タイでクーデターが起こった理由と経緯をわかりやすく説明する。

Royal Thai Army soldiers in Silom, Bangkok
Royal Thai Army soldiers in Silom, Bangkok

 

2014年5月22日夕方、タイで陸軍によるクーデターが起こった。

クーデターを起こしたタイ陸軍司令官・プラユット司令官(現タイ首相)の主張は「タクシン派と反タクシン派による対立によってタイの国内情勢が不安定になっているから」としている。

しかし、実際は反タクシン派に近いタイ陸軍が、タクシン派を抑えるために起こしたクーデターである可能性が高い。

 

下記ではクーデターが起こるまでの時系列から、起こった理由まで更に詳しく説明していきたいと思う。

 

タイでクーデター

2014年5月22日夕方、タイ陸軍のプラユット司令官はクーデターを決行したとテレビにて発表した。前回の2006年9月以来、くしくもインラック首相の実の兄タクシン前首相が国外亡命を強いられて以来の出来事となる。

タイでクーデター=陸軍司令官が発表―タクシン派政権崩壊

タイ陸軍のプラユット司令官は22日夕、クーデターを決行したと発表した。タイでクーデターが起きたのは2006年9月以来。半年以上にわたってタクシン元首相派政権と反政府派の対立による混乱が続いてきたタイ政局は、軍がクーデターという非常手段を行使し、政権が崩壊する事態を招くことになった。

Royal Thai Army Commander
テレビを通じてクーデターを宣言するプラユット・タイ陸軍司令

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014052200823
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2014052200823&p=0140522at68&rel=pv

 

タイでクーデターが起こるまで。タクシンを中心に

反タクシン派によるデモ

今回のタイにおけるクーデターは2013年11月から起こっている反タクシン派(反政府派)によるデモを単に発する。2014年5月7日までタイの首相であったインラック首相は、2006年に起こったクーデターにより失脚しタイ国外に亡命している実の兄タクシンをタイへ帰国に導くために恩赦*(おんしゃ)法の審議を始めた。2013年の6月頃から法案提出の動きを見せており、2013年8月に国会へ提出している。

*恩赦:行政権(又は議会)により国家の刑罰権の全部又は一部を消滅 若しくは軽減させる制度のこと。

 

タクシンの政策によって恩恵を受けたタクシン派の国民はこれを歓迎したが、元々の支配階級であった反タクシン派は大きな反発を起こす。反タクシン派は、この法案が廃案となった2013年11月以降もバンコクを中心にデモを活発化させ、バンコク市内の主要道路も封鎖している。

 

バンコク非常事態宣言

2014年1月には、インラック首相はバンコク非常事態宣言を発令し、夜間外への外出は避けるように命令が出る。その後は、バンコクシャットダウンなどと称してバンコク市内の主要道路も封鎖する反タクシン派によるデモに関して、バンコクの世論でも否定的な意見が目立ち始め、徐々にデモの勢いは衰えてくる。

デモが落ち着いてきた3月19日になると、バンコク非常事態宣言は解除、事態は収集するかのように思われていた。

 

違憲判決でタイのインラック首相失職

ところが、2014年5月7日、タイのインラック首相が政府高官人事で職権を乱用したとされる裁判で、タイの憲法裁判所はインラック首相の行為は憲法違反とする判決を下す。

タイのインラック首相失職、政府高官人事で違憲判決
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DN0BA20140507?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

「人事権の職権乱用」という意外な理由でインラック首相は失職に追い込まれた。まさに青天の霹靂であった。

 

タクシン派の反発と反政府(反タクシン派)デモ拠点で爆発と銃撃

タクシンの実の妹であるインラックの失職に反発したのは、北部を中心とした農民の多いタクシン派である。タイは半分以上が農民でタクシン派を推す声の方が多いが、支配層及び都市部では反タクシン派が多くなっている。

同じ時期の5月15日、反政府派(反タクシン派)のデモ拠点で爆発と銃撃という惨事が発生し、タクシン派と反タクシン派の対立が鮮明になる。

タイ反政府拠点で爆発と銃撃、2人死亡 21人負傷
http://www.afpbb.com/articles/-/3014957

3月までの反タクシン派によるデモの間も爆発による死者が出たことはあったが、今回は銃撃戦に発展するという異常事態で、両者の対立による治安悪化が懸念された。

 

