大阪とタイ・バンコクの家賃2万円の物件ってどんなとこ?

タイ・バンコクのアパートの2万円家賃 Bangkok Apartment
写真はバンコク・アソーク近く2万円の物件

 

大阪の家賃2万円の物件

アジアを放浪し、中国にしばらく滞在した後、大阪へ引っ越して来た。その際、物件選びとしてもっとも重視したのが、家賃である。

次に、無職でも家を借りれる物件、風呂・トイレ付きで空港に近い場所といった条件も絞っていった。現在ではこのような物件を見つける方法として、条件をリクエストしてそれにあった物件を提示してくれるサービスも有る。家賃2万円の物件とリクエストすればそのような物件をピックアップしてくれるのである。

 

結果見つけたのが今の家で、家賃は管理費も入れて2万とちょっと。敷金・礼金は無く、初期費用もかなり抑えることができた。間取りは1Kで5.5畳程度、2階立てのよくあるアパートである。

 

部屋について言えば、何点か不満はある。まずこの時期は隙間風が入って来て、日も当たらないため家の中は寒い。しかも、雨が降ると壁が水分を吸い込み濡れて来るのだ。

そのせいか、壁紙がこのように少し剥がれてきている。
大阪の2万円のアパート osaka home wall

 

住んでる住民

Osaka house old man
www.flickr.com

 

住んでる住民も近隣住民にしたくないような人が多いように感じる。

8割型老人で隣の人はおばあさんなのだが、夜になるとうめき声が聞こえてくる(昼間は独り言も聞こえる)。あとは中年のサラリーマンが1人で住んでたり、訳ありの人が多いような気がする。とても若い女性が住むような場所ではない。旅行でも思っていたが、こういう時は男で良かったとつくづく感じる。

 

立地

駅までは少し距離はあるが、この点は毎日いい運動になるので気にならない。繁華街からも離れているせいか夜も静かで治安も良い。周りもスーパー等は揃っており、比較的在宅で仕事が出来る環境としては悪く無いかと思う。

 

やはり、家賃の安いアパート・マンションにおける1番の不満といえば近所の住民だろう。向こうからしても、こちらを家に引きこもっている怪しい人という印象を持っているかもしれないが。

 

バンコクの家賃2万円の物件

現状アフィリエイターとしてもあまり稼げていない。しかし、日本では貧乏生活しか送れない自分も東南アジアでは平均以上の裕福な暮らしを送ることができる。

例えば、こちらタイのバンコクにある物件。
バンコク マンション Bangkok Apartment
こちらの家賃は月6000バーツ、日本円で2万円程度だ。

 

内装はというと

バンコク アパート Bangkok Apartment inside
1Kの24平米(リビングは10畳程度はあると思います)で、そこそこ綺麗。

場所もアソーク駅から比較的近く、この駅は東京でいうと新宿のような交通の便もよく、六本木のような繁華街にある。中心地に拘らなければ、2万円出すだけで、もっと広くて豪華な物件も借りることができる。

 

バンコク家賃2万円の物件に住んでる住民

上記家賃家賃2万円のアパートは場所と間取りは申し分ない。しかし、住んでる住民はどうだろうか?

間違いなく言えるのは、こういった1Kの一人暮らし用の家で2万円程度の家賃のところに住んでいるなら、富裕層の若者が多い。アソークのこの物件であれば、外国人かタイ人でも金持ちの若者となるだろう。

rich man bar
www.flickr.com

 

ちなみに、5万円以上だせばプール付のマンションも借りることができる。この辺の物価差については下記記事を参考に。

タイの物価と1ヶ月の生活費。予算ごとに、どのような生活を送れるかも述べていく
タイの物価は、物価の高い首都バンコクと他の地方都市では大きく異る。特に、住居費(家賃)と夜遊び代の差が大きい。つまり、タイの物価といえど、どの都市で見るかによっても大きく違いが出てくるのだ。この記事ではわかりやすいように、住居費と風俗・夜遊び代の物価差は東京とバンコク、それ以外を日本とタイで比較して述べていく。

