パタヤのゴーゴーバーで使うホテルを選ぶ前に知っておくべきこと

パタヤ・ソイLKメトロ

パタヤでの夜遊びはゴーゴーバーが最も遊び易く、満足度が高い。パタヤにおけるゴーゴーバーの遊び方や最新の相場などについては下記記事を参考に。

パタヤのゴーゴーバーについての特徴から料金まで、訪れる前に知っておくべきこと | バンコク・ダーク・ナイト
パタヤの夜遊びとしては▶ゴーゴーバー▶バービアの2つが主流となっている。バービアは価格が安く、フレンドリーな女の子が多い。ただ、年齢層は全体的に高く、可愛い子を探すのが大変である。ゴーゴーバーはメジ...

 

有名ゴーゴーバーへピーク時に行けば、日本人好みのレベルの高い女の子を見つけるのも難しくない。従って、パタヤで夜遊びを中心に滞在する予定なら、ゴーゴーバーの集まっているエリアのホテルを予約するのがおすすめである。

 

この記事では

▶ パタヤの夜遊びホテルを決める前に知っておくべきこと

として、パタヤの夜遊びスポット、夜遊びする際のホテルを近場で予約すべき理由に加え、パタヤのホテルにおけるJF(ジョイナーフィー)とIDチェックについての解説を行い、ウォーキングストリート、ソイLKメトロに分けて

▶ パタヤでおすすめのホテル

▶ 更に安くパタヤのホテルを予約する方法

までを紹介していきたいと思う。

 

パタヤの夜遊びする際におすすめのホテルから知りたい人は、パタヤでおすすめのホテルまで飛んで読み始めて欲しいと思う。

 

パタヤの夜遊びホテルを決める前に知っておくべきこと

パタヤの夜遊びスポット

パタヤの夜遊びスポットは街全体に広がっている。

 

日本人好みの若い女性が目当ての場合、

▶ ウォーキングストリートのゴーゴーバー

を訪問するのが一番手っ取り早い。

パタヤ・ウォーキングストリート
ウォーキングストリート

 

店も集中しているため回り易く、日本人の好みに合った女の子も多い。このエリアで好みの女の子を見つける事は容易だ。

 

もう少し時間的な余裕があったり、節約して遊びたいと考えているなら

▶ ソイLKメトロのゴーゴーバー
▶ バービア

を中心に訪問するのが良いだろう。

ソイLKメトロはウォーキングストリートと同様にゴーゴーバー街になっている。

パタヤ・ソイLKメトロ
ソイLKメトロ

 

ウォーキングストリートよりも小規模であるが、中には可愛い子も混ざっている。女の子へのチップもウォーキングストリートと比べると500~1000バーツ安くなっている。

 

バービアは日本で言えばガールズバーのような店である。密集して営業している所もあり、パタヤ市街地の至る所で見ることが出来る。バー形式のお店で女性と飲む事ができ、ゴーゴーバーと同様に女性のお持ち帰りも可能となっている。

ゴーゴーバーと比べ、バービアはドリンクからチップの相場までが安くなっている。ダイヤモンドの原石を探すにも、ゴーゴーバーよりも断然バービアだろう。長期滞在者など、節約しながらゆっくりとパタヤの街を楽しみたい人はバービアをのんびり回るのも悪くないだろう。

パタヤのバービアで夜遊びしたい人が知っておくべき場所や料金、システムについて。2016年最新情報 | バンコク・ダーク・ナイト
パタヤの夜遊びと言えばゴーゴーバーが有名であり、旅行者の多くはウォーキングストリートやソイLKメトロなどにあるゴーゴーバーへ向かうと思う。確かに、短期の旅行者であれば、時間でみたコストパフォマンスは...

 

ただ、バービアで可愛い子を見つけるのは大変だし、見つけても数が少ないため、先客に確保されている事も多い。何度か通う必要性も出てくるため、バービアでの夜遊びは初心者や短期旅行者には難しいだろう。

 

夜遊びする際のホテルを近場で予約すべき理由

パタヤの夜遊び地図
ウォーキングストリートとソイLKメトロの位置。約1.5km弱の距離があり、歩いて移動も出来るが、ソンテウを使えば10分程度。

 

ゴーゴーバーで遊び、女性をホテルへ連れ帰る予定ならホテルは徒歩圏内の近場に予約すべきである。ショートタイムで持ち帰った時は特にそうだが、ホテルは近い方が値段交渉もしやすい。また、タイの女の子は面倒くさがり屋が多いので、移動で手間がかかると見るからに機嫌が悪くなったりする。