ただし、この反政府派(反タクシン派)のデモ拠点における爆発と銃撃がタクシン派によるものという確証はなく、両者の対立を刺激したい外部勢力、もしくは、クーデターの口実にしたいタイ国軍によるものとの可能性も否定出来ない。

 

非常事態宣言下での死傷事件はデモ、非常事態宣言下のタイで起こった様々な出来事の記事も参考に。

 

タイ陸軍が戒厳令発令

タクシン派と反タクシン派による対立によって治安の悪化が懸念され、タイ陸軍は戒厳令を発令する。戒厳令により、タクシン派と反タクシン派両者には活動の停止と軍への協力を、メディアに関しては規制を命じている。

タイ陸軍が戒厳令発令

司令官は「われわれはこの暴力が全般的に国の治安を損ないかねないことを懸念している。そこで、この国の法と秩序を回復するために戒厳令を布告した」と指摘。その上で「この危機から抜け出す方法を探るため、全ての活動グループに対し、活動の停止とわれわれとの協力を求める」と述べた。
軍はバンコクの各地に拠点を築いている政府支持派および反政府派に対し、衝突を避けるためその場にとどまり、デモ行進をしないよう命じた。

また、メディアに対しては、国の治安に影響しかねない事柄を放映しないよう命じた。「平和と秩序維持」のため、政府系・反政府系含む衛星テレビ10局に放送停止を求めた。

タイ陸軍が戒厳令発令、軍「クーデターではない」
タイ陸軍は20日、国内の秩序回復に向け戒厳令を発令した。一方で、クーデターには当たらないとの見方を示した。軍・政府関係者によると、タクシン元首相派が率いる現政府...

 

対話解決を模索=タイ陸軍司令官

Prayut Chan-O-Cha
プラユット陸軍司令官

タイ全土に戒厳令を発令したプラユット陸軍司令官は20日、タクシン元首相派政権と反タクシン派の対立が続く政情の混乱収拾に向け、全当事者を呼んで対話による解決策を模索する意向を表明した。

301 Moved Permanently

 

ちなみに、この際には陸軍将校の話として、クーデターを否定している。

陸軍将官は匿名を条件にロイターに対して「われわれは、緊急非常事態を宣言した。これはクーデターではない。状況は安定しておらず、日々殺し合いが起きている」と語った。

タイ陸軍が戒厳令発令、軍「クーデターではない」
タイ陸軍は20日、国内の秩序回復に向け戒厳令を発令した。一方で、クーデターには当たらないとの見方を示した。軍・政府関係者によると、タクシン元首相派が率いる現政府...

2日前の厳戒令を経て、本日5月22日のクーデター発表という流れに至ったわけだ。

 

クーデターが起こった理由

2日前の厳戒令時にはクーデターを否定していたが、その時ロイターの記者に対して否定したのはタイ国軍のイチ将校であり、タイ国軍の上層部の話ではない。5月20日の時点では、プラユット陸軍司令官はタクシン派と反タクシン派を含めた全当事者を呼んで対話による解決策を模索するとの意向を表明したが、この厳戒令の際にはすでにクーデターが決まっていた可能性が高い。

元々タイ国軍がクーデターを起こしたのはタクシン派との根強い対立がある。

その点に関して詳しくは

タイでデモが起こる理由をわかりやすく説明する。バンコク・デモの最近の情勢。
タイで反政府デモが起こるのはタクシン・チナワットという人物が首相になったことから始まる。この記事では「タイでデモが起こる理由」を簡潔にまとめると共に、タイへの渡航が近い人などタイの情勢が気になっている人のために、タイのデモに関する最新情報についても詳しくまとめて考察していきたいと思う。
タイでデモが起こる理由。タクシン派と反タクシン派の対立。
タイのデモに関して全く知識のない人は反タクシン派(反政府デモ隊)とタクシン派(政府支持派)?反タクシン派のイエローカラーとタクシン派のレッドカラーは何を示すの?等が主な疑問点になるだろう。今回はこれら用語やタクシンという人物を中心にタイでデモが起こる理由について解説していこうと思う。

を参照していただくとして、タイ国軍は反タクシン派として、タクシンによって利権を奪われた権力層に該当する。

反タクシン派=民主市民連合(PAD): 軍や裁判所、官僚といった既存の権力層や都市中間層(バンコクなど)を基盤とし王室護持を掲げている。

https://freelifer.jp/?p=5638より

クーデターにより政権を奪われるのは現政権(タクシン派)であり、これを歓迎するのはインラックを失職させた憲法裁判所やタイ国軍を含んだ他ならぬ反タクシン派である。5月7日の憲法裁判所による判決の時点で、すでに、司法と軍部で話し合いが行われ、タクシン政権を失脚させるための方策を練っていた可能性も否定出来ない。