人によっては貧乏だから海外に住むのはおかしいという。だが、自分のようにお金がない人で、場所に縛られることなく稼ぐことができる人はこうした物価の安い都市に住むという選択肢もある。日本人のライフスタイルも多様化してる今こういう選択肢があるという事を多くの人に知ってほしいと思う。

 

バンコクへの移住を考えている人は下記記事の内容も必読である。

バンコク移住に興味のある人が知っておきたいこと - 踊るバイエイターの敗者復活戦
バンコクの物価は東京を越えたとも言われる。しかし、実際は東京と比べるとまだまだ低い。それでも生活全般において、日本並みのクオリティを求めれば、日本よりも高く付く事は度々ある。物価の低さは人によっても恩恵を受けれる人と受けれない人がいる事は否定しない。

 

日本国内でとにかく安い物件を探している人は下記記事を参考に。

日本にある家賃の安い物件を本気で探してみて見えてきたことを述べる - 踊るバイエイターの敗者復活戦
家が「狭い」「不便な場所にある」「古い」といった広い意味で住みにくくなっても家賃を抑えたいと思っている人は多い。セミリタイアした人など、少ない予算で暮らしたいという人にもこうしたとにかく安い賃貸物件には興味を持つはずだ。 現在安定的に稼いでいる人も、いざという時のために知識として知っておいても損はないだろう。 この記事...

コメント

  1. アバター アホか! より:

    アソーク駅近くに2万の物件なんてありませんよ。
    あっても(スクンビット20の入り口近くとか)インド人が多いとても日本人が住める環境じゃない。
    想像を超えた配管むきだしの汚さ。

    画像のアパートメントはrama9と書いてますよ。
    ペッブリーの一駅北。つまり全然アソークじゃない。

    2010年以降にタイに最低1年以上住んたことのある人に一回聞くべきですね。

    こういうのを机上の空論っておっしゃるんですよ。

  2. アバター 匿名 より:

    上記のように意見がありますが、
    真相はどうなんでしょうか?

    • 付利意雷布 付利意雷布 より:

      日本人が住めないとは断言できないでしょう。

      自分は今も大阪に2万円台の家を借りていますが、やっぱり限度も人によるというのが大きいかもしれません。

  3. アバター 匿名 より:

    別にアソークでなくとも、18000円でこれだけの部屋に住めれば満足だよ。
    東京24区内なら10万でも住むのがむずかしいからね。

  4. 付利意雷布 付利意雷布 より:

    バンコク市外であれば5000円でもいいとこありますね。

    ちなみに、この物件の場所も割と悪くなかったです。MPがたくさんあるエリアなので夜遊びでお金使ってしまいそうですがw

  5. アバター 匿名 より:

    バンコクに1年半住んでいた事がある者です(2012~2013中旬まで)。

    上記写真の物件はアソーク駅からですと20分以上歩かなくてはならない場所にあります。RAMA9駅からのほうが近いです(歩いて8~10分程度です)。

    また6000バーツ/月というのはおそらく半年か一年以上の契約が前提の価格と思われます。且つ、この物件は割りと人気があるようで、満室で借りることができない可能性が高いです(実際に見学に行った事があります)。その際は、もう少し広いですが家賃の高い部屋を勧められました。

    ブログを拝見する限り、しっかりと考えをもって行動されてると思いますが、思っている以上に物事はスムーズに行かないものです。

    今後もブログの発展を陰ながら応援しています。

    • 付利意雷布 付利意雷布 より:

      >半年か一年以上の契約が前提の価格と思われます。
      海外ですと通常は1年契約ですよね。

      >且つ、この物件は割りと人気があるようで、満室で借りることができない可能性が高いです(実際に見学に行った事があります)。
      貴重なご意見ありがとうございます。

      >ブログを拝見する限り、しっかりと考えをもって行動されてると思いますが、思っている以上に物事はスムーズに行かないものです。
      ありがとうございます。
      この記事から約1年が経ち環境もだいぶ変わりました。
      もちろん、収入もです。

      今年は年150日程度を目安にタイへは行こうと思います!