和佐大輔、与沢翼、川島和正のアフィリエイトで一億円稼いだ方法を比較する

和佐大輔 川島和正 与沢翼 wasadaisuke-kawashimakazumasa-yozawatsubasa

 

まず3人がアフィリエイトで1億円稼いだ方法を簡単に紹介すると、

▶ 与沢翼
大量のメールアドレス(リスト)を手に入れて、これを元にオプトインアフィリエイトの紹介と情報商材を販売し7000万円の売上を達成する。その後、メディアに露出する事で多数の高額セミナー受講者を集め、1億円以上の収入を得るようになる。

▶ 川島和正
オークションといった転売で稼いだノウハウを情報商材として販売し、4000万円を売り上げる。その後メルマガとアフィリエイト、川島塾も始める。ネットビジネスで大きく稼ぎ始めた頃からメルマガ購読者も徐々に増え始め、メルマガからの広告収入、塾の売上等で収入1億円を突破する事に成功する。

▶ 和佐大輔
ブログでアフィリエイトをはじめ、その蓄積した記事をまとめたものを情報商材として販売することで1億円の売上を達成する。

現在は月額の有料サービスでも収入を得ている。

 

下記ではそれぞれ更に詳しく紹介していきたいと思う。

 

与沢翼

yozawa tsubasa free agent

与沢翼のプロフィール

1982年11月11日生まれの現在33歳(2016年10月現在)。株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役で現在はシンガポール在住。ダウンタウンDXをはじめ、テレビにもよく出ていたので見たことがある人も多いと思う。

 

ちなみに、以前から付き合っておりメディアでも一緒に出ることが多かった山田るり子氏とは破局し、新しい彼女が出来たことでも話題になった。

与沢翼氏とモデルの相原麻美
与沢翼と新しい彼女でモデルの相原麻美

 

与沢翼が1億円稼ぐまで

与沢翼は早稲田大学社会科学部卒業し、109にある店舗の商品を販売するアパレル通販会社を立ち上げ、年商十億円強まで成長させることに成功するも倒産。わずかな財産(10万円ほど)とエスラグジュール株式会社を経営していた時代に行った有料(3万円)の起業セミナーの資料しか残されていない状態だったが、川島和正氏に協力してもらい自分のメルマガを川島和正氏のメルマガ(読者30万人以上)内で紹介してもらうように頼んだ。

 

提案を引き受けた際、川島和正氏は与沢翼氏に条件を出した。

それは

▶ メールアドレス1通の紹介につき600円支払うこと
▶ 15日締めの翌々月末(75日後)までに、その料金を支払うこと

主に以上の2点である。

単にメルマガを紹介するだけではメルマガの読者はあまり増えないので、与沢翼氏はエスラグジュール株式会社を経営していた時代に行った有料起業セミナーのファイルをメールアドレスの登録者に無料でつけることにした。結果として、7万人が与沢翼氏のメルマガへ登録する。

 

与沢翼氏はメール1通につき600円支払う予定であったため、川島和正氏への支払額は4000万円を超えたということを意味する。手持ちはわずか10万円だがここからもすごかった。

彼はこの7万人のメルマガ読者に対して、高額商材の商品を紹介したり、オプトインアフィリエイトで収益を上げていく。一例をあげれば、30万円の商材を170本も販売したのである(これだけで5100万円の売上)。結果として、2011年末、つまり倒産してから4ケ月も経たないうちに与沢翼は7000万円のキャッシュを手に入れた。

 

川島和正氏へもメルマガ紹介から75日を超える前に、約束通り4000万円の支払いを済ませたが、まだ3000万円手元に残っている状態であるし、ドル箱となっている7万人のメルマガリストも所有している。メルマガで更なる収益を上げつつ、ここから与沢翼氏主催の与沢塾(高額セミナー)を行ったり、積極的にメディアに出て知名度を上げて新たな顧客を掴む戦略を取り始めるなど、現在とほぼ変わらない収益構造、メディア戦略に移行する。1億円という収入を短期間で突破することに成功した。

