パタヤにおける格安ホテルでコストパフォーマンスの高いものだけを紹介したいと思う

パタヤの格安ホテル「リド・ビーチ・ホテル」

 

パタヤにおける観光客向けエリアとなると、ウォーキングストリートパタヤビーチロードセカンドロードソイブッカオが人気のエリアとなる。これらはパタヤの中心地にあり、繁華街へのアクセスや利便性も高い人気のエリアだ。

パタヤのホテル地図

▶ ブルーのエリアがパタヤビーチロード
▶ ピンクのエリアがウォーキングストリート
▶ オレンジがソイブッカオ(LKメトロ周辺)
▶ グリーンがセカンドロード

となっている(©OpenStreetMap contributorsより)。

下記ではこれら人気エリアにある格安ホテルを紹介していきたいと思う。

 

パタヤの格安ホテルまとめ

まずパタヤのおすすめ格安ホテルを簡単に紹介する。宿泊料についてはリンク先のページで日付を入れるだけでチェックする事が出来る。

▶ パタヤ・ビーチロード沿いの格安ホテル
>>> ウォーキングストリートへ徒歩0分。繁華街を目の前にしたビーチロード沿いの格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> パタヤビーチロード沿いウォーキングストリート近くのオシャレな格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

▶ パタヤ観光に便利なウォーキングストリート近くの格安ホテル

>>> ウォーキングストリートのすぐ近くに位置し、ラン島への観光にも使いやすい格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

▶ ソイブッカオ(LKメトロ周辺)の格安ホテル
>>> ソイ・ハニーと呼ばれる長期滞在者はもちろん、旅行者にも便利なエリアにある格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> LKメトロのすぐ近くで、長期滞在者にも人気の格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

>>> LKメトロ内にあり、ホテルを出たら繁華街の格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

▶ パタヤ・セカンドロード沿いの格安ホテル
>>> セカンドロード沿いでパタヤのあらゆる場所へアクセスし易い格安ホテル(最低価格保証付きリンク)

 

この記事で紹介しているホテルの詳細な場所については下記Google Mapsを参考に。


パタヤ格安ホテルマップ。右上の枠の記号(Full Screen)をクリックして拡大で表示すると見やすくなる。地図は右上の記号から保存や各種SNS等での共有も出来ます。

それぞれのホテルをエリアの紹介も踏まえ、詳しく紹介していきたいと思う。

 

パタヤ・ビーチロード沿いの格安ホテル

パタヤビーチ沿いのホテルはアクセスも良く、観光の中心地でもある。当然のことながら宿泊料金は他に比べて高い。ホテルの多くは格安ホテルに当てはまらないようなものである。

ただ、こうしたホテルの中でもウォーキングストリートに近く、非常にお得なホテルが2つあるので紹介したいと思う。

アット・シー・レジデンス(At Sea Residence)

アット・シー・レジデンスはパタヤビーチロード側、ウォーキングストリート入口前にあるバービア2階の建物に入居する格安ホテルである。ウォーキングストリートから徒歩0分、ホテルを出たら目の前にウォーキングストリートがある好立地だ。

上のGoogle Mapsでは青色スターの位置。

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテル
写真左がウォーキングストリート入口ゲート。中央建物のエスカレーターを登るとホテルフロアになっている。右1階部分がバービアである。

 

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテル受付
ホテル受付

 

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテル
受付横から外を覗くと、ウォーキングストリート入口看板が右に見える。ホテルが本当に目の前という事がわかるかと思う。

 

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテル
海の方へ突き出てる形で建物は伸びている。

 
アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテルの部屋

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテルの部屋

アット・シー・レジデンスというウォーキングストリート近くのホテルの部屋
部屋は少々古さはあるものの清潔で、十分な広さがある。クローゼットにはセキュリティボックスも完備されている。

 

アット・シー・レジデンスから見たグランドホテル・パタヤ
部屋からのウォーキングストリート側景色。部屋は海に突き出ているため殺風景である。夜もウォーキングストリートは明かりしか見えない。

 

アット・シー・レジデンスの洗面所とバスタブ
お風呂はバスタブ付きなのも嬉しい。カップルで泊まれば、仲良くバスタイムを楽しめるだろう。

 

バービアやウォーキングストリートに近いが、そこまで大きな騒音は聞こえなかった。もちろん、部屋の場所にもよるし、気になる人は気になるかもしれないが、個人的には特に気になるほどではなかった。