その他、トラブルがあっても、ホテルが店に近ければ、すぐ一緒に帰って一部のお金を返金等を求める事が出来る。ゴーゴーバーで起こり得るトラブルとは、ロングタイムで約束してお金を払ったのにショートタイムで女の子が帰ったり、精神的な病気や薬物をやってる疑いのある子を連れ帰ってしまった場合などである。ホテルが遠いと帰るまでに時間がかかるし、連れて行くのにも苦労するだろう。

パタヤのソンテウ
パタヤのソンテウ。ゴーゴーバー街からソンテウでの移動になる場合、移動中もコミュニケーションが必要になる。相手が性格の良い子なら移動中も楽しいと思うが、ずっと黙っていたり、機嫌が悪い子、トラブルがあって一緒に戻る場合はこの時間が苦痛になるだろう。

お気に入りの子がいない人だったり、初心者はコストやトラブルのリスクを考え、ゴーゴーバーエリアから徒歩圏内のホテルを予約した良い。

 

パタヤのホテルにおけるJF(ジョイナーフィー)とIDチェック

タイのホテルにはJF(ジョイナーフィー)と呼ばれる追加料金のシステムがある。ジョイナーフィーとは、女性などを連れ込む場合に追加で支払わなければならない料金である。

パタヤは殆どのホテルでジョイナーフィーが無料となっているが、バンコクでは、このジョイナーフィーを請求されるホテルがいくつかある。

ジョイナーフィーはホテルにもよるが500バーツ~の所が多い。大体、そのホテルの宿泊料の半額が請求される。

 

また、パタヤのホテルでは、女性をホテルに連れ込む際に、女性のIDを受付で預かったり、IDチェックが必須になっているところが多い。IDチェック自体は悪いことでは無い。なぜなら、身分をホテルが確認してくれることで、盗難の防止だけでなく、トラブルが起きた際も相手を把握出来るからだ。

しかし、タイのホテルでは20歳未満の子は例え18、19歳でも連れ込みを拒否するホテルがあり、パタヤも例外ではない。

パタヤのアレカロッジ・ホテル
日本人にも人気のアレカ・ロッジ・ホテル。ゴーゴーバー街に近い立地だけでなく、設備やサービスの満足度は高い。しかし、受付でのIDチェックは必須で、10代の女の子は連れ込みを拒否される。

 

タイにおいてはその辺の規制が厳しくなったため、夜の店で10代の女の子が働いているケースも少なくなったが、やはり稀に存在している。

18歳未満の未成年はもちろん違法だが、10代後半というのが理由で連れ込みを拒否されたくない人はIDチェックのないホテルを選ぶ必要があるだろう。

 

パタヤでおすすめのホテル

パタヤで夜遊びする人におすすめのホテルは

▶ ウォーキングストリート
▶ ソイLKメトロ

周辺にあるホテルである。

まず、パタヤで夜遊びをする予定の人に、コストパフォーマンスの点からおすすめのホテルを簡単に紹介すると

ウォーキングストリート近くのおすすめホテル

>>> ウォーキングストリート内にあり、ウォーキングストリート、パタヤビーチを一望する事が出来るホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ウォーキングストリートへ徒歩0分。繁華街を目の前にしたビーチロード沿いの格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

ソイLKメトロ近くのおすすめホテル

>>> ソイLKメトロの隣、ソイ・ハニーと呼ばれる長期滞在者はもちろん、旅行者にも便利なエリアにある格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> ソイLKメトロの隣、ソイ・ハニーにあるオシャレな新築ホテル(最低価格保証付きリンク)

上記ホテルの詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。


パタヤおすすめ夜遊びホテルの地図。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

 

ちなみに、上記ホテルは全てジョイナーフィーがかからない(2017年6月現在)。下記でそれぞれ詳しく紹介していきたいと思う。

グランドホテル・パタヤ(Grand Hotel Pattaya)

ウォーキングストリート近くのグランドホテル・パタヤ

ウォーキングストリートを遊び尽くしたい人に最もおすすめなのがグランドホテル・パタヤである。ホテルを出ればすぐウォーキングストリートに行ける距離にあり、1分もかからない。チェックイン時にパタヤビーチ側の部屋を希望すれば、部屋からウォーキングストリート、パタヤビーチを一望する事も出来る。

ウォーキングストリート近くのグランドホテル・パタヤから見たビーチロード

ウォーキングストリート近くのグランドホテル・パタヤから見たビーチロード
グランドホテル・パタヤから見たビーチロードとウォーキングストリート

 

ウォーキングストリート近くのグランドホテル・パタヤの部屋

 ウォーキングストリート近くのグランドホテル・パタヤの部屋
象の形をしているのはバスタオル、ハンドタオル。

 

