アフィリエイターとは?世間のイメージと真実を述べる。

アフィリエイター
www.flickr.com

 

アフィリエイターとは?

コーヒーを飲むアフィリエイター
c1.staticflickr.com

 

アフィリエイターとはウェブサイト、メールマガジン、ソーシャルなどを運用し、主にアフィリエイト広告(成果報酬型広告)で収入を得ている人を言う。

アフィリエイターの中でもアフィリエイト収入だけで生活している個人は「専業」アフィリエイターと呼ばれる。会社員や他の事業と兼業している個人は「兼業」アフィリエイターと呼ばれている。ウェブサイトを運営し、アフィリエイト収入を得ている法人もいる。しかし、法人はアフィリエイターとは言わず、個人を指して言うことが多い。

 

アフィリエイトの種類

アフィリエイト広告はクリックするだけで報酬が発生するクリック報酬型と、クリックした後に実際に商品を購入したり、登録等するなどアクションを起こすことで報酬が発生する成果報酬型の2種類に大別される。

元々のアフィリエイトの意味は後者の成果報酬型広告のみだった。しかし、ASPを通さず個人で直接契約する自主広告だったり、クリック報酬型のネット広告もアフィリエイトと呼ぶこともある。アフィリエイトの定義は広がっている。一般的にも、「ネット広告全般で収益をあげている人」という広義の意味でアフィリエイターという言葉も使われるようになってきている。

 

アフリエイトで稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ人

 

基本的にアフィリエイトで稼いでいる人達をアフィリエイターと呼ぶ。しかし、稼いでいる媒体は様々である。

そこではアフィリエイターが使うその媒体に注目して、各アフィリエイターを紹介していきたいと思う。

 

サイトアフィリエイター

アフィリエイトサイトとは成果報酬型のアフィリエイトで収益をあげることを目的に作られたサイトの事を言う。これらアフィリエイトサイトで収益をあげている人達をサイトアフィリエイターと呼ぶ。

専業アフィリエイターとしては、このようなアフィリエイトサイトを媒体として収益をあげている者の割合が一番多い。つまり、基本的にアフィリエイターと言えば、このサイトアフィリエイターを意味している。

 

広告ごとに専門のアフィリエイトサイトを作成し、サイトアフィリエイターの中には個人で月100万円以上稼いでいる人も珍しくない。この場合はアフィリエイトASPと呼ばれるサイトに登録し、ASPにある広告を掲載することで稼いでいる。

サイトアフィリエイトで稼ぐなら、このASPに登録することから始めなければならない。稼ぎたい人が登録必須のASPについては下記記事を参考に。

アフィリエイト初心者におすすめのASPからアフィリエイトの手法までを詳しく紹介していく - 踊るバイエイターの敗者復活戦
アフィリエイトを利用すれば、特定のキーワードを検索上位に表示させるだけで数百万円といった額を稼ぐ事も出来る。ただ、こうした稼げるキーワードでの上位表示は多くの人が試みているため競争も激しく困難であるのが普通だ。

 

まとめサイト

まとめサイトもアフィリエイトサイトに分類される。

アフィリエイターを名乗る時、「まとめサイトを運営しているの?」と言われたこともあるぐらい、過去には一般的に有名だった。

 

まとめサイトは著作権の問題を抱えているため、一部のユーザーから嫌悪されている現状もある。多くのアフィリエイターがコンテンツの充実を目指してためになるようなサイトの運営を心がけているにもかかわらず

アフィリエイター = まとめサイト運営者 = 著作権違反者

という認識が広がっているのは非常に残念な事である。

実際に、まとめサイトだけで稼いでいる人は、アフィリエイトサイト運営者の中でもごく少数である。理由としては、アクセスのわりに稼ぎづらいからである。稼ぎづらさに関して簡単に説明すると、検索エンジンから呼びにくいという点と、外部リンクの多さがあげられる。更に詳しくまとめサイトについて知りたい人は下記記事を参考に。

まとめサイトの作り方とアフィリエイトサイトとの違い。
トラフィックの群雄割拠の時代の中で、最近急速に勢力を伸ばしている小規模サイトがある。それが通称まとめサイトと呼ばれる、要は2ちゃんねる等の面白かったスレッドをまとめたサイトだ。以前まで、オタク的なニッチなサイトだったが、今では一般人のほとんどが一度は見たことのあるサイトにまで成長した。