古い部分はあるが、部屋は広々としているし、価格も安いのでかなり気に入っているホテルである。好立地にもかかわらず、格安ホテル並の料金で泊まる事が出来る。

 

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> アット・シー・レジデンス(最低価格保証付きリンク)

長期宿泊者向けの割引プランもあるが、ここに長期滞在したら現実世界には戻れなくなりそうだ。

アット・シー・レジデンスの長期滞在プラン
左の看板に「ROOM FOR RENT」の文字。ビザの無い外国人でもデイリー、ウィークリー、マンスリーレントが可能である。

 

リド・ビーチ・ホテル (Lido Beach Hotel)

パタヤの格安ホテル「リド・ビーチ・ホテル」

リド・ビーチ・ホテル・パタヤもウォーキングストリート近くにある格安ホテルである。欧米のアパートのようなオシャレな作りのホテルで、パタヤビーチロードから狭い路地に入ったところで営業している。上のGoogle Mapsではオレンジスターの位置。

 

部屋は4階まであるがエレベーターが無いので女の子を部屋に上げる時は気を使うと思う。ただ、上の階の方が窓からの雰囲気は良い。

パタヤの格安ホテル「リド・ビーチ・ホテル」からの眺め
部屋からの眺め。右奥にはパタヤビーチロードが見える。

 

パタヤの格安ホテル「リド・ビーチ・ホテル」のベッド

パタヤの格安ホテル「リド・ビーチ・ホテル」の部屋
部屋も新しくは無いが、掃除はきちんと行き届いている。

 

パタヤの格安ホテル「リド・ビーチ・ホテル」の洗面所とトイレ
洗面所とトイレ。左奥のくぼみがシャワールームとなっている。

 

リド・ビーチ・ホテル(Lido Beach Hotel)の前を通るビーチロード
右奥にあるスクリーンがウォーキングストリート入口ゲート。左上の青い看板が「Lido Beach Hotel」と書かれたホテルの看板である。マクドナルドのすぐ横にある路地がホテルに続く通路となっている。

 

ホテルへ向かうにもウォーキングストリート入口を目印にすれば、すぐにわかるだろう。ビーチや繁華街に近く、パタヤを思いっきり遊びつくしたい人に最適なホテルだと思う。

正確な値段は下記のリンク先に日付を入れるだけでチェック出来るので、値段を比較するために見ておいた方が良いだろう。

>>> リド・ビーチ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

パタヤの多くのホテルと同様にJF(ジョイナーフィー:連れ込み料)も無料なので2人まで同じ料金で宿泊する事が出来る。

 

パタヤビーチ沿いの格安ホテルまとめ

上記ホテルはいずれも2000~4000円程度の価格となっている。時期によっては2000円台で泊まることも出来るが、繁華街近く立地のかなり良いホテルなので、シーズン中は3000円以下で泊まるのは難しいと思った方が良いだろう。

 

パタヤ観光に便利なウォーキングストリート近くの格安ホテル

パタヤへ観光に来る人はマリンスポーツを楽しみに来ている人も多い。ただ、パタヤビーチでは海も濁っていて、決して綺麗とは言えない。また、何をするにも高めの値段を要求されるだろう。従って、マリンスポーツを楽しむ人の多くはラン島まで足を伸ばしている。

ラン島へ行くにはバリハイ埠頭(パタヤ埠頭)から出るフェリーに乗るのが一般的だが、ここはウォーキングストリートの先、パタヤビーチとは逆側にある。

ラン島への行き方、パタヤへの帰り方を詳しく述べていく
ラン島・ナーバーン埠頭 パタヤの沖合に浮かぶ島・ラン島へ行くには船を使わなければならない。船の種類としては▶ フェリー▶ ツーリストボート、グラスボトムボート▶ スピードボート...

ウォーキングストリート付近は夜の観光の中心となるが、昼間はこうしたラン島へ遊びに行っても良いだろう。ウォーキングストリート周辺はラン島へのアクセスも悪くない。パタヤ観光に便利なエリアと言えるだろう。

 

ウォーキングストリート周辺エリアもパタヤビーチ沿いと同様にホテルの値段は高い。それでも格安ホテルとして人気のホテルがあるので下記で紹介したいと思う。

ドリーム・ホテル・パタヤ (Dream Hotel Pattaya)

Dream Hotel Pattaya hotel entrance

ドリーム・ホテル・パタヤはウォーキングストリートから少し内陸に入った場所にある格安ホテルである。サウス・パタヤロードから西に出るセカンドロードにホテル入口がある。上のGoogle Mapsでは茶色スターの位置。