ウォーキングストリート近くのグランドホテル・パタヤのウォーキングストリート近くのグランドホテル・パタヤの洗面所、シャワールーム
洗面所と奥にはシャワールームもある。

 

パタヤで随一の繁華街であるウォーキングストリート内にあり、上層階の部屋からなら景色も最高に良い。それなのに、価格は非常にお手頃だ。シーズン中で無ければ朝食付で格安ホテル並の料金となっている。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> グランドホテル・パタヤ(最低価格保証付きリンク)

JF(連れ込み料)は無料なので2人まで宿泊する事が出来る。

シーズン外でもすぐに満室になってしまうので、先に予約だけでもしておいた方が良いだろう。料金は後払いにする事も出来る。

 

アット・シー・レジデンス(At Sea Residence)

アット・シー・レジデンスはパタヤビーチロード側、ウォーキングストリート入口前にあるバービア2階の建物に入居する格安ホテルである。ウォーキングストリートから徒歩0分、ホテルを出たら目の前にウォーキングストリートがある好立地だ。

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテル
写真左がウォーキングストリート入口ゲート。中央建物のエスカレーターを登るとホテルフロアになっている。右1階部分がバービアである。

 

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテル受付
ホテル受付

 

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテル
受付横から外を覗くと、ウォーキングストリート入口看板が右に見える。ホテルが本当に目の前という事がわかるかと思う。

 

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテル
海の方へ突き出てる形で建物は伸びている。

 
アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテルの部屋

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテルの部屋

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテルの部屋
部屋は少々古さはあるものの清潔で、十分な広さがある。クローゼットにはセキュリティボックスも完備されている。

 

アット・シー・レジデンスから見たグランドホテル・パタヤ
部屋からのウォーキングストリート側景色。部屋は海に突き出ているため殺風景である。夜もウォーキングストリートは明かりしか見えない。ちなみに、左奥に見える大きな建物は上でも紹介したグランドホテル・パタヤである。

 

アット・シー・レジデンスの洗面所とバスタブ
お風呂はバスタブ付きなのも嬉しい。カップルで泊まれば、仲良くバスタイムを楽しめるだろう。

 

バービアやウォーキングストリートに近いが、そこまで大きな騒音は聞こえなかった。もちろん、部屋の場所にもよるし、気になる人は気になるかもしれないが、個人的には特に気になるほどではなかった。

古い部分はあるが、部屋は広々としているし、価格も安いのでかなり気に入っているホテルである。好立地にもかかわらず、格安ホテル並の料金で泊まる事が出来る。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> アット・シー・レジデンス(最低価格保証付きリンク)

長期宿泊者向けの割引プランもあるが、ここに長期滞在したら現実世界には戻れなくなりそうだ。

アット・シー・レジデンスの長期滞在プラン
左の看板に「ROOM FOR RENT」の文字。ビザの無い外国人でもデイリー、ウィークリー、マンスリーレントが可能である。

 

ハニーイン(Honey Inn)

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」

ハニー・インはソイ・ハニーと呼ばれるソイ(路地)にある格安ホテルである。ソイ・ハニーにはソイLKメトロの隣にある通りで、バーやマッサージ屋、ランドリーなどが揃い、長期滞在者はもちろん、旅行者にも便利なエリアである。

 

ハニーインは格安ホテルで値段も安いが、部屋はキレイ。セキュリティボックスもある。

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」の部屋

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」のベッド
部屋とベッド。シングルルームは1人で泊まるなら十分な広さである。

 

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」の洗面所とトイレ
洗面所とトイレ

 

部屋にもよるが、バルコニーからソイLKメトロを眺める事が出来る。

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」から見たソイLKメトロ

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」のバルコニー
ハニーインから見たソイLKメトロ。

 

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」から見たソイLKメトロ
夜のソイLKメトロ。もちろん、こうした夜景を見れない位置にある部屋もあるので、ソイLKメトロの見れる部屋を希望する場合はチェックイン時に伝える必要があるだろう。

 

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」のバイキング形式の朝食
ホテルのプランにもよるかと思うが、基本的にバイキング形式の朝食も無料で付いてくる。

 

値段は下記リンク先から日付を入れるだけでチェックする事が出来るので、他と比較するために予めチェックしておいた方が良いだろう。

>>> ハニー・イン(最低価格保証付きリンク)

ジョイナーフィーももちろん無料。

 

パタヤからバンコクまではメーターでも1500バーツはかかるが、ハニーインの宿泊者は2017年4月現在1100バーツの料金で利用できるタクシーサービスを行っている。

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」のタクシーサービス
タクシーは1100バーツ。リムジンと呼ばれる乗用車は1300バーツ。サービスの終了時期は未定。