 

ブロガー

ブロガーはブログを書く人という意味である。ブロガーの中にはブログで収益をあげている人も多い。これらブロガーもサイトを媒体としている点ではサイトアフィリエイターとさほど変わりはない。ブロガーとサイトアフィリエイターの異なる点としては、ブログの場合、書いた文章だけでなく、書いている人の個性がより強調される点がある。

ブログにある記事はその書いている人の背景を知ることでより面白みが出てくる。芸能人のブログがその典型だろう。同じ文章でも、芸能人が書いているというだけでドキドキしたりワクワクしたりする。文章の意味合いが違ってくるのだ。

 

ちなみに、ブログの収益だけで生活している人はプロブロガーとも呼ばれている。プロブロガーに興味のある人は下記記事も必読である。

プロ・ブロガーになりたい人が絶対に知っておくべき基礎知識から応用まで - 踊るバイエイターの敗者復活戦
プロブロガーになるためにもっとも大事なことはアクセスを集める事である。検索エンジンから集客することが非常に大事になる。ブロガーとしての個性だったり、いわゆる人気ブロガーを目指すのであれば、ユーザーに対して新しい価値の提案をしなければならないと個人的には思っている。

 

ユーチューバー(youtuber)、絵師

ユーチューバー

 

YouTubeも簡単な設定を行えば、動画に現れる広告から収入を得る事も出来る。

再生数あたりの収益はターゲットの住んでいる国や言語によっても異なるが

日本に住んでる日本人向けのYouTube動画の場合、再生回数あたりの広告収入は約0.1円になる。

YouTubeによる広告収入の仕組みとYouTubeを使って稼ぐおすすめの方法

となっている。

 

ちなみに、ニコニコ動画の方が再生数あたりの収益は大きい。

2月における1再生あたりの支払額は0.388円となった。

詳しくはニコニコ生放送・YouTubeで稼ぐ方法の記事を参考に。

 

YouTubeやニコニコ動画、ニコニコ静画作品を投稿して収益をあげている人が最近は非常に増えている。YouTubeで活動し収益をあげている人たちをYouTuber(ユーチューバー)と呼んだり、日本でもHIKAKINといった有名な動画投稿者も増えている。

海外に視野を広げるとYouTubeだけで年10億円以上稼ぐ人も多々おり、テレビや雑誌といった既存のメディアから人がどんどんネットへ移って来ている。

 

ドワンゴが提供するニコニコ静画でも閲覧数等に応じて収益が投稿者にも入るようになっている。これら動画やイラスト等の作品で稼ぐことは、アフィリエイト媒体としても新しく、今後も増加していくであろう。

 

メルマガアフィリエイター

以前よりは勢いが落ちており減少傾向ではあるが、大きな収益をあげうる媒体であるのがメールマガジンである。日本一メルマガ発行数が多い個人と言われ、一億円稼ぐのキャッチフレーズで有名な川島和正氏や、多くのアフィリエイトに関するセミナーを開催している人も力を入れている媒体である。

オプトインアフィリエイトから情報商材やアフィリエイト塾、セミナーなどの販売とも相性は良く、現在のようにメルマガ発行者が急増するまでは圧倒的に稼げた媒体であった。

サイトアフィリエイト市場が大きく成長することで一般的になった今でも、こうしたオプトインアフィリエイトは稼ぎやすいアフィリエイトになっている。

オプトインアフィリエイトの始め方とおすすめASPランキング!
オプトインアフィリエイトとは、キャンペーンを紹介し、それを見た人がメールアドレスの登録だけで報酬が貰えるアフィリエイトである。報酬発生の条件で要求されるのは「メールアドレスの登録」のみなので、高額商品の購入を報酬発生の条件とする情報商材よりも敷居は低いだろう。しかも、メールアドレスの登録だけでもらえる報酬も高額である。

 

ソーシャルメディアを使ったアフィリエイター

ソーシャルメディアと呼ばれるFacebookやTwitter、更にはLINEなど新しく大きなトラフィックを抱えるようになった媒体で収益をあげている人もいる。ただ、多数の業者がソーシャルメディアに入り込んだことにより、その人に対する信用性が無いと収益としてはあげづらくなっている。