 

Dream Hotel Pattaya Reception
ホテル受付。

 

Dream Hotel Pattaya bedroom
建物は古いが部屋も清潔感がある。一番安い部屋のプランだと部屋の広さは少々狭い。

 

Dream Hotel Pattaya wide room

Dream Hotel Pattaya sofa
ホテル予約サイトでは+100バーツ(約300円)程度でもう一段階広い部屋を選択できる。一番安い部屋のプランでもシーズン外など、部屋が余ってる場合は広い部屋に変更してくれるケースもある。

 

ホテルはウォーキングストリートからだと、ソイ・ダイヤモンから更に内陸側へ入って行き、セカンドロードに出たら少し右に歩いたところにある。セカンドロードにホテルの看板があるのでそれが目印である。ホテル看板の場所については下記Google Mapsのストリートビューも参考に。

ウォーキングストリートに徒歩数分、ラン島へ向かうバリハイ埠頭のフェリー乗り場にも比較的近い好立地にもかかわらず、1泊2000~4000円の格安ホテルである。

正確な値段は下記リンクから日付を入れるだけでチェック出来る。

>>> ドリーム・ホテル・パタヤ(最低価格保証付きリンク)

JFは無料でホテル客室にはフロントを通らずに向かうことが出来るので、IDのチェックもなされなかった。2人まで同じ料金で泊まる事が出来る。

昼間は日帰りでラン島に行きたいという人にもおすすめのホテルだ。

 

こちらのホテルはエクスペディアでの扱いはあるが、殆どアゴダに確保されているためか、現状アゴダからでしか予約できない状態になっている。

 

ソイブッカオ(LKメトロ)周辺のホテル

ソイブッカオはビーチやウォーキングストリートからは少し離れるが、格安ホテルは多く、長期滞在者を中心として旅行者にも人気のあるエリアである。

ソイ・ブッカオというパタヤの人気エリアについて詳しく述べていく
サウスパタヤロード側のソイブッカオ タイは旅行だけでなく、移住希望者にも人気の国である。実際、首都バンコクの他に北部のチェンマイは比較的多くの日本人がロングステイを目的とし...

特に、セミリタイアした欧米人に人気のエリアでマッサージやレストランから、バービア、ゴーゴーバーエリアといった夜遊びスポット。病院、旅行代理店までも揃っている。初心者でもなるべく節約しながらパタヤでのんびり過ごしたい人におすすめのエリアだ。

 

ソイブッカオからもう少し内陸側へ入ると更に格安ホテルが多くなる。ただ、ウォーキングストリートなどへ行くには不便になる。従って、LKメトロ周辺ぐらいの位置が初心者には良いかと思う。この位置ならウォーキングストリートやパタヤビーチへのアクセスも悪く無いからだ。

ハニーイン(Honey Inn)

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」

ハニーインはソイ・ハニーと呼ばれるソイ(路地)にある格安ホテルである。ソイ・ハニーにはソイLKメトロの隣にある通りで、バーやマッサージ屋、ランドリーなどが揃い、長期滞在者はもちろん、旅行者にも便利なエリアである。

上のGoogle Mapsでは赤色スターの位置。

 

ハニーインは格安ホテルで値段も安いが、部屋はキレイでセキュリティボックスもある。

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」の部屋

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」のベッド
部屋とベッド。シングルルームは1人で泊まるなら十分な広さである。

 

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」の洗面所とトイレ
洗面所とトイレ

 

部屋にもよるが、バルコニーからソイLKメトロを眺める事が出来る。

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」から見たソイLKメトロ

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」のバルコニー
ハニーインから見たソイLKメトロ。

 

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」から見たソイLKメトロ
夜のソイLKメトロ。もちろん、こうした夜景を見れない位置にある部屋もあるので、ソイLKメトロの見れる部屋を希望する場合はチェックイン時に伝える必要があるだろう。

 

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」のバイキング形式の朝食
ホテルのプランにもよるかと思うが、基本的にバイキング形式の朝食も無料で付いてくる。

 

値段は下記リンク先から日付を入れるだけでチェックする事が出来るので、他と比較するために予めチェックしておいた方が良いだろう。

>>> ハニー・イン(最低価格保証付きリンク)

JFももちろん無料。

 

パタヤからバンコクまではメーターでも1500バーツはかかるが、ハニーインの宿泊者は2017年4月現在1100バーツの料金で利用できるタクシーサービスを行っている。