 

与沢翼の1億稼ぐ方法総括

7万人のメールリストに対して4000万円の支払い義務が生じたことから、与沢翼はかなりギャンブル性の高い一か八かのビジネスで億万長者になったように見える。しかし、現在多くのオプトインアフィリエイトASPが誕生したように、与沢翼氏の戦略はかなり成功確率の高いものである。

与沢翼は7万人のメルマガ読者のうち170人へ30万円の商材を販売することで、リスト回収のために支払うべき4200万円以上の収益を上げつつ、そのリストという「ドル箱」も所有したままだった。7万人のうち170人なら確率的に0.24%、1000人のうち2人と少しの数である。資金回収が難しくなると、オプトインアフィリエイトも成立しなくなるが、0.24%という確率で言えばビジネスとして継続するのは難しいとは言えないだろう。

あなたにも「ちょっとした」セミナーを開けるノウハウがあれば与沢翼のような稼ぎ方も出来ると言える。もちろん、実名出し、顔出しは必要になるのでそれなりのリスクは生じるし、セミナー受講生を満足させることが出来なければクレームも多くなるだろう。

 

与沢翼氏について更に詳しく知りたい人は下記記事も参考に。

与沢翼がアフィリエイトで月収1億円稼ぐフリーエージェントになるまでの話を述べていく
与沢翼は1982年11月11日生まれ、早稲田大学社会科学部卒業、株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役である(肩書は2013年時点のものを参考)。 与...

 

川島和正

kawashima kazumasa header
http://ameblo.jp/kk5160

 

川島和正のプロフィール

1979年7月7日生まれの現在37歳(2016年10月現在)。5年連続で年収1億円以上になり、3年で50か国以上を旅行して、香港、フィリピンのセブ島などに自宅を所有している。

 

1億円稼ぐまでの話

川島和正氏はサラリーマン時代から家にある不要品、タダで仕入れたアーティストのチラシなどをオークションで転売していた。転売で儲けた資金が増えるにつれ、アナログレコードの限定盤など、高い利益率の見込める商品へと転換していく。

その後、情報商材の可能性に気付き「人気コンサートでいい席をとる方法(9700円)」と「古物商営業許可の申請の仕方(2970円)」を有料で販売する。このわずか数日で書き上げた数十ページのデジタルノウハウは当時でも珍しく、チケットの取り方で1000万円、古物商営業許可の申請の仕方で3000万円近くを売り上げた。

 

こうした情報商材の販売と並行し、メルマガとアフィリエイトも行うようになる。アフィリエイトは利益率の高いクレジットカードの紹介を中心にアフィリエイトサイトを多数作成した。ネットビジネスで大きく稼いだ実績を信じ、その頃からメルマガ購読者も徐々に増え始める。メルマガでの広告依頼も増え、あっという間に資産1億円を突破する。

さらには、それまでの成功体験をまとめた本「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」が28万部のベストセラーになるなど、成功が成功を呼ぶ相乗効果を生んだ。

家にある不要品の転売から年収1億になったIT長者より

 

川島和正の1億稼ぐ方法総括

転売からアフィリエイトに参入した人は、そのノウハウを情報商材として販売するパターンが多い。これは昨今の高額セミナーの多くが転売ビジネスについてのものという事からもわかると思う。川島和正氏の場合、その転売からアフィリエイトの先駆けとも言える存在なので上手くいったが、昨今では競争率が非常に高くなっているため同じようなサクセスストーリーは難しいかもしれない。

 

ただ、その世界を旅しながら1億円稼ぐというライフスタイルは、新規の顧客を掴むための注目を集める手段としては効果的だあろう。実際、彼はFacebookでこれでもかというぐらいに充実したプライベートを見せつけ、男なら誰しも憧れるような生活も送っている。そういった意味では与沢氏と同じようなメディア戦略で新たな顧客を獲得し、更に収入を増やす事も可能かもしれない。

 