実際には稼いでないのに稼いでいるふりをしている自称アフィリエイターも数多く存在する。こうした自称アフィリエイターは、人を稼がせることが出来るノウハウは持っていない。しかし、信じられないぐらいの額を稼いでいたりするのである。

その理由は「稼ぎたい人からお金を取ることで稼いでいる」からである。高額セミナーやコンサル、最近ではノートもこうした情報の販売に利用されている。稼いでいる証拠のない自称アフィリエイターには騙されないよう注意した方が良いだろう。

 

有名アフィリエイターは詐欺師?

アフィリエイターを名乗る与沢翼
与沢翼と恋人の相原麻美

 

アフィリエイトセミナー

アフィリエイターという言葉を出すと、一部では詐欺?という反応も出てくる。このようなイメージは情報商材系商品をそこそこ有名なアフィリエイターが高額で販売していることが大きい。情報商材系にはアフィリエイト塾やセミナー、コンサルも含んでいる。こうしたアフィリエイト塾などにも様々なものがあり、中には真っ当な方法で収益をあげる方法を教えているアフィリエイト塾もある。しかし、残念ながらアフィリエイト塾のほとんどはお金を稼ぐという点にフォーカスを置いて宣伝行為を行っている。そのため、情報料以上の価値を持たない。それに加えて、最新の「闇金ウシジマくん」で与沢翼をモデルとした登場人物が現れたのも大きい。マルチまがいの行為をするこのキャラクターにより、アフィリエイター=詐欺師という認識が更に広がってしまったように思える。

一般的にはアフィリエイト業界の現状を知らない人が多い。サイトアフィリエイトというもっとも一般的なアフィリエイト以上に、こうしたセミナー屋が多いように認知されてしまったのだ。

 

闇金ウシジマくんでは、与沢塾という実際にある塾をモデルに、入塾した生徒たちへも次々に高額商品を販売し搾取する様子が描かれている。世間ではこれがアフィリエイターであると認知されてしまった。しかし、さすがの与沢翼でも闇金ウシジマくんの様な露骨なお金の搾取は行っていないだろう。

少々過激に描かれている部分があるのは漫画なのでしょうがない。とにかく、リアリティのある面白いエピソードになっている。

 

非常に評判の良い闇金ウシジマくんのフリーエージェントくん編は30巻、31巻、32巻まで続く。

 

テレビでもアフィリエイトという言葉を使いながら出演し、その成金ぶりを世間に見せつけていた。与沢翼がアフィリエイトに対するイメージを悪くしたということは間違いない。

与沢翼に関しては、与沢翼が月収1億円稼ぐフリーエージェントになるまでの話の記事も参考に。

 

アフィリエイターという職業もいずれは一般的になり、自由な生き方として肯定的な紹介をされる日も来るだろう。

一部のアフィリエイターを名乗る人には詐欺まがいのことをしている人もいるのは否定できない。アフィリエイトサイトを運営し、著作権違反を組織レベルでやっている企業もあるぐらいだ。しかし、割合的に見れば、多くのアフィリエイターがユーザーにとって有益な情報を発信するウェブサイトをメインに作っている人たちである。詐欺まがいだったり、法律に違反するようなアフィリエイターは少数派である。情報の販売すらせず、真面目にサイトを運営し、広告収入だけで生計を立てているのだ。

このような事実はもっと世間には知ってほしいと思うのである。

 

アフィリエイターを目指している人、これからアフィリエイターになりたいと思っている人が知っておくべきことについては下記記事を参考に。

これからアフィリエイターになりたいと思っている人が知っておくべきこと - 踊るバイエイターの敗者復活戦
アフィリエイターとは主にアフィリエイト広告(成果報酬型広告)で収入を得ている人をいう。アフィリエイターには会社員や派遣社員、フリーターとの兼業で行っている人の他、主な収入がアフィリエイトの「専業」アフィリエイターもいる。 この記事ではアフィリエイター、特に専業アフィリエイターになりたいと思っている人が ▶ アフィリエイ...

コメント