パタヤの格安ホテル「ハニーイン」のタクシーサービス
タクシーは1100バーツ。リムジンと呼ばれる乗用車は1300バーツ。サービスの終了時期は未定。

 

グループでパタヤからバンコクへ向かう人は、タクシーを利用した方がコストパフォーマンスは良いだろう。

タクシーの利用予定が無い人にもおすすめのホテルである。

 

サワディー・パタヤ・ホテル(Sawasdee Pattaya Hotel)

Sawasdee Pattaya Hotel

サワディー・パタヤ・ホテルはゴーゴーバー街であるLKメトロの近く、LKメトロポール・ホテルの入口目の前にある格安ホテルである。上のGoogle Mapsでは水色スターの位置。

LK Metropole Hotel from Sawasdee Pattaya Hotel
ホテル正面からの写真。ホテルを出るとLKメトロポール・ホテルが道路挟んで正面にある。

上のGoogle Mapsでは紫色のスターの位置。

Sawasdee Pattaya Hotel bed
ベッド。部屋はシングルサイズ。

 

Sawasdee Pattaya Hotel Balcony
バルコニーもあるので洗濯物も干すことが出来る。

 

Sawasdee Pattaya Hotel Closet desk
ボロいが一応家具一式は付いている。

 

一番安いプランでも朝食付き。

Sawasdee Pattaya Hotel breakfast
この朝食が決め手で、リピートしたと言っても過言ではない。味も種類も満足である。

 

値段は時期にもよるが、1泊は朝食付きで2000円程度。ホテル自体古く、決して綺麗ではないが、この立地とこの価格ならコストパフォマンスは高いかと思う。正確な値段は下記リンクから日付を入れて調べてほしい。

>>> サワディー・パタヤ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

JFももちろん無料。夜になると、ホテル入口近くにフリーの娼婦が立っていている事もある。

 

月10000バーツ(約31000円)、週3500バーツ(11000円)で借りる事も出来るので、長期滞在している欧米人も多い。

Sawasdee Pattaya Hotel monthly rent
もちろん、長期滞在するかどうかは実際に滞在してから決めた方が良いだろう。

 

パサデナ・ロッジ・ホテル(Pasadena Lodge Hotel)

soi-LK-Metro-Pasadena-Lodge-Hotel

パサデナ・ロッジ・ホテルはLKメトロ中央にある格安ホテルである。夜になれば、ホテル周辺はゴーゴーバーやバービアで溢れ、華やかな雰囲気の中にあるホテルである。上のGoogle Mapsでは黄色スターの位置。

soi-LK-Metro-Pasadena-Lodge-Hotel pattaya
LKメトロ奥で黄色く光る看板がパサデナ・ロッジ・ホテル

 

レセプションや外観は南国風だが、部屋は和風と中華風ぽい雰囲気である。少々ボロい部分はあるが、清潔感はある。

Pasadena Lodge Hotel lobby pattaya
受付

 

Pasadena Lodge Hotel bed room pattaya hotel
ベッド

 

Pasadena-Lodge Hotel room
作業机とテレビ

 

Pasadena Lodge Hotel Washroom pattaya
洗面所

 

Pasadena Lodge Hotel Toilet and Shower
トイレ、シャワールーム

 

宿泊料は時期にもよるので、下記のリンクから日付を入れて、最安値をチェックをしてみてほしい。

>>> パサデナ・ロッジ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

受付のスタッフもフレンドリーで、女の子を連れ込む時にかかるJFもかからない。パタヤで数日間はソイLKメトロに浸りたいという人におすすめの格安ホテルである。

Pasadena Lodge Hotel Appearance

 

パタヤセカンドロード沿いの格安ホテル

パタヤセカンドロードでもセントラルパタヤロードより北側へ行くと繁華街へのアクセスは少々不便になる。従って、パタヤ初心者ならば、セントラルパタヤロードよりも南側、ソイで言えばの間が良いかと思う。

この辺りならパタヤビーチに近いのはもちろんのこと、ウォーキングストリートやLKメトロへのアクセスも悪く無い。

下記ではこのエリアのおすすめ格安ホテルを紹介したいと思う。

ザ・プリヴィ・ホテル(The Privi Hotel)

The Privi Hotel pattaya

ザ・プリヴィ・ホテルはセカンドロード沿いに位置する格安ホテルである。パタヤソイ13/2にあるため、ウォーキングストリート、ソイLKメトロ共に徒歩圏内の場所にある。上のGoogle Mapsでは緑色スターの位置。