川島和正氏について更に詳しく知りたい人は川島和正氏のメルマガ川島和正は詐欺師?彼の一億円稼ぐ方法とは? の記事も参考に。

 

和佐大輔

wasa daisuke

和佐大輔のプロフィール

1988年生まれ。

和佐大輔氏は13歳の時、海への飛び込みで遊んでいた際に、テトラポットへ誤って突っ込んでしまい頭を強打、下半身不随と両腕も満足に動かすことが出来ない重度の身体障害者になる。

腕も十分に使えない和佐だったがリハビリ生活を続け、割箸を口にくわえてパソコンをタイプする方法を取得し、インターネットの世界へ参入した男である。

 

1億円稼ぐまでの話

17歳のとき情報商材を購入、それを実践した様子を交えながらブログでアフィリエイトを始めた。ブログでは高校生という点と下半身不随という点で大きな話題となり徐々にアクセスを集めるようになる。ブログがあり程度人気になった頃、そのノウハウを詳細に解説した「ブログ解体新書」を兄と一緒に作成し、ネットオークションなどで販売する。この頃から徐々にネットを中心に有名になり始め、情報起業家育成コンサルタントとしても収益をあげ始めた。

 

その後は、こうした活動中に出会った木坂健宣との共同作業により、情報商材であるネットビジネス大百科を1万円で販売する。このネットビジネス大百科のボリュームの凄さはもちろん内容の満足さに「1万円どころか100万円以上の価値はあると」一気に評判となり大ヒット。17歳で1億円の収入を突破したのだった。

 

和佐大輔の1億稼ぐ方法総括

和佐大輔氏はブログでアフィリエイトをはじめ、その蓄積した記事をまとめたものを情報商材として販売することで莫大な利益を上げた。このモデルは多くのブロガーでも参考になる。

情報商材としてではなくとも、有名ブロガーの多くがそのブログ記事を書籍化し販売しているが、これはブログ記事の再利用にもなるし、本を販売することから別の入口で自身のサイト、セミナーへ人を集客することも可能になる。本から新規の顧客を掴むリアル集客ともいえるだろう。

 

和佐大輔氏についてもっと詳しく知りたい人は下記記事も参考に。

和佐大輔の17歳で一億円稼いだノウハウとは?
和佐大輔氏 和佐大輔1988年高知県出身。情報商材やブログ、メルマガなどで収入を得ている情報起業家(インフォプレナー)である。ブログからアフィリエイトを始め、自身のノウハウ...

 

与沢翼、川島和正、和佐大輔。3人の1億円稼ぐまでを比較してみて

和佐大輔氏は高校生で下半身不随という話題性も手伝って大きく収益をあげる事が出来たが、基本的にはブログでコツコツ集客して顧客を獲得し莫大な収益をあげれるようになったといえる。川島和正氏の場合もほとんど同じで、数年かけて集客力を高めていった。

 

与沢翼氏が上の2人と違うところは、短期間で収益をあげて、億万長者に上り詰めたという点である。オプトインアフィリエイトが短期間で億万長者になるための手段として非常に有効であるという事がわかるだろう。

オプトインアフィリエイトについて詳しくは下記記事を参考に。

オプトインアフィリエイトの始め方とおすすめASPランキング!
オプトインアフィリエイトとは、キャンペーンを紹介し、それを見た人がメールアドレスの登録だけで報酬が貰えるアフィリエイトである。このアフィリエイトのすごいところは報酬額がメール登...

 

現在も年間億を稼いでいる3人に共通しているのは、毎年安定して莫大な収益をあげるために、顧客の維持と新規顧客を獲得するために露出を定期的に行っているという点だ。税金が払えなくなり、一度は破産寸前にまで落ちた与沢翼も現在はシンガポールに拠点を移し、悠々自適の生活を再開している。

「人の集まる場所を持っている人、もしくは、人を集める事が出来る人になる。」

インターネットビジネスにおける集客の重要性は今後もしばらくは変わりそうにない。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。