 

今後のタイの情勢を左右するポイントとしては、タクシン派の動きが大きなポイントとなる。タクシン派は北部の貧困層を中心としたタイ国内では多数派であり、今回のクーデターに対しても大きく反発している。クーデター後もタクシン派は集会継続し、これに対してタイ国軍は空砲による威嚇をしている。

タイのタクシン派がクーデター後も集会継続、軍は空砲
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E213F20140522

インラック首相の処遇で、こうしたタクシン派を刺激するような事があればタイ国内が2分し、大きな内乱が発生する可能性も否定出来ない。タイ国民に愛されている国王の存在も、大きな内乱が発生すれば、それを解決するまでの力を持つとは思えない。

 

治安維持に必要とはいえ、今回のクーデターはタクシン派にとっては容認できず、タクシン派の動き次第では治安の更なる悪化をもたらしかねない。夜間外出禁止令も出され観光にも影響が及ぶなか、暴力を背景としたタイ国軍の強硬な解決だけは避けてほしいものである。

 

タイのクーデターに関する様々な憶測について

タクシン派と反タクシン派の対立は中国共産党が関与?

一部のデマとして、タクシン派と反タクシン派の対立が中国共産党によるものとする主張がある。これはタクシンが中国系タイ人であることが根拠とされているが、タイにおける中国系タイ人は中国に対して特別な感情をほとんど持っていない。中国系のタイ人は、タイへの帰属意識しか持たず、中国への愛着も特に無い。上でも軽く紹介したが、タクシンとそれまでのタイ国内における権力層との対立になる。

 

ただし、5月15日の反政府派(反タクシン派)のデモ拠点における爆発と銃撃でタイ国内を混乱させたい外部勢力の可能性を否定しない以上、中国共産党となんらかの関与が合ったという可能性は100%無いとは言えない(陰謀論レベルの限りなく0%に近い可能性ではあるが)。

 

タイ国王のお言葉でクーデターは平和的に解決?

タイでは立憲革命(1932年)以降過去に12回軍による全権の掌握(クーデター)がなされているが、昨今のタクシン派と反タクシン派の対立はある程度平和的な解決がなされた過去の前例が通用しない部分がある。

上記で反タクシン派にタイ国軍は属すると説明したが、2010年4月から5月のタクシン派デモ隊へ陸軍が武力により攻撃し、公式発表では91人が死亡し1800人以上が負傷(障害が残るなどの重傷者を多く含む)したとされる。

検察当局は、アピシット前首相ら2人が治安部隊に発砲を許可することで多数の死傷者を出す結果を招いたとしている。
10年の反政府デモでは約90人が死亡、約2千人が負傷した。

タイ検察当局、前首相を殺人罪で起訴

参照

この時はタクシン派の幹部がデモの散会を宣言した事で事態は収束した。

タクシン派がデモを続ければ更なる死傷者が生まれた事は明らかで、国王の力でこのような暴力行為を止められるほど安易なものではなく、このタクシンを中心とする対立は内乱の可能性さえも否定出来ないのである。もちろん、国王の発言によって平和的な解決がなされる可能性もあるが、当たり前の話として、日本人が思っている以上に複雑な問題であり、簡単に未来が予見できるほど単純な物ではない。

 

タイのクーデター最新ニュース・情勢

タイ全土に夜間外出禁止令

クーデターと同時にタイ国軍は国民へ夜間外出禁止令を出した。

5月22日の夜におけるバンコクのゴーゴーバー、ソイカウボーイ、パッポンは数件が店先での細々とした営業をするのみ、ナナプラザに関しては敷地内への立ち入りも禁止となっている。タニヤも全店が閉鎖。

パタヤのウォーキングストリートも同様に22時には閉鎖。

 

5月23~26日は夜間外出禁止令の及ばない16~22時ぐらいまでの営業に変更(ナナプラザは21時半頃から警察が入り、ソイカウボーイも23時には追い出されるとのこと)。

 

6月3日、プーケット、パタヤ、サムイ島の夜間外出禁止令が解除。

6月13日、首都バンコクを含む全ての地域で夜間外出禁止令が解除され、バーやクラブなども通常の営業時間に戻った。

 

