで使用される「doorblog.jp」や「blog.jp」はどうかと言えば、全く別のドメインになるためこちらはページランクが0にはならなかった。

 

しかし、今回「blog.livedoor.jp」のページランクが0になってしまったのは、簡単にいえば、ライブドアブログ側がユーザーに対する管理を怠ったためである。

アメーバブログ等のように取締りを強化し、違法サイトのアカウントの停止をガンガンしない限りは、こちらの「blog.jp」も今後ページランクを0にされてしまう可能性も否めない。

そういった意味では同じようなサービスを展開しているFC2ブログも同じ道を歩む可能性は否定できないと思う。

 

2.ブログをやる際のドメインとしてはもっとも理想的な名称のため

 

今回ライブドアは「http://*****(自分で決めたアルファベット).blog.jp/」といった形でメインのドメインが「blog.jp」のブログサービスを開始した。

おそらく相当なお金を払ってこのドメインを取得したと思う。

 

ドメインの名称だが、検索エンジンにも影響すると言われている。

要は、「blog」「ブログ」というキーワードで検索エンジンにて検索をかけた場合に、「http://*****(自分で決めたアルファベット).blog.jp/」ではこれらキーワードに対して上位表示されやすいということになる。

ブログを書く人は必ずと言っていいほど、この「blog」「ブログ」のキーワードは使うだろう。

また、この「blog」「ブログ」キーワード自体非常に需要があり、よく検索されるキーワードである。

従って、このキーワードで上位表示されればそれだけで大きな流入を見込めるというわけだ。

「blog.jp」の他にも「blog.com」「blog.net」などのドメインもあるが、jpドメインは日本で主に使われるため、「.com」や「.net」などよりも日本語サイトと認識されやすく、検索上位表示に有利であるとも言われている。

従って、この「blog.jp」というドメインは、日本にいるブログをしてる人なら誰もが喉から手が出るほど欲しいドメインなのである。

 

確かに、上位表示は無数にある様々な条件のもとに決定されるため、ドメインだけでは決まらない。

しかし、検索上位表示を目指すのであれば、こういった細かいことを1つ1つクリアしていかなければならず、良いとされてることは1つ1つやった方がいいことは間違いないのである。

 

ここまで「blog.jp」の良さを強調してしまうと、「今すぐblog.jpのサブドメインに変更しなければ!」と思う方も多いかもしれない。

しかし、現状である程度の集客を達成している人は正直言って辞めた方がいいと思う

つまり、今のままのhttp://blog.livedoor.jp/*****(自分で決めたアルファベット)/型にしておくべきだ。

理由は今まで他サイトから得ていた被リンク等に影響を及ぼしてしまうからである。

表面上は、「http://blog.livedoor.jp/*****(自分で決めたアルファベット)/」型から、サブドメインの「blog.jp」へ変えてもきちんと当初ブログは表示されるが、今後はブログ自体が表示されなくなり今まで来ていた検索からの流入が無くなる。

また、元のドメインでの被リンクの効果が無くなり、ブログを始めた最初の状態に戻ってしまう。

以上の理由からある程度の集客を達成しているブログでドメインを変更することはオススメしない。

今後ライブドアで何年も続ける予定だったり、現状大したアクセスを得ていないのであれば変えてもいいと思うが。

 

いずれにしても、ライブドアがこの「blog.jp」というドメインを取得したのはライブドアがこの無料ブログサービスの提供において危機感を抱いていたということは間違いないと思う。

新しく出てきたドメインの評価が高く、はてなブックマークという人気サイトからも集客が可能な「はてなブログ」や日本最大の無料ブログサービスでそのドメインの評価も高い「アメーバブログ」。

ライブドアがこういった強敵と戦うために、今回ブログサービスを含めた事業で攻めの姿勢を見せたことは大きく評価できる事であると思う。

 

最新情報

2014年8月

ライブドアブログのサブディレクトリ型(http://blog.livedoor.jp/*****)のページランクが0から回復した。

ライブドアが行ったSEOスパムにつかう不正アカウントを積極的に削除するなど、Googleからこれら対策に対して何らかの評価がなされた可能性が高い。

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。