The Privi Hotel room pattaya
欧米風のオシャレな部屋でそれなりに広い。作業机の椅子はソファチェアーだったので作業もしやすかった。

 

The Privi Hotel bedroom pattaya
ベッド

 

The Privi Hotel bath room pattaya
洗面所にシャワールーム

 

高層階を希望すれば部屋からの景色も良い。

The Privi Hotel second road pattaya
セカンドロード

 

The Privi Hotel view
パタヤソイ13/2。奥には海も見える。パタヤソイ13/2は夜になるとバービア、ゴーゴーバーも営業している。

Pattaya BarBeer soi13

 

The Privi Hotel buffet pattaya
一番安い部屋のプランでもビュッフェスタイルの朝食が付いてきた。

 

部屋からの景色、部屋の広さ、立地といいコストパフォーマンスの非常に良い格安ホテルかと思う。

宿泊料は3000円台の事が多いが、時期にもよるので、下記のリンクから日付を入れて、最安値をチェックをしてみてほしい。

>>> ザ・プリヴィ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

自分はJFを取られる事はなかったが、要求された人もいるとの事である。従って、予約時には念の為に大人2人で予約した方が良いだろう。また、高層階を希望する場合はチェックイン時に空いているかどうか聞く必要がある。

 

今回紹介したパタヤの格安ホテルについて

とことん安いホテルならば1泊1000円以下のものもある。しかし、今回紹介したホテルは下記のように条件を更に限定してピックアップしている。

▶ 他の客と部屋を共有するドミトリーではなく、シングルルーム
▶ それなりに綺麗なホテル
▶ パタヤ観光において、便利な場所にあるホテル
▶ 高くとも1泊3000円台

ドミトリーは一部屋に4~6人が泊まるタイプの部屋である。トイレ、シャワーも共用になるが、今回はドミトリータイプの部屋は除いてピックアップしている。

また、安いホテルだと、カビが生えていたり、衛生面で心配なホテルもある。最低限の掃除がなされていたホテルに限定している。

パタヤ観光において不便な場所にあるため、値段が安くなっているホテルは除いている。確かに、不便な場所にあるホテルでも、慣れればそれなりに快適に過ごせる。しかし、慣れないうちに、アクセスの悪い場所にあるホテルは面倒になることが多い。初心者の場合、苦痛に感じる人も出てくるはずだ。

その他、格安ホテルの定義は難しく値段は時期にもよるので一概には言えないが、高い時期でも1泊3000円台のホテルに限定して紹介する事にした。

 

ホテル選びは一度悩むと結果はほとんど変わらないにもかかわらず、数時間を浪費してしまうケースが多い。しかし、ネット上で知ることの出来る情報は限られるため、実際に泊まってみないことには良し悪しの判断も出来ないだろう。

気になるホテルがあったら、すぐに予約すべきかと思う。泊まってみてはじめて、リピートするか、新規のホテルを開拓するかの判断をすることが出来るはずだ。

 

Expediaのクーポンを使えばホテルは7%以上の割引

上記ホテルを予約する際、Expediaのクーポンを使うことで最安値から更に7%以上安くホテルへ泊まる事が出来る。クーポンは下記リンク先から取得出来る。

>>> エクスペディアのクーポン・コード取得方法

上記リンクからクーポンを取得する(英数字のコードをコピーし、予約決済時に入力する)。Expediaで取り扱いのあるホテルなら格安ホテルでも7%以上の割引が可能である。

ホテルへ最も安く泊まりたいなら、最低価格保証付きリンクから予約を行った方が良いだろう。

 

以上今回の記事がパタヤでホテルを選ぶ際に参考になれば幸いである。

 

格安ホテルに「限定していない」パタヤのおすすめホテルについては下記記事を参考に。

パタヤでおすすめホテルだけを、パタヤビーチエリアを中心に紹介する
 タイのビーチリゾート「パタヤ」における観光スポットは▶ パタヤビーチ周辺エリア▶ ナクルア▶ ジョムティエンビーチ周辺エリア以上の3つに分けることが出来る。パタヤ周辺のエリア...


スポンサーリンク
パタヤの格安ホテル「リド・ビーチ・ホテル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

付利意雷布亜(フリーライファー)

東南アジアを中心に、1年のほとんどを移動しながら生活している海外旅行のエキスパートです。このブログでは旅行者の視点から、旅行者向けに、タイ、ミャンマー、ラオスのお役立ち情報とフリーター経験をもとにしたアルバイター向けの情報も掲載しています。