タクシン派は組織力を強化

2014年5月23日

タイのクーデターで流血の衝突も、タクシン派が組織力強化
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N602P26JIJUT01.html

タイの陸軍が2006年にタクシン政権を追放した際には、タクシン派の基盤である農村部の支持者に抵抗を仕掛ける組織力がなかったが、今回は前回よりも体制を整えている。

チュラロンコン大学安全保障国際問題研究所のティティナン所長は電話取材で「クーデターに対して強力な反発と抵抗が見込まれる」と述べ、「今回は深刻で暴力的な対立や衝突になろう」と予想した。
英リーズ大学のダンカン・マッカーゴ教授(政治学)は「前回のクーデターは全くの大惨事だった」と述べ、「06年当時よりも国の分裂ははるかに進んでいるだけに、今回のクーデターでより良い結果を想定する理由はない」と語った。

専門家も今回のクーデターは前回以上の武力衝突が起こる可能性を指摘している。

 

タイ国軍、拘束していたインラック氏を早々に解放する

2014年5月26日

タイ軍、インラック氏を解放 行動なお監視下に
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140526/asi14052611240001-n1.htm

クーデターを起こした軍に拘束されていたタクシン元首相の妹、インラック前首相が26日までに解放された。しかし、行動は、引き続き厳重に監視されているもようだ。

軍高官はインラック氏に関し、「平和と秩序を維持し、抗議運動や政治活動に関与しないよう協力を求めた」と述べた。移動と通信の自由もあるとしている。

タイの国軍は世論に非常に敏感で、タクシン派の反発材料を与えずにいかにソフトランディングさせるかを考えている。インラック氏に関してはタクシン派の反発を避けるため早めに解放されると言われていたが、まさにその通りになった。

 

国王の死去でタクシンが復活?王子とタクシンの繋がり

2014年5月26日

タイのクーデター:国座に至る道のり
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40782?page=3

事態を複雑にする王位継承

プミポン国王は息子のマハー・ワチラロンコン王子と異なり、人気が高く、尊敬されている。61歳になる王子は変わり者と見られている。ペットのプードルのフーフーのために開いたパーティーで、3番目の妻と裸でいる動画が流出したこともある。フーフーには空軍大将の称号が与えられている。

プミポン国王の時代が終わろうとしている今、王位継承を巡るさまざまな問題も、タイ政治の分極化の要因になっている。社会と軍、王宮の分裂を招く危険もある。

2013年11月、プミポン国王が、大きな権力を持つ国防評議会が下すすべての決定に対し皇太子が拒否権を行使できるとする布告に署名したのだ。
国防評議会は軍のトップや常任の国防長官が名を連ねる。王位を継承すると見られるワチラロンコン王子が、事実上、国防評議会の上に立ったいうことだ。

 

ワチラロンコン王子とチナワット家の関係

ワチラロンコン王子は実権を握るため、タクシン氏が国民から得ている正当な支持を利用しなければならないと感じている可能性がある。同様に、タクシン氏も再び首相の座に就くために、王子を必要としているのかもしれない。タクシン氏は過去に、王子が作ったギャンブルの借金を肩代わりしたとされている。

ワチラロンコン王子とタクシン氏が実際に手を結んでいるかどうかは分からない。今年、軍が、タクシン氏の妹で当時首相だったインラック・チナワット氏の護衛に躊躇したとき、王子は自分の兵士を派遣した。

上記の記事も憶測にすぎない部分が多いけれども、もしこの記事で意図している事が事実であれば現国王が死去し王子が国王になった後、王子(将来の国王)の権力をバックにタクシンが帰国し、タクシン帝国が復活する可能性が高いということになる。

タクシンは単に国外に逃げていただけでなく、次世代の王子との繋がりを強めその時を待っていたのかもしれない。

欧米系のメディアをそのまま信じることは危険であるが、非常に興味深い記事ではある。

 

タイのクーデター1年数ヶ月にも及ぶ可能性

2014年6月1日

軍政長期化に反発も タイ、民主化へ3段階行程表
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140601/asi14060111400003-n1.htm

タイのクーデターで全権を掌握した「国家平和秩序評議会(NCPO)」議長のプラユット陸軍司令官は5月30日夜のテレビ演説で、民政復帰へ向けた3段階の行程表を提示した。しかし、民政復帰のための選挙は1年数カ月後と表明したことから、タクシン元首相派を中心に反発が広がるのは必至。