 

グループでパタヤからバンコクへ向かう人は、タクシーを利用した方がコストパフォーマンスは良いだろう。

タクシーの利用予定が無い人にもおすすめのホテルである。

 

247ブティック・ホテル(247 Boutique Hotel)

ソイLKメトロ近くのホテル「247ブティック・ホテル」

247ブティック・ホテルはセカンドロードからソイブッカオへ続く通称・ソイハニーにあるホテルである。有名なMP(マッサージ・パーラー)Honey1(ハニー1)と同じ建物に入居している。

上で紹介したハニーイン(Honey Inn)とは、通りを挟んで向かい側にある。

 

247ブティック・ホテル入口
ソイ・ハニーからのホテル入口。

 

ソイLKメトロ近くのホテル「247ブティック・ホテル」の受付
ホテル受付。

 

ソイLKメトロ近くのホテル「247ブティック・ホテル」の部屋 ソイLKメトロ近くのホテル「247ブティック・ホテル」の部屋

ソイLKメトロ近くのホテル「247ブティック・ホテル」の部屋
ホテルの客室は新しくて綺麗。部屋の広さもそこそこある。洗面所だけでなく、シャワールームも寝室から見えるエロい構造となっている。

 

ホテルにはトレーニングルームも完備されており、屋上にはプールもある。

247ブティック・ホテルのプール
屋上プール。ここからはビーチロード沿いの高層ビルも見える。

 

ハニーインと同様に、LKメトロにも近く、ホテルの近くにもバービアやマッサージの他、レストランやランドリーサービスもあるので生活するにも非常に便利である。

 

宿泊費は時期により大きく違うので、正確な料金は下記のリンク先に日付を入れてチェックしてほしい。

>>> 247ブティック・ホテル(最低価格保証付きリンク)

ジョイナーフィーは無料。LKメトロ周辺で、新しく清潔なホテルに泊まりたい人におすすめのホテルである。

 

パタヤのホテル予約について

パタヤビーチロード沿いのホテル・セレノテル・パタヤ
セレノテル・パタヤからのシー・ビュー。お気に入りの女の子が出来たり、ある程度パタヤの夜遊びに慣れたら、ビーチロード沿いのホテルも悪くないだろう。

 

ホテルを安く予約するためには、予約の時期もきちんと考えなければならない。同じホテル、同じサービス、同じ日の宿泊でも予約の時期によって大きく値段が変わるからだ。理想としては1ヶ月から1週間前ぐらいに値段をチェックするのが良いだろう。日本の長期休み前はもう少し早めに予約した方が良いかもしれない。

また、ホテルの予約はホテルのホームページよりもホテル予約サイトからの方が良い。なぜなら、ホテル予約サイトへ掲載されているホテルは、自身のホームページでは予約サイト以下の値段にしてはいけないといった決まりがあるからだ。ホテル予約サイトは予約時の手数料で儲けているので、予約されなければ手数料を得ることが出来ない。ホテルのホームページの値段を安くされると、そちらへの誘導(無料の宣伝)に使うホテルも出て来てしまうだろう。従って、ホテル予約サイトからの予約が無難である。

 

Expediaのクーポンを使えばホテルは7%以上の割引

上記ホテルを予約する際、Expediaのクーポンを使うことで最安値から更に7%以上安くホテルへ泊まる事が出来る。クーポンは下記リンク先から取得出来る。

>>> エクスペディアのクーポン・コード取得方法

上記リンクからクーポンを取得する(英数字のコードをコピーし、予約決済時に入力する)。Expediaで取り扱いのあるホテルなら格安ホテルでも7%以上の割引が可能である。ホテルへ最も安く泊まりたいなら、最低価格保証付きリンクから予約を行った方が良いだろう。

 

パタヤ初心者はお気に入りのホテルもまだ見つかっていないかと思うが、ホテル選びは一度悩むと結果は同じにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに決めるべきかと思う。

次回以降は自身の好みを反映させた上で、リピートするか新しいホテルを開拓するか判断すべきだ。

 

ウォーキングストリートやソイLKメトロだけでなく、ビーチロードセカンドロードと言ったパタヤの人気エリアを更に加えたエリア別おすすめホテルを知りたい人は下記記事も必読である。

パタヤで本当におすすめ出来るホテルをエリアごとに紹介する
 パタヤにおける観光客向けエリアとなると、ウォーキングストリート、パタヤビーチロード、セカンドロード、ソイブッカオが人気のエリアとなる。これらはパタヤの中心地にあり、繁華街へのアクセスや利便性...


スポンサーリンク
パタヤ・ソイLKメトロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。