クーデターを1年以上続ける予定であるというのが現在の軍部の意向らしい。

この期間、2006年のクーデターで排除できなかったタクシン派を、大きな反発を避けるために、もっと長い年月をかけて締め出すための制度作りに励むつもりだろう。クーデターが起きてタイ旅行を我慢した人もいると思うが、1年以上タイへの旅行を我慢できない人はこれからクーデター中に渡航することになる。

情勢が安定している今のうちのほうが安全かもしれない。ただし、タクシン派のデモ隊には近づかず、自己責任で渡航してほしいと思う。

 

パタヤ、プーケット、サムイは夜間外出禁止令解除へ

2014年6月3日

【タイ】夜間外出禁止令解除・パタヤ、プーケット、サムイの3カ所
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=560&&country=2&&p=2

2014年6月3日、関係者が明らかにしたところによると、タイ全土に発令されている夜間外出禁止令について、パタヤ、プーケット、サムイ島の3カ所で夜間外出禁止令を解除した。

観光業へはすでに大きなダメージとなっているので、軍部も早めの解除を目指していたはずだ。

とはいえ、タクシン派の活動が活発な北部チェンマイやバンコクではもうしばらく夜間外出禁止令が続くかもしれない。

 

タクシン派は軍に圧力

2014年6月5日

タクシン派「武力闘争も」=軍の出方注視、全土で蜂起も―タイ
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014060400657&g=int

タイのタクシン元首相支持派幹部は4日までに時事通信の取材に応じ、「民主化実現のためには軍と戦い、死も恐れない」と述べ、軍事政権の出方次第では武力闘争も辞さない姿勢を示した。

上記6月1日の記事でも触れたように、軍事政権は今後選挙制度改革に入ると思われるが、この際にタクシン派をどこまで反発を抑えながら排除できるか思考を凝らしている。

徐々にタクシン派へ不利な条件を突きつけていくと考えられるが、この制度改革が発表された時にタクシン派は大きく反発するだろう。

軍事政権が譲歩するか、これを軍事力という力で抑えつけるか。

国際社会からも反発が予想され、経済の落ち込みが確実視される中難しい選択を迫られそうである。

 

夜間外出禁止令をバンコクを含むタイ全土で解除

2014年6月13日

タイが夜間外出禁止令解除、治安改善と観光業支援で
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0EO25D20140613

タイ軍事政権は13日、クーデター後に発令していた夜間禁止令を国内全土で解除した。大きな衝突が見られないことに加え、観光を支援する必要があるためとしている。

自分がびっくりしたのはクーデター中にもかかわらず首都バンコクでもタイ国軍の姿がほとんど全く街中で見られなかったということ。

予想では街中に国軍兵士がいたるところに登場すると思っていた。夜間外出令も解除され観光客が見るような表面上は完全通常運転のタイになった。

 

タクシン元首相派の党首、YouTube上で軍事政権に反対する新組織の設立を宣言

2014年6月24日

タクシン派前内相、反軍政組織の設立を宣言
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140624-OYT1T50160.html?from=ycont_top_txt

タクシン元首相派「タイ貢献党」党首だったチャルポン前内相が24日、軍事政権に反対する新組織の設立を宣言した。具体的な活動内容は不明。

軍事政権は、クーデターを起こした5月22日以降、政治家や活動家を拘束するなどして反対派の動きを徹底的に封じ込めている。反軍政を唱えるチャルポン氏は、同評議会の出頭命令を拒否しており、国外に逃亡しているとみられる。

チャルポン氏は、動画投稿サイト「ユーチューブ」上で、「軍事政権は法による支配を侵し、民主主義の原則を損ない、権利や自由、人間としての尊厳を破壊している」と批判した。

ついに沈黙を破り動きを見せたタクシン派。このままじわじわとタクシン派の締め付けを行う軍部を黙って見てることは出来なかったようだ。

現状は非常に安定しているタイの国内情勢ではあるが、両者の動き次第では緊迫ムードになるかもしれない。

 

この記事は今後も情報を収集しながら追記にて情報を加えて行きます。

クーデター下のタイ情勢。タイ旅行は大丈夫?
www.flickr.com クーデターによるタイ情勢の変化 ご存知の通りタイでは2014年5月22日、国軍によるクーデターが起こった。その時自分は近日中のタイへの渡航を予定しており、ニュースサイトやソーシャルメディア、現地